後ろ歩きの不思議おじさん

あっちこっちにポケットを一杯もった不思議なおじさんの特技は後ろ向き歩き。その右往左往振りは滑稽で、ちょっぴりもの悲しい。

iPad 買っちゃいました

2016年06月26日 | Weblog

10年前に徳島赴任時に買ったDELLのVISTA
この3,4年は、重くて重くて使いにくいことこの上なし
ウィンウィーンと唸るので喧しくて仕方がない
そしてついにほとんどいうことを聞かなくなった
このパソコンは小妻専用にしてきたのだが
廃用にするとしても、次に何も無しとはいかない
小妻はボランティア業務を続けており時折は文書作成も必要
しかしその頻度もかなり低くなっている
文書やデータ作成は不思議おじさんが引き受けることにして
新たなパソコン購入は見送った
パソコンだと安くても10万円はくだらない
彼女が必要なのはネットへの接続

それならということでWiFi専用のiPadを購入することにした

携帯電話は夫婦二人ともガラケー
いわゆる3円電話(待ち受け専用電話とも言われている)で
料金は二人合わせて200円~500円程度である
電話やメールで不自由を感じたことは一度もない

ただしスマホではないのでLINEはできない

LINEで誰彼とやり取りする気はもともと無い

しかし、先日、息子の結婚式後に
LINEが写真や動画のやり取りに威力を発揮することを知った
LINE自体が、いわばひとつのクラウドになっているらしく
送受信をほとんど無制限に行えるようだ

パソコンのEメール添付では限界がある
写真や動画をクラウドに上げるという手もあるが、
これは送る側にも負担をかけ、互いに手間である

何をいまさら と笑われるかもしれないが
古希のオジサンの知識はこんなものである


桔梗の咲く梅雨の晴れ間 息子夫婦に来てもらった
amazonから今日届くはずだったiPad pro air2
メールを見ると、入荷不可能で受注をキャンセルするとのこと
もう10日も待っているのに!!!!
amazonを信用できなくなった
早速、ヤマダ電機に行って買い求めた
初期設定やメール、プリンター、LINEなどの設定をしてもらった


擬宝珠(きぼし)(斑入り)も梅雨の雨に打たれて艶がある

早速LINEを使ってみた
まあ何とか使えこなせそうだ
(いや これは小妻のものだった(笑)

でもどんなアプリを購入したらよいのか
全く分かっていない
外に持ち出すこともないので、不要なのかもしれないが…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

2016年06月23日 | Weblog
まぁ 勲章のようなものか

実ははもう2か月前から痛んでいた
そのうち治るだろう と湿布薬を貼っていた
生活に支障はいが、物を持ってぶら下げたり
手を伸ばして遠く物を取る動作をすると
思わず顔をしかめる痛みが走る

やむを得ず近所の整形外科に行った
病院・クリニック過密地帯に住んでいるのて
病院通いに苦労はしない
医師は診たとたん、
「ハイ、テニス肘です」と宣った
テニスなど、生涯に一度もしたことは無い
なのにこんな病名を頂いた

原因は畑の草抜きにある
草刈ではない
両手で根から引き抜く作業
根から抜かないと次々にまた生えてくるからだ
雑草の根の成分を頭皮に塗りこめたいくらいだ

狭い畝間に座り込み 
右手でも、普段は使わない左手でも抜く
一日に6時間ほど 
それも三日間連続
その時は特に痛みを感じなかったが
暫くするとそいつはやってきた

病名はついているが原因は完全に解明されていないそうだ
肘の付け根を起点とする筋肉の動きを止めるため
1080円の出費でベルトを購入した
あまり効き目はない
さらに皮膚にアレルギーが出て 
もう使用はやめた
痛みと仲良く付き合っている

手取り除草している勲章をもらったと思うことにした


山形は雨が少ないようだが、大阪泉州はもう10日間も水浸しだ
畑に入ると泥捏ね遊びしているようで仕事にならない


完全に失敗したジャガイモの遅めの収穫
息子の結婚式の日程と雨が続いたことなどで収穫時期を逃した
失敗の原因は「過保護」
半焼きのもみ殻、牛糞、油粕、藁などを与え過ぎ
種芋が醗酵して腐ってしまったのだ

それにもかかわらず大きな収穫があった
ミミズがびっくりするくらいたくさん棲んでいた
2年前は干からびた荒地だったので別の土のように変わった
これには満足である 
思わずニタリと笑った


庭の木を少しずつ処分して畑に変えている
今夕の庭の畑からの収穫
トマト2種類、キューり、万願寺唐辛子
朝にはナスビを採って糠漬けにした
我が家の食料自給率はかなり高くなってきた


カボチャやズッキーニ、マクワウリは今のところ順調


カボチャももうこんなに大きくなっている

息子の結婚式、披露宴を無事終えることができた
終わってから、小妻ともども疲れを感じたものだ
そんなに大したこともしていなかったのだが…


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玉ねぎ収穫でヘロヘロ

2016年05月27日 | Weblog

これが今日の最終的な成果のスガタである


雨が遠かった
玉ねぎを収穫するタイミングを計りかねた
溜池文化の泉州では、池からの放水が米作りの始まりだ
農家はそれまでに田の準備をしておかねばならない
豆類や玉ねぎを引き抜き、土を耕して水入れを待つ

不思議おじさんが借りている畑は
元々は水田だったが今は畑地のみで使用している
しかし池から水が放出されると水浸しになる
それまでに玉ねぎを収穫しておく必要がある

近所の皆さんは2,3日前に硬い土に苦労して掘り起こされた
手で引き抜くことができず、ショベルで掘り起こしたとのこと
不思議おじさんは、4月の草抜きで左腕の腱鞘炎を患ったので
何とか雨が降って土地が柔らかくなるのを待っていた
そして昨夜から今朝にかけての恵の雨


泉州玉ねぎの茎はすでに枯れている
ちょっとべと病に侵されたのかもしれない
小玉傾向だが、収穫には影響はない


赤玉ねぎは元気そのものだ
まだ収穫するのはちょっと早いような気もするが
球は大きい


我が50ccのホンダカブが大活躍だ
普通の玉ねぎなら一杯いっぱいに積み込んで120個
赤玉ねぎは茎も枯れていないので80個
スピードを落として我が家に持ち帰る
腰のベルトも忘れない
熱中症対策のドリンクも必携だ


ウッドデッキにブルーシートを敷き
紐で括る
友が直接取りに来てくれたので括る手間が助かる
それでもおおよそ650個の玉ねぎを括り終えたのは4時間後
蚊取り線香を5個配置したがそれでも蚊に食われた

麻糸(ジュート)のひもを利用した
堅く結ぶため、指に力を込めるが
なにせ柔い身体だ 
左右の中指の第一関節外側の皮膚が剥がれた
赤チンを塗って、バンドエイドや軍手をして作業を続ける

畑では、掘り起こした後に貝殻石灰を施した
里芋の移植や秋ジャガイモの作付が待っている
それに耕運機を近隣に迷惑なく動かすには
近隣の作業の進行と当方の都合を勘案しなければならない
なかなか気を使うところではある

明日はお知り合いにお届けすると共に
不思議おじさんも乾すための準備をしなければならない

もうエエ歳なんやから
700個以上の玉ねぎ割く付けは今年限りにしたい
自分で食べるだけだったら150個でもお釣りがくる
あーーーーあ 疲れたよーーーー




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本酒祭

2016年05月23日 | Weblog
庭の紫陽花が咲き始めた
これはごく普通のヤマアジサイ


小さな大阪府といえども、大阪市中心部に行くには1時間は必要
通勤や仕事なら何とも思わなかったが
この歳になると、その気を興さないとなかなか足が向かない
この前のお出かけは5月8日(日)だった
大阪国際会議場・リーガロイヤルホテル
2年前まで務めていた学校法人100周年記念行事
数年前の企画段階では「3000人」と聞かされていたが当日の参加者は1200人
式典は特に何も興を催すものはなかった
ただ一点、卒業生でもある能楽師による
能「高砂」の特別舞台には圧倒されるものがあった

式典で興味があったのは、
学校法人経営陣の入れ替わり模様
栄枯盛衰は世の習い
権勢を誇ってもいずれは他者に取って代わられる
人の世の常の無残な物語を目の当たりにしたものだった
権力者は、あれほど前職者に冷酷になれるものなのである


さて月曜日の朝から この暑いのに大阪市中心部にお出かけした
難波の高島屋で開催されている「日本酒祭」の最終日



全国50の蔵と地酒専門の5店、それに酒の肴の店が15店ほど
日曜だと混雑必死なので、最終日の月曜午前に出掛けたというわけだ
次々に試飲していたら、たちまちのうちにいい気分になってしまった
ボディのある好みの酒を4本求めた
あらかじめ用意していたリュックに詰めたが
帰りは登山の訓練をしている有様 重かった…
ブログにアップするといったら、お店の方がポーズを取ってくれた


言い訳になるが、日本酒を買いに行ったわけではない
同じ行くなら、それは買うしかないだろう、ということである
もともとはお酒の肴として出店している鮒鮨の「魚治」からの案内があったから
もう何度も書いたが、先代は不思議おじさんの高校の同窓生
陸上競技部でも一緒だった
滋賀県には鮒鮨店が少なくないが、味は店によってそれぞれ異なる
「魚治」の鮒鮨は雑味が無く上品である
今日は息子さんは不在だったが同郷の従業員さんと話ができた


右が鮒鮨の尻尾の部分
もちろん鮒が美味しい 特に卵は旨い
しかし実はその周りの漬け米が美味いのだ
日本のブルーチーズと言って差し支えない
左は氷魚(ひうお)…鮎の幼魚の山椒煮

年金暮しにはちょっとやり過ぎの贅沢をしてしまった

人生百年 古来稀なり

今のうちに楽しんでしまうのだ
ねぇ 杜甫さん

(余禄)
高島屋という百貨店名は京都の呉服屋さんがその出自
1831年に創業しているのでもう15年ほどで200年を迎える
この「高島」は不思議おじさんの出身地 滋賀県高島市に由来している

福井県敦賀生まれの「新七」という若者が京都の呉服屋に奉公していた
しかしその店はつぶれてしまったが、米屋の飯田儀兵衛さんに見込まれ
米屋さんで働くうちに、ついには長女と結婚して店を継ぐことに
飯田儀兵衛さんの出身地が滋賀県高島市だったというわけだ

新七は呉服屋への想いが強く、米屋の隣に呉服屋を開いた
それが発展して今日の百貨店になったというわけだ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

古希(古稀)は同窓会開催適期らしい

2016年05月10日 | Weblog

高校の同期会開催案内を頂いた
「同窓会」という組織ではなく
「古希を祝う会」を作っての呼びかけだが
参加者は相当に多いようだ
会の幹事11人の内、10人が女性で代表も女性だ
「同窓会」といえば多くは男性陣が前面に出ているなかで
まぁ異色の会ではある

実は3日ほど前に中学校の同窓会案内も頂いていた

実年齢で70歳を迎えるという節目だから
ということなのだろう

先日、大先輩に「古稀」の由来を教えていただいたので
改めて調べてみた

多くの人は、中国の詩人、杜甫の漢詩に
「古稀」が由来していることは知っている

杜甫は「人間は70歳まで生きることは稀だ」と確かに言っている
どんな文脈でその言葉が使われているのかはあまり知られていない

そもそも杜甫がこの「曲江」という七言律詩を書いたのは47歳
さらに言えば杜甫は59歳で没しているので
杜甫が自らの70歳という長寿を言祝ぐために書いた詩ではない

この漢詩を書いたころの杜甫は帝の怒りを買い
朝廷に出廷しても面白くない日々を送り
気落ちした毎日をお酒を飲んで紛らわしていた
 
 朝 囘 日 日 典 春 衣 
 毎 日 江 頭 盡 醉 歸
 酒 債 尋 常 行 處 有
 人 生 七 十 古 來 稀
 穿 花 蛺 蝶 深 深 見
 點 水 蜻 蜓 款 款 飛
 傳 語 風 光 共 流 轉
 暫 時 相 賞 莫 相 違

(訓読)朝(てう)より回(かへ)りて日日(ひび)春衣(しゆんい)を典(てん)し、
毎日 江頭(かうとう)に酔(ゑ)ひを尽くして帰る。
酒債は尋常、行(ゆ)く処(ところ)に有り。
     人生七十 古来稀なり。
     花を穿(うが)つ蛺蝶(けふてふ)は深深(しんしん)として見え、
     水に点ずる蜻蜓(せいてい)は款款(くわんくわん)として飛ぶ。
    伝語(でんご)す 風光、共に流転(るてん)して、
    暫時(ざんじ) 相(あひ)賞して 相(あひ)違(たが)ふこと莫(なか)れ、と。

(通釈)朝廷から戻ってくると、毎日のように春着を質に入れ、
    いつも、曲江のほとりで泥酔して帰るのである。
     酒代(さかだい)の借金は普通のことで、行く先々にある。
    この人生、七十まで長生きすることは滅多にないのだから、
    今のうちにせいぜい楽しんでおきたいのだ。
     花の間を縫って飛びながら蜜を吸うアゲハチョウは、奥のほうに見え、
    水面に軽く尾を叩いているトンボは、ゆるやかに飛んでいる。
    私は自然に対して言づてしたい、
    「そなたも私とともに流れて行くのだから、ほんの暫くの間でもいいから、
    お互いに愛(め)で合って、そむくことのないようにしようではないか」と。 

以上は「小さな資料室」のホームページから転載させていただいた

失意にあった杜甫の心を満たしたのはお酒であった
あちこちに酒代のツケがあり、それはいつものことだ、
また気落ちした心を楽しませてくれるのは
チョウチョウやトンボが遊ぶ自然の光景だった

70歳まで生きるなんてことは滅多にないのだから
今のうちに人生を楽しんでいるんだよ

少し悲しく刹那的な気分を孕んだ詩だったのだ

さて70歳まで生きてしまった

今の時代に杜甫が生きて詩を書いたら
「人生百歳 古来稀なり」ということになるだろうか
その100歳も珍しくなくなってきているが…

不思議おじさんが100歳まで生きるということはあり得ないので
それに病院には少し厄介になっているものの飲み食いは普通にできるので
今のうちにお酒を飲み、民謡を唄い、庭で花を愛で、畑で自然と触れ
人生という虚しさに気づかないふりをして時間を過ごすことにしよう

ところで「古稀」が本来の漢字であるが
現在では「古希」と書くのが普通になったようだ
案内状には「古希」と表記されている

第2次大戦後に制定された常用漢字に「稀」という漢字が無く
当て字として「希」が使われたとのこと
「希」は「のぞむ・願う」という意味だが
「まれ」という意味も含んだ漢字だったので採用されたらしい
因みに同様の当て字には下記のものがある
 企劃→企画  広汎→広範  貫禄→貫録
 臆測→憶測  熔接→溶接
(余禄おわり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加