PRESSMAN GOGO

オートバイスポーツ、トライアルを中心にディレクター生野涼介が日々の気がついた事、取材した時の思いなど、日常のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年全日本トライアル第7戦 東北大会

2017-11-02 00:55:51 | トライアル
2017年全日本トライアル。国際A級スーパークラスのチャンピオンは小川友幸選手に決定です。


まあこれはこの最終戦を迎えるだいぶ前、7月の第5戦北海道大会から予想されていた通り。
第6戦でも優勝した友幸選手は、この最終戦では6位表彰台を逃す7位でもチャンピオン決定という状況だったのです。
それでも友幸選手は「とにかく最終戦は勝ちたい」と意欲を見せます。

最後に負けるとそれを春まで引きずることになり、胸を張って「チャンピオンです!」と言いにくいのだそうです。
そして友幸選手はここ最終戦東北大会では、2013年の優勝を最後に14,15,16年と3連敗をしているのです。

朝からまじめにざあざあ降る雨の中、「今年こそすっきりチャンピオンを!」の思いでスタートした友幸選手。

「皆さんが見て感じるより、かなり難しい設定です」というセクションを、ひとつひとつ丁寧に走ます。


第1,第2をクリーンして、アウトへのステアで転倒者続出の第3セクション。

 吉良祐哉選手


 砂田真彦選手


 成田亮選手

友幸選手はここもクリーン。


でも第4では3点。


そして後半セクションの勝負どころ、第8セクション。

 岡村将敏選手


 斎藤晶夫選手

友幸選手は、ここを2点で抜けます。


となりの第9は、まずはこのインの登りが問題。

 野本佳章選手


 柴田暁選手

ここを越えてもアウトで時間が足りなくなってしまいます。

 小川毅士選手

しかし友幸選手はここをただ一人クリーンで抜けます。

友幸選手の1ラップ目の減点は、合計5点です。

ランキングは2位。事実上逆転チャンピオンはありえない黒山健一選手は、シンプルに優勝のみを目指します。


しかし友幸選手がクリーンの第1で1点。


でも友幸選手が3点の第4をクリーンで逆転します。


第8はふたり同点の2点。


ところが友幸選手がクリーンの第9で、黒山選手は5点をとってしまいました。

黒山選手の1ラップ目の減点は、合計8点です。

そして最終戦で優勝を狙うのは、友幸選手と黒山選手だけではありませセん。
第6戦中部大会でも友幸選手を脅かす成績で2位を獲得した、野崎史高選手です。


第3でこそ1点をとったものの、

野崎選手は2人が2点の第8をクリーン。


黒山選手が5点の第9も3点で抜け、1ラップ目をトップで走り切ったのです。


1ラップ目の順位は
1位 野崎史高 減点4
2位 小川友幸 減点5
3位 黒山健一 減点8

試合は2ラップ目。
1点差で野崎選手を追う友幸選手ですが、2ラップ目は調子を落としてしまいます。

第3のステアはこの状況。

いったん止まってからのウーポンなのですが、上まで届きません。

1ラップ目ただ一人クリーンした第9でも失敗です。


2ラップ目の黒山選手。
友幸選手が失敗する第3セクションをクリーンして、逆転します。
一旦手前で止まって一気にウイリージャンプ、という行き方です。


野崎選手もこの第3をクリーン。
友幸選手や黒山選手とは違う、前輪を吊りながら上に飛び上がるダニエルジャンプのような行き方です。


すぐ裏の第4セクション。野崎選手は黒山選手が3点だったところもクリーンして、黒山選手を引き離します。


黒山選手のここでの3点は結構大きく、黒山選手は友幸選手にも逆転されてしまったのです。


2ラップ目が終わり、
1位 野崎史高 減点11
2位 小川友幸 減点15
3位 黒山健一 減点16

3ラップ目。
友幸選手は、また第3セクションで失敗してしまいます。

友幸選手には得意な設定だとも思うのですが、いったいどうしたことやら。
第9セクションでも、またまた5点です。


黒山選手は第3セクションを3回ともきっちりクリーン。

黒山選手は友幸選手を再逆転して、野崎選手を追いかけます。

野崎選手も第3を0点。

そのごもきっちりクリーンで走り続けます。


2ラップ目に5点をとった第9は3点で抜け

このまま黒山選手を5点引き離してSSを迎えるのか、と思った第10セクションでした。
黒山選手はクリーン。


ところが野崎選手は、メインのポイントに差し掛かる何でもないところで、前回りをしてしまったのです。


SSを前に3人の減点は以下のとおり。
 1位 野崎史高 減点19
 1位 黒山健一 減点19
 3位 小川友幸 減点29

今年のSSはそこまでの順位でトライ順が決まりますが、野崎選手と黒山選手のいったいどっちが最後を走るのか?



その順位がなかなか発表になりません。
なんと2人はクリーン数も、1点も2点も3点も5点も、まったく同じ数。
こういう場合はスタートからゴールまでの時間で順位が決まるのですが、2人とも持ち時間を4秒残してのゴールという驚くべき結果です。

このため2人は割り箸を引くくじ引きを行い、野崎選手が最終ライダーとなります。


今回のSSはふたつともかなり難しい設定。
第1は先にトライした全員が5点です。

 藤原慎也選手


 久岡孝二選手


 吉良祐哉選手


 柴田暁選手


 小川毅士選手

この難セクションを、3人の中では最初にトライの友幸選手がついに3点で抜けます。


走破が可能なことが証明された中で、黒山選手。3点でも抜けた方がググッと優勝に近づきます。

しかし黒山選手は、ここで失敗。


黒山選手の失敗を見て、最後に入る野崎選手。

ここは後から入る方が気持ち的に有利だったでしょうか。ところが。


2人の完全同点状態は続いたまま、いよいよ最後のセクションです。
雨で滑るタイヤを誰も攻略出来ません。

 藤原慎也選手


 久岡孝二選手


 吉良祐哉選手


 斎藤晶夫選手


 野本佳章選手


 小川毅士選手


友幸選手をもってしても、失敗です。

そして黒山選手。

友幸選手が失敗したポイントまでをクリーンで越え

最後のタイヤでついに足を着くも、1点で走破です。



これで野崎選手は、クリーンしないと優勝できないところに追い込まれてしまいました。


そして。


野崎史高と黒山健一による全日本トライアル史上はもちろん、おそらく世界でもかつてなかった熱戦は、黒山選手が獲りました。


 
 優勝 黒山健一 減点25c18
 2位 野崎史高 29c18
 3位 小川友幸 39c16
 4位 小川毅士 61c11
 5位 野本佳章 77c7
 6位 柴田 暁 77c8
 7位 斎藤晶夫 92c6
 8位 吉良祐哉 97c4
 9位 久岡孝二 103c3
 10位 藤原慎也 104c2
------ 以下SS不出走
 11位 砂田真彦 95c1
 12位 成田 亮 97c2
 13位 岡村将敏 100c2
 14位 磯谷 玲 102c3

4年連続最終戦の優勝をのがした友幸選手は「またですよ〜」と渋い顔。

でも最終目的のチャンピオンは、しっかり確保。
今年はだいぶ前から決まっていたので、恒例のバイク胴上げも神輿付きの豪華さです。




この最終戦を同ポイントで迎えた成田亮選手と久岡孝二選手。

くしくもIAS最年長と最年少の闘いは久岡選手が勝利。ルーキーIASは来年ゼッケン8番を着けることになります。


もう一組、同じく同ポイントだった斎藤晶夫選手と野本佳章選手。

野本選手は試合前「すっげえ嫌なヤツだったら、絶対負けるもんか!と思うけど、晶夫君だもんなあ。どっちが勝っても嬉しいですよ」と語っていました。
しかし試合が始まれば、2人とも全力を出しての激戦です。



斎藤選手もマフラーを壊しながらのファイト。



結果は斎藤選手の7位に対して、野本選手は柴田暁選手もクリーン差で下して、今季最高位の5位を獲得。
今年リタイアした田中善弘選手のゼッケン6番を譲り受けました。


2017年IASランキング
チャンピオン 小川友幸 134
2位 黒山健一 119
3位 野崎史高 101
4位 小川毅士 95
5位 柴田 暁 82
6位 野本佳章 66
7位 斎藤晶夫 64
8位 久岡孝二 49
9位 成田 亮 46
10位 藤原慎也 39
11位 吉良祐哉 36
12位 砂田真彦 29
13位 磯谷 玲 22
14位 岡村将敏 22
15位 加賀國光 5
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年全日本トライアル 第6戦中部大会レポート

2017-10-23 09:53:15 | トライアル
2017年全日本トライアルも、いよいよ最終戦を迎えます。
その前に、第6戦中部大会のレポートです。

といっても皆様すでに結果はご存知のとおり、スーパークラスは小川友幸選手の優勝でした。


友幸選手はスタートから好調。
1ラップ目の減点はなんとわずかに1点。これは第8セクションでの、貴重なその足着きの瞬間です。


2ラップ目には第3と第4でわずかなミスをしますが、他が完璧だっただけに「すわ、友幸大乱調?」と思えてしまうほどです。

結局2ラップ目もこの2セクションでの足着きだけ。合計6点で2ラップを走り切ってしまいました。

対する黒山健一選手。前戦北海道大会ではまさかの4位となり、すでに自力チャンピオン獲得は無くなっています。
その分「ただ勝つだけです」と目標はシンプルになっていたのですが、あああ、マシンが走らない!

1ラップ目からアレ?という減点が続いていた黒山選手。

2ラップ目の第10セクションに向かう時は、遠くから「くっそー!エンジンがかからん!!」との声と共にマシンを押して走ってきます。

それでも2ラップ目は5点をとらずに頑張っていたのですが、野崎史高選手に敗れて今回は3位に終わりました。


最終セクション、SS第2です。
アウトへの真直角は、昨年よりわずかに低く設定されていました。
ここを最初に走破したのは、斎藤晶夫選手(3点)。


その後転倒が相次ぎ、次は小川毅士選手(2点)。


黒山選手は、失敗。


2ラップ目に友幸選手が乱れた時、一時トップに立った野崎選手。
この最後も、もし行けていたら逆転優勝も可能だったかもしれないんですが・・・。


最後に入った友幸選手は、もしかしたら観客サービスでダニエルでもやろうと思ったのか、途中でありゃま?という減点をとってしまいます。

でも、最後はきれいに登ります。

おやおや、アシスタントの田中裕大さんは安心しまくりなのか、もはや余裕の観客と化しています(笑)
とにかく最初から最後まで、友幸選手の好調さが印象的な大会でした。



ところでこの中部大会。
昨年はいたるところで大渋滞が起こり、まともにトライすることが出来ない選手が何人も出てしまいました。
原因は、参加者の多さと雨とセクションの難しさ。
転倒がおこりやすく、さらに転んだ選手をセクションから出したり切れたテープを直したりに、予想外の時間を食ってしまったのです。

※写真は昨年の中部大会

その反省から、今年は晴れ予報にもかかわらずセクションは易し目。
転倒は少なく、クラッシュしてもすぐにセクションから出して次のトライが可能。
今年もエントリーが多いのは嬉しい悲鳴。でも例えば国際B級を2つに分け、スタート時間やトライ順を変えるといった対策もなされています。

プロジェクトを検証し、失敗や問題があった場合は反省して対策を考える。出来ない理由ではなく知恵を出す。普通の企業では当たり前の事です。
でもMFJでこれをちゃんと出来るフェデレーションは珍しく、前年の問題をそのまま繰り返している例が多く見られます。
しかしMFJ中部トライアル委員会は、昨年の反省と対策をきちんと行ったようです。
おかげで今年は問題となるほどの渋滞は無く、タイムペナルティーが課せられた選手も少数でした。

ほかにも、ここのオブザーバーは減点の札を、右、正面、左、とはっきり数秒間掲げてくれます。
こんな単純なことでも、ちゃんと出来ている大会はほとんど無いのです。


この大会だけではありませんが、IASの減点をパネルで表示していることがあります。
でもこれ、審判は試合をさばきながら書き込みもしなければならないので、かなり大変です。
そこでこの大会のあるセクションの審判は、最前列のお客さんに減点記入を依頼。
スムーズな試合の進行と、沢山の観客に試合を楽しんでもらう事を両立させるための工夫でした。

※減点の並びを見たら、どのセクションかわかっちゃうかな?

こちらは1ラップ目第8セクション。


柴田暁選手は成田亮選手が転倒した岩は見事に越え喝采を浴びますが、友幸選手も足を出すポイントでこの状態に。

足を着いたまま、斜面を1mほどずり落ちてしまいます。

何とか立て直してアウトしましたが、判定が審判により割れてしまいました。

するとメインの審判が直ちに他の2人を招集。それぞれの減点の根拠をただします。

「足とは、つま先から膝までを言います。また足を地面から離さず引きずった場合は1点です。従って今のトライは1点だと私は判断しますが、他に意見はありますか?」
「ありませんので、只今のトライは1点です」
お客さんにもはっきり聞こえる声で、おおお、非常にクリア。


こちらは1ラップ目第10セクション。足をついた後エンストでキック再始動した野崎選手に、5点の判定。

しかし野崎選手の「エンストはステップに足を戻してからですよ」との主張に、確信が持てなかった審判はすぐにトライやり直しを指示。「どちらか判断しかねる時は、ライダー有利に」の実践です。
やり直しトライで野崎選手はここをクリーンし、そのごも友幸選手を脅かす存在として大会を盛り上げたのでした。


こちらは、中部大会のリザルト。

クラスごとにまとめられた全部で5枚を、担当者が会場を歩き回って積極的に配布していました。
他の大会では本部にもらいに行っても「ここじゃありません。どこだか知りません」とつっけんどんに言われたり、そもそも「ネットで見れば十分ですから」と配布すらしない事も。
あるいは1枚の紙に全クラスを縮小コピーで押しみ配布したというアリバイだけ作り、結果選手名も減点もほとんど読めない例もありました。

というわけで、お客さん目線でのサービスをいろいろ感じた今年の中部大会ですが、でも残念な事もありました。
SS第2での出来事です。

沢山のお客さんが集中するSS。
みんな見やすい位置をとるのに一生懸命です。

そんな中、何人かエンクロージャーエリアに入り込んでいる観客がいました。

近畿大会のレポートでも書きましたが、エンクロージャーエリアというのはバイクがぶっ飛んでくるかもしれない危険地帯。
なので、別途保険に入った人しか立ち入ることができません。意地悪で見やすい位置に入れないのではなく、きっちり安全とお金の問題なのです。

保険の証明がプレスや役員のリブなわけで、進行さんはリブのない人はエンクロージャーエリアから出るように指示します。
実はほとんどの大会の役員は、観客の危険な立ち入りを見て見ぬふり。注意や外への誘導は、他の大会ではまず見ることが出来ないのが実情です。
なのに今回頑張って再三の注意をする進行さんを頑なに無視して、ただ1人どうしてもエンクロージャーエリアから出ようとしない人がいたのです。

実はこの人、かつてのMFJ中部の重鎮。でも今は引退して、一般のお客さんと変わらない立場です。
元役員ですから規則は熟知しているわけで、ちょっと信じられない行為です。
もし全国のMFJにまだこんな人がいるとしたら、トライアルがイマイチ発展しないのも当然なのかもしれません。

さて、1週間後に迫ってきた東北大会。
MFJ東北は昨年までの大会をどこまで検証し改善しているのでしょうか。
今年の中部大会のように、前に進んだ姿を見せてくれるかな?

そういう方面からもこの最終戦、楽しみにしたいと思います。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スーパートライアル2017 第3戦九州大会

2017-10-19 17:02:24 | トライアル
世の中2017年の最終戦が近づいておりますが、なんとかそこまでに前半戦のDVDが完成です。
近畿大会に続き新しい会場で開催された、第3戦九州大会。

選手達にとって第3戦というのは、なかなか大切なもののよう。
それはチャンピオン争いをしている選手に限らないとのこと。
というわけで、今回はランキング6位争いをしているこの二人が、ジャケットです。


CM動画はこちら。
https://youtu.be/qNk9pR22oWA

本編約70分と、いつもより短めではありますが、その分画質は良くなっております。
随分寒くもなって来ましたので、ご自宅でトライアルをお楽しみ下さい。

以下、DVD解説文から。

-------------------

深い山と五月晴れ。観客の移動路以外はトライアル天国のような会場で、2017年の九州大会は開催された。
注目はやはり、昨年から4連勝中の黒山健一選手。「連勝はいつかは途切れますから」と言うものの、「経験上第3戦を穫れるかどうかは、チャンピオン争いの要となります」と気合を入れ直す。
対するディフェンディング・チャンピオン小川友幸選手は、今年まだ勝ち星がない。「自分の走りができていない」と反省しつつ「もう勝てないのではないか」という強烈なプレッシャーを背負ってセクションに向かう。
この二人の争いに、いつものように野崎史高選手、小川毅士選手も絡み、試合は判定の機微によって大きく結果を変えて行った。
優勝争いの他にも、今年激しい6位争いを繰り広げる野本佳章選手vs斎藤晶夫選手もピックアップする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパートライアル2017 第2戦近畿大会

2017-09-14 11:34:14 | 日々の事
本当に「今ごろ」ではありますが、2017年全日本トライアル第2戦 近畿大会のDVDが完成いたしました!
※あ、そこのキミ、笑わないように。
発売は9月20日からとなりますが、ご連絡頂ければ20日までにはお手元に届く形に出来るかも。


以前このブログにも書きましたが、今年は全日本トライアルDVDは基本的に作らないつもりでした。
ところが各所/各位様から「待っているのに」「無くなるなんて許せない」など、沢山の応援や抗議が(笑)。
楽しみに待って頂いているというのは、制作者冥利につきること。
じゃあご期待に応えようじゃないか!という訳で、とりあえず第2戦までは完成させた次第です。

元々大会の速報は、ブログの写真レポートでフォロー。
映像は、時期/時間に関係なくお楽しみいただける内容にしているつもりです。
実際今回編集しながら、自分でも「そんな事があったんだ!」「この時はこうだったんだ」と新たな驚きで楽しむことが出来ました。
そうそう、東京モーターサイクルショーでの小川友幸&黒山健一デモンストレーションも、必見です。

CM動画はこちら。
https://youtu.be/QjKOQlrIgyc

以下、DVD解説文です。

----------------

昨年終盤から快進撃を続ける、黒山健一選手に、このままではタイトル防衛が危ない小川友幸選手。
2017年の全日本トライアルは、第2戦にして早くもチャンピオン争いの顔を持ち始めていた。
さらに、開幕戦では惜しくも2位をのがした小川毅士選手、新しいアシスタントでパワーアップした柴田暁選手、最後は逆転優勝も可能な位置につける野崎史高選手も加わり、試合は予想不可能な展開を見せる。
全日本開催は初めてとなる会場では、想定外のアクシデントも続発。この中でトップライダー達は、読めないラインや岩、タイム、そして何よりも自分自身と闘っていた。

特典映像には、小川友幸選手と黒山健一選手によるトライアルデモンストレーションを、たっぷり30分収録。セクションも何もないビルの屋上が、笑いと歓声、拍手に包まれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西村亜弥の「やわらかトライアル」

2017-08-21 13:00:32 | トライアル
業界待望?ありそうでなかった初心者向けのトライアルテクニックビデオが、発売になります。
先生は2年連続、しかも無敗のレディースチャンピオン、西村亜弥選手です。


はっきり言ってほとんどの人にとって、スーパークラスの技量マスターは現実的ではありません。
それよりできるだけ無理をせず楽しく乗る事が、一般トライアルライダーには大切。
そんな等身大のテクニックをマスターするためには、どんな風に考え何を大事にし、どのような練習をすればいいのでしょうか。
もしかしたらレディースチャンピオンになれるかもしれない最低限のテクニックを、亜弥先生があなたにやさしく教えてくれます。

ハイテクニックは無しとはいえ、スーパークラスを含む全日本の映像も豊富に収録。
亜弥先生のチームメイト、小川毅士選手はもちろん、田中善弘選手の全日本最後のトライも入れ込みました。
さらに特典映像には、2004年のトライアル・デ・ナシオン。亜弥選手が出場した日本女子チームの世界での大活躍を、たっぷり30分ご覧いただけます。

本編:80分 本体価格:3000円(税込み3,240円)
発売:2017年9月4日(予定)
CM動画はこちら。
https://youtu.be/ehNIVXl1DFk

以下DVD解説文です。
-------------------------
これからトライアルをやってみたい、始めたけど何をどうしていいのかわからない。
そんな皆さんにピッタリのテクニックビデオ。MFJレディーストライアルチャンピオンの西村亜弥選手が、わかりやすい言葉でゆる〜く教えてくれます。

スクールはこれが一番大切というライディングフォームから始まり、意外と大変キックのやり方。
エンジンがかかったら誰でも楽に曲がれるターンの方法と、フォームひとつでこんなに変わるのぼりくだり
そして立体トライアルの入り口なのにみんながつまづくフロントアップでは、効率的な練習方法も紹介。
ついでにウイリーにも触れて、似て非なる2つのテクニックを解説します。
ここまで出来たら、いよいよ憧れのステアケースに挑戦。上級者はいろいろ難しく語るステアテクニックですが、亜弥先生はなんと二度吹かしだけでチャンピオンを獲得しているそう。なんだ、それで良かったのか!
亜弥先生はこれをマスターするために必要な抜重、その先にある二段ステアを攻略するための吊っていく方法まで教えてくれます。
そしてこちらもトライアルならではの、振りのテクニック。フロントとリヤのアクションの違いや、うっかり足を出さない方法についても伝授。ついでにジャックナイフまで。

誰でも出来ることだけで正しくテクニックをマスター。力に頼らないライディングで、楽しくしくトライアルを続けるためのテクニックビデオです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加