霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

in different quadrants of the typebar circle象限上下左右

2008-05-17 22:13:17 | LinkRecords
in different quadrants of the typebar circle象限上下左右
「異なる四分円に入るよう」←(P.162)
とあるのは
Dvorakの文、”in different quadrants of the typebar circle” のことだろうか?
これは、タイプバーサークル印字棒円 の1右上 2左上 3左下 4右下の各象限 に(振り分けた、ないし、配当した)といったぐあいには、解釈できないだろうか?




さらに、タッチ・システム以後世代の観点からの類推かも知れぬが、
ショールズのプロトタイプ時代でも、右手人指し指一本から始まったんだろうか、左右両手各一本づつ、左右両手各2本づつでの打鍵を想定、などとも言われているようだし、、。?指2本一組、人指し指と中指をそろえて一組で、ワン・ボタンを押すのか?ボタン大きいし重そうだし ?どうなんだ

象限番号、タイプバー・サークル内の相対位置、左右両手打ち各手等面積担当とすると
2  │  1
 左上│右上 
 左手│右手 
───┼───
 左下│右下 
 左手│右手 
3  │  4


といった具合には解釈できないだろうか?


右手と左手に分担配当することによって、打鍵リズム、急激なクイック・クイッの少ない、イーブンペースの打鍵を促す狙いもあるかも。スロースロー ←。遅いという意味でなく、イーブンペースでという意味で、


右手左手の待機ホームポジションは、どちらかというと、キーボードの下側の左右両端側を想定していたのではなかろうか?
あるいは、脇を締めた、ゴジラ着ぐるみ内のポーズ?脇サイズ幅?

ん?プロトタイプマシン実機の鍵盤サイズってどれぐらいだったのだろう、鍵盤の幅?各ボタンもだいぶ大きそうだなあ、どうなんだろう?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無謬病 | トップ | 山田尚勇の記述のメモ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
タイプ・バー・サークルの各象限と、キーボードの上二段、下二段、右手、左手の対応。ショールズの「R」 (霊犀社2)
http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/440086 Sholes & Glidden Type-Writerの活字棒の配置 - yasuoka の日記★111 『ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター』におけるアルファベットの活字棒の配置Sholes & Glidden Type-Writerを上から眺めた場合、QWERTYUIOP...
ショールズの活字棒配置チューニング方針を、Dvorak仮説通りとして、眺め直してみる。 (霊犀社2)
ショールズの活字棒配置チューニング方針を、Dvorak仮説通りとして、眺め直してみる。 レミントン持込実機は残ってないのかな?なら、簡単かもなのに、 特許申請用モデル機も残ってないのかな? 一応、キー鍵盤と、タイプ・バー・サークルの対応関係は、初代ショ...
『locate 「in different quadrants of the typebar circe (Dvorak)」 (David)』説 (カルマサイテー人 霊斎2)
gooブログ事務局からの勧告に応じ、記事76件を不本意ながら非表示としてある。たしかに、なんだかわけのわからないメモ的な転載もあるかもしれない。が、次記事、はどうか。 「locate in different quadrants of the typebar 円」説 2008-05-16 04:11:17 http://blog.goo...
タイプライター・キー配置史の 重力下幾何―機構的トポロジー構造―当時現行カ レント技術水準 と 数理 (霊犀社2)
タイプライター・キー配置史の幾何構造と数理 タイプライター・キー配置史の 幾何と重力―機構的トポロジー構造―当時現行カ レント技術水準 と 数理 タイプライター・キー配置史の 重力下幾何―機構的トポロジー構造―当時現行カ レント技術水準 と 数理 http://ww...