PRESSMAN GOGO

ディレクター生野涼介が日々の気がついた事、取材した時の思いなど、日常のブログです。

2017年全日本トライアル 第1戦関東大会

2017-03-21 16:34:03 | 日々の事
毎年地面が凍っていたり、まるで日本海側の冬のような鉛色の雲に覆われる開幕戦ですが、今年は小春日和のような穏やかな天気に恵まれました。

でもその分花粉症の方はエラいことだったようです。

今回はエントリーが130名を越え、車検も長蛇の列で1時間待ちという状態です。
トライアルは人気が出てきたのかなあ?


セクションは全体に非常にハード。助走は短いし、ステアは高いし、やたら長くて時間は足りないし。

ここをどう走るのか、注目はやはりスーパークラスのトップライダーです。


チャンピオン小川友幸選手は、今年も開幕戦前はやや練習不足とのこと。

海外でのデモンストレーションがようやく終わって帰ってきたら、練習場が大雪で全く乗れず、なんて状態だったようです。
でもインタビューには「体の調子もいいですし、ライディングに影響はないと思います」とのこと。

インジェクション装備の新型マシンを昨年終盤に手に入れた黒山健一選手。このオフでどこまでマシンの可能性を引き出せたでしょうか。




昨年スコルパに乗っていた野崎史高選手は、今年はシェルコ。まだマシンに慣れていないかと思ったら、基本同じマシンなので何の問題もないとのこと。

今年は新しいスポンサーも獲得して、昨年果たせなかった優勝を目指します。

いつにも増して気合の入っている柴田暁選手は、新しいアシスタントでの参戦。


小川毅士選手も、アシスタントを変えてきました。


吉良祐哉選手も新アシスタント。この髪の毛がずずずーっとヘルメットに収まる姿は、DVDの発売をお楽しみに(^^)


ほか、新昇格の久岡孝二選手、磯谷玲選手など注目がいっぱいです。




どの選手も公平にチャンピオンへの可能性を持っている開幕戦。
いったい誰が飛び出すのか、と思ったら、1ラップ目から圧倒的な走りを見せたのが黒山選手。


他の選手が3点の所はクリーンで、5点のところは3点で確実にアウトしていきます。


セクション待ちの間も、集中力を乱しません。


一方友幸選手は、1ラップ目第1から「ありゃま」の足着き。


ほか、出口直前までたどり着きながらの転倒や、あと一歩でのタイムオーバーなども。


極めつけは第9セクション。
確かにここは全員が5点。どこからどう狙ってもとてつもなく小さなピンポイントに後輪を当てなくてはならない、とんでもなく難しいステアではありました。
でもマシンを壊してしまうほどの友幸選手は、ここ何年も見たことがありません。






対する黒山選手は全員が5点のここをただ1人クリーンで上がって、この段階でこの日の勝負を決めてしまった感すらありました。


友幸選手のアシスタント、田中裕大さんは「今回セクションがキツイので、頑張っていればまだ逆転のチャンスはある」と言います。
でも逆にきついセクションにことごとくはまった友幸選手の減点は、どんどん増えてしまいます。


友幸選手は実はあの第9セクションの大転倒で左足首を傷め、踏ん張りが効かなくなっていたのです。


1ラップが終わって、黒山選手はただひとり一桁減点の合計8点。友幸選手は24点で3位。
失敗を最小限に抑えた小川毅士選手が、合計17点で2位に着けていたのです。


4位には野崎選手。
野崎選手は1ラップ目の中盤にパンチカードを紛失。
15分を超える捜索の末発見されたのは良かったのですが、精神的動揺からこのあと大きく乱れてしまい、今回は勝負から脱落してしまいました。


野崎選手といえば、1ラップ目第8セクションでこんなアクシデント。
ヒルクライムの上で待ち構えていたたアシスタントを、轢いてしまったのです。

慌てながらも野崎選手は絶妙な抜重をしたのかアシスタントに怪我はなく、野崎選手はここでクリーンを記録。
マシンがアシスタントに接触したので、5点と言われてもしかたのない状況でした。

試合は2ラップ目。やや減点を増やす毅士選手に対して友幸選手は10点以上減らして追撃しますが、なかなか追いつけません。


あの第9セクションは、2ラップ目も選手たちを叩き落とし続けます。

吉良選手はベータの先輩、野本佳章選手のバックフリップに挑戦したような転倒をしてしまいますが、幸運にも体もマシンも問題なし。

柴田選手もこの状態です。


友幸選手は今度は転倒はこらえたものの、セクションアウトで5点。


あとから入った毅士選手も、同じようなコースアウトです。


全員が5点なので、黒山選手はあえて足を出す安全策の余裕で、2ラップ目もただ1人ここを走破です。


2ラップ目第11セクションまでは、毅士選手30点に対して友幸選手は37点。
もうほぼ3位は確定かと思ったのですが、2ラップ目最後の第12セクションで毅士選手が失敗。


ここを友幸選手はクリーンして、なんとか2点差にまで追いつきます。


黒山選手は2ラップ目も点を突くようなライディングを続け、乱れません。


そして2ラップがが終わった段階で、とっとと優勝を決定してしまったのです。




次の注目はここまで35点の毅士選手対37点の友幸選手の、SSでの勝負です。
「優勝はもうしゃあないけど、2位か3位ではタイトル争いが全然違ってくる」と何とか2位を獲りたい友幸陣営。
裕大さんは「SSの第2はおそらく全員が5点かな。なので第1が勝負ですね」と読んでいました。


今回はトップ10名が、ここまでの順位でスタートするSS。
このため先に走ることになった友幸選手は、SSの第1をクリーン。これで毅士選手に大きなプレッシャーをかけます。


SSを待つ毅士選手は、パドックでマッサージを受けながらVサイン(あるいは2位獲得宣言)の余裕。


そしてSS第1では、友幸選手のプレッシャーを跳ね返してクリーンをとります。

ああ、これで毅士選手の逃げ切りで友幸選手の3位が決まりか、と思ったのですが…。

最後のSSの第2は、斜面の木を切って開発した新しいセクション。
誰も走っていないため地面がまったくグリップせず、裕大さんの「おそらく全員が5点」もリアリティーがあります。


実際岡村将敏選手と野崎選手は3点で抜けたものの、他は全員が失敗。
2点を追いかけここも先に入る友幸選手でしたが、なんとクリーンで抜けたのです。


これでまたまたプレッシャーをかけられた毅士選手は、結果3点。

最後の最後に逆転され、惜しくも1点差で2位を逃しました。

優勝は黒山選手。世界チャンピオンを目指していた頃を思い出させる、圧倒的な強さでした。

最後にチャンピオンの強さを発揮した小川友幸選手は、2位に滑り込み。「開幕戦を落としてからタイトルを獲ったことの方が多いはず」と今後に希望をつなぎます。
今回の不調の原因には、どうやらマシントラブルもあったようです。
毅士選手は惜しかったものの、久しぶりに勝負に絡めたことで今後の全日本が楽しみです。




優勝 黒山健一 18c16
2位 小川友幸 37c14
3位 小川毅士 38c15
4位 野崎史高 51c10
5位 柴田 暁 69c5
6位 斎藤晶夫 86c2
7位 野本佳章 93c4
8位 吉良祐哉 99c4
9位 岡村将敏 109c0
10位 久岡孝二 109c0
-------以下SS不出走-------
11位 藤原慎也 105c1
12位 成田 亮 109c1
13位 磯谷 玲 111c0
14位 砂田真彦 111c0

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパートライアル2016 第7戦東北大会

2017-02-19 23:51:46 | 日々の事
昨年11月から、トライアルではない仕事に振り回されておりました。
しかしこの仕事、発注元の制作会社が「そんなの聞いてねえよ」の後出しジャンケンだらけで、何ヵ月も拘束されます。
このため、ついに先月すっぱり全てお断り。
大急ぎで東北大会の制作に入った次第です。

ところが、制作会社に発注していた大元クライアントから直接連絡。
「この仕事は生野さんしか出来ません。制作会社を切るので直接契約したい」だと?
実はこの仕事は数年前の納品への再発注。制作会社は「生野さんは営業ルートを持たないから」と偉そうに言っていたんだけど、なんだ、元々オレの客じゃねえか。しかもほとんど何もしないくせに制作費の6割も盗るつもりだったことも判明。悪徳派遣業者でもせいぜい3割なのに、これまでワガママ言わず頑張ってあげていたのがまるでバカみたいだぜ。
というわけで僕の価値を正当に認めてくれるところと直接仕事が出来るのは良かったんだけど、ありゃあ、またまた全日本の編集が遅れてしまっていたわけでした。

そういうわけで皆様には大変お待たせしてしまって申し訳ありませんでしたが、これでも大急ぎで頑張ったんよ。
何とか2017年の開幕戦に間に合わせて、来週発売です。
でも例によってお得意様には今週末には発送できるかもです。



CM動画はこちら。
https://youtu.be/2QJhbCb5aB0

-------------

スーパートライアル2016 第7戦東北大会
本編122分 税込価格2,880円

小川友幸の全勝予告で始まった2016年シリーズ。
確かに圧倒的な走りも見せた小川だが、レースは生き物。ここまでの成績は4勝2敗である。
タイトル獲得は問題ないとはいえ、何としても最終戦は勝ちたい。そして小川はその最終戦で2年連続負けているのである。
ここSUGOではいつにも増す強さを見せる野崎史高。前戦から新型マシンを持ち込んだ黒山健一。彼ら強力なライバルを相手に、小川はトップをキープして走り続けていた。
ほか、この最終戦にランキングを賭ける田中善弘、野本佳章、斎藤晶夫、加賀国光らの選手たち。さらに2点差の中にひしめく岡村将敏、氏川湧雅、藤原慎也、吉良裕也の4人の争い。
最終戦に描かれたいくつものドラマは、最後の最後、スペシャルセクションで劇的な結末を迎える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパートライアル2016 第6戦中部大会

2016-12-21 16:48:32 | 映像 DVD
頑張ったあ年内間に合わせました!
2016年全日本トライアル 第6戦中部大会のDVDが完成です。
正式には来週から発売開始ですが、クリスマスプレゼントにも対応できるようにお届けいたします。


本編110分に特典映像もあって、またまた1枚のDVDに入りきるギリギリぱんぱん状態。
CM動画バックに使っていた練習風景や、最近入れていた表彰式全クラスの模様は今回収録できず。
この全クラス表彰式用にレディースやIA、IBの走りも色々撮ってあるのに残念。
武田呼人選手の、簡単なステアなのに手がつってしまいおっとっとと5点の瞬間とかね(笑)
まあそれらはお宝映像としていずれチャンスを見て、ですね。

CM動画はこちら。
https://youtu.be/7scj5BWtGGc

以下、DVD解説文です。
-------------------
フュエールインジェクションに後方排気。
今シーズンマシン不調に悩まされていた黒山健一がこの中部大会に持ち込んだ、新型ワークスマシンである。
トライアル・デ・ナシオンへの参加で気持ちもリフレッシュした黒山はこのマシンで、前戦北海道大会で完璧な強さを取り戻した小川友幸に挑む。
しかし試合が始まってもやまない雨。
スーパークラスに挑む16人のライダー達は、ひどい泥とどこまでも続く渋滞の中でのたうち回る。
このハードな設定に野崎史高も加わり、優勝争いはまたもや1点を争う勝負にもつれ込んで行った。
特典映像は現地の写真とインタビューで描く、2016年TDNフランス大会。日本チーム世界2位の意味とは?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MFJ Moto Awards 2016

2016-12-19 13:50:26 | トライアル
昨年までは確か「MFJランキング認定表彰式」というタイトルだったと記憶していますが、今年は英語になったようです。
まあ「MFJオートバイ賞」ですね。


MFJ大島裕志会長の挨拶で始まった式典。

ライセンス数や観客数が微増していることなどが伝えられます。

ほー、トライアルもライセンス数アップで、なかなかの存在感ではないですか。

通常はこの後各カテゴリーの表彰に移るのですが、今年は「自由民主党モータースポーツ振興議員連盟会長杯」とのことで、選ばれたのはトライアル。

TDNで世界2位を獲得した、Team Japan小川友幸選手、黒山健一選手に、マネージャーを務めた小谷徹さん。
藤波貴久選手もビデオレターで参加です。





※画面右端は、プレゼンテーターを務めた同連盟の事務局長、三原じゅん子参議院議員。

この表彰が終わった後もトライアル2選手は壇上に残って、「海外選手権参戦功労賞」としてTDN世界2位獲得を表彰されます。

※画面右端は「MotoGPルーキーズカップ」でチャンピオンを獲得した、佐々木歩夢選手。

続いて、ようやくいつものロードやエンデューロなど、各カテゴリー3位までの表彰式が始まります。
こちらはモトクロス部門、キッズとIA1、IA2の選手たち。


トライアル部門、国際B級チャンピオン:氏川政哉選手 / 2位:池田 蓮選手 / 3位:武田呼人選手


トライアル国際A級 チャンピオン:久岡孝二選手 / 2位:小野貴史選手(欠席) /3位:村田慎示選手


トライアル国際A級スーパークラス チャンピオン:小川友幸選手 / 2位:黒山健一選手 / 3位:野崎史高選手




これでトライアルの出番は終わりかと思ったら一部が壇上に残され、今度は「MFJ特別表彰」という賞。
IB、IA、IASの3クラス全てでチャンピオンを獲得したTeamMitaniが受賞で、監督の三谷知明さんが呼び出されます。






そしてレディース部門もあります。
トライアルレディースチャンピオン:西村亜弥選手 / 2位:小玉絵里加選手 / 3位:小谷芙佐子選手








今年のトライアルプレス賞は、全勝でチャンピオンを獲得した西村亜弥選手。


写真パネルには、全試合のトライが入っています。


全ての表彰が終わった後は、恒例となっている全受賞者の集合写真。
さて、トライアルはどこにいるでしょう、ウオリってみて下さい。


正解は、このあたり。








集合写真撮影中も、黒山選手は自撮りや壇上ライブ書き込みなどで忙しそうです。


おっと!ガッチに背後から迫る恐怖!!


これで式典は終了ですが、今年は贔屓目ではなくなんだかトライアルの存在が目立っていたような。
続いて開催された懇親会でも、乾杯の挨拶には小川選手、黒山選手が指名されます。
こちらでも黒山選手は色々と。



まるで爆笑問題の太田光のように、細かいギャグを挟んできます(笑)

ようやく乾杯!

皆さん1年間お疲れ様でした。来年も頑張りましょう!!

集合写真後も別途「レディースだけステージに残って下さい」と別写真を撮られていた女性ライダー達。


MFJはレディース部門を来年以降さらに拡充させる計画のようで、懇親会でもご挨拶。


モトクロスとロードの選手も参加ですが、なんだかやっぱりトライアルが目立っているような。




そして黒山選手も最後まで、色々忙しそうに存在感を示していました(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この世界の片隅に

2016-12-13 14:20:31 | 日々の事
お待たせしておりますJTR中部大会の編集は、ようやくSSまでやって来ました。
遅れていて申し訳ありません。

秋から冬にかけてはトライアル以外の編集や取材も入って、ありがたいんだけどめちゃ忙し。
そんな時にまた隣の家が解体工事なんかしやがって、連日の騒音に家中柔道で襟首ガクガクやられているみたいなひどい揺れ。

とても仕事にならないので、1日逃げ出して映画を見てきました。

ジブリとピクサー以外で劇場でアニメを見たのは、何年ぶりでしょ。
テレビ局や広告会社をバックに持たず、資金も一般から集めたというので気になっていた「この世界の片隅に」です。


前日の夜ネット予約をした段階で、250の座席のうち埋まっているのは7席だけ。
実際はもう少しお客さんがいましたが、それでも上映直前でもこの状態です。

ウイークデーの昼間ということもあって比較的高年齢の方が多かったですが、その分落ち着いて見ることが出来ました。
最近は「発声可能上映」とかで、映画がみんなで騒いで歌って、というイベントの場と化していることもあるそうですが、僕は作品を通して作家とゆっくり対話できる空間の方が好きです。

主役の声優さんは業界圧力でメジャー路線を干された女優だそうですが、ハートのある演技していました。
作品のキャラクター自体が巨大資本からの押し付けとは別の世界なのが、一番良かったでしょうか。
こういうお話がきちんと作品になれることだけでも、世の中はようやく変わってきたんだなあ、と感慨深くなりますねえ。
自分の価値観で自分の時間を過ごしたい、そんな方にはピッタリの映画だと思います。

CM動画は、海外ディテクター(?)が作ったもののほうが、そんな内容をよく理解し伝えているような。
https://www.youtube.com/watch?v=-jBe-uHhlNs

ちなみにこちらが日本用。
https://www.youtube.com/watch?v=yoI9Yl60BqU
なんかどこかに「すごいでしょ、ほら買いなさい」という押し付けが感じられるんですよ・・・

日本の広告業界もいいかげん高度成長やバブルは行き詰まっていることを認めて、他の価値観を探さんとねえ。
ただしこっち世界は等身大以上に儲かる事はないけん、そこは覚悟しときいや。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加