フィッシュストーリー☆新潟

釣りと映画と読書と家族の雑記です

ジェーン

2016年11月12日 | 映画鑑賞

監督  ギャヴィン・オコナー

 

 

ナタリー・ポートマンが製作・主演を務めたスペクタクル・ロマン。

南北戦争後の荒野を舞台に、夫と娘を守り、平穏な日常を取り戻すために戦う決意を固めるヒロインの物語がつづられる。

ユアン・マクレガーがヒロインの前に立ちはだかる悪党ビショップを演じる。

監督は『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナー。

 

 

 

ユアン・マクレガーの悪役ぶりは見事でした。

 

 

戦う女、ナタリー・ポートマンも存在感あったけど、ユアンがあまりにも冷酷で怖い。。。。

 

 

・・・・ってほどでもないんだけどね

 

 

家族のために立ち上がる母親と、昔のフィアンセのために力を貸す男との復讐劇、まあまあ面白かったかな?

 

 

ただストーリーはやや出来すぎです

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空飛ぶ広報室 | トップ | 久々に釣りに行って来ました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL