番外編 白馬運転会報告

2016-06-02 15:04:09 | 投稿記事

番外編 白馬運転会報告
新緑と木漏れ日溢れるレイアウトに集う
会員番号31-117
岸田  弘


オバマ大統領が被爆地広島を訪れた歴史的な日の翌日、5月28日(土)と29日(日)の2日間、白馬の「ミニトレインパーク」で、「OSLSC関東支部とJCFC合同の白馬運転会」が開催されました(オバマ大統領とは関係ないか…)。
OSLSCとJCFCの両方に登録するメンバーも多く、東は仙台、西は京都から総勢20組程度が愛機を持って集いました。


JCFCの仲間と共に、白馬に集う


おだやかな日差しが新緑の木々の間からこぼれる中、「複線の小判型エンドレスに、リバース線2組の複雑な線路を組み合わせ、これを『一筆書きで渡るロングランコース』」に仕立ててあります。
緑のまぶしい林間で、「他の機関車と行き違いや並走をした後、急勾配を一気に下り、プレート橋をくぐると16‰の登り勾配が112mも続く難所を乗り越える」という変化に富んだコース」を、スケールスピードでゆっくり走るのが、白馬の魅力です。
それぞれの車両と楽しみ方の様子は、写真でご覧ください。


鉄橋を渡り終えて/大島さん(コッペル)


駅進入/佐藤(透)さん(T5)


笑顔を見せて/大石さん(C21改C56)


太谷オーナーに運転指導/武田さん(N700)


外周線を行く/石川(安)さん(C21)


駅を通過して/町さん(BR24)


1歳のお嬢さんと一緒に/清水さん(C56)


駅を出発/岸田(小田急10000型)


林間を行く/古橋さん(8600)


駅到着/八木さん(マウンテン)


勾配を登り切って/鶴見さん(BR24)


木漏れ日の下を行く/矢島さん(コッペル)


2人の笑顔を乗せて/八田さん(コッペル)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年5月法隆寺運転会 | トップ | 2016年6月「蘇我運転会」報告 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。