霊犀社2

第2霊犀社(元祖第一は、田中逸平主宰の私塾)@霊際社@P。ネタ帳・メモ書きなど、まあガラクタ。嫌疑76件わざと表示拒否中

博物館所蔵ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター安岡孝一氏観察タイプバスケット共通配置で検討

2009-10-02 04:51:15 | LinkRecords
博物館所蔵『ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター』安岡孝一氏観察タイプバスケット共通配置で検討
博物館所蔵ショールズ・アンド・グリデン・タイプ・ライター安岡孝一氏観察タイプバスケット共通配置で検討
  1. Milwaukee Public Museum
  2. 菊武学園(ただし菊武学園の方は、キーボード上でAの左が£)http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1349726

安岡孝一氏観察によるタイプバスケット上のタイプバー配置図に基づいて

かつて書いた絵

に代わる絵を描いた。
ワイヤー接続点が、外に凸な曲線である、見開いた目の形に並んだ図の、

AW3 SZなどの位置を交換することによって手直ししたものである。
Aの接続点が、どうか、、メンテナンス性の観点からは、ワイヤー接続点の分布は、外に凸で滑らかな曲線状のがいいのか、それとも、、

製造上だって、ワイヤー接続点の取り付けアイ・ボルトの穴あけ位置決めやら検査やら、いろいろしちめんどくさかろう。製造、検査・品質管理、メンテ、美観、各観点において、あまり好ましいワイヤー接続点移動とはいえまい。
でも、接続点移動しなければ、タイプバーの軌道平面の鉛直性を乱す方向への駆動引っ張りテンション力が、タイプバーへ伝えられることになる。

だが、
ブラウン・コーパス順序なし異字digraph頻度ポイント(BCDP)の観点からは、34の隣接は気になるものの、
BCDPの点では、非常に優秀。http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/050008f57200f0efd56789f8ddd7e554
安岡孝一氏フィールド調査タイプバスケット図 2283BCDP 0.063%毎総ブラウン・コーパス順序なし異字digraph頻度 http://www26.atwiki.jp/raycy/pages/216.html

このタイプバー配置は、いつからなされたものであろうか。

ワイヤー接続点は、本図のようになっているであろうか。それは、いつからなされたものであろうか。
ワイヤー接続点の、かつての痕跡別穴が、開いていたりはしないであろうか。
あるいは、接続点移動は、されてないであろうか。

これは、とりあえず菊武学園タイプライタ博物館へメール問い合わせかな。
それと、
http://slashdot.jp/comments.pl?sid=402428&cid=1349726
http://slashdot.jp/comments.pl?sid=467593&cid=1640786
やらに、コメントつけてお知らせしとこうかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイプバスケット上タイプバ... | トップ | ディッカーソンの規則性:機... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
菊武学園タイプライター博物館長殿。ショールズ・グリデン・タイプライタの駆動ワイヤー接続状況、調査乞う (霊犀社2)
*******(書きかけ)********** 菊武学園タイプライター博物館長殿。ショールズ・グリデン・タイプライタの駆動ワイヤー接続状況、調査乞う 前略 貴博物館収蔵 Sholes and Glidden Type-Writer のタイプバー配置状況を示すタイプバスケット図が、安岡...
QWERTY配列DNA、連続動作タイプバーをなるべく離すに転機、1873年のRの移動、隣接回避へ (霊犀社2)
QWERTY配列DNAへの転機、隣接タイプバーの連続動作機会をともかく離すから1873年のRの移動 QWERTY配列DNAともかく離すから転機1873年のRの移動、隣接タイプバーの連続動作機会へ QWERTY配列DNAへの転機、連続動作タイプバーをなるべ...