→→→ 移転先はこちら ←←←

■=== ブログをご覧になるうえでの注意点 ===■
2013年3月20日より以前の記事(一部除く)は、ブログデザイン変更の影響で、色文字が見えにくくなっています。
あしからず、ご了承ください。範囲選択をすると、見えやすくなります。
2014年4月1日より、価格は全て「税別価格」に統一して表記しています。
2014年3月より以前の記事で書かれている「税込価格」については、全て”5%税込”であることをご理解ください。




今年も『任天堂ゲームセミナー』で制作された受講生作品が、DSステーション及び「みんなのニンテンドーチャンネル」で配信されました。
「みんなのニンテンドーチャンネル」で全作品が配信されていますが、期限は今日(5月19日)までなので、まだの人は急げ~!!


では、1つ1つ紹介とか感想とか書いていきますかね。



まず最初に紹介するのは、『ふ~ふ~きらりん☆』です。
星を息で吹いて飛ばして敵に当てるという、一風変わったシューティングゲームです。




ゲーム画面は、こんな感じです。

上画面の数字は、現在の星の数です。
敵を倒すと、どんどん星が増えていきます。
敵は、星に近づくと食べたり連れ去ったりするので、注意。
また、トゲトゲなどの障害物に当たっても、星たちは消えてしまいます。

下画面には、星たちがひしめきあっています。
マイクに向かって息を吹きかけると、矢印(「L」という表示の上にあるもの)の向く方向に向かって星たちが飛んで行き、敵に当たればダメージを与えられます。
矢印の向きは、Lボタン・Rボタンで変えられます。

息は、強く吹けばいいというものでもありません。
強く吹けば真っ直ぐ飛んでいきますが、障害物の向こうにいる敵には当たりにくかったりします。
その場合は、息を弱く吹けばゆるやか~に飛んでいくので、障害物をうまくよけて敵を倒せたりします。

ステージの最後にはボスが登場し、ボスを倒せばステージクリアです。
生き残っている星の数がスコアとなります。


◆partygameの感想◆
デザインに癒されますが、やっていることは少しグロかったり(笑)
だって、食べられちゃったり、ハリにささって消えちゃったりするので…。

まあ、それは置いときまして。
操作はLボタン・Rボタンとマイク入力だけというシンプル操作で、ステージの選択まで同じ操作で行うという徹底ぶりです。なかなか新鮮な体験でした。
後半のステージはそれなりに難しく、ただ強く吹くだけでも超えられなかったりします。

とはいえ、息を吹き続けるのは肺活量が…。全4ステージあり、ぶっ通しでプレイすると疲れます。ほどほどに休憩しながらのプレイが必要ですね。
あとは、微妙な息の吹き加減が要求されることもあるので、マイクの感度が調整できたらよかったかもしれません。ちょっと贅沢な要求ですけどね。

かわいい感じの絵とは裏腹に、プレイするにはけっこう肺活量が必要ですが、この感覚はなかなか新鮮で面白かったです。


関連記事:
●任天堂ゲームセミナー2005 作品集
作品No.1『ネコソギトルネード』(他の内容も混ざった記事です)
作品No.2『くるけし!』
作品No.3『bioum(ビオウム)』
作品No.4『チーとフーのおいしいえほん』

●任天堂ゲームセミナー2007 作品集
作品No.5『なんでも もここやさん』
作品No.6『ワケアリ部屋のつづき』
作品No.7『ききマスター』
作品No.8『ワタシのオトちゃばこ』

●任天堂ゲームセミナー2008 作品集
作品No.10『Re:コエティスト』
作品No.11『うごうごトリニティ』
作品No.12『かおサピエンス』

(「任天堂ゲームセミナー2006」の作品は、私が忙しい時期だったため
体験及びインプレッション記事の掲載ができませんでした。ご了承ください)

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 近状報告 200... 任天堂ゲーム... »

 
コメント
 
 
 
ふーふーきらりんは…… (グルグル)
2009-05-20 03:54:37
自分は、1回目のステージが終わったころには
肺がヤバくて戦意喪失してました (笑)。
必死になってずっと息を吐きまくってたので…(笑)。
グロかったりもして、けっこう危険で恐いゲームなのかも(笑)。最後までプレイ出来ずに残念です (笑)
 
 
 
Unknown (partygame(管理人))
2009-05-22 00:11:07
>グルグルさん
そういう方向性のゲームなので仕方なかったのかもしれませんが、やっぱりちょっとキツいですよね~。
しかも後半のほうがステージ難易度的にもキツいですから、目のほうも忙しくなります。プレイする人間の体力も必要なゲームですね(笑)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。