Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

生活保護の申請は権利。福祉事務所は申請を受理する義務がある。一緒に行ってくれる支援組織リスト付き。

2016年01月16日 | 生活保護と生存権
14歳からわかる生活保護 (14歳の世渡り術)
 
河出書房新社

不正受給額はたったの0.4%以下、受給者の約8割が高齢者や病気・ケガで働けない人…間違いだらけのバッシングをキチンと改める「生活保護」入門。申請用紙付き。

 

 

 厚生労働省は2015年1月6日、2015年10月分の被保護者調査の結果を発表しました。

 それによると、10月時点の生活保護受給世帯は前月比2,723世帯増の163万2,321世帯となり、2カ月連続で過去最多を更新し、前年同月比では1万7,081世帯増加しました。

被保護世帯数(各月間)と対前年同月伸び率(出典:厚生労働省Webサイト)

 

 また、生活保護受給者数は前月比2,435人増の216万6,019人と、2カ月連続で増加しました。

被保護実人員(各月間)と対前年同月伸び率(出典:厚生労働省Webサイト)

 

 昨今、生活保護受給者たたきが激しいのですが、生活保護受給世帯別(保護停止中を含まない)にみると、

1 高齢者世帯(男女とも65歳以上の世帯、またはこれらに18歳未満の未婚者が加わった世帯)が全体の49.4%に当たる80万2,492世帯で最多。

2 傷病者世帯が25万3,374世帯、

3 障害者世帯が19万316世帯、

4 母子世帯が10万4,967世帯

となっています。そもそも働くのが非常に困難だから生活保護なんです。

 そして、一応働ける世帯を含むその他の世帯が27万2,427世帯となっているのですが、この人たちには就職先を探す努力が課せられており、思うような就職先が決まらない人も多く、決してさぼっている人ばかりではわけではありません。

 なお、不正受給は0・4%程度です。

 

 

 ちなみに、生活保護以下の水準の生活をしているのに、生活保護を受給している人の割合を捕捉率というのですが、日本では捕捉率が1〜3割と言われており、8割前後の人が生活保護を受けられずに、「健康で文化的な最低限度」未満の生活を強いられています。

 生活保護は基本的人権の一つだということを肝に銘じましょう。

日本国憲法第25条

1項 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2項 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない

 

 

 それは、下の記事にあるように、福祉事務所が生活保護の相談を受けるだけで、生活保護の申請はさせない『水際作戦』が行われているからです。

 申請数を増やすと、生活保護者数が増え上からの評価が下がったり、その事務所の生活保護申請の却下率が上がるからです。

 下の記事では、水際作戦の具体例として

『「まだ若いから、働いて何とかなりませんか」

「まずは親族に援助を頼めませんか」

「住所不定の人はねえ」

「持ち家だとねえ」

「借金があるとねえ」

「簡単に受けられると思ったら困りますよ」

「女性だから、給料の高い仕事もありますよね」

などと意味深げに示唆されたり。尊厳を傷つけられて保護の利用をあきらめ、二度と行かないと決めてしまう人もいます。』

と紹介されています。

 誤解されがちですが、借金があっても、ホームレス=住民票のない方も生活保護申請が認められます。親族の扶養義務も絶対ではありません。

 場合によっては持ち家があっても売るに売れない場合など保護が認められます。福祉事務所の担当官の言葉をそのまま真に受けてはなりません。

 ましてや、女性に風俗で働くように示唆するなど言語道断です。

 

 

 生活保護の申請権は権利であり、福祉事務所には申請を拒否する権利はありません。相談のみで追い返すのは違法なのです。

 ですから、下の記事には

「厚労省は2000年代以降、「申請権の侵害は絶対にいけない」と、通知や会議でたびたび強調しています。このため、以前に比べると水際作戦は減ったようですが、もし、申請権の侵害や職員の暴言があれば、国家賠償法による自治体への賠償請求もできます。」

として、

「職員が高圧的に出るのを防ぐためにも、面接のときは応対した職員の氏名、所属を確認し、質問や発言について、メモを取りながら進めましょう。」

「もし、申請権の侵害や職員の暴言があれば、国家賠償法による自治体への賠償請求もできます。」

と勧めています。

 しかし、相手はお役所ですから、個人一人で対応することは、精神的にも肉体的にもきついです。

 下の記事には各地の相談窓口が列挙されているので、ぜひご活用ください。

 なんといっても、生活保護は憲法が保障する基本的人権の具体化。市民の権利なのですから。

 

 

関連記事

生活保護一部改正案と生活困窮者自立支援法の問題点 水際作戦拡大で餓死者・自殺者続出

生活保護は生存権の具体化なのに、生活扶助費を毎年減額。寒冷地の暖房費まで減額。生きさせろ!

生活保護基準を10%引き下げて1000億円浮かし、20兆円を緊急経済対策に使う安倍政権のこの矛盾

基本的人権である生存権保障の最重要制度 生活保護基準の引き下げに反対する

 

参考HP

生活保護問題全国対策会議

パンフレット完成!「Q&A住宅扶助・冬季加算引き下げにどう対抗する?”あきらめないで!闘うすべはある!”」

生存権問う新たな闘い 弁護士、 新・生存権裁判弁護団団長 尾藤廣喜

 

生活保護「改革」ここが焦点だ!
尾藤 廣喜 (著), 吉永 純 (著), 小久保 哲郎  (著), 生活保護問題対策全国会議 (監修)
あけび書房

不況を口実にした非正規労働者の増大、そして大震災…生活保護制度が、今、根本的に変質されようとしている。その問題点を整理し、制度のあり方を提言。そして豊富な資料編。

 

生活保護法的支援ハンドブック
日本弁護士連合会貧困問題対策本部 編
民事法研究会

最新刊。

史上最大の生活保護法改正に対応!生活保護のしくみ・基礎知識から、違法・不当な運用を争う際の論点、審査請求・訴訟等の手続について、改正行政不服審査法や最新の判例・実務を織り込み改訂!


生活保護のもらい方―窓口担当者がていねいに教える  データハウス

福祉事務所を困った時の強い味方“天使”にする方法!ケースワーカーを務め査察指導員である著者が、新規申請から受給、その後まで生活保護のすべてを解説する。不正受給の「悪魔の手口」、誤解されがちな保護の実態、福祉事務所とよりよい関係を築く方法―“最後のライフライン”生活保護を正しく最大限に理解・活用するための新時代バイブル。

 

生活保護から考える (岩波新書)
稲葉剛 著
岩波書店

すでに段階的な基準の引き下げが始まっている生活保護制度。社会保障制度の、そして生きるための最後の砦であるこの制度が、重大な岐路に直面している。不正受給の報道やバッシングのなか、どのような事態が起ころうとしているのか。当事者の声を紹介するとともに現場の状況を報告、いま、何が問題なのか、その根源を問う。

 

生活保護リアル
みわよしこ 著
日本評論社

急増する生活保護者。生活保護制度を解説するとともに、取材を通して、受給者や生活保護に係わる人々の「ありのまま」の姿を描く。


健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)
柏木ハルコ
小学館

 [生活保護]のリアルに迫る青春群像劇 
新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。
えみるはここでケースワーカーという生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――
新聞メディアはもちろん、現職のケースワーカー、医療、福祉関係者の方も注目する本格派ドラマ!
[生活保護]に向き合う新米ケースワーカーたちの奮闘劇、開幕!

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

貧困と生活保護(21) 生活保護の申請は支援者と一緒に行こう

 生活に困って生活保護を利用したいと思った場合、原則として福祉事務所に保護を申請する必要があります。そのとき大事なのは、一定の知識と胆力のある人を除いて、いきなり、ひとりで福祉事務所の窓口へ行かないほうがよいということです。

 親身に手助けしてくれる窓口担当者もいるのですが、一方で、保護を増やさないのが仕事のように勘違いしている職員もいて、間違った説明をされたり、申請できないまま相談だけで帰されたりすることがあるからです。きつい質問や言葉によって、精神的なダメージを受ける場合もあります。

 支援団体や法律家の協力を得るか、他の福祉関係の機関にまず相談するなどして、なるべく、だれかに同行してもらいましょう。

住まいがなければ、現在地の福祉事務所へ

 保護を申請できるのは、本人、民法上の扶養義務者、同居の親族です。ただし、放置すると生存にかかわるような急迫状態のときは、申請がなくても福祉事務所が職権で保護できます。

 福祉事務所は、すべての市(政令市は各区)と東京の特別区、一部の町村が設置しており、郡部には都道府県が設置しています(厚生労働省「福祉事務所一覧」)。福祉課、生活援護課、保健福祉センターといった名称のこともあります。住民登録の有無とは関係なく、いま住んでいる所を受け持つ福祉事務所に申請します。体調不良や障害などで出向けない場合は、電話などで連絡して職員に来てもらって申請しましょう。住まいがないときは、現在いる場所を受け持つ福祉事務所が担当窓口になります。

相談だけでかわす「水際作戦」に注意

 相談には乗るけれど、あれこれ言って申請させずに終わらせる。そういうやり方が1980年代からあちこちの福祉事務所で行われ、「水際作戦」と呼ばれてきました。

 「まだ若いから、働いて何とかなりませんか」「まずは親族に援助を頼めませんか」「住所不定の人はねえ」「持ち家だとねえ」「借金があるとねえ」……。保護を増やしたくない面接担当の職員から、そんなことを言われたりします。「簡単に受けられると思ったら困りますよ」と説教されたり、「女性だから、給料の高い仕事もありますよね」などと意味深げに示唆されたり。尊厳を傷つけられて保護の利用をあきらめ、二度と行かないと決めてしまう人もいます。

 生活に困っている人の多くは、精神的に弱って、引け目を感じています。言葉の内容や言い回し、態度によっては、メンタルにこたえるのです。

 職員が高圧的に出るのを防ぐためにも、面接のときは応対した職員の氏名、所属を確認し、質問や発言について、メモを取りながら進めましょう。

申請権の侵害は絶対に許されない

 かりに、ユニクロの会長やソフトバンクの会長が、生活保護を申請したらどうなるでしょうか。超巨額の資産を持つ人は申請できない? そんなことはありません。どんな人であれ、申請があれば福祉事務所は受け付けないといけません。調査して要件を満たさなければ、却下すればよいのです。不正受給を防ぎたいなら、生活の実情をきちんと調べればよいこと。公的支援の必要な人を心理的に圧迫して保護から遠ざけると、死に追いやってしまうことが現実にあります。

 厚労省は2000年代以降、「申請権の侵害は絶対にいけない」と、通知や会議でたびたび強調しています。このため、以前に比べると水際作戦は減ったようですが、もし、申請権の侵害や職員の暴言があれば、国家賠償法による自治体への賠償請求もできます。

申請の意思をはっきり伝える

 面接では、生活状況や生活歴を詳しく聞かれます。正直に答えましょう。とくに収入、資産、就労に関してウソをつくと、不正受給につながることがあるので、安易に考えてはいけません。

 申請は、13年の生活保護法改正(14年7月施行)で、必要事項を記入した申請書を提出して行うのが原則になりましたが、口頭でも有効です(目の見えない人、字が書けない人、日本語がわからない人、行政用語がわからない人もいる)。そもそも申請書の提出を求めながら、申請書を窓口の見える所に置いていない福祉事務所が多いのは、おかしな話です。

 「生活保護を受けたいのですが……」と切り出しただけでは、水際作戦でごまかされて、相談だけの扱いにされるおそれがあります。本当に困っているときは、「申請します」と明確に伝えましょう。その意味では、とにかく申請書を提出するのが確実です。

14日以内の決定が原則だが……

 申請するとき、16年からマイナンバーの記入を求められるようになりましたが、記入なしでも申請はできます。収入や資産に関する書類を申請時に添えるのも義務ではなく、「後で提出します」でもかまいません。ただ、手続きを早く進めるため、次のような書類は、用意できるものがすぐあれば、用意して持参するとよいでしょう。また、認め印があれば必ず持っていきましょう。

 源泉徴収票、給料明細(最近3か月分)、年金手帳、年金証書、年金額の通知書、公的手当の通知書、住宅の賃貸借契約書、預金通帳、健康保険証、医療費・介護費の領収書・診療明細書(最近3か月分)、障害者手帳、生命保険証書、運転免許証、車検証、近い親族の住所リストなど

 申請の後は調査です。書類の提出のほか、自宅への訪問調査があり、健康状態の調査、収入・資産の調査、扶養の可能性のある親族の確認と扶養意思の照会が行われます。資産調査は、地域の金融機関に文書で照会するため、個人情報提供の「包括同意書」にサインを求められます。

 病気や障害について、診断書はとくに要りません。医学的な判断が必要なら福祉事務所が検診命令を出すので、それに従って医療機関に出向きます(本人負担なし)。

 福祉事務所は、申請を受けたら原則14日以内、特別な事情があっても30日以内に、保護を開始するのか却下するのか、決定しないといけません。保護開始になれば、申請日にさかのぼって保護費が支給されますが、実際は照会に手間取って30日近くかかることが多いようです。その間の生活費に困るときは、社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。

 申請を却下されたとき、30日以内に決定がないとき、保護費の決定額に納得できないときなどは、審査請求(行政不服審査の手続き)をして、上級庁の判断を求めることができます(決定に不満があるときは、決定を知った日の翌日から数えて60日以内)。

だれに支援してもらうか

 支援者や法律家の同席を、プライバシー保護を理由にいやがる福祉事務所もありますが、本人が同席を希望するなら、法的に見て、何の問題もありません。支援者や法律家がいなければ、信頼できる親族や友人に同席してもらうのもよいでしょう。もし、事情によって自分ひとりで福祉事務所へ行くことになっても、事前にだれかに相談しておくと心強いものです。同席できなくても支援者や紹介者がいることを告げておけば、職員も高飛車な対応はしにくいでしょう。

 <民生委員>

 各地域の住民の中から厚生労働大臣が委嘱する民生委員は、生活にかかわる相談援助をする公的な役職(無給)で、守秘義務もあります。同行がむずかしくても、紹介があれば福祉事務所の対応は悪くないでしょう。ただ、地元の人なので、本人が心理的に相談しにくいこともあるようです。

 <地元の議員>

 議員によっては、生活保護の相談に乗り、福祉事務所へつないでくれることがあります。

 <福祉・医療のソーシャルワーカー>

 高齢者なら地域包括支援センターや介護保険の施設、障害者なら基幹相談支援センターや障害者関係の事業所にいるソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士など)に相談してみましょう。ある程度の規模の病院や一部の診療所にもソーシャルワーカーがいます。ただし、どこまでサポートしてくれるかは、その機関によって違い、個人の力量にも差があります。

 <生活困窮者自立支援の相談窓口>

 15年度から生活困窮者自立支援法が施行され、福祉事務所を持つ自治体が相談窓口を設けています(外部の団体への委託も多い)。生活保護の対象にならない困窮者が対象ですが、保護を受けられるかどうか本人にわからないこともよくあります。相談の結果、生活保護を受けたほうがよいときは、福祉事務所に同行または連絡してくれます。連携の状況は自治体によって差がありますが、まず、生活困窮者の相談窓口へ出向くのも一つの方法でしょう。

 <民間の支援団体>

 「生活と健康を守る会」は多くの地域にあり、生活保護の申請や利用者の支援に力を入れています。このほか、ホームレス支援から活動を始めた団体の相当数が、必ずしも路上生活の人に限定せずに相談に乗っており、申請同行をする団体もあります。

 <法律家>

 生活保護の支援に取り組む弁護士、司法書士はそれなりにいます。権利擁護のためのボランティア的な活動だけでなく、報酬が公的に立て替え払いされる制度もあります。生活に困っている人なら返還が猶予または免除になるので、実質的に本人負担なしで利用できます。

 国の制度である「民事法律扶助」は、弁護士・司法書士による民事・家事・行政分野の法律相談、訴訟、調停、示談交渉、債務整理などに利用できます。日弁連の事業である「法律援助制度」は、弁護士だけですが、本人だけではむずかしいときの生活保護申請の代理、同行、審査請求といった行政手続きに使えます。どちらの制度も、弁護士や司法書士の側が手続きしてくれます。法律家へのツテがなければ、法テラス(0570・078374)で紹介を受けることもできます。

 行政に提出する書類の作成や申請の代理は、行政書士の本来業務ですが、行政書士の報酬が公的に立て替え払いされるしくみは今のところ、ありません。

<法律家を中心にした支援団体>
東北生活保護利用支援ネットワーク 022・721・7011 月水金13〜16時
首都圏生活保護支援法律家ネットワーク
(関東・甲信越・北海道に対応)
048・866・5040 平日10〜17時
北陸生活保護支援ネットワーク石川 076・231・2110 火18〜20時
北陸生活保護支援ネットワーク(福井・富山) 0776・25・5339 火18〜20時
生活保護支援ネットワーク静岡 054・636・8611 平日9〜17時
東海生活保護利用支援ネットワーク 052・911・9290 火木13〜16時
近畿生活保護支援法律家ネットワーク 078・371・5118 平日10〜16時
生活保護支援中国ネットワーク 0120・968・905 平日9時半〜17時半
四国生活保護支援法律家ネットワーク 050・3473・7973 平日10〜17時
生活保護支援九州・沖縄ネットワーク 097・534・7260 平日13〜17時

<生活保護や生活困窮の相談に乗る主な民間支援団体(多くはメール相談も可)
全国生活と健康を守る会連合会 03・3354・7431(相談はHPにある各地の会で)
北海道の労働と福祉を考える会 090・7515・8393
なんもさサポート(札幌) 011・757・2920
生活相談サポートセンター(札幌) 080・3296・2708(電話は面談予約のみ)
ワンファミリー仙台 022・398・9854 9〜17時
仙台夜まわりグループ 050・5539・6789 無休8時〜21時半
ほっとプラス(さいたま) 048・687・0920 平日9〜18時
サマリア(所沢) 070・5080・3068
ガンバの会(市川) 047・704・9915 平日9〜18時
もやい(東京) 03・3266・5744 火12〜18時、金11〜17時
ホームレス総合相談ネットワーク 0120・843・530 月水金11〜17時
山友会(東京) 03・3874・1269 平日10〜16時
びよんどネット(三鷹・武蔵野) 090・6511・7471、0422・46・5240
さんきゅうハウス(立川) 080・5088・3897、042・512・7541
寿支援者交流会(横浜) 045・641・5599
自立支援ネットにいがた 025・225・1078 平日9〜18時
ささしまサポートセンター(名古屋) 052・462・9325 月金9時半〜12時半、水14〜17時
ささしま共生会(名古屋) 052・718・2048 平日10〜17時
大阪希望館 06・6358・0705 月〜土10〜17時
Homedoor(大阪) 070・5436・2892 水10時半〜18時半、土13時〜18時半
釜ヶ崎支援機構 06・6645・0388 9〜17時
釜ヶ崎医療連絡会議(大阪) 06・6647・8278
神戸の冬を支える会 神戸078・271・7248 平日8時45分〜17時15分、土曜10〜16時
姫路079・284・5514
尼崎06・6413・0151
岡山・ホームレス支援きずな 086・221・2822
香川野宿者支援の会 090・8977・5704
抱樸(旧北九州ホームレス支援機構) 093・653・0779
ホームレス支援 福岡おにぎりの会 092・431・5785
くまもと支援の会 096・362・0339
自立生活支援宮崎ほほえみの会 0985・27・0155
かごしまホームレス生活者支えあう会 080・4275・0371
POSSE(主に若者) 東京03・6699・9359
京都075・541・9760
仙台022・302・3349
しんぐるまざあず・ふぉーらむ 03・3263・1519 火水15〜21時
 

原昌平(はら・しょうへい)

読売新聞大阪本社編集委員。
1982年、京都大学理学部卒、読売新聞大阪本社に入社。京都支局、社会部、 科学部デスクを経て2010年から編集委員。1996年以降、医療と社会保 障を中心に取材。精神保健福祉士。2014年度から大阪府立大学大学院に在籍(社会福祉学専攻)。大阪に生まれ、ずっと関西に住んでいる。好きなものは山歩き、温泉、料理、SFなど。編集した本に「大事典 これでわかる!医療のしくみ」(中公新書ラクレ)など。

コラムへの意見・質問などは  こちら( t-yomidr2@yomiuri.com )
どの執筆者に宛てたものかをメールのタイトル等に書いてください


(2016年1月15日 読売新聞)

 
 
 
 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月15日(金)のつぶやき | トップ | 岡田民主党代表の「改憲の緊急事... »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まーた受け売りか (答えははじめから決まり切ってる)
2016-01-16 08:49:45
あはははは、三流私立教員、あはははっは.

笑ってる場合? (リベラ・メ)
2016-01-16 15:48:33
何処の何方さんかは存じ上げませんが、笑ってる場合ですか?生きる権利と尊厳を笑う貴方こそ三流です!!
↑よく削除されなかったな (K)
2016-01-16 16:30:44
それはそうと、お役所に「生存権を認めてください」とお願いするシステムにこそ、根源たる問題があるのだと思います。

【無条件給付=国家、条件付き給付=地方】で分類して対応すれば、もっと多くの人を救えると思います。

※今週は今日で終わりですが、先週に富裕税の記事を来週書くと言っていたのを覚えていらっしゃるでしょうか?楽しみに待っていたのですが・・・
↑削除されないのは (リベラル派)
2016-01-16 17:36:05
晒す、ためでしょう(苦笑)。

この「三流」氏は、常に根拠も論理も何も示さずわけのわからないことを言い放って去っていく、典型的なネトウヨ(自民党支持層)でしょう。それが如何にバカに見えるか、毎回教えてくれるので楽しいですね♪

さて、生活保護バッシングと「在日特権」バッシングには、共通点があります。それは、羨望。

生活保護バッシング:働きもせずにカネをもらって遊んで暮らしている(本当はそんなことないんですが)とは何事!
→羨ましいぞ!俺達もそんな生活がしたい!

在日特権バッシング:通名のせいで犯罪しても本名公表されないし犯歴を消すことができる(本当はそんなことないんですが)とは何事!
→羨ましいぞ!俺達も通名使って犯罪したい!

まあ後者なんかは、善良な市民で刑法上の罪を犯すことなど絶対に考えない筆者としては、何が羨ましいんだかさっぱりわかりませんが‥‥。
「手続き」という高い壁 (洲蛇亜林)
2016-01-16 18:05:11
働ける世代であっても病気怪我失業など、いつ何時何かのキッカケで貧困の底に沈んでもおかしくない時代です。

収入の不安定さ故、健康保険料だけはどうにか払ってはいても年金保険料の方は払えていないという人は多いですね。
それでもまだ今は親世代に頼れる人たちもいるわけですが、あと10年後かには確実に状況は変わって来ます。
その時に貧困の問題は今よりもっと深刻化して顕在化するでしょう。
今のままの社会保障のあり方では駄目でしょうね、変えないと。
もちろん、社会保障制度自体を否定したりするような新自由主義的「改革」論とか保守の人権否定論は論外なわけですが。

残念ながら性風俗産業とかが貧困女子の最後のセーフティーネットになっているという現実は無視出来ないと思います。
将来、生存に必要なセーフティーネットが整備されるその日までは、そういった「業務」を無くすことは出来ないわけで倫理的観点から非難したり差別したりすることは間違いであると思います。
Unknown (とら猫イーチ)
2016-01-16 18:29:13
 生活保護の行政事務は、地方自治体が実施していますので、自治体毎の格差と、職員毎の格差が激しいのが事実でしょう。

 保守で極右の首長の下では、予算を削れば昇進出来るので、その努力をするので、厳格化するでしょうし、縁故採用や縁故情実人事が蔓延っているところでは、ろくな職員がいませんので、福祉の現場に相応しくない職員が居れば、問題が頻発します。

 しかし、何処でも、現場には、縁故・情実の職員が配置されることは稀ですので、福祉の窓口にそうした職員がいる可能性は余り無いので、残るのは、予算削減をして功績を認めて貰いたい上昇志向の職員が問題を起こすのでしょう。 

 因みに、私の知る福祉事務所の職員の携帯には、休日であっても電話があり、色んな相談に応じていましたし、親身になって話を聞いていました。 

 相当、昔の話ですが、ホームレスが道端で、息を切らしていたので、交番の警察官に通報すると、救助を求めると警察で対応出来ますと言われて、出かけられたことがありましたが、予想のとおりに拒否されたので、私が、管轄の福祉事務所に電話すると、早速、事情を聞きに行きます、と対応を約束されたことがあります。

 何処でも、ホームレスの対応には、苦慮されるのですが、一つ返事で、対応を約束されたので、地元の自治体を見直しました。

 福祉切り捨てが蔓延る時代ですが、良心的に取り組んでいる自治体も多いのですから、予算切り捨てをせず、他のバラマキを改善することを求めて行くのが重要でしょう。 

   
政府と経済界がめざす今後の方向性 (むう)
2016-01-16 21:51:58
『財政健全化計画等に関する建議』
財政制度等審議会  H27.6.1
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/report/zaiseia270601/
上記PDF参照

■生活保護に関して 35ページ
引き続き、最低限度の生活保障や自立の助長という制度趣旨を踏まえた見直しを行っていく必用がある。
保護受給の更新期の設立。
正当な理由なく就労しない場合の保護費の削減などの導入。
医療扶助費の適正化。頻回受診の是正の強化。
医療費の一部自己負担の導入。


このPDFを見ると怖くなります。
この建議で述べられている事は、
経済成長のための規制緩和や成長戦略に取り組め!
年金・医療・介護・社会資本整備や教育・生活保護など社会保障のための歳出を削減せよ!
例え税収が増えたとしても、社会保障費のための歳出に使わず、経済成長のために備えよ!

こんな不公正を進める彼らを受け入れられるのでしょうか。

年金については、2035年までに年金の受給開始年齢の引き上げをするため、2025年に国民に周知せよ、とあります。

経済界のために国策として予算を注ぎ込み、大学を下請けのように利用し、コスト負担から逃れる。
http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/sympo1412/sympo2014.html

さらに私たちも負担する年金基金をGPIFを通して日本株式&海外株式に投資して株価をあげてあげる。 
そのくせ、得た利益を内部留保として溜め込んだり
法人税を負担しないトリックがあったり・・・  

こんな事がどんどん進む世界で本当に生きたいのでしょうか・・・
あえてバッシングを受けましょうーーある生活保護受給希望者の場合 (バードストライク)
2016-01-16 23:05:35
S県南部A市在住、M田 Y一 ( R一だったかな? 多分Y一 ) 。 職業・便利屋。少し知り合い。

我が家がもの置き場として使っていた部屋を貸しに出すことにし、M田に部屋のクリーニングと、給湯器、ガスコンロ取り替えのための業者紹介を頼む。直前になって、
「 息子を助手に連れて行きたい 」
とTELよこす。息子分の日当も払えと。こちらも手伝うからと言い、それは断る。

2日間頼んだが、初日、
「 明日、用があるから中抜けしたい。その分朝早くくるから 」
だと。承諾する。

2日目、1時間早く来て3時間近く中抜け、4時半になったらさっさと片付けを始め、5時と共に去りぬ。後をチェックしたら、あちこちやっていない。手抜きだらけ。

その後1年経ち、管理組合からの要請で、借家人にガスのスペックを聞いたところ、我々に示した見積もりと違うものを設置していた。見積もり品よりずっと出力の低い、安いものを付けていた。唖然。

M田は今63,4歳。親の代から都内で小売業をしていたが、店が傾き、便利屋に。昔から遊び人、ダイビングが好きで適地に別荘を持っていたとか。バリ島によく出掛けていたそう。オネエチャンも好きで、ちょっかいを出したのがバレて、妻に離婚される。トシにしてはいい体をしており、背も高くなく足も短めだが、筋肉質で腹は出ておらず、本人は尻や脚の形が自慢で、いつもトリコットのハイレグパンツを愛用。勝負パンツで臨戦体制?(オエッ)。

このM田が、生活保護申請のため、頻々とA市市役所を訪れている。今のところA市ははねつけているらしく、
「 精神のほうとか、なんか病気がないと無理らしい 」
と悄げている。当たり前だ。ほかの同年代より、ずっと健康だ 。ただ働く気がないだけ。

なお、M田は都内在住の叔父と組み、療養費詐欺にも加担。といっても月2万円程度を自治体からだまし取る程度のせこい犯罪。

うちの近所は老人だらけで、便利屋の需要もそれなりにありそうなので、真面目に働いてくれれば紹介しようと思ったが、もう絶対無理。
A市はしっかり峻別して、こんなふざけた奴に保護認定出さないように。

もしこの次M田に会うことがあれば跳び蹴りしてやろうと画策、ジムで鍛えてる www 。
外国人差別を許すな! (名無し)
2016-01-17 01:13:56
国内に住んでる外国人も等しく生活保護を受けられるようにすべきです、ヨーロッパでは当たり前ですよ?先進国では当たり前ですよ?
そして本人の意見も尊重して参政権も付与すべきでしょう

日本人にはまだまだ外国人差別感情が根付いてます!差別を根絶しましょう!
むうさんへ (バードストライク)
2016-01-17 15:38:42
> 医療扶助費の適正化。頻回受診の是正の強化。

生活保護受給者があちこちの診療所を受診、向精神薬を大量に処方してもらい、それを横流しした事件をご存じですか?もちろん暴力団絡みです。

また、北海道の受給者が特定のドクターにかかるためタクシーを利用し、数百万円の医療費(交通費込み)を使った件、本州の受給者が、九州だか広島だかの精神科ドクターのカウンセリングを受けるため、飛行機代込みでやはり数百万円使った件、いずれも医療費が現物支給で特に受診回数や金額に上限がないことに「付け込んだ」行為だと思います。

こんな我儘勝手が憲法の名の下に許されるなら、憲法改正の機運を高める一助になってしまうでしょう。生活保護受給者に対する反感も、増大しこそすれ、減ることはありますまい。その結果保護制度が無くなったり、改悪されたら、本当に必要な人が必要な時に使えなくなってしまいます。まさに、贔屓の引き倒しです。

大切な制度は大切に使い、守っていくことが重要だと思います。公正に運用されなければ、一般の人の賛同も得られません。

私の考えは、憲法に違反していますか?

なお、先に書いたM田Y一の療養費詐欺は、月額は2万円程度でも、年額なら24万、長年やっていましたから10年なら240万、20年なら480万円です。
マンションの頭金になる ww 。
生活保護者の場合、交通費を移動費というのですが (raymiyatake)
2016-01-17 15:56:39
移動費は後払いです。
本当に数百万円の移動費の請求が認められたのでしょうか。
普通は審査でにべもなく断られるので、よほどの難病のような事情があったのではないですか。
ソースを教えてくださいませ。

にしても、生活保護者が処方薬をタダでせしめて売っている姿は私もあいりん地区で見たことがあります。
これは違法です。
つまり、基本的人権も絶対無制約ではなく、公共の福祉の範囲内で保障されるということです。

これは思想良心の自由以外全人権に共通する性格です。
(内心の自由は人に迷惑をかけないので絶対無制約です)。
管理人様へ (バードストライク)
2016-01-17 16:30:40
ソースは東京新聞だったと思います。
3、4年ぐらい前に読んだものです。
ウチは2011年5月から東京に変えました。
ネットではないので、引っ張ってこられません。悪しからず。
あった! 北海道の件 (バードストライク)
2016-01-17 16:38:27
https://tsujiyoshitaka.wordpress.com/2007/11/26/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E5%8F%97%E7%B5%A6%E7%99%BA%E8%A6%9A%E3%80%80%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%BB%9D%E5%B7%9D%E5%B8%82%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%8D%E3%82%8C/

滝川市 生保受給者 介護タクシー不正利用の巻
あった! 2 飛行機通院の件 (バードストライク)
2016-01-17 16:47:41
http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1214735642
岸和田市の生保受給者が新幹線や飛行機を使って通院、高額請求
ついでにもう一個 (バードストライク)
2016-01-17 16:56:12
http://www.city.suzuka.lg.jp/life/benri/pdfs/7901_03.pdf
鈴鹿市でも 同様の不正

以上3件。
あると思わなかった。
探してみるもんですね。
成らぬは人の為さぬなりけり w

バード ← 性格悪い、と思わないでね。
キレイゴトが嫌いなだけです。
もちろん、基盤はヒューマニズムさ ♪
すごい執念! (raymiyatake)
2016-01-17 17:35:34
参りました。バードさんを甘く見てましたm(__)m

でも、そういう発覚した不正受給は全体の0・4%であること銘記してくださいね。

もちろん、発覚していないものもあると思いますが、ごく一部で全体を判断してはいけないと思います。

とにかく、権利は濫用すれば違法です。
でも、適法な範囲内なら権利は権利です。
今は、基本的人権がないがしろにされがちな方が問題ではないでしょうか。

特に生活保護は生存権という基本的人権の具体化だということが忘れられがちだと思います。
不正受給は0.4%ということになっているが(公式) (バードストライク)
2016-01-17 19:11:01
「 発覚しない不正 」と、「 グレーゾーン 」を合わせたら、一体何パーセントかな(笑)?

滝川市の不正なんか、ビックリ、一軒の家が使った額が、2億3000万円ですぞ!! 車を持たない生保受給者は、通院に使った車代を全額請求できるという制度があるため。

ここまで放置した自治体もおかしいが。
受給者と介護タクシー屋は結託していて、おそらくヤクザか、地方の有力者なのではと推測。両方かな。こうなると役所の担当者も、身の危険を感じるだろう。
でも、面談の時に警察OBを同席させようという案は、却下された。たしかに弊害もあるけどね。(威圧的だとか)

飛行機・新幹線受診のケースは、ドクターショッピングらしいが、夫婦であちこち大名旅行だね。むしろそっちが目的だろう。結構なこっちゃ。

かたや、生涯真面目に働き、少ない年金のため七十過ぎてもパートに出、月2万円未満ぐらいの食費で暮らしているような人もいるのに。生保受けられるようなレベルなんだけど、申請主義だから制度を知らないとか、恥ずかしいとかで、黙って耐えている。

可笑しかないか?
認定されれば家を与えられ、医療費はタダ、パチンコやろうが酒に溺れようが憲法で保証された個人の自由じゃ、医者が気に入らないと飛行機・新幹線で全国医者巡りするも憲法で保証、ヤクザと結託して介護タクシーを数百万〜億越えで使っても、制度で認められているからオーケーと?!

そんなドブに捨てるようなカネの使い方をするのなら、生保以下の生活を強いられている低年金者の救済に使うべきだ。

こんなの絶対認められない。
銀座で、または梅田駅前で叫んでみんなの反応を見たらいいと思う。賛同してくれる人は100人に1人いるか、下手すれば石飛礫が飛んで来かねません。

次、機会があったら、関西地方O市の生保受給者、W.K子に生活を破壊されたかわいそうな鳥の話を書こう。
バードストライクさんの例は知っているけどさ (L)
2016-01-17 20:15:58
 レイ様の指摘するとおり、そういうとんでもない例を含めて0.4%だからね。もちろん、0にすることは簡単だ。どうすればいいかは知っているよね。生活保護を0にすれば不正も0だ。
 つうか、不正を0を求める人は実質において生活保護を0にすることを求めている人なんだよね。そうだと認める人は僅かだろうけど、現実的帰結。
 数が多くなれば、0.4%程度の不正は避けられない。商売をしている人に売掛金の回収について伺うと”0.4%なら上出来。羨ましい”と答えるだろう。
 大枠でモノが見られれば、こうした特異な例についても「それがどうしたっていうのさ?そういうことも統計的に言って普通にあんじゃないの?80%の漏給の方がはるかに問題で深刻じゃん。漏給で死ぬ人はいくらでもいるけど、この手の不正で死ぬ人はいないし。不正のために誰かが給付を受けられないという制度設計じゃないし。つうか、こういうことを論う人がいるから、水準が下がり、嫌がらせが跋扈し、漏給が増えて、餓死、凍死、病死、自殺が増えてるんですけど〜。まあ、自分が下流老人になった時でも理解できないだろうな〜。的外れな八つ当たりをしつつ、惨めな晩年を送るんだろう。」

 バードストライクさんが挙げた例は、ヤクザとか柵みとかでなあなあになっていた例が表に出たんだそうな。医療扶助については、事前に当局に行って申請、許可を得て医療券だのなんだのを貰わなくてはなりませんから、こうした例が不自然で異様なことは当局は把握しないわけにいきません。地域での生活の実態にもよりますが、必ずしも病院に近いところで生活保護を受けてもらうことも不可能ではありません。相手は嫌がるでしょうが、職員を一人送ってそちらの自治体で申請・受給・生活させることも可能でしょう。こうした事情もないのに、他所の土地に追い出すこともしばしばあるくらいですから。
 また、医療費そのものについて言えば、医療券ほかで監視・管理されていますから、同じ1か月のために3ヶ月分の薬を被保護者が出させることは困難です。当局で当然詰問され、処分されかねません。現金と違ってサービスを含む現物支給は本来、不正が難しいのです。例えば同時に3つの小学校に入ったり小学校を3回繰り返すのは無理だし、無意味ですからね。
 じゃあどうしてだよ?ということになれば、病院側の貧困ビジネスがあるからです。例えば、いまひとつの病院への入院期間には保険点数上の制限がありますが、健康状態にかかわらず、グルになった複数の病院で3ヶ月とかで”患者”を死ぬまで回したり、臓器摘出も含めて不要な手術を繰り返したりと行ったことも知られています。検査や投薬もそうです。
 病気でなかったり、その病気でなくても診断を下せば薬は出せますし、スッキリ医療券が出るように、一時的にあるいは本当に”病気にしてもいい”んですからね。薬を出せば儲けが出ますし、出した薬が被保護者の儲けに繋がればより秘密は保たれるでしょう。
 そもそも、病気で生保を受けている方々の相当部分が精神病院を含め入院中のようで。

 慰安婦同様、このあたりも結構マニアックなんで、ちょっと古いけど、カマの生田 武志さんの新書辺りから図書館に行って読んでみてはいかが。湯浅さんや雨宮さんともやや違う生々しい実態が描かれています。
貧困を考えよう(2009)
ルポ 最底辺 不安定就労と野宿(2007)

 
タブーとヤクザ (バードストライク)
2016-01-17 23:25:22
生保の申請、認定が厳しく餓死者まで出た → 人権活動家らの運動で、受給しやすく。生保は国民の権利。憲法で保証されているのだから、つべこべ言うな → 大衆、黙る。しかしなんとなく不満。陰険に受給者叩き。表立って論議されなくなる → ヤクザ、裏で跋扈。
みたいなかんじ?

管理人様。ソースを挙げろと言いながら、送ったら
「執念に脱帽。でも不正受給は0.4%。」
と華麗にスルー+揶揄、ソースに対してはノーコメントですか?
ま、いいでしょう。無料のブログで、全てのコメに誠実に答える義務もないし、昨夜の記事の誤変換、無変換の多さを見ると、何か私生活上、問題がお有りなのかなと思う。仕事が忙しいとか、体調悪いとかね。

Lさん、博識で舌を巻くお方ですが、

> 不正を0を求める人は実質において生活保護を0にすることを求めている人なんだよね。そうだと認める人は僅かだろうけど、現実的帰結。

決め付けは止めていただきたい。別にそのようなことは思っていない。大切な制度だから、大切に使おうと言っているだけだ。濫用でなく、抑制的に利用すべきだ。あなた方知識のある方は、大上段に振りかぶって「かくあるべし」みたいなことを言うが、大衆レベルは残念ながらそんな言い分には納得しません(あっかんべー)。

生保と低年金や低所得者の経済的逆転を、では、あなた方はどう思うのか?
このままで良いのか。真面目に働いてきた、あるいは働いているのに、食いたい物も食えず、いつもお金の心配をし、病気になったらおしまいだと怯えて暮らしている人は放置なのか。

生活保護は生存権、って別に否定しないけど。自分だってお世話になるかもしれないし。でも、それを主張する人は、低年金者・低所得者との間の矛盾について言及しないみたいね。そこが薄っぺらくて信用されないとこかな。
年金受給者は次のターゲット (むう)
2016-01-17 23:47:17
バードストライク様

こんばんは^^

>そんなドブに捨てるようなカネの使い方をするのなら、生保以下の生活を強いられている低年金者の救済に使うべきだ。

についてですが
政府や経済界にはそのつもりはないようです。

前のコメントにリンクした『財政健全化計画等に関する建議』にありますが、政府や経済界は今後
年金の支給開始年齢をさらに引き上げようとしています。
また(マクロ経済スライドの適用などによって)年金の給付額を引き下げようとしています。
このように給付を減らすだけでなく、年金受給者の
負担を増やそうとしています。
国民健康保険の適用範囲を狭め自己負担額を増やすなど、この建議には色々書かれてます。
政府や経済界は今後、いまよりずっと過酷な状況に年金受給者を追いやろうとしています。

生活保護受給者も
低年金受給者も
低所得労働者も
その他の年金者も
その他の働く人もそれ以外の人もみんな
今後政府から社会保障費削減のターゲットにされています。

でも、狙い撃ちされるのは順番です。
まずは、0.4%の不正受給に対する嫌悪感によって生活保護受給者から。
次は現役世代と年金受給世代のコスト負担の不公平感を煽り年金受給者を。
という具合に。

生活保護受給者が虐げられるのを見ているうちに
近いうちに自分の番が回ってきてしまいます。

本当は誰が不公正なカネの使い方をしているのか。
そんなカネの使い方をするのなら、
生活保護受給者や年金受給者や働く人や家事する人や育児する人や介護する人や、財政制度等審議会には入れないし権力者ではない私たちの苦境を救済するために使うべきだ。
とわたしは思うのです。
ホームレスの方々などに生活保護を受給させて (raymiyatake)
2016-01-18 08:09:12
上前をはねる貧困ビジネスとも戦ってますよ、弁護士は>バードさん

私の直感ですが、なんかバードさんは生活保護受給者に厳しい気がします。

スキーバス横転事故 (バードストライク)
2016-01-18 09:37:08
多数の死者を出したスキーバス事故。運転手の遺族が見つからなくて、遺体を渡せないとか。(昨夜のニュース)

65歳。顔だけ見ると、+10歳かな。目は落ちくぼみ、頬や口元の削げ具合から、歯もだいぶ抜けているかんじ。疲れた顔。昔、長距離トラックの運転手だったという。前職のバス会社では、これほど車体の長いバスは運転したことはないという。

事故原因は、今のところ、運転ミスのようだ。会社の労務管理がいい加減で、安全面を軽視していた。小泉の規制緩和政策以降、長距離バスの安全性軽視、価格競争激化で運転手の待遇も低下、大きな事故が多発している。

年金貰う歳になって、深夜長距離バスの運転手として就職か・・・食えなかったんだろうな。年金が少ないのか、そもそも掛けてすらいなかったのか。長距離、大型の運転をしていたから、街中チョロチョロ走るのは怖かったのかもしれない。人を轢きそうで。悪いのは、この人なんだろうけど。Uさん。もしかしたら沖縄出身だろうか。上京して、ひとり孤独に暮らしていたのか。

こういう人がいっぱいいます。今、年金少なくて食うに食えない人は、どうすればいいんでしょう? 安い労賃の非正規労働で、国保も医療費も家賃も自分で払わなきゃならない人も多いです。

生保に厳しいのではありません。別に反対もしていません。生保から絞って年金生活者、普通の国民へと社会保障の削減が波及してくる、それもその通りだと思います。

では、憲法の名の下における生保受給者が、自立して生活してきた低年金者・低所得者より経済的に安定し、逆転現象を起こしていることをどう思いますか?
ずっとそれを問い続けているんですけど ww 。そしてそれはこの国の一般レベルの人々の問いでもあります。それを納得させられる答えを示してほしいのです。
> 生保受給者に厳しい、なんて言って逃げないで。

これは護憲の一里塚かと。

ワタクシの答え。
ベーシックインカムとして月15?万、配る。財源 → 累進課税で金持ちから取る。実現性? ハハハ・・・
Re:スキーバス横転事故 (raymiyatake)
2016-01-18 10:44:20
今、雪で大変なことになってるので、あとでちゃんとレスしますね

いつもありがとうございます。
Re:スキーバス横転事故 (raymiyatake)
2016-01-18 11:22:42
年金が生活保護法の基準に満たない人は、その分申請すれば、足りない分、生活保護費が出るのはご存知ですか?

そういう方も含めて、生活保護の捕捉率が2割なんです。

低年金、低所得の方はどんどん生活保護を申請したらいいし、そう出来る世論作りこそ必要です。
不正受給を攻撃すれば、抑圧すれば金巡りの悪い人たちの年金や種々の給付や最賃が上がるという理路ないし感情あるいは認知が理解できないんだけど (L)
2016-01-18 13:23:48
 むうさんの解説、見立て通りで、自民をはじめ金持ち・偉い人はぺーぺーに対する社会保障などの給付の削減計画を着々とすすめているんだよ。

 その中で連中は、バードストライクさんのような方の感情を刺激していて、”ほれほれこうやって煽るとほれほれこいつは気持ちよくなって「猫じゃ猫じゃ」を踊るぞ、ほ〜れほ〜れ、ああ面白い、ああ笑える、ぎゃはは馬鹿だね〜裸足で死ぬまで踊ってろ”とやってるのさ。

 実際、メディアを巻き込んで何年かおきにアンチ不正受給キャンペーンをやり、不正受給を口実に生保支給の条件を引き下げてきた。

 はっきりいってバードストライクさんが挙げた例は、不正受給という枠組みよりも「詐欺」「恐喝」だよ。実際に事件化されれば、そういう罪状になるんじゃないの?
 殆どの「不正受給」はバイトの不申告やそれ以下のショボイ話ばかり。それに行政がきちんと説明しきれてなかったり、理解させきれなかった事例も結構あるんだ。そもそも理解力が乏しい方の率は非常に高い。だから、生保を使っているわけで。さらに、バイトの不申告による「不正受給」にはきちんと申請手続きをすれば、不正額が減ったり、0になるものも多いそうだ。また、後で修正すれば済む軽微でつまらない例も「不正受給」のザルに盛っているのさ。つまり、こんなにひどいんですよとキャンペーンするために盛っていると。ショボイのから凄いのまで盛ってもそれでも、0.4%、売掛金の回収なら優秀のレベルなのさ。

 まあ、こういうと隠れている不正はもっと大きいんだという人も目立つのだけれども、それを統計と推計学でホレこんなにときっちり示した例はないようで。
 簡単な話で、偏差はあるものの監視と監督がきついから難しいんだよ。今、マイナンバーで監視がどうのこうのと批判しているけど、彼らは既に「マイナンバー後の世界」を生きているのだから。

>濫用でなく、抑制的に利用すべきだ。

”抑制的に使っている”から80%前後の漏給が出て以上に惨めで苦しい生活を送り見えているだけで年に千数百人の”餓死者”を出している。これは、西欧では信じられない事態だ。ネオリベのイギリスでも役人が街に出て野宿者らしい人たちに生保のチラシを配ってるそうな。
 また、途上国から来た人々さえ、青テントと野宿者を見て、”ええええええ大金持ちで幸せな国じゃなかったのかよ!!うちは遥かに貧しいが金が有るのに見捨てるほど「心は貧しくない」!!”と衝撃を受けるそうな。
 税金で困ってる奴を助ける必要なしの割合が4割弱で、ネオリベアメリカ15%だから世界でも突出した冷酷な社会性という話は聞いたことがあるでしょ。当然否定するだろうけど、”知識のある”者からは、同じザルに見えてしまう。

 「不正受給はOKなのかよ〜〜」と問われれば、ゲバラのように「その通りだ。何度でも言おう。その通りだ。漏給がなくなるまで不正受給なぞ何の問題にもならない」とあえて答えるよ。
 所詮ショボ〜〜イ話だし、国家全体で考えればほぼ全額消費されてGDPに寄与している。実際に飛行機やタクシーや医療費の現物給費として費消されたなら大したことじゃないな。国家全体で言えば、大金持ちほど、大企業ほど税率が下がり特典が増える方が遥かに問題。こちらは何十兆円の規模だからね。しかも、溜め込むのみならず、海外消費や投資、タックスヘブンに隠してさえいる。1mmと1m(1000mm)の違いがあるんだよ?1mについて解決が先決でしょ。100円を気に病んで10万円の損に気が回らないのは馬鹿げてるじゃん

>低年金者・低所得者との間の矛盾について言及しないみたいね。

これこそ、決めつけじゃんw

 湯浅、宇都宮、稲葉、武信、水島さんとか運動のリーダー的な皆さんは、だいたい東大とか出てるわけでさ。で、NGOや弁護士やジャーナリストや教授とかやってるわけ。運動も論争も情宣も勉強もしている”知識のある方”が束になってるんだからバードストライクさんが思いつくようなことは全て考えていて提言もしている。だって、バードストライクさんにわかるかどうかはともかくわかってほしいし、議員などにロビイングして運動して法制度をマシにしなくちゃいけない。で、彼らは労働問題や税制も含めたパッケージで考えている。実際、湯浅さんは派遣社員の組合を立ち上げたことさえあるんだよ。
 そもそも、生保と金巡りが悪い人との間でギャップが生ずるのは金持ち偉い人の制度設計の問題であり、モノを知らない人を引っ掛けるブービートラップ。
 生保は一応必要から逆算した金額と給付。
 現在の最賃や国民年金などは、生活に必要な金額とは事実上無関係という理念と制度設計なんだ。つまり、最初から食えない金額なんだよ。
 戦中に作られた国民年金制度は家制度を前提にしているから、資産と家族の支えをあてにして補助的な金額でいいという発想。
 最賃は50年代ぐらいには生計費的な発想もあったけど、高度成長期には正規職が普通になったから、最賃は家族の小遣い稼ぎのバイトの給与に過ぎないので家計補助になる程度の金額でたくさんだという金持ち偉い人万歳の発想に変わったんだよ。で、バブル崩壊まではこれで見かけ上回ったのさ。

 ところが、ネオリベ革命でこれらの前提がひっくり返されたから、生保と金巡りが悪い人との間でギャップが大きな問題として顕在化したんだ。

 で、運動家にして知識人な彼らは西欧の取り組みをベースにきちんと提言をしているよ。
 生保を減らしたければ
・老人が多いのだから年金にかつてのようにもっと税金補助を増やして額を増やせ。そうすれば、生保を必要とする人々は減る。
・金があるのに失業給付を絞りすぎ。8割内外が給付を受けていない。そうすれば、生保を必要とする人々は減る。
・最賃が低すぎる。世界は15ドル。そうすれば、生保を必要とする人々は減る。
・生保の多くを医療費が占めており、その多くは入院でありその多くは社会的入院でありその多くは精神病院である。しかるに、実際には精神病は治っているか入院が必要でない場合がほとんどである。しかし家族も社会も彼を受け入れる力がなかったり拒絶しているために非常に長期の入院を余儀なくされており、彼らもまた現状では退院して生きていく力が乏しい状態にある。しかし、もし援助込みで彼らを病院外で生保他で面倒を見るならば、現状より遥かに安上がりかつ彼ら自身のQOLも上がるであろう。

 また税金が足りないという言い方は詐欺。軍事治安大企業補助にはそんなことは言わないし。
そもそも、経済規模に対する税金総額が以上に少ない。これは大企業金持ち減税のため。詳しくはレイ様のブログを見よ。
・財政学上、収入が固定的にならざる得ない家計と違って、国家予算は必要から逆算し、それに応じて税額を決めるもの。モノを知らず世間の常識・偏見に塗れた世間の人々を家計のアナロジーで騙している。
といったように、総合的な提言をしている。

 で、不正受給を攻撃すれば、抑圧すれば金巡りの悪い人たちの年金や種々の給付や最賃が上がるという理路ないし感情あるいは認知が理解できないんだけど。
 あるいは、金巡りの悪い人たちの年金や種々の給付や最賃が上がらず、生保とのギャップが埋められないのは、”アンチ不正受給”を攻撃するウエメセノの知識人のせいであるという理路ないし感情あるいは認知が理解できないんだけど。

 事実でもないし、ロジックでさえないし。

 一応論ずるけど、
・0.4%の不正受給のために予算が食われて年金や種々の給付や最賃あるいは”本当に必要な人たちへの生保給付”が抑圧されるわけがない。関係がないか桁が3桁違うからね。
・仮に、申請すれば給付せざるえないのだから(実際、”給付しなければならないから申請自体を断る”と抜かした渋谷区の例もある)、申請が進んで例えば西欧並みに数十%以上に給付率が上がった場合を考えてみる。生保の当初予算はもちろん予備費も食べて国家予算が不足するだろう。すると、出遅れたり後で問題を生じた”本当に必要な人たちへの生保給付”が抑圧される可能性は当然生じる。
 で、予算がないから新年度ないし、年度末辺りにあまり金をかき集めるから待てとするのか、受給者全体から幾ばくを減額して集めたらよいのであろうか?前者なら、餓死・病死・凍死しかねないから論外だよな。とかかんがえるのはもうブービートラップに引っ掛けられている。

 例えば、PC的にはアレだけど、仮にある年にやたらと悪いことが起きて固定費以外の警察予算及び予備費を10月で使い切ったとしよう。捜査費用どころかコピー紙も買えないような事態であると。この時、国を牛耳る偉い人金持ちは11月から3月まで警察は開店休業にするだろうか?別件で盛り上がっているデモ隊を残業代や手当や旅費がないからスルーするだろうか?安倍自民の顔を思い浮かべれば、浮かべなくても国債でも臨時増税をしてでも金を突っ込むだろう。
 あるいは、ドンパチになって当初予算の軍事費及び予備費を10月で使い切ったとしよう。11月から3月まで自衛隊を開店休業にするだろうか?弾もないので亀のように首を竦めて塹壕に潜らせ、しかも、死傷に対する金もないから死ぬのも怪我も病気も禁止命令だと。安倍自民の顔を思い浮かべれば、浮かべなくても国債でも臨時増税をしてでも金を突っ込むだろう。

 実例を挙げれば、先の震災の時には25兆円だかの(一般予算が90兆とかの規模ですよ)纏まった金が必要だと国債と種々の臨時増税を行って、防災予算と予備費で足りない分を埋めている。


 かくのごとく、国の財政は必要から予算規模を決め税額と仕組みを決めるのであって、家計のように収入すなわち税収から予算規模を決めるという考えではない。

 ま、(GDP+ストック)を超える税収というのは苦しいけどね。海外に国債を売れば可能だろうけど。

 もっとも、理屈上は(GDP+ストック)の税収も考えられなくはない。国が集めた税金はその年のうちに消費して一旦は再び納税者の元に戻るのだから。理屈上は金の回転を速めGDPの増加率・成長率を高めるだろう。

 まあ、今では国に呼ばれて生保も含めた貧困対策の委員を務める・た雨宮処凛さんだって、バードストライクさんと大差ない認識だった。気づき始め、枠組みを理解していったのは2006年以降、自由と生存のメーデーに出会って以降のことなんだから。

 得てして枠組みを理解するためには、この件に限らず生活実感的な「偏見」を乗り越えなくちゃならないから、すごく辛く難しいこと。
 哲学でも歴史でも数学でも理科でも噛み砕いてもらってさえも理解しづらいことがあるのは生活実感的な「偏見」が邪魔するから。生活実感的な「偏見」に負けてしまうと理解できないし受け入れられないし、「納得」できない。地動説の受容の歴史と変わらない。
 相対論や量子力学は生活実感的な「偏見」に縛られていては理解できない。アインシュタインでさえ、「神はサイコロを弄ばない」と言って量子論を拒絶したんだ。本当は、TRPGのマスターのようにサイコロを振って世界の運命を弄んでいるのにね。

 反貧困ネットワークな人たちが異常に高学校歴率なのはそういうこともあるのだろう。



 

 
 
L様 (バードストライク)
2016-01-18 23:27:31
超々長文のリプライ、大変ありがとうございます。
頭が悪いので、理解出来ないところもありますが、だいたいは理解できます。別に反論するところはありません。

あなたの論理は、この国の低年金者・低所得者を説得できないと思います。論理でなく、ぜひ個々の政策を実現することで、皆を納得させていっていただきたいです。もちろんワタクシも、選挙などを通じ、協力する所存です。

以前、関西地方のO市に住んでいた時、もともと上階に住んでいた幼い男の子2人いる家族が引越し、代わりに母、娘、息子の3人が越してきてからワタクシの地獄が始まりました。

子供たちは何の問題もないのですが、母親の生活リズムが異常です。夜12時ごろから掃除、洗濯をはじめ、朝3、4時ごろ寝、7時前に起きて子供を送り出し、そのあと静か。でも家には居る。ーーという繰り返し。職業は「ツボ療法師」(笑)、つまりモグリのマッサージ師と称するのですが、働きに出るわけでもなく、かといって家に誰か客が来るのでもなく、どうやって食っているのか?

生活リズムがずれているので、生活音もうるさいが、一番苦しんだのは、エアコンの低周波音でした。耳でなく、体に響く音なのです。苦しくて居ても立ってもいられません。音の大小はあれど全ての部屋に響き、居場所がありません。しかも、昼ならまだしも、夜じゅう生活音+低周波音です。前の家族も同じところにエアコンを設置していたが、こんなことはなかった。

話し合いをしましたが、全身ハリネズミ防衛というか、常識では歯が立ちません。何せ、
「うちが母子家庭だから、嫌がらせをする!!!!!!」
と、触れ歩くのですから。
はぁ?
そんなこと、一言も言ってないぞ。
思ったこともない。

虚言癖がひどく、芝居が上手、被害者に成りすます。この女がどうやって生計を立てているのか不思議でしたが、後で分かったのは、生保を受けていた、と。
でも体は元気ですぞ。ガッチリして、いかにも体力あるタイプ。生活も、別に貧しくない。冬なのにエアコンガンガンつけて、半袖半ズボンですから。

今でも不思議。なぜ、生保の認定が下りたのだろう?どこに基準があるのだろう?充分働けるじゃないか。(当時40歳に満たない) 別に頭だってバカじゃない。
あれだけ自分に有利な嘘を考えつくのだから。

哀れな鳥は、今まで真面目に暮らしてきたのに、家に居場所もなく、中傷され心もボロボロになり、ベランダから飛び降りましたとさ。

・・・って、実行してたら、今ここにはおらんがな(笑)。その寸前に、その一家は出て行った。あくまで
「下の家が嫌がらせする」
と、言いふらしていたそうな。

それ以来、特に若年の受給者については、疑いの目を禁じえない。まあ人間、転んでもタダでは起きない、弱ければ弱さを武器に、自分に得になるように生きるものなんだな、と理解した。過剰に同情するのもおかしいことだ。

という生活体験から学んだことなので、これを捨て去ることはない。酒に溺れようが、パチンコにはまろうが、嘘を付き倒して良識的な家族をぶち壊そうが、憲法で保護されるということなので、めでたやな、めでたやな。安心して貧困層に落ちることができます。
続き (バードストライク)
2016-01-19 00:47:10
んで、O市が大嫌い w 。

あと、書かなかったけど、まだ他にもこの受給者が許せん理由がある。でもあまり詳しく書くと、ワタクシが特定されちゃう危険性があるから、やめとく。それを書いたら、さらに納得ものなんだけど。

長距離バスの運転手の名は、Tさんでした。ほぼ即死でしょう。死んでて良かったね。生きていたら、死ぬより辛かっただろう。
でも、生きていた時も、きっと辛かっただろう。Lさんに会っていればよかったのにね。
安倍や竹中、宮内がOOれているように、OOな貧乏人にだっている。つうか、篩にかけて残った部分なんだし。バスの運転手を殺す制度を作ったのは小泉・竹中・宮内一派だし。 (L)
2016-01-19 19:27:32
 御案内の通り、バスの運転手を殺したのは小泉や宮内、竹中たちが自分たちの儲けのために規制を外したからです。
 こうしたことを防ぐための規制ですから、規制を外せば事故をはじめとする問題が起きるのは彼らは先刻ご承知であり、過去の事故や問題と同様にこれは「未必の故意による」犯罪です。もちろん、彼らが法を作り彼らが逮捕し彼らが起訴して彼らが裁くので、こちらが彼らのような無茶が可能な権力を握りでもしない限り、彼らに落とし前をつけさせることはできません。
 ではなぜこのような小泉や宮内、竹中たちによる「殺人」が罷り通るのでしょうか?その理由のひとつは最も被害を受ける”この国の低年金者・低所得者”がナマポを叩きには燃えるけど、小泉や宮内、竹中たちの所業に対して、得てして賛同、宥和、無関心だから。バス代安くて便利だなとしか考えないから。朝三暮四なことに気付けないか、苦しみや惨めさを抑圧してしまうから。あるいは、小泉や宮内、竹中たちと自分は同類だと精神勝利法に耽っているから。
 雨宮処凛さんは周りの貧困な人たちに選挙に行くように強く勧めたらみんな小泉自民党に投票してしまい、非常にがっかりし呆れたと言っていました。雨宮処凛さんと酒飲んで遊んで話を聞いていてもこんなもんです。
 月や火星にロケットを撃ち込む仕事でもしなければ地動説に実感を持つことはありません。天文マニアでも、惑星を半年、1年、観測し続ける人は稀でしょうから、惑星の見かけ上の逆行という天動説を揺るがした証拠を実感することはないでしょう。これを観察できたところで、地動説が思い付けるかといえばもちろん別の話です。惑星の見かけ上の逆行も含めた天動説の体系も作られ、天体の動きを説明できたのですから。

 自分の経験、有り様に縛られるのは自然なことですが、そのことに対して自覚的であるのは重要です。
 観察映画の想田和弘さんは、”先に考え準備するとそれに自縄自縛になりがちだという自覚も、なんの事前準備もせずに対象に向かう観察映画という形式を選んだ理由だ”と言っていました。
 ”〜は歴史に学ぶ”という言い回しもあるでしょう?まあ、この「歴史」は意訳で”多くの方の(失敗などの)経験”を指すそうですが。

 今ある社会の有り様は、様々な個人(や組織)のベクトルの総和です。

 ”この国の低年金者・低所得者”たちは2000万人くらいにはなるでしょう。自民党の絶対得票率が2割程度、有権者が1億くらいなので、自民支持者に匹敵する数です。参議院比例は100万票余で当選ですから約100議席中裏表で40人になります。小選挙区に貧困党を立てて、自民、民主、共産の4党で票を奪い合えば、相対得票率が4割弱あるんで理屈の上では政権連立の協議対象にはなるでしょう。

 しかし、そうはなりません。
 障害者の当事者運動団体には強力なところがいくつかあってそれなりの政治力もあるといいます。多くの場合、障害は一生引きずるものですから運動は後には引けないからだそうです。また、ペテン師の小泉や宮内や竹中だって構造改革をすれば障害が治るとは言えないし、騙されません。
 しかし、貧困の有力な当事者団体というのはないといっていい。
 湯浅さんは、障害者の当事者運動団体をモデルにしているけど、”障害は属性だけど、貧困は「状態」だから変化しうる。だから、当事者が本気になりにくいので、有力な貧困の当事者団体というのは出来にくい。どうしても、支援者が前に出ざる得ない。しかし、それでは強い運動にはならない。そこが難しい”と見ています。

 ですから、バードストライクさんが(理念的に?)心を寄せる”(ナマポを受け取っていない)この国の低年金者・低所得者”たちに対して、正直に言えば自業自得、自己責任という思いもあります。小泉や竹中や宮内らに引っ掛けられ喜々としてナマポ叩きに励んだ「これがあなたの望んだ世界」だと。

 生保受給者は200万いて、老齢や病で選挙権を行使する力もない方が何割もいるのですが、彼らでさえまとまることは難しいのが現実です。

 私は運動家とは言えませんが、心を寄せ集会やデモに行き、カンパをするのは、現状が「私が望んだ世界」じゃないから。私は、生保に頼らないで死ねるかな?と見ていますが、その時惨めな思いをしたくないからですよ。
 納税と直接関係ないですけど、それなりに「掛金」を払い続けたので、その時にはきちんと国に「保険金」を払わせないとね。
 直接関係ないですけど、没義道でないので支援団体にもそれなりに「掛金」を払い続けておくと。
 ですから、倫理とか理屈とか筋としてだけでなく、「利己主義」によってこの運動にかすっているのですよ。
 私は、少なくても、喜々としてナマポ叩きに励む、肉屋のつもりの豚な”この国の低年金者・低所得者”になるのは拒否します。

 碌でもない大日本帝国が潰れるのに80年かかりました。嫌なことを言えば、臣民根性が敗戦まで帝国を維持したのです。
 サラ金を法制化でほぼ潰すのには40年かかりました。

 ですから、天動説を素朴に信じている人たちが多数派から少数派に変わり政策が変化するには数十年かかるでしょう。

 ですが、セシウムの半減期のようなものですから、「だから、それで?」というのが社会運動というものです。

 キング牧師は、”私は生きてそこにたどり着くことはできないかもしれないが、丘の上は確かに見えた”と言って死んじゃいました。
 しかしまあ、丘の向こうにもっと高い山々が連なっていたとはいえ、その丘には数十年かけて辿り着いたとまあ言えるでしょう。
 それが、運動だと見ています。

 


Lさん、本当に素晴らしい。 (raymiyatake)
2016-01-19 21:59:04
バードストライクさんの言うに言えない実体験も物凄いものがあるのでしょうし、心情も私なりに想像しております。

それにしても、Lさん、あまりにもコメントが素晴らし過ぎる。
ここのところ、ちょっと私レベルでは書けないコメントの連続です。
本当にブログはやっていないんですか?どこか紙媒体で書いている?

とりあえず、この小泉・宮内・竹中一派批判のコメント、まるごと、うちの記事にさせてもらえませんか?

そしてどこでも書いていないのなら、ぜひ、バンコクのブロガーよ団結しよう!運動に賛同してくださいな。

で、実は、バードさんにもぜひぜひ同じくブログを始めてほしいです!

むうさんもいかが?
生保受給認定者 その3 (バードストライク)
2016-01-20 00:10:36
ワタクシは普通に暮らしているだけなのに、なぜかまわりに生保関係の人が多い(笑)。もう一人いた。

我々がO市から転出後、その部屋に住んでくれていたお婆さん、ある日電話を掛けてきた由。
「これから書類送るから、署名と押印してすぐ返送して」
と、家人に言ったそう。もう少し詳しく話を聞こうとすると、
「何でもええやろ」
と、不機嫌そうに答えたという。やたらと署名や押印できるかい。

O市に電話をして、確認する。
「その方は、生保を受けることになりました。家賃がオーバーするので、引っ越しになります。だから、確実に今の家を出るという証明が必要なのです。」
そうならそうと言え。本当に、いい歳して礼儀知らずな。

婆さんが引っ越したあと、O市に行き部屋を確認。壁に沢山、猫の爪あと。目通りの高さより上にまである。170〜180センチぐらいのところだ。化け猫かい。第一、管理規約ではイヌネコの飼育は禁止だ。やむなく壁紙、全室張替え。かなりの出費。今気付いたのだけど、この費用、婆さんに請求できたな。当時、福島原発のことで頭が一杯で、O市にも半分避難の意味合いもあって行っていた。なので頭に浮かばなかった。

ここの近くで飲み屋をやっていたが、トシなのと儲からないのとでやめて、生保を申請したらしい。
でもね、この部屋、ファミリータイプですから、それなりの広さだし、それなりの家賃を戴いているんですよ。婆さんは一人暮らし、この1/3の広さでも充分だろう。なんでここを借りてたのかな。最初から、もっと小さい部屋を選んでいれば、その分お金も浮いたじゃないかーー

そこら辺が、言っちゃあ悪いがこういう「底辺」な人々の考え方なのかもしれない。オール・オア・ナッシング。あればあるだけ使って、なくなったら生保受ければいいや。最初からそういう計画。
ワタクシの実家は、転落が何より怖い、割とビンボーな家で、親は多くもない収入を切り詰めて子供二人大学にやり、不便な地に大したことない家を建て、貯金はあんまりないのかもしれないけど、二人で年金をやり繰りしながら質素に暮らしています。だから、こういうキリギリス的生き方は理解出来ない。

まあでもこの婆さんには数年分の家賃も貰っているから、良しとしましょう。せこいスペック詐欺で数万円をだまし取ったM田については、いずれ生保をゲットするだろうが、駄目なクズ野郎ってことで終わりです。でも、あの母子家庭が許せない。当方心身ともにボロボロになりました。
なぜ病気でもないのに認定が下りたのだ。なぜその後、就労しないのだ。詐欺だろう。そして市を騙したのみならず、周りに害悪を撒き散らしているのだ。
こういう人間がいるから、生保を見る目が厳しくなるのだ。

その後遺症で、必要以上の生保擁護には不愉快になります。湯浅氏が、「生保受給者にはジェネリック薬を優先的に使用しようとしているのはけしからん」と言っているのを聞いて、この人は馬鹿だと思いました。普通の人でも節約のためにジェネリック薬を使っているでしょうが。

普通の人は、別に生保受給者に野垂れ死ね、なんて思っていないでしょう。働けず、蓄えもない人が生保を受けてひっそり暮らしているのを、責めたりしないでしょう。それを逸脱している輩がいるから、不愉快に思うのです。

そして憲法を持ち出して、一般の常識からかけ離れた理論で(学問的には正しくとも)それを擁護したり、
「不正受給だって、国内消費を押し上げるから、景気浮揚策だ」(そんなこと言ってると、ネトウヨ来るぞーーパチンコ屋は日本人じゃねーだろー、って(笑))、生保削ってビンボー人が潤うのか、とか、挙句の果てに、この理論を理解しないのは、お前の学問教養がないから!!??

もしもし。あなた方のやっていること、悉く逆効果になっていると思いますけど。一般の、生保受給者に対する嫌悪感を、むしろ助長しています。
民は乏しきを憂えず、等しからざるを憂う、ですよ。
民はあなた方のように賢くないのです。
では、生保の不正を認めれば、ビンボー人の所得が増えるんですか。何か割り戻しがあるんですか。自分がビンボーになった時、受給が保証されるんですか。

妙な擁護、トンデモ理論(あなたの言う、学問教養のない一般人から見ると)を振り回し、理解しない奴はバカだと見下すことで反感を買い、かえって1パーセントの連中の目眩しになっているのです。まあ言うなれば、ハイレベルな方々の自己満足。それが証拠に、生保受給者すら自民公明に投票してるとご自分で書いてる。精神障害者の巡回看護師をしてる宮子あずさ氏も、患者には意外に与党支持者が多いと書いてる。知りあいの共産支持者も、同じことを言っている。本当にあなた方が正しいのなら、せめてお世話をしたその人たちぐらい、あなた方の理論を理解し、支持し、選挙の時はそれ系の候補者に投票するでしょうが wwwww。

ま、もうやめましょう。ほとんどあんパンvs殿様の対立と同じようになってきている。目指すところは同じなのに。

Lさんや管理人さんには、愚かで学問教養のない一般人の心を捉える素晴らしい理論を構築し、1パーセントから実権を取り戻す大衆運動のリーダーシップを取って欲しいですよ。もちろん後ろで一緒に旗を振りますとも!
管理人様 (バードストライク)
2016-01-20 00:15:22
フォロー上手い!
メルマガは購読しますので、ご安心下さい。
もう一年近くここで無料で勉強させて貰っています。恩がありますから、「いらねーよ」なんて言いませんよ。
Lさんは勝てない (バードストライク)
2016-01-23 10:35:34
> 私は運動家とは言えませんが、心を寄せ集会やデモに行き、カンパをするのは、現状が「私が望んだ世界」じゃないから。私は、生保に頼らないで死ねるかな?と見ていますが、その時惨めな思いをしたくないからですよ・・・(以下、長いので略)(後半が美しいのだが)


・・・・・・
遠い目になってますけど w w w
あなたの足下で、キーキー言っている奴がいますよ。何言うとるか分からんと?
では拙者が代わりに語って進ぜよう。

・・・ゴルアァァァ、、、 L、オマエ、オレの翼を踏んどるだろうがぁぁぁ、、、足除けやがれぃぃ、、 ハァ、ハァ 死ぬかと思ったわい、、。

「自分の経験に縛られないことが大切」だとぉぉ?
なんでオマエの説が正しいと決まっていて、オレが自分の経験を克服し、オマエの説の通りに考え、行動しなきゃいけないんだ? なんでオレに自説を強要すんだよ?!
あの女に苦しめられたオレの4年間は、取るに足りないものだってか!?
オレの被害は、「コ・ラテラル・ダメージ」って訳かよ!!!!!
じゃあ、なんであの女は、認定受けられたんだよ? なんでそのあと就労もせず、遊んでんだよ? あらゆる生活費を切り詰めて暮らす貧困者がいる一方で、なんでエアコンをガンガンつけて、半袖半ズボンで暮らすことができるんだよ? 欧米かよ!? ウー、ギャルルルゥゥ、、、

こいつ、うるさいので拙者がまとめる。

こいつの体験から得た受給者イメージ。
(サンプル数3。内1名は認定されていないが、時間の問題だろう)
◯ 真面目に働いてきた率ーー33パーセント (婆さんのみ)
◯ これから真面目に働く可能性ーー0パーセント (婆さんは高齢なので対象から外す)
◯ 世間のスタンダードを遵守して生きようとする姿勢ーー0パーセント
(M田 ー スペック詐欺、療養費詐欺 / 女 ー 受給詐欺、就労できるのに詐病かなんかで就労しない、管理規約に反し、猫を飼う / 婆さん ー 管理規約に反し、猫を飼う)

なんでこうも個性的な面々が揃うんだろうね。まぁこいつの経験から言うと、受給者=普通じゃない感性の持ち主、となるのは仕方ないですな。
でもこいつは別に生保そのものに反対してるんじゃない。開始時の審査、受給中のチェックをきちんとやって、不正を排除しろ、と言っているだけ。

それって、ほぼ反対者の出ない、良識的で公平な、別段非道でもなくカレン誅求でない、日本人全体が合意できる水準ではないの?
その線を押さえないで過激な主張、バカな大衆の目に、不当に受給者を贔屓してるように映る主張を繰り返すと、反発を招くだけだと思いますし、貧困者ネットワーク自体が胡散臭い目で見られかねない。下手すると、「暴」とつながっているだの、過激派だの、いや半島系だのという悪意ある噂を流され、生保制度そのものに攻撃が向かいかねない。

こいつ、まだ何か言ってる w 。

・・・やぃ、L、オレはオマエにしつこく攻撃されたから、もう生保そのものが面倒くさくなった、生保そのものに反対してやる。どうせオレなんか、受けられない。全体のことなんか、考えてやらないことにしたんだぃ。
このまま世の中に大変革が起きなければ、オレは受給者になることはないだろう。大変革が起きれば、オレよりもっとビンボー人がたくさん生ずるので、どっちみちオレにお鉢は回ってこない。
それに、今日みたいな寒空の下に一晩寝れば死んじゃうんだから、構やしねえ!
もうオレ、生保反対!!!

こいつ、以前、「オレは転落しないから、生保イラネ!」と主張するネトウヨのことを、散々バカだと罵っていたくせに、あっち側に行ってしまったみたいですよ(笑)。
Lさん、これこそ
「議論に勝って、勝負に負ける」
というものではありませんか?

とかく、人間は感情に引きずられ易い。
あなたから見れば、バカだからなのでしょうが、バカなんだから仕方ないですね。バカ対応の活動をしないと。バカな大衆に理解できるようなやり方で進めるしかないでしょう。終わり。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL