Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

日本と合意してから元「慰安婦」の方々に会いに行く、韓国政府のボタンの掛け違いがはなはだしい。

2015年12月29日 | 「従軍慰安婦」=戦時性奴隷

 

 アホか!と舌打ちしたくなります。

 こんなん、本人も知らないうちに代理人弁護士が勝手に相手と交渉を進めて、和解を成立させてしまったみたいなもので、和解は無効だし、弁護士は解任のうえ、懲戒請求を食らいます。

 日本と韓国両政府の慰安婦問題での合意を受け、韓国外務省の林聖男第1次官と趙兌烈第2次官は2015年12月29日、元「慰安婦」の女性らの支援施設2カ所をそれぞれ訪問しました。

 両次官らは元慰安婦の方々と面談し、合意内容について理解を求めようとしたのですが、けんもほろろの対応を受けています。

 その様子は、末尾のNHKとTBSの動画をぜひご覧ください。

 林氏はソウル市の元慰安婦支援団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)を訪問しましたが、

「あんた誰よ。何様なの」

「あなた誰よ! 何する人? 解決する人? 解決したと言いに来たわけ?」

「何が外務省だ! 所属はどこ? 日本の外務省か」

「私たちにひと言も相談がなかった」

「会談より前に被害者に会うべきでしょう。年寄りで分からないと思って無視するの?」

とやっつけられました。

 

 

 

 林第一次官が

「(合意内容などを)あらかじめお伝えできず恐縮です」

が謝ったのですが、確かに、外交交渉の内容をあらかじめ当事者に詳らかに伝えておくことはできないものの、事前にお話に行き、要望を聞いとくくらいの手順も尽くさなかったことが明らかで、こんな交渉人=ネゴシエーター、まるでダメダメです。

 ちゅうか、そもそも、元「慰安婦」の方の代理人であるとか、これらの女性らのために動いているという意識が希薄で、国が決めたら国民は従えという国家主義、権威主義がひど過ぎるんですよ。

韓国の言論の自由弾圧が酷すぎる。デモ隊に放水、国定教科書、「慰安婦」本の著者起訴、産経新聞記者裁判。

 

 元「慰安婦」の金福童さん(89)が落ち着いた口調ではあったものの

「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」

「まだ妥結などしていない。日本の安倍(晋三首相)が(直接)『悪かった、許してほしい』と謝罪すべきだ」

と主張したのは当然です。

 「慰安婦問題」は、元「慰安婦」の方々も韓国の市民運動も納得しない→反日運動が続く→日本の市民は韓国が最終的・不可逆的合意に反したと怒る→双方が反感を募らせる、という最悪のパターンになりそうな気がしてきました。

元「従軍慰安婦」=戦時性奴隷の「私が証拠だ」は法律の世界では当然 金福童さんが特派員協会で会見

 

 

追記

 日本共産党の機関紙しんぶん赤旗に、志位委員長の談話が載っているのですが、かなり物足りないです。

一、日韓外相会談で、日本政府は、日本軍「慰安婦」問題について、「当時の軍の関与」を認め、「責任を痛感している」と表明した。

 また、安倍首相は、「心からおわびと反省の気持ちを表明する」とした。

 そのうえで、日本政府が予算を出し、韓国政府と協力して「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒しのための事業」を行うことを発表した。

 これらは、問題解決に向けての前進と評価できる。

一、今回の日韓両国政府の合意とそれにもとづく措置が、元「慰安婦」の方々の人間としての名誉と尊厳を回復し、問題の全面的解決につながることを願う。

 私もある意味前進だとは思いますが、志位談話は今回の日韓政府の強引な合意が、対中国包囲網を完成させようというアメリカの強い指導によるるものであることや、今回の岸田外相による声明が、日本軍の行為の強制性や直接性に触れておらず、河野談話よりむしろ後退していることになんら触れていません。

 なにより、「元「慰安婦」の方々の人間としての名誉と尊厳を回復」というのですが、元「慰安婦」の方々の意向がまるっきり無視されたまま交渉が妥結した、国家主義的な「解決」をどう考えるのかがわかりません。

 「池内さおり議員イスラム国ツイート削除事件」「天皇おことば国会開会式出席問題」と言い、かなり冷めますね、共産党。

 

 

まったく、まったく元「慰安婦」の方々に何の相談もなかったとは、そりゃあかんでしょう。

お気持ちを逆なでしてしまうのは当然で、無茶苦茶です。

おためごかしに、彼女たちのご存命の間の解決をとか言ってるけど、戦後70年の間に何とかしたいというのが本音なのが丸出しで、それは両国政府の勝手な都合!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品


日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784)
吉見義明
岩波書店

元日本軍「慰安婦」だった金学順さんが日本政府に謝罪と賠償を求めて名乗り出てから20年―「強制」ではなく「自由意志」だったとする声がいまだに多く聞 かれるのはなぜだろうか。「慰安婦」制度が軍によってつくられたことを、様々な史料を用いながら説明するとともに、被害者の名誉と尊厳の回復の必要性を訴える。

 

「慰安婦」・強制・性奴隷: あなたの疑問に答えます (Fight for Justice・ブックレット)
吉見 義明 (編集), 林 博史 (編集), 金 富子 (編集, 原著), 西野 瑠美子 (編集)
御茶の水書房

『朝日新聞』の誤報で日本軍「慰安婦」問題がねつ造されたの? 日本軍「慰安婦」は「公娼」だったの? 軍慰安所はどこの国にもあったの?23の問いについて、根拠を示しながら、明確に、わかりやすく解説します。「慰安婦」問題webサイトから生まれた決定版。歴史のねつ造にノー。緊急出版。


「慰安婦」問題 すべての疑問に答えます。
アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam) (著)
合同出版

「慰安婦」問題ってなに? 軍は関与していなかったの? 強制連行はあったの? 証拠はあるの?
豊富な資料や証言をもとに、「慰安婦」問題を正しく読み解く。中学生から読める必携ガイドブック。

 

「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈1〉日本・台湾・朝鮮編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
金 富子 (編集, 原著), 宋 連玉 (編集, 原著), VAWW‐NET Japan (編集)
緑風出版

本巻では、日本軍・国家システムおよび台湾・朝鮮の植民地支配との関係における「慰安婦」制度の加害構造を明らかにし、日本、台湾、朝鮮での個別のケースにおける加害の責任を検証する。被害の実態を中心に取り上げられてきた「慰安婦」問題を、加害の構造・実態に焦点をあてこれまでにない試みで分析する。

 

「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈2〉中国・東南アジア・太平洋編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
西野 瑠美子 (編集), 林 博史 (編集), VAWW‐NET Japan (編集)
緑風出版

本巻では、日本軍侵略の激しい被害を最も長い間被った中国と、集団虐殺・集団強かんが熾烈を極めた東南アジア・太平洋地域の、「慰安婦」・性暴力被害の証言を地道な調査で掘り起こし、その被害とそれに対する加害の実態を詳細に検証すると同時に、日本軍による占領地域での「慰安所」制度・性暴力の構造を考察した。

 

元慰安婦の女性たち 合意受け入れられない

12月29日 19時02分 NHK


 
日韓外相会談で両国が慰安婦問題の最終的な解決で合意したことを受け、韓国外務省の高官が、29日、元慰安婦の女性たちを訪ねて理解を求めましたが、女性たちは、日本が表明した取り組みは不十分だと批判し、合意は受け入れられないと強調しました。
 
慰安婦問題の最終的な解決で日本と合意したことを受けて、韓国外務省のイム・ソンナム(林聖男)第1次官が、29日午後、元慰安婦の女性たちが共同で暮らすソウル市内の住宅を訪ね、元慰安婦3人と面会しました。
 
イム第1次官は、今回、日本と合意したことについて、女性たちが高齢になっていることを踏まえ、「皆さんの尊厳と名誉を回復することが政府の大きな目標だった」と説明し、理解を求めました。
 
しかし、女性たちは、「私たちにひと言も相談がなかった」とか、「安倍総理大臣がわれわれに直接謝罪し、法的な賠償をすべきだ」などと大きな声で批判し、合意は受け入れられないという立場を強調して、話し合いは平行線のまま終わりました。

また、話し合いのあと、女性たちは報道陣に対して、ソウルの日本大使館前の少女像に関して、国民が共有する象徴だとしたうえで、「手を触れることは許されない」と述べ、撤去を改めて拒否しました。

29日は、ソウル近郊にある、元慰安婦の女性たちが暮らす別の施設にも韓国外務省のチョ・テヨル(趙兌烈)第2次官が訪ねましたが、韓国メディアによりますと、やはり女性たちは「合意は受け入れられない」と反発したということです。
 
韓国政府としては、今回の合意を確実に最終的な解決とするには、元慰安婦たちやその支援団体から合意内容への支持を取りつけることが重要な課題になっていて、28日夜は、パク・クネ(朴槿恵)大統領が国民に向けたメッセージを発表し、「大局的な見地に立って今回の合意を理解してほしい」と呼びかけています。
 
 

韓国外務省が合意内容を説明、元慰安婦は猛反発

 28日に日本と韓国の間で最終合意した慰安婦問題。29日、韓国外務省の次官が元慰安婦に合意内容の説明に行きましたが、激しい反発を受けました。日本の外交官たちは韓国側のこれまでのやり方を「動くゴールポスト」と呼んできました。日本が問題解決を目指して動くと、韓国はゴールを遠くに動かして不十分だと言い出すという批判です。果たして今回は大丈夫なのでしょうか。

 「こんにちは」(韓国外務省・イム・ソンナム次官)
 「あんた誰よ。何様なの」(元慰安婦)

 元慰安婦が共同生活を送る施設を訪れた韓国外務省のイム・ソンナム第1次官。日韓で決着した合意内容について了解を得ようとしますが・・・

 「会談より前に被害者に会うべきでしょう。年寄りで分からないと思って無視するの?」(元慰安婦)
 「そんなことありません」(イム・ソンナム次官)

 イム次官が、半ば強引に元慰安婦の手をとって座らせますが、怒りは収まりません。

 「韓国外務省は何てことするんだ!」(元慰安婦)

 「心からおわびと反省の気持ちを表明します」(岸田文雄外相〔12月28日〕)

 最も力を入れた「安倍総理の謝罪」や「日本政府の責任」といった言葉を引き出した韓国政府。引き換えに、「国内世論の調整」という難しい課題も背負いました。

 実は韓国政府は、会談前から露骨な世論対策に乗り出していたのです。会談の数時間前、韓国メディアの論説委員を集め、外交機密であったはずの合意内容を漏らし、政府の「言い分」を説明。さらに、韓国外務省の関係者は会談後、メディアに対しある「お願い」もしていました。

 「日韓の先鋭化した立場の違いという現実的な制約があったが、全ての外交資産を動員した努力のたまものと評価してほしい」(韓国外務省関係者)

 こうした影響もあるのでしょうか。29日の朝刊で大手紙は、日本側から「責任を痛感しているとの表現を引き出した」と、概ね肯定的な見出しで報じました。しかし・・・

 「政府間での合意は認めません。改めて合意し直してください」(元慰安婦)

 韓国政府は、当事者の元慰安婦から厳しく外交姿勢を問われる事態となっています。

 「(Q.総理からねぎらうような言葉は?)ふふふ・・・はい!『ご苦労さまでした』という言葉はいただきました」(岸田文雄外相)

 29日、安倍総理を訪ねた岸田外務大臣の表情は、大役を終えた安堵感からかにこやかでした。今回の合意をめぐり、日本政府が最もこだわったのがこの「言葉」です。

 「この問題(慰安婦問題)が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」(韓国・尹炳世外相〔12月28日〕)

 「不可逆的」、つまり、慰安婦問題を蒸し返さないという言葉に日本政府の関係者は・・・
 「今までは韓国は自分からこのフレーズを言ったことはなかった。でも今回はテレビの前で話して世界が目撃者になったわけだ」(政府関係者A)

 「国際社会が目撃した合意を破ることはないだろう」。こう期待する政府関係者に、別の政府関係者は・・・・
 「今後、慰安婦の支援団体が騒いでこちらに言われても困る。あとはもう朴槿恵大統領のリーダーシップの問題だよ」(政府関係者B)

 あくまで「韓国の国内問題」と突き放します。朴槿恵(パク・クネ)大統領がどこまで指導力を発揮できるのか、日本政府はその手腕を注視しています。

(TBS 2015年12月29日16:34)

 

 

2015.12.29 20:16

【「慰安婦」日韓合意】

「あなた誰よ!日本の外務省か!」 元慰安婦、面会の韓国外務省高官を罵倒

29日、ソウル市内の挺対協施設を訪れた韓国外務省の(右)に不満をぶつける元慰安婦の女性(AP)


 【ソウル=名村隆寛】日韓両政府による慰安婦問題の最終解決の合意を受け、韓国政府高官は29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容への理解を求めた。女性らは事前に説明がなかったなどと強く反発した。

 「あなた誰よ! 何する人? 解決する人? 解決したと言いに来たわけ?」

 韓国メディアによると、ソウル市内の元慰安婦支援団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)の施設を訪れた韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官に対し、元慰安婦女性は面会冒頭、こう声を荒らげた。

 続けて「何が外務省だ! 所属はどこ? 日本の外務省か」との非難する声も浴びせた。

 女性らは「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。林氏は元慰安婦らの生存中の問題解決に最善を尽くしたと理解を求めたが、女性らは取り合わなかった。

 一方、同省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官は同日、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、安倍首相のおわび表明など日本政府の対応を説明。「これ以上の名誉回復は難しい」と伝えたという。

 

 

2015.12.29 19:34

【「慰安婦」日韓合意】
元慰安婦「東京の真ん中に像建てる」 安倍首相の直接謝罪要求…韓国次官と面会

 

元慰安婦女性らの支援施設「ナヌムの家」を訪問し、合意内容について理解を求めた韓国外務省の趙兌烈第2次官(左)=29日、ソウル郊外(共同

 【ソウル=名村隆寛】日韓両政府による慰安婦問題の最終解決の合意を受け、韓国政府高官は29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容への理解を求めた。

 韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官はソウル市内の元慰安婦支援団体、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)を訪問。聯合ニュースなどによると、元慰安婦の女性は林氏に対し「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。日韓合意で、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像の撤去問題が盛り込まれたことにも抗議したという。

 林氏は「日本政府が責任を痛感し、安倍首相が『心からおわびと反省の気持ち』を表明し、韓国政府が設立する支援財団に日本の政府予算約10億円が拠出されることで合意した」などと説明し、元慰安婦らの生存中の問題解決に最善を尽くしたと理解を求めた。面会後、元慰安婦らは韓国メディアに対し、慰安婦像を「米国各地に設置した後、必ず東京の真ん中にも建てる」と語ったという。

 

 

しんぶん赤旗 2015年12月29日(火)

日本軍「慰安婦」問題 日韓外相会談について

日本共産党 志位和夫委員長の談話

 一、日韓外相会談で、日本政府は、日本軍「慰安婦」問題について、「当時の軍の関与」を認め、「責任を痛感している」と表明した。また、安倍首相は、「心からおわびと反省の気持ちを表明する」とした。そのうえで、日本政府が予算を出し、韓国政府と協力して「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒しのための事業」を行うことを発表した。これらは、問題解決に向けての前進と評価できる。

 一、今回の日韓両国政府の合意とそれにもとづく措置が、元「慰安婦」の方々の人間としての名誉と尊厳を回復し、問題の全面的解決につながることを願う。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 集団的自衛権ゴリ押しの安保... | トップ | 12月29日(火)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
当事者の声明 (L)
2015-12-29 21:56:35
当事者の声明 http://www.labornetjp.org/news/2015/1229seimei
頭越しの野合、談合で内容が酷いから、当然、激怒している。

>韓国挺身隊問題対策協議会の声明「韓国政府の外交はあまりにも屈辱的である」

日本軍「慰安婦」問題解決のための日韓外相会談合意に対する挺対協の立場



 今日、日本軍「慰安婦」問題解決のための日韓外相会談が開催され、その合意案が発表された。日本軍「慰安婦」被害者と国民は、光復70年を数日残して開かれた今回の会談が、正しく速やかな日本軍「慰安婦」問題解決に至るよう切に願ってきた。

 今回の会談の発表によると、

1「慰安婦」問題に対し日本政府が責任を痛感、
2 安倍首相の内閣総理大臣としてのお詫びの表明、

3 韓国政府が設立する被害者支援のための財団に日本政府が資金を一括拠出し、その後両国が協力して事業を行うというものだ。

 やっと日本政府が責任を痛感したと明らかにはしたが、日本軍「慰安婦」犯罪が日本政
府および軍によって組織的に行われた犯罪だという点を、今回の合意から見出すことは難しい。関与レベルではなく日本政府が犯罪の主体だという事実と、「慰安婦」犯罪の不法性を明白にしなかった。また、安倍首相が日本政府を代表し内閣総理大臣として直に謝罪しなければならないにもかかわらず、「代読お詫び」に留まり、お詫びの対象もあまりにあいまいで「誠意のこもった謝罪」だとは受け入れ難い。

 また今回の発表では、日本政府が加害者として日本軍「慰安婦」犯罪に対する責任認定と賠償などの後続措置事業を積極的に履行しなければならないにもかかわらず、財団を設立することでその義務を被害国政府に放り投げて手を引こうという意図が見える。そして、今回の合意は日本内ですべき日本軍「慰安婦」犯罪に対する真相究明と歴史教育などの再発防止措置に対しては全く言及しなかった。
 何よりこのあいまいで不完全な合意を得るため韓国政府が交わした約束は衝撃的である。

 韓国政府は、日本政府が表明した措置を着実に実施するということを前提に、今回の発表を通じて日本政府とともにこの問題が最終的および不可逆的に解決することを確認し、在韓日本大使館前の平和の碑について公館の安寧/威厳の維持のため解決方法を探り、互いに国際社会で非難/批判を控えるというものだ。小を得るため大を渡してしまった韓国政府の外交は、あまりにも屈辱的である。

 日本軍「慰安婦」問題解決のための合意に臨みながら、平和の碑の撤去というあきれた条件を出し、その真意に疑問を抱かせた日本政府の要求を、結局受け入れるだけでは足りず、今後日本軍「慰安婦」問題を口にしないという韓国政府の姿に心底から恥ずかしく失望した。

 平和の碑は、いかなる合意の条件や手段にすることができないことは明白である。平和の碑は、被害者と市民社会が1000回を越える水曜日を見守り日本軍「慰安婦」問題解決と平和を叫んできた水曜デモの精神を称えた、生きた歴史の象徴物であり公共の財産である。
このような平和の碑に対し、韓国政府が撤去および移転を云々したり介入することはありえないことだ。また、被害者と市民社会が受け入れることのできない今回の合意で政府が最終解決の確認をすることは、明らかに越権行為であり、光復70年を数日残したこの重要な時期に被害者を再び大きな苦痛に追いやる所業だ。

 この間、日本軍「慰安婦」被害者と支援団体、そして国民の要望は、日本政府が日本軍「慰安婦」犯罪に対し国家的で法的な責任を明確に認定し、それに従って責任を履行することで、被害者の名誉と人権を回復し、再び同じ悲劇が再発しないようにせよというものだった。しかし、今日の日韓両国政府が持ち出した合意は、日本軍「慰安婦」問題に対する被害者たちの、そして国民のこのような願いを徹底的に裏切った外交的談合に他ならない。

 日本軍「慰安婦」問題は、日韓間の真の友好と平和のため解決せねばならず、被害者が一人でも多く生きているうちに解決すべき優先課題であるが、決して原則と常識を欠いてはならず、時間に追われてかたをつけるような問題ではないことを重ねて強調する。

 2014年の第12回日本軍「慰安婦」問題解決のためのアジア連帯会議で各国被害者の思いを込めて採択した日本政府への提言、すなわち日本政府の国家的法的責任履行が必ず実現されるよう、私たちは今後も日本軍「慰安婦」被害者とともに、国内外市民社会とともに正しい問題解決のための努力をより一層傾けていくことを明らかにする。

2015年12月28日

韓国挺身隊問題対策協議会
村野瀬さんご紹介のマンガがズバリ (L)
2015-12-29 22:03:52
本質を抉ったマンガを

https://twitter.com/Yonge_Finch/status/681412361731768321
>「ここに座ってないで行こう、金儲けできるよ」
 下衆い顔をした安倍そっくりのキーセン観光親父が少女像の肩を抱いてのセリフ。銅像は屈辱と悲しみで震え泣いている
白井 聡さんの論評 (L)
2015-12-29 22:10:41
白井 聡さんの論評
https://www.facebook.com/satoshi.shirai.18/posts/969841106424707

>「最終的、不可逆的解決」を語れるのは、政府ではなく被害者の方々のみです(この論理を否定する立場は、自覚の有無にかかわらず国家主義であると私は思う)。それでは、被害者の方々は、何を基準に「解決とみなせる」と言っているのか。リンク先の声明によれば、「事実の認定、謝罪、賠償、真相究明、歴史教育、追慕事業、責任者処罰」です。今回の政府間「合意」は、後半四つの項目(真相究明、歴史教育、追慕事業、責任者処罰)に関し、何一つ言及がありません。この点で、今回の「合意」は致命的欠陥に冒されていると私は考えます。
ゆえに、残念ながら、日韓関係の棘であり続けてきたこの問題は、長期的にはまたもやさらにこじれることになるでしょう。合意内容によれば、今後の日本政府の義務は、10億円を払えばそれで終わりになります。例えば、教科書検定等を通じて歴史教育を放棄(より正確にいえば「禁圧」である)しても、文句をつけられるいわれはない、ということになった。他方韓国政府側は、「もう二度と蒸し返さない」ことを義務づけられた。特に難問は、ソウルの日本大使館前の慰安婦像の移動・撤去でしょう。支援者らがこれに抵抗すれば、強権的にやらざるを得なくなります。両国政府の負った義務の不均衡は明らかだと思います。
>今回の合意に関してポジティブなことがあるとすれば、次のことでしょう。まず、安倍晋三氏は、「国家の関与は証明されていない」といった類の妄言を二度と口にできないであろう、ということ。このことは、この世の中から不快なことをほんの少しだけ取り除いてくれる。それからもう一つは、今回の「合意」形成の経緯から、「日本の歴史修正主義者が歴史を修正できる範囲は、アメリカが決める」という構図があらためて周知されたことかもしれません。自国の歴史もアメリカ様から与えてもらう「愛国者」! この惨めな現状がさらされたことは、一つの前進かもしれません。


※下痢の妄言はとめられるレベルの話じゃないと思いますが。頭がおかしいだけでなく、矛盾しまくりの「美しい国」に見られるように超ご都合主義者だからね。

 後、省略した部分の認識には、偏見と誤認を感じる。日仏会館のシンポでじっくり話をしてパクユハへの質問の時間を潰したのはこの人なんだよね。パクユハを立てた発言は儀礼だと思ったけど、お世辞と受け取って軽く失望した、本気だった臭い。
なぜ、「帝国の慰安婦」に当該が激怒・告訴し、なぜ”日本人知識人”がパクユハ起訴に激怒したか?「パクユハ路線の最終解決」がこういうものだとハルモニと日韓の彼女らに寄り添う人々は熟知してたから (L)
2015-12-29 22:59:11
 いやあ、パククネ政権の国家主義ぶりはさすがだね。12.8は3.1に並ぶ記念日になりそう。

>「皆さんの尊厳と名誉を回復することが政府の大きな目標だった」と説明し、理解を求めました。

 当該の要求と間逆で、合意内容は「尊厳と名誉」を蹂躙してる。

>パク・クネ(朴槿恵)大統領が国民に向けたメッセージを発表し、「大局的な見地に立って今回の合意を理解してほしい」と呼びかけています
 レイ様も白井聡さんも指弾する国家主義そのもの。”小の虫”は我慢しろ!!なんだけど、我慢させられてきた”小の虫”のために、国と国民の植民地支配の屈辱からの回復のために、安倍日本政府と交渉してきたという建前でしょ。なんで、僅か10億円のためにOECD加盟国でGDPが13位の経済大国がこんな筋の通らぬことで屈服し「大局的な見地に立って今回の合意を理解してほしい」という話になるのよ?あとで、当該を含めた一般市民がマシになるわけ?つうか、一体「大局的見地」って何なの?
アメリカ様に恫喝されてとか、安倍一派に弱みがあってとかで逆らえませんということなんだろうな。
 クネは「父の娘」と評されるけど、ほんとそのまんまだわ。こういうのを「親日派」と韓国では表現するんだな。個人的な利益と都合のために、民族や世間一般の利益を宗主国に売り飛ばしてお零れとして利権を貪る最も恥ずかしい存在。
 これまで字面でしか理解していなかった事がどんどん実感的に理解できて本当に幸せ。みんなあべのせー。

 というわけで、パクユハ起訴抗議日本知識人声明に私と違って物を知っている研究者がムッとしたのは、彼らが「パクユハ路線での慰安婦問題の最終解決」のために動いていることに気付いていてしかも、それは必ず老い先短いハルモニを再陵辱・侮辱することになると分かっていたから。
 だから、レイ様がノー天気に声明を持ち上げ同意してたのを見て驚きました。まあ、ある意味マニアックな世界だから、しょうがないといえばしょうがないのだけど。でも、ハルモニのことを思うなら人権擁護と社会正義の実現のために大江健三郎や小森陽一らを厳しく批判して欲しかった。
 レイ様の同窓生の湯浅さんへの期待、庄司薫クンへの期待と同じでエリートへの期待のハードルは高いのです。
参ったな (raymiyatake)
2015-12-29 23:42:37
私がパクユハ起訴に関するあの声明を出したのは、それぞれ談話を出した河野氏や村山氏が賛同者に入ってたからなんですよ。

彼らの弁護になるだろうと。

あの声明自体は不必要にあの著作を持ち上げているのではないかと思いましたが、あの作品自体が不愉快そうなのでお金を出して読む気もせず買ってませんから、論評できないのです。

しかし、表現の自由をあくまで守るという趣旨で、パクユハ氏起訴は間違っていますし、産経新聞局長の無罪は合っています。この持論は変わりません。

そのこととパクウネ大統領の国家主義の問題とは別じゃないでしょうか。

にしても、以前、レイバーネットをご紹介いただいたり、Lさんには教わるところ大です。
社会党がなくなって寂しいですね。
私も江田五月さんとならカラオケで一緒に歌ったことがあるんですが(笑)。
総ての人を満足させられる「政治解決」はないと思う (洲蛇亜林)
2015-12-30 00:06:04
確かに元慰安婦の方々の意向を聞かなかったというのはおかしいところだとは思いますが、日韓両国の国家としての立場からすればこの問題の政治決着を計らなければならない事情があることは確かだと思います。
それが国家主義だと非難されても、やはり現時点でこういう形での決着となるのも仕方ないと思うのです。

民主主義国家においての政治とは相反する立場や意見を調整してより良い妥協点
を探って行くことだと思うのですが、国際政治においても結局同じことではないかと思います。
だから国内政治においても外交においても必ずいろんな立場からの異論や不満が出ることは当たり前なことでありますが、それでも何らかの形で政治解決をしなければ次には進めないことは事実です。

なお、今回の日韓合意によっても安倍氏を始めとする日本会議系の基本方針や思想が変わることは些かも無く、ただの戦術的な妥協をしたに過ぎないと思います。
従って国内的には復古主義にもとずく改憲路線を一層推し進めるのは確かであって「外交と国益の必要からああいう合意をしたけれども本意ではない」というような言い方で安倍支持者を説得すると思われます。
そして今起きている安倍支持者の中の「反乱」もそのうち「鎮定」されるのではないでしょうか。

追記
慰安婦像についてですが、やはり日本大使館の前に存在するということは好ましいことではないと思いますね。
レイ様へ 了解しました。 (L)
2015-12-30 02:08:29
>表現の自由をあくまで守るという趣旨で、パクユハ氏起訴は間違っていますし、産経新聞局長の無罪は合っています。この持論は変わりません。
>談話を出した河野氏や村山氏が賛同者に入ってたからなんですよ。

彼らの弁護になるだろうと。
>声明自体は不必要にあの著作を持ち上げているのではないかと思いました
レイ様へ 
評判をご存知だったのですね。お気持ち、ご趣旨が理解できました。
>社会党がなくなって寂しいですね。
全くです。亡くなってみて、あの親父結構いいところあったなという感じ。
 しかしまあ、トンちゃんもしょうがないですな。せっかく、レイ様が応援したげたのに。
>慰安婦問題合意、与野党が歓迎 村山元首相「首相はよく決断」
https://t.co/TVGQg4g5XT
 まあ、今回の内容はノダメと2MBが同意も解散・下野で店晒しになってたものと同じらしい。元が太った安倍の合意だから、話が早かったと。
 あ、レイバーネットは結構便利なサイトです。会員でなくても記事や告知の投稿もできます。サイト内記事検索機能が弱いのが難点ですが。
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動声明 (L)
2015-12-30 02:12:12
声明
被害者不在の「妥結」は「解決」ではない

12月28日、日韓外相は日本軍「慰安婦」問題について会談し、共同記者会見を開いた。その内容についての評価は、本来、被害者がどう受け止めたかによって判断されるべきであるが、私たちは昨年来、政府に、各国の被害者と支援者が集まった「アジア連帯会議」で採択した、解決のための「日本政府への提言」を提案し、日本軍「慰安婦」問題解決のために取り組んできた団体として、日韓外相会談の結果について以下のようにコメントする。

1, 今回の協議は終始一貫、被害者不在で進められた。それが本日の結果に如実に表れており、「最終的な解決」にするには、被害者にとってあまりにも課題の多いものとなった。とりわけ安全保障政策を重視する米国の圧力のもとで日韓政府が政治的に妥結し、最終的合意としてしまったことは、50年前の日韓基本条約の制定過程を彷彿とさせ、東アジアが現在もなお、米国の支配下にあることを痛感させるできごとであった。

2, 日本政府は、ようやく国家の責任を認めた。安倍政権がこれを認めたことは、四半世紀もの間、屈することなくたたかって来た日本軍「慰安婦」被害者と市民運動が勝ち取った成果である。しかし、責任を認めるには、どのような事実を認定しているのかが重要である。それは即ち「提言」に示した①軍が『慰安所』制度を立案、設置、管理、統制した主体であること、②女性たちが意に反して「慰安婦」にされ、慰安所で強制的な状況におかれたこと、③当時の国際法・国内法に違反した重大な人権侵害であったことを認めなければならないということだ。「軍の関与」を認めるにとどまった今回の発表では、被害者を納得させることはできないであろう。

3, 韓国外相は「平和の碑」(少女像)について、「適切に解決されるよう努力する」と述べた。日本政府が、被害者の気持ちを逆なでする要求を韓国政府に突き付けた結果である。このような勝手な「合意」は、被害者を再び冒涜するものに他ならない。

4,さらに、教育や記憶の継承の措置についてはまったく触れず、国際社会において互いに批判・非難を控えると表明したことは、日韓両国が日本軍「慰安婦」問題を女性の人権問題として捉えていないことの証左であるとともに、被害者の名誉や尊厳の回復に反する発言であり、とうてい認めることはできない。

5, この問題が「最終的かつ不可逆的に解決される」かどうかは、ひとえに今後の日本政府の対応にかかっている。問題が解決されず、蒸し返されてきたのは、被害者が納得できる措置を日本政府がとらず、安倍政権が「河野談話」の見直しを図るなど、政府として歴史の事実を否定する発言を繰り返してきたためであることを認識しなければならない。

6, 日本政府は、被害者不在の政府間の妥結では問題が解決しないことを認識し、以下のような措置をとらなければならない。
1. 総理大臣のお詫びと反省は、外相が代読、あるいは大統領に電話でお詫びするといった形ではなく、被害者が謝罪と受け止めることができる形で、改めて首相自身が公式に表明すること。
2. 日本国の責任や河野談話で認めた事実に反する発言を公人がした場合に、これに断固として反駁し、ヘイトスピーチに対しても断固とした態度をとること。
3. 名誉と尊厳の回復、心の傷を癒やすための事業には、被害者が何よりも求めている日本政府保有資料の全面公開、国内外でのさらなる資料調査、国内外の被害者および関係者へのヒヤリングを含む真相究明、および義務教育課程の教科書への記述を含む学校及び一般での教育を含めること。
4. アジア・太平洋各地の被害者に対しても、国家の責任を認めて同様の措置をとること。
2015年12月29日
日本軍「慰安婦」問題解決全国行動
Unknown (とら猫イーチ)
2015-12-30 10:06:38
 現韓国の朴槿恵政権は、安倍政権以上に反民主主義的であり、その正統性にも疑問符がつくような代物ですので、国家主義的に、行動するのは当然でしょう。

 それも米国からの強い要請があれば、自身の基盤を防護するためには、国民の要望は、無視されるでしょう。

 この認識は、嫌韓とは無縁の客観的認識であり、日本においても、韓国の民主化運動との連携も視野に含めて、正確に認識しておかなければならないでしょう。

 私は、昨年に彼の国の政治状況を調べて愕然としました。 

 風前の灯の韓国民主主義 ちきゅう座 2014年 5月 28日
http://chikyuza.net/archives/44799

 恐らく、米国からは、韓国へは、中国との関係遮断も含めて、対安倍政権以上に強力な要請(?)があったのでしょう。 
置いてけぼり (リベラ・メ)
2015-12-30 10:18:02
此れはもう、完全に置いてけぼりですよね。女性たちは。支援者達も、悔しくて地団駄を踏みたいでしょう。「長く続くとしんどくて面倒だから」というのが見え見えです。
これが政治 (政治学徒)
2015-12-30 11:20:29
政治を学ぶ一政治学徒としての感想は、「これが政治か」というものです。
右側からもそして宮武先生のような左側からも激しく批判されているという現状から考えれば
今回の政府間合意は合格点をつけられるものだと考えています。
(もちろん慰安婦の方々が置き去りではないかという点はその通りです)

日本政治に引きつけて考えれば、安倍総理が資金の拠出や、軍の関与があったという点で妥協をしてでも(本当に妥協といえるのかはともかく)
アメリカの強い要請に応えるという事と、周辺国との関係改善による国内の支持率回復が見込めるという点で、極めて大きな外交成果といえるでしょう。

安倍政権は外交と軽減税率というカードを切ってきました。
それに対する野党側はどうでしょう?
無策といっては申し訳ないが、今の現状では太刀打ちできそうにありませんね。
今のままでは来年の選挙は、与党側勝利の可能性が極めて高い。
(危なくなればダブルの可能性もあるでしょうし)

対抗勢力なしの状況は、日本にとって極めて不幸な事です。
現政権に対抗する為には、違いを強調したり粗探しをする事でなく、大きなイシューで一致する勢力を作りあげていく事ではないかと考えます。
百点満点でなくても合格点を取れば良いのです。
とにかく (kei)
2015-12-30 11:26:22
心を尽くす。それだけなのですよ。被害者が加害者に求めるものは。

政治的解決に妥協は必用なのですが、そこに「蒸し返すな」と「慰安婦像の撤去」を持ってくるというところでアウト。

そんなことを求めなくても、誠意をもって謝罪と真相調査を進めれば誰も蒸し返さないし、日本政府が少女像の隣に碑を建てれば評価は一転するはずなのに。

何でもバーターで考える外交手法からはもう卒業してほしい。恥ずかしいから。

唯一、安倍内閣が国としての責任を認めたことだけは評価します.。おそらくこれだけでも安倍さんにとっては苦渋の選択だったことでしょう。
しかし、当時でも違法行為であったことや、これからの国民への教育などにも言及しないと、中途半端過ぎて本当の謝罪とは認められないのです。
ウヨくん達はそこに付け込んで都合の良い解釈で陰謀論に仕立て上げるでしょう。
Unknown (ポム君)
2015-12-30 13:41:28
>Lさん

今回の合意と、パクユハ路線は関係がないと思いますよ。
基本的には日韓の協定や河野談話と同じ路線、つまり表現を曖昧にして解釈に幅を持たせ、お互いの解釈には口を挟まない「アグリー・トゥ・ディスアグリー(同意しないことに同意する)」の路線かと思います。


>宮武嶺さん
>あの作品自体が不愉快そうなのでお金を出して読む気もせず買ってませんから、論評できないのです。

ふむ?不愉快そうな理由がよく分かりませんが。。。
いずれにしても、こういった姿勢はやめた方が良いと思いますよ。

読みたい本だけ読んでいると、(色んな意味で)偏ります。そんな事を言わずに、宮武さんも読んでみてはどうでしょう。
(とか言ってる僕自身は、氏の別の著作を読んだだけで、件の本は読んでませんけど)
弱者はいつも踏みつけられる (バードストライク)
2015-12-30 19:55:09
今更皆様の高度な議論に何かを付け加える必要もないが、ただ、弱い者は、永遠に踏みつけられるのかとため息。
慰安婦といい、沖縄といい。
これらの人々の魂の叫びとは無関係に、国の思惑で物事が決められていく。
しかも、ほとんどアメリカ様の意向。

これからオレ様はこっち方面から少し手を引くから、日韓揃って東アジアの防衛をやれ、というのだろう。対中国、そして北朝鮮崩壊の日に備えて。

米韓FTAで、韓国の農業は大きな打撃を受けた。FTAのせいかどうか知らないけど、小売店もバタバタ潰れているとか。
アメリカ様は、日米並行協議で、日本には韓国以上のものを求めると断言しているのだから、今日の韓国は、明日の日本なのだろう。所詮、我々はアメリカ様の植民地だったのだ。植民地同士対立せずに、手を携えていきたいものだが、

今回の合意で、ネトウヨは見捨てられ w 、代わりに善良なる一般国民の皆様の支持率が上がって、安倍極右そーか連合の支持率はUPするのでしょうね。
韓国のおばあさんに譲歩してあげた安倍首相は、優しいね、なんて w 。
まこと、地獄への階段は、善意の絨毯で敷き詰められている、との言葉まんまだわ。
注文の多い加害国 (Q太郎)
2015-12-30 21:28:29
加害者側である日本が、被害者に対して蒸し返さないことを要求する権利はないはずです。そんなことを要求するのは、日本政府が全く反省してない証拠としか思えません。少女像の撤去の要求も含め、盗人猛々しいとはこの事です。

両国が被害者の頭越しに勝手に合意したことも、ひどいですね。金も権力もある、被害者から最も(心理的に)遠いところにいるおっさん達に性暴力の被害者の何が分かるというのでしょうか。
やっぱり安倍はアカン (Q太郎)
2015-12-30 22:59:53
日本政府は合意の発表後「法的責任は認めない」と言い出したそうですね。「日本政府の責任」と言いつつ「法的責任は認めない」なんて、道理に合わないです。

いくら外圧(米国)が発端の合意とはいえ、日本政府にもこの問題への解決の意志はあるだろうと思っていました。しかし、どうやら私の希望的観測だったようです。

日本政府は、最初からちゃぶ台返す気マンマンだったんでしょう。合意直後から、被害者の神経逆なでしたくてしょうがないかのような言動が続いています。

一応、米国の言うことは聞き、韓国にもダメージ与えたいのです。A級戦犯の孫・安倍による韓国への逆恨みが原因です。

韓国政府は100歩譲って被害者の代理人です。当事者を無視し、代理人が加害者と勝手に交渉した合意など無効です。今回の合意は法的拘束力があるわけではないそうで、それがせめてもの救いと思いたいです。
少女像についての誤解 (Q太郎)
2015-12-30 23:36:33
連続投稿になり失礼します。

少女像(慰安婦像と呼ぶ人もいるみたいですが)の設置の件ですが、元々、河野談話が発表された時期に、韓国の支援団体が日本政府に要求していたものです。(その件は、荻上チキさんのラジオ番組で歴史学者の和田秀樹さんも仰っていました)

もし、皆さんご存知の情報でしたら、すみません。

日本政府が建てなかったので(理由は不明)、韓国の支援団体が建てたという経緯だと思われます。

本来は日本政府が亡くなった元慰安婦への慰霊などのためにも建てるべきだったものです。被害者側に設置の手間と費用を出させておいて、撤去しろはやはりおかしいです。

日本のマスコミの報道では、少女像が日本大使館の入り口をふさぐように建っているかのような印象を受けますが、実際には、二車線の道路を挟んだところに建っているので、日本大使館に出入りする人が必ず目に入るものという訳でもありません。

すべての人を満足させられる解決方法など、もちろんないです。ただ、被害者より加害者や第三者の都合が優先される解決方法であってはいけないことは言うまでもないと思います。
Unknown (とら猫イーチ)
2015-12-31 10:22:20
 タカか、ハゲタカか知りませんが、安倍政権への圧力は、米国からのもののみではないようですよ。 国連からも、別問題で、迫られていますからね。 タカが、普通のスズメ程度になるかも。 

 「国連少数者問題に関する特別報告者でヘイトスピーチ問題も担うリタ・イザック氏が来年1月に日本弁護士連合会の招きで来日し、東京都内で講演することがわかった。イザック氏は今秋、日本政府に公式的な訪日調査を求めたが、「来年秋以降でないと調整が間に合わない」と延期を求められたため、日弁連が先行して招いた。」

 ヘイトスピーチ問題で国連担当者が来日・講演へ 日程は?
朝日新聞デジタル | 執筆者: 武田肇 投稿日: 2015年12月29日 09時31分 JST 更新: 2015年12月29日 09時31分 JST (The Huffingtonpostより)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/28/hatespeech_n_8886936.html?utm_hp_ref=japan
ポム君さんへ ここまでの経緯と論議を知ってるの? (Unknown)
2015-12-31 19:08:53
ポム君さんへ 
 ここまでの経緯と論議というのがあるんだけど、どこまで分かってるのかな?

 ここ2、3年位かな、アジア女性基金系の人や御用系でハルモニに愛のない学者や文化人が、”アジア女性基金はとてもいいものだったが失敗したのは挺隊協の原則論のせい”と言ってしきりにディスってたんだよ。例えば、http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20130525-00025178/
その前までは,「"日本国は法的責任を認めない”という枠組みが間違っていたから、受け入れられなかった」という理解が界隈では一般的だった。右翼と妥協してでもやろうとしたことは悪くなかったかもしれないが、相手の気持ちを理解せずに筋論を棚上げしたので、最初から袋小路に入らざる得ない枠組みだったと。だから、枠組みを間違えたことを知って三木婦人とか和田春樹とかも途中で引責辞任する羽目になったんじゃなかったかな。で、枠組みが間違ってしまったのは安倍のような右派との政治抗争に敗れたからだと。映画などで強姦した後、札を何枚か投げるという描写で犯人の極悪さを表現するけど、韓国をはじめとする少なからぬ元慰安婦の受け止めはそういうものだった。総理の手紙だって巧妙に日本国の加害・”犯罪”責任を回避するいわば”マトリクス”な代物だからね。
 で、日本で教育を受け主に日本で活躍してきたパクユハが呼応してか平行なのかは知らんが
>>朴裕河教授は日本の右翼でもなければ容易に試みない真に独特な挑戦に乗り出した。 ~日本政府に法的責任はないという点を論証しようと努めている
原文は2015/02/27 http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19811.html と。
>慰安婦がこうした苦痛を受けた1次的原因は当時の不幸な社会像のせいであって日本政府の責任ではないという点を強調
>著者の見解は、日本政府に慰安婦を作った構造的な“罪”に対する責任を問うことはあっても、それが法的責任を負わなければならない“犯罪”ではないということ
>日本政府の法的責任を追及できる端緒である慰安婦動員過程で広範囲に行われた人身売買に対する軍の黙認と慰安所設置に関する軍の指示などに対する言及は消極的に扱っている。
>日本政府が「法的責任」を負わなければならないという主張を曲げない挺対協に非難の矛先を転じる。
>挺対協が自分たちが考える運動の正義のために
>実際には日本を「容赦」し「和解」する意志のある慰安婦被害者の小さな声を死蔵させた(と主張)
>しかも「併合(韓日併合条約)が両国の条約締結を経たことだったので法的には有効」であり「植民支配という不法行為に対する他国の国民動員に関する賠償」を通じて慰安婦に対する賠償を主張できず、1965年の韓日協定で個人請求権が消滅し個人補償を要求する根拠もなくなったという指摘も忘れない
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19811.html
 ちなみに国連筋はこの手のロジックは国際法上筋が通らぬと否定し、日本にきちんと認罪、反省、謝罪、賠償、”慰安婦は嘘"も含めた処罰、再発防止、以上を踏まえた義務教育、を繰り返し勧告している。
 で、パクユハ起訴の日本人知識人抗議声明が11月26日で
http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20151128/1448732567
>>抗議声明の主目的が、朴裕河「帝国の慰安婦」に対する賛美であり、朴裕河路線での“慰安婦問題”の最終解決に手放しで賛成することであり、韓国における言論の自由の状況を日韓市民で共有し協力しようというものになっていない、と評せざるを得ない
>日韓両国がようやく慰安婦問題をめぐる解決の糸口を見出そうとしているとき、この起訴が両国民の感情を不必要に刺激しあい、問題の打開を阻害する要因となることも危ぶまれます。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/11/26/park-yuha-charge-remonstrance_n_8659272.html
この一文がそれを物語っています。韓国における言論の自由の状況を憂いているというより、(朴裕河路線での)“慰安婦問題”の最終解決が遠のくことを恐れているという感じです。

さらに、今売っている「世界」には
>和田春樹氏が今回の妥結に関する話を書かれていますね
その中で紹介されていた10月23日東亜日報東京特派員の記事で

>運動団体が要求する「法的責任」という表現も、日本政府が主張する「道義的責任」という表現もやめて、
>「政府が責任を感じて」などの表現を使用することが考えられているというのである。

という部分があり、(外交交渉などでは当たり前なのかもしれませんが)そんなに前から決まっていたことなのかと
正直、驚いてしまいました
[5246] 無題 投稿者:上毛三山 投稿日:2015/12/29(Tue) 12:28
http://homepage3.nifty.com/biogon_21/index.html
との由。

こうして
>※朴裕河路線での“慰安婦問題”の最終解決
原則論的な挺隊協を黙らせた上で元慰安婦のみなさんの頭越しに日韓のボス交で、日本の国家責任と謝罪を曖昧にした形でアジア女性基金の延長のような仕組み(さすがにもうカンパはないと思いたい)で手打ちして慰安婦に金を握らせて終わったことにする路線らしい。たぶん水曜デモと少女像の禁止も込みで。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19810.html
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19811.html
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19812.html
が実現したと。
 マニアックな世界なんで(笑)ちゃんと時系列を見ずに知ったかぶりしていいのは「さびんしんぼ」と「恥知らず」だけ。

 実際、日本の偉い人とある種の知識人、文化人にとってはパクユハの主張は格好のOOネタだった。ものすごく都合のいい”ポルノ”なんだよ。
>なぜ、こういうことが起こるのだろうか? その理由を推測するに、朴裕河の言説が日本のリベラル派の秘められた欲求にぴたりと合致するからであろう。
徐京植、「和解という名の暴力--朴裕河『和解のために』批判」(『植民地主義の暴力』、高文研、2010年)http://readingcw.blogspot.jp/2015/02/blog-post_18.html
 かくて日本でのみいくつかの賞を取っている。
『反日ナショナリズムを超えて』で、日韓友好促進に貢献した韓国人を顕彰する第5回(2004年度)日韓文化交流基金賞を受賞。
『和解のために』で、第7回大佛次郎論壇賞を受賞。
『帝国の慰安婦』で、第27回アジア・太平洋賞特別賞、第15回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。

 もちろん、パクユハが日韓で外交交渉したわけではない。パクユハの仕事は妥結を正当化する”お話”を事前に用意し、特に日本でこの種の妥結への空気を醸成することだった。
 という訳で、今おきていることは既に準備されていたし、それは以前から「朴裕河路線での“慰安婦問題”の最終解決」と呼ばれていたし、見ている人は知っていたと。
 パクユハのような仕事をするものがなければ、この「妥結」は難しかったろう。反原発、反戦争法で国会前でスピーチしていたような左派の大江健三郎、小森陽一、島田雅彦、中沢けい、川村湊、星野智幸、村山富市、本橋 哲也といった連中が「朴裕河路線での“慰安婦問題”の最終解決」を支持すれば、市民による大きな反対運動は起こしにくいし、新聞もお気楽に反対に目をつぶれるからねえ。ネトウヨ、ネトサポは自民党のリモコンだから心配ないと。
してやったり、韓国の元娼婦たち (まんまと10億丸儲け)
2016-01-13 02:12:21
慰安婦なんて、そもそも存在しない。
そんなことは、韓国人は皆、分かっている事実。
ただ、韓国内では、
元風俗嬢、娼婦と呼ばれると差別され生きていけない

慰安婦と言う名前に変えて、
慰安婦支援団体と言う名の金儲け集団が設立された。
元風俗嬢が日本からお金をもらい、
決着されてしまうと、金づるがなくなる。
何時までも、何回、何百回、
何百年でもせびり続ける。

韓国人からすると、当たり前の行為。
皆、同じ考え方なのだから。
嘘にたいして、少しでも弱みを見せた方が負け。
嘘でも、謝った方が負け。

中国人は、賢いから良く分かっている。
日本人は、何度も騙され続ける。
とりあえず謝る国民性が弱点だからだ。

恩は、仇で返せ。
騙される方がバカ。
他に騙されるより、騙す人間になれ。
それが一般の韓国人の親の教育だ。

こんな根性が腐りきっている国とは、
国交断絶すればいいのに。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL