Petrol Bug's
―― The Restoration Report of 1933's THE SUNBEAM MODEL 8 ――
 



にっぱち…というわけでもないが、仕事がヒマなのでサボることにした。なんだかんだで、ついに心の準備(要3日)なしに乗れるようになってきたマイビーム。ぬるっとカレーでも食いに行きますか。…ということでやってきました南千住の日正カレー…あれ?



…閉まっている。中休みはないと聞いていたが…。のれんがうちにしまわれ、看板の電源も抜かれている。シャッターも微妙に閉まりかけな感じ。うーん?まあじゃあもう一軒の方に行こうかっつうことで訪れたのがこちら。







ニューダイカマである。もちろんここのカレーも抜群にうまい。





でもやっぱり営んでいるのは老夫婦なので、訪れる方はお早めに。往路36km復路32km。計68kmの安心実績。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




や、どうも。空梅雨な気配が漂う昨今、みなさまいかがお過ごしでしょうか。気温が上がりきる前にもうちょいイケるっしょっつうことで行ってまいりました春日部。え?ああ、そうそう。いつもの遅い昼飯がてらですよ。もちろん行き着いた先は…毎度おなじみこんなところだ。











…美、しかない。

もうね、最高です。見ました?あの五目そば?田中一光のデザインかと思いましたよ。春日部の老舗ふじやさんは、心の底から感じのいい老夫婦が営んでいらっしゃいます。奥さんもご主人も可愛らしいんだわ。折しも時刻は16時。古いながらも掃除が行き届き、綺麗に整えられた店内をやわらかな西日が照らしています。人生において数少ない完璧な瞬間が今日、ここにありました。生きるって素晴らしい。夏場は氷の入った冷やし中華などもよいそうなので、お近くの方も遠出がてらの方もぜひ。

そんなわけで本日は往路57km、復路58km。計115kmの安心実績となった。何時間もビームで走っていると、手首から先の骨が芯からジンビリする。この感覚もまた、最高なんだわなあ。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




…サンビームのサは、サイコーのサ、なのでは?

というわけでまさかの野田、アンコール。珍しく8時に起きたが、昨日ビームのセンスタをかける際に背中の筋を違えたため、まずは鍼治療へ。結局出発はいつも通り13時過ぎである。ゲートブリッジを渡って江戸川をひたすら遡上。途中川沿いのコンビニでひと休みしたが、揚げ雲雀のまあにぎやかなこと。土手の草にはたくさんの天道虫がついている。



そして着いた先は野田の老舗、正華楼。ガチッとスクエアに整えられた外観がシビレる。



当然内観もいい。モールガラスごしの食品サンプルとか最高だよね…。



もちろん飯もうまい。ワンタンメン+小チャーハン。赤い縁のチャーシューを出す店は信頼できる。



せっかくなので途中アクションカムでも撮ってはみたが…。ぶっちゃけアクションカムって2〜3回撮ったらもうお腹いっぱいだよね…。導入してしまった手前撮ってはみるものの。



本日の安心実績、往路67km+復路73km=140km。…うん。やっと楽しくなって来た。みんなもサンビームに乗りなよ!楽しいよ!
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




のっそり起きて飯を食い、ごろりとしたら午後三時である。…でもまあ、乗っちゃう?ということでやってまいりました。プロペラカフェ。





往路30km+復路29km=計59km。GWはどこも混んでいてイケませんなあ。行き場がない。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




たとえささやかな炒飯であったとしても。ビームで無事食いにいって帰ってこれたなら、それはもはやマジカルである。というわけで行ってまいりました。誰もが目指さない土地、野田。やたらと道を間違えたり、アクションカムの電池がハナから切れていたりで、毎度何ひとつ思い通りにいかない人生だが、まあもうそれも慣れたよ。途中江戸川沿い東側、張りたての水田の間を走るのは最高に気持ちがいい。そして着いた先がこちら。



ファサードのロゴがモダンなやまとやさんである。中はもちろん、こう。…完全な調和である。



そしてやまとや謹製のキラー炒飯が、こう。



刻んだナルトが入った炒飯を出す店は信頼できる。もちろん、グリンピースも。刻みではなくスライスの玉ねぎ、ごろっと大きめで脂身がうまい豚。控えめな味付けのしっとり系。掛け値なしにうまい。

…しかし残念なことに今月をもって店を閉めるそうで。曰く、こんな裏通りだしさあ!客の大半は死んじゃったか病気持ってるかのどっちかだしさあ!だそうです。すべりこみで来れてよかった。いつまでもあると思うなパーツと昭和。お近くの方は今月中にぜひ。

で、帰りはVMSに立ち寄りプラグのチェック。Champion D16をKLG ML50に換えて焼けを見たかったのだ。KLG ML50の方がリーチが長く、ビームのやたらと奥深いプラグホールにはこっちの方がいいのかどうなのかと。ネジ部が長いと放熱にも貢献するとのことだが…実際のところどうなんだろうなあ?そもそもの推奨プラグがどういうものだったんだろう?焼けはD16より良いように思うが、乗った感じはD16の方が良かったような…?



帰宅。本日の安心実績、往路68km+復路67km=計135km。



…もっと行ける気がする。行ける気はするのだが…アクアラインに乗るのが怖い。あの横暴な横風の前に、すっかすかのビームと俺などタンポポの綿毛同然だ。もちっとどっかひと気のないところを考えるか…?といってもGWだしなあ。
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ