pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メランコリア

2012-02-09 22:55:33 | その他の国の映画

2011年 デンマーク・スウェーデン・フランス・ドイス作品 135分 ブロード・メディア配給
STAFF
監督・脚本:ラース・フォン・トリアー
CAST
キルステン・ダンスト シャルロット・ゲンズブール アレキサンダー・スカルスガルド キーファー・サザーランド


こちらも試写会で。

「メランコリア」、この単語の意味を前もって知っておきたかった。ただの惑星の名前じゃないよ。

同監督の「ダンサー・イン・ザ・ダーク」以来です、映画観ててこんなに体力消耗したの。
でも、、、「嫌い」じゃないんだな。
試写会会場では終った瞬間に「なにこれ~!」って声があがってましたが。(笑)

「傑作」「なにこれ」‐どちらの声も理解できる。
けど、あいにく自分にはこの背中合わせの矛盾した感情を説明する言葉を持ち合わせていない。
自分はクレアやジョンほど常識人でもないけど、ジャスティンほど狂人でもないようです。

これを理性的な頭で見てたら、頭おかしくなる。
また、これ以上上映時間が長くても、頭痛くなる。

でも、観る価値はあり。
アルマゲドン」や「ディープ・インパクト」等、映画では見慣れたテーマでありながら見たことのない切り口。
ある意味、一番のハッピーエンディングかも?って思った。

この狂気を含んだ壮大な映像美はぜひ大スクリーンで。

一つ突っ込みたいことが。
この作品の紹介文に「終末SFスリラー映画」と書いてあるサイトを複数見ましたが、絶対そんなもんじゃないぞ。


ランキングに参加しています。
今年も、よろしければポチっと押して下さいね♪ σ゜ロ゜)σ エイッ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わが母の記 | トップ | バック・トゥ・ザ・フューチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メランコリア (あーうぃ だにぇっと)
メランコリア@なかのZERO
メランコリア/Melancholia (LOVE Cinemas 調布)
『アンチクライスト』や『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の鬼才、ラース・フォン・トリアー監督が描く地球滅亡の物語だ。主演は本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞を獲得したキルスティン・ダストン。共演にシャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、...
『メランコリア』 (映画批評_気ままにツラツラと・・)
今週末は土曜日はダーツの大会だし日曜日は仕事で映画は観れないのです。 1週間に1本も映画を観れないと禁断症状(笑)が出る危険性がありますが 幸いにも試写会に当たっているので助かりました。 実家に近い中野まで足を伸ばして『メランコリア』を観てきました。 あ...
メランコリア/キルステン・ダンスト (カノンな日々)
鬼才ラース・フォン・トリアー監督が惑星衝突による地球滅亡の危機を背景に世界の終わりに直面する姉妹の物語を描いた作品です。かなり抽象的ではありながらもあの予告編の映像に ...
メランコリア / MELANCHOLIA (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 新作出す度、話題騒然。 「ヒトラーに共感する」とのバカな爆弾発言で、今年カンヌ国際映画祭から出禁を食らった ラース・フォン・トリアー監督最新作 キルスティン・ダンスト主演と聞いてうわっとなったの....
メランコリア (新・映画鑑賞★日記・・・)
【MELANCHOLIA】2012/02/17公開 デンマーク/スウェーデン/フランス/ドイツ 135分監督:ラース・フォン・トリアー出演:キルステン・ダンスト、シャルロット・ゲンズブール、アレキサンダー・スカルスガルド、ブラディ・コーベット、キャメロン・スパー、シャーロット...
メランコリア ラスト数秒のためにそこまでするのか・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=10 -0-】 いかんなあ~、サーフィンと映画だけのブログになっとるなあ~、社会保険労務士と労働組合のブログのはずやねんけど~o( ̄ー ̄;)ゞウーン  巨大惑星メランコリアが地球に接近する中、ジャスティンは盛大な披露宴を催す。姉クレアの夫が所有する豪勢な屋...
ある終末の詩~『メランコリア』 (真紅のthinkingdays)
 MELANCHOLIA  豪華な披露宴の主役として、幸せいっぱいなはずの新婦ジャスティン(キル ステン・ダンスト)は、次第に憂鬱な気分に囚われ始める。姉のクレア(シャル ロット・ゲンズブー...
ラース・フォン・トリアー監督『メランコリア』(Melancholia) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ラース・フォン・トリアー監督『メランコリア』出演はキルスティン・ダンスト(本作でカンヌ国際映画祭主演女優賞受賞)、シャルロット・ゲンズブール、キーファー・サザーランド、シ
『メランコリア』 あなたが立つのはどちら側? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  この世界は、正邪、清濁、明暗といった二面性を兼ね備えている。  それなのに、多くの人は明るく正しく清い面しか見ていないのではないだろうか。  ラース・フォン・トリアー監督...
メランコリア (映画感想メモ)
惑星衝突PV。 いい加減あらすじ ジャスティンは今夜、姉夫婦の家で結婚パーティー
映画:メランコリア Melancholia  ウェディング姿の花嫁の超不機嫌 & 不可解行動のワケは。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
観た直後の印象は最悪だった。 「結局、やっぱラース・フォン・トリア~じゃねえか~!!」(怒り指数 180%) ネタバレで書けないのだが、あるシーンのあまりの直接的な表現に怒り心頭だったのだ。 前作「アンチクライスト」で彼を決定的に嫌いになった私なので。 ...
メランコリア (心のままに映画の風景)
ジャスティン(キルステン・ダンスト)とマイケルの披露宴は、姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)の夫ジョン(キーファー・サザーランド)が所有する豪勢な屋敷で盛大に催された。 しかし、情緒不安...
メランコリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アンチクライスト」のラース・フォン・トリアーが、惑星衝突による地球の危機を背景に、ある姉妹の葛藤を描く。出演は「スパイダーマン3」のキルスティン・ダンスト(本作でカン ...
「メランコリア」 美しい破滅 (はらやんの映画徒然草)
予告編でのその美しい映像に惹かれ、絶対に観ようと思っていた作品。 気がついたら公
憂鬱な終末 (笑う学生の生活)
20日のことですが、映画「メランコリア」を鑑賞しました。 監督はラース・フォン・トリアーということで 監督らしい作風で 全体にあるトーンが・・・ ラース・フォン・トリアーが描く終末モノなのですが 大きく分けて 前半と後半での構成 前半は結婚式から見える人間....
メランコリア (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★“甘美で憂鬱であっけない世界の終わり”メランコリアはこの映画では地球に接近する惑星の名前ですが、メランコリア(melancolia、melancholy)は憂鬱という意味の言葉でもあります。 オープニングはワーグナーの“トリスタンとイゾルデ”の楽曲をバックに絵画的...
メランコリア (映画的・絵画的・音楽的)
 『メランコリア』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で凄そうな作品と思えたので見たのですが、実際にもなかなかの出来栄えで大層感動しました。 ?予告編には映画の冒頭の序章の一部が使われていて、メインタイトルが現れてからが本編となります。そこまではオ...
メランコリア (ケントのたそがれ劇場)
★★★  とにかく長いオープニングである。まるで時間が止ったかのようなスローモーション映像で、馬と女と少年がゆっくりと動き、謎の惑星が地球に衝突してしまうのだ。 オープニングで、既に惑星衝突という結論が出てしまったが、この映画は全くSFタッチでは描かれ...
メランコリア (銀幕大帝α)
MELANCHOLIA/11年/デンマーク・スウェーデン・仏・独/135分/SFドラマ/劇場公開(2012/02/17) -監督- ラース・フォン・トリアー 『アンチクライスト』 -脚本- ラース・フォン・トリアー -出演- *キルステン・ダンスト『スパイダーマン3』・・・ジャ...