Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

丸川環境相、緊急記者会見で「除染基準、根拠ない」全発言を撤回。大臣も辞任しなさい。

2016年02月12日 | 福島原発事故

 

 丸川珠代環境相が2016年2月12日夜、さきほど、環境省内で緊急記者会見を開き、国が東京電力福島第1原発事故に伴う除染の基準値としている「年間被ばく線量1ミリシーベルト」について「何の根拠もない」などと語ったとされる問題で、発言撤回を表明しました。

 この発言は7日に長野県松本市で講演した際のもので、民主党政権時に決めた数値について

「何の科学的根拠もなく、時の環境相が決めた」と述べたと信濃毎日新聞が報じたものですが、1ミリシーベルトをめぐっては、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告や福島県側の要望を踏まえ決められたものなのに、それを知らなかったか、無視するかしたのです。

 丸川大臣の発言はコロコロ変わっており、問題の発言が発覚した8日は「そういう言い回しはなかったと記憶している」と否定し、本日12日午前の閣議後会見では「言ったと思う」と修正して陳謝しましたが発言は撤回せず、夜には撤回。

 政治家としての信念が全くありません。

 

 

 この緊急記者会見では環境大臣を辞任することは否定しましたが、どうせコロコロ変えるなら、この発言も撤回して辞任したらどうでしょうか。

 だって、環境相が、国の環境基準である年間追加被ばく線量1ミリシーベルトについて、

「何の根拠もない」

「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる。

そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」

と言った上に

「環境省はエコだけ言っていればよかった」
 
と自分の省庁を侮辱するような発言までしているのですから。
 
 記憶がない、記録がないと言い訳して、なんとか撤回しようとしなかった「根拠がない」「反放射能派が騒いだ」発言。
 
 是非辞めてください。

 

丸川珠代環境相の「風評被害の払拭が福島の復興に欠かせない」が説得力ゼロの件。

 
 
所詮、大臣の器じゃない。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品


終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~
ヘレン・カルディコット(監修) (著), 河村 めぐみ (翻訳)
ブックマン社

世界を震撼させたベストセラー『CRISIS WITHOUT END』の日本版。 隠されているのは、高濃度汚染水だけではない!?
世界の科学者たちは、フクシマを、そして日本政府をこう見ている! 


全電源喪失の記憶――証言・福島第1原発――1000日の真実
共同通信社原発事故取材班 (著), 高橋 秀樹(編著) (著)
祥伝社

最新刊。

震災から4年が経過し、災害の記憶が風化しつつある今こそ、事故を振り返る証言資料を残す作業が必要だ。
本書では、事故対応にあたった当事者たちの貴重な実名証言によって、3月11日から15日にかけて福島第1原発が全交流電源を喪失した、緊迫の5日間の様子を明らかにしてゆく。
朝日新聞「吉田調書報道」を打ち砕いた、現場記者の綿密な取材による詳細な事実の描写は、他の類書の追随を許さない、本書最大の特色である。


東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)
菅 直人  (著)
幻冬舎

最高責任者の苦悩と覚悟を描いた歴史的証言。
戒厳令に近い強権発動――私は覚悟した。


福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたこと
山本 義隆  (著)
みすず書房

一刻もはやく原発依存社会から脱却すべきである―原発ファシズムの全貌を追い、容認は子孫への犯罪であると説いた『磁力と重力の発見』の著者、書き下ろし。


東電株主代表訴訟 原発事故の経営責任を問う
河合 弘之 (著), 小石 勝朗  (著), 木村 結 (著), 浅田 正文 (著)
現代人文社

福島原発事故に関して、経営陣は大事故に結びつく多くの警告を無視した。
しかし、誰一人としてその責任をとっていない。
東電株主が、5兆5045億円の賠償を経営陣に求める株主代表訴訟を提起した。
本書は、その訴訟の内容や狙い、背景を紹介する。 


100年後の人々へ (集英社新書)
小出裕章 著
集英社

「元々は、地質学者になりたかったのです―」。鉱石採集が大好きだった少年は、「核の平和利用」のキャンペーンに呑み込まれ、原子力開発の夢を追うようになった。だが、いち早くその詐術と危険性に気づき、その後、原発をなくすための研究と運動に半生を捧げてきた工学者・小出裕章は、三・一一から三年が経過しようとしている今、何を思うのか。そして、過去からの膨大な負債に苦しむであろう一〇〇年後の人々に「こんな事故を起こした時代に、お前はどう生きたのか」と問われる場面を想像しながら述べた言葉とは?

 
 

2016.2.12 11:13 産経新聞

丸川環境相、失言認める 「1ミリシーベルト根拠なし」発言を「間違いだった」

 東京電力福島第1原発事故後に国が除染の長期目標に掲げた「年間1ミリシーベルト以下」をめぐり、丸川珠代環境相が7日の長野県松本市の講演で「何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と発言したとされる問題で、丸川氏は12日の閣議後会見で、「根拠がないという言い方は間違いだったと思う」と失言を認めた。

 丸川氏は会見の冒頭で、「発言が誤解を招いたとすれば、特に福島をはじめ被災者の皆様に誠に申し訳なく、心からおわび申し上げたい」と陳謝。一方、「『科学的』根拠と言ったかどうかは記憶があいまい」として、発言の撤回については否定した。

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【悲報】日経平均株価がついにア... | トップ | 薬物依存症の清原和博容疑者に、... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
撤回がおそすぎる (憂う一市民)
2016-02-12 21:17:33
撤回は当然のことですが、おそすぎます。
被災地の人たちの心情を害する、とんでもない発言で
あり、何でもっと早く撤回しなかったのでしょうか。

本当にあきれるばかりです。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-02-12 22:43:35
 丸川環境相の発言撤回と陳謝は、大臣官房の忠告と諫言があったのでしょうね。 環境省内での記者会見と言う場を設けたのは、その構図を見せるためでしょう。

 詰まり、大臣は、官僚組織から見放されてはいない訳ですね。 

 今後は、官房の助言と忠告を真摯に受けます、とお利口さんになったのでしょう。 

 男性なら、周囲の主だった官僚を酒席に誘い、宜しくお願いする、と言えば、大抵は、良き側近として勤めてくれるのでしょうが、女性では、それが出来にくいのも、こうした齟齬が表面化する原因でしょうか。 

 しかし、原発事故に関わっては、国を揺るがす大事件なのですから、科学的な詳細に渡る事実ならば兎も角も、基本的な事実は、承知していて普通と思うのですが。。。

 例えば、私の弟は、神奈川県在住ですので、事故当初より心配しまして、メールで関連情報の所在や、外国からの情報等を知らせて来ましたので、一応の事柄は承知しています。

 普通は、そうするでしょうね。 環境相で無くても、基本的な事実は知らないと世間の話題に就いて行けませんよ。 自民党の方々は、何時も、どのような事柄を話されているのでしょうか。 
 
 それにしても、「環境省はエコだけ言っていればよかった。」とは、実に面白い発言です。 そして、そのとおりにしているじゃないですか。 

 正確には、「温暖化だけ言っていればよかった。」ですがね。 

 その点では、丸川環境相に同情申し上げます。 アホノミクスを上回る地球的大法螺を吹き込まれたのですから。 

 国会議員、しかも大臣、とは比較出来得ない元地方政治家であっても、見破っておられる人はいますがね。

COP会議のばからしさに騙される日本人 一柳ひろしの政策提言 2015年 12月 16日
http://tokitei.exblog.jp/24774702/

反省しとらんわ! (バードストライク)
2016-02-13 00:28:31
会見の様子をテレビで見たが、口先だけ、傲然としていた。東大出、テレ朝のアナだったのに、まあ教養も問題意識もないこと、呆れる。権力欲あるのみ。
こんなやつばっかだ。

今、ETV特集で、作家・小野正嗣の郷里と亡兄の話を見ながら打っていますが、この浦の人びとと亡兄の心の美しさ、素朴さ、暖かい人間関係にほぼ涙。
こういうのが、「美しい日本」じゃないか。
毎日毎日、心の腐った上級国民ばかり見ていると、本当に嫌になる。
この期に及んで (時々拝見)
2016-02-13 01:32:21
例によって「誤解を招いた〜」って、間違えた方に非があるように「誤解を招く」表現を使ってましたね。どうして「嘘、でたらめを言った」って言わないんでしょう?

 議員辞職ついでに
あの尾木氏、宮崎氏の不倫休暇じゃなかった育児休暇の時には「職業意識がどうたらこうたら」ってつぶやいて猛反対というか、誹謗中傷雨あられだったんでしょうね。それとも、二股膏薬の「強きをたすけ弱気をくじく」って人なんで、そんなことはしなかったんでしょうか?

 うーん、二股膏薬、なんの膏薬なんでしょう?
肝っ玉も脳ミソも (リベラ・メ(本物の))
2016-02-13 10:20:54
肝と脳の小ささが、見事に露呈しましたね。大臣の言う“根拠”は何処から来るのですか?
マルタマ氏には (時々拝見)
2016-02-14 00:07:23
再度、福島県内で記者会見を開いてほしいものです。
最低でも、記者会見中に1ミリシーベルトの所で。
読売とサンケイは来ると思いますよ。
Unknown (Hage)
2016-02-14 16:55:43
自分の想像なのでなんの「根拠」もないですが、、この党の人たちは、他党や反対派をディスるようなデマを、こんなふうにあちこちで言いふらしているのではないかという疑念が払拭できないです。

特に、今回のように自分のとこの支援者が集まるようなウチワの場では、そうとうデタラメなことを言っても拍手喝采されてたりしているのでは?

まあ、この党の総裁であるアへ首相も野党時代にメルマガでデマを撒き散らして裁判されているくらいだし、あながち根拠のない想像でもないのかもしれませんが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL