トランスフォーマーが好きだ!

基本的に実写版メインのブログです。
トランスフォーマーの魅力をたくさんの方たちと分かち合いたいブログ

いらっしゃいませ!

2016-12-31 00:00:00 | ブログ等のお知らせ


このブログはトランスフォーマーを愛する管理人nyakoが、実写トランスフォーマーへの熱い思いと、TFへの愛を惜しみなく注ぎながらお送りするブログです。
情報ブログではありません。
あくまでも管理人の好きなモノのみをUPしていく非公式なファンサイトです。

◆各キャラ(トランスフォーマー)紹介に関しては実写版設定
◆記載情報が間違っていたり補足がありました場合には随時修正いたします。
◆基本的にトランスフォーマーのみのブログです人間は出しません。
◆ブログ内でリンク切れがあった場合はお知らせ頂けると助かります。

 
【ブログバナーお持ち帰り用(保存してお使いください)】
◆Site url: http://blog.goo.ne.jp/opulove/ 
◆管理人(Master):nyako.《 ブログスタート2009/7/18 sat 》
※リンクフリー(・Feel free to link to my site from yours. )

Welcome to my Transformers blog!This website is written only in Japanese but please take a look around.But,This is not a clip-art site. All items are for personal desktop use only.
Disclaimer: I don't own the characters. Transformers Hasbro and TAKARATOMY owns the characters.

◆◆◆information◆◆◆

NEW!◆いよいよ2017年公開のTF5の情報が解禁となりました。
当ブログではティザーや海外のソースなども交えて、今後も更新予定です。
ネタバレなどに触れる事は極力避ける方針ではありますが、それでも全ての方向けというわけではない事をご理解頂き、閲覧して下さいますようお願いいたします。
(2016 12 07)

トランスフォーマー・4DX体験レポ
◆トランスフォーマー/ロストエイジ 日本版BD/DVD予約に関する記事はコチラから。

◆記事を前へ前へと閲覧していくと「ある程度で見れなくなる」とのご報告を頂きました。大変申し訳ありませんがブログサーバの仕様で限界があるようです。お手数ですが過去記事は右の『カテゴリ』より選択し、ご覧頂きますようお願い申し上げます。

※画像サイズは現在最大で横800です。ディスプレイが全面表示でない場合、又は1280以下だと横スクロールが必要となる場合もありますのでご了承ください。

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

東京コミコン: プライム1スタジオ ブース・ レポ

2016-12-07 20:28:38 | プライム1スタジオ


12月2日(金)~4日(日)にかけて幕張で行われた「東京コミックコンベンション (東京コミコン)」に、PRIME1STUDIO(プライム1スタジオ)さんが出展されると聞き、行って参りました。
今回は、夏のワンフェスにてお邪魔し撮影させて頂いた際、まだカラーリングが施されていなかったスタチューに色が付いているのではないか?という期待に胸膨らませての一般参加です。

さて、トランスフォーマーファンの皆様でしたら、ほとんどの方が「コミコン」という名称を聞いた事があると思いますが、もちろん初めて聞く方も多いかと思いますので、ざっと説明させて頂きます。

「コミコン」=「コミック コンベンション」とは、毎年夏にサンディエゴで開催される、コミック、映画、ゲームやアニメに至る多くの企業やファンが集うイベントで、会場ではアメリカンコミック作家やハリウッド俳優、メーカー各社が多くの企画やステージを行いファンと共に楽しむ事が出来るイベントとして有名なものです。
アメリカのサンディエゴが発祥の地ではありますが、現在ではフランスやイギリス等、他各国で開催され話題を呼ぶイベントとなっています。

◆サンディエゴのコミコンオフィシャルサイト:『 comic-con 』
( twitter:@San Diego Comic-Con

◆東京コミックコンベンション オフィシャルサイト:TOKYO COMIC CON
(twitter:@TokyoComicCon


〔当日はものすごい人で溢れていました。まさに大盛況と言った感じですね〕

トランスフォーマーの展示があったのはプライム1スタジオのみ。
少々淋しかったですが、やはり映画公開年ではないので致し方なしと言ったところでしょうか。


〔プライム1スタジオさんのブース到着です!〕


〔まず目に入ったのは夏のワンフェスで初めて目にした、ジョシュ氏とのコラボデザイン・スタチュー〕





おお!オプティマスもメガトロンも装着しているウェポンが、夏のワンフェス時とは違いますね。





そしてダークサイドムーン実写版、我らがオプティマス プライム!






〔撮影した時は気づかなかったのですが、なんと背後にアイアンマンがいらっしゃった!(らしい)〕

そして、バンブルビーとアイアンハイドもいます♪







そーしーてー!!!!!居ました!
ジャズです! 色がついてます!着彩されています!



〔↓こちらは夏のワンフェス時〕


思わず「うぁぁぁ!良い色だっ!」と叫んでしまいました。
人混みもすごく、ステージの音もすごいので、多少叫んでも全く無問題です。





あぁ…本当に素晴らしい…、この「銀」はあらゆる多彩な色合いで塗り分けられており、細部に至るまで劇中の姿と色合い、汚れ具合や微妙な錆色に至るまで再現され尽くしています。
これは…本当に、ちょっと言葉を失うほど美しいです!




〔クレッセントキヤノンが又イイ!〕


〔横から見ると、キヤノンはこんな感じ〕





肩幅、胸と背の間の幅が大きく、その内部がどうなっているかは映画でも詳しく見る事が叶わないので、こうしてスタチューにして下さったプライム1スタジオさんには心から感謝しています。
映画の1作目で惜しくもその尊い命をオールスパークの元へ還したジャズ、そのジャズを生でこうしてじっくり見れるのはまさに至福です。
ジャズファンの方でしたら、何をおいても欲しくなる逸品に間違いないでしょう。
(管理人比)




〔テールランプもしっかりポンティアックソルティスの「赤」!〕



何度見ても(こうして撮影してきた写真を改めて見ても)溜息が出る程、美しいデザインとカラーリングです。




そして!ショックウェーブも色が付いていました!
トイでは、はっきりとした紫ですが、劇中でのカラーは群青にも似た鋼鉄の上に薄い紫が、陽の光によって反射するような色合いとなっています。
その色が、まさにここで再現されていました!



〔↓夏のワンフェス時〕


色が付かない時でもあれだけ感動したのに、カラーリングが施されただけで、まったく別物となりますね。
凄いです!新たな感動!







会場でスタチューの迫力に足を止める方は多く、それでも耳を澄ませていると、トランスフォーマーはあまり知らないという方も多かったので補足させて頂きます。
ショックウェーブ本体を取り巻くように幾重にも絡みつくこのドリルのような触手は、ショックウェーブとは全く別の「ドリラー」という金属生命体です。
なので、もちろんカラーはショックウェーブとは違います。
(ドリラーは本来、サイバトロン星ではミミズにも似た生命体として映画内で設定がされ、その知能は低く、強い者に従う習性を持つ働き者とされています)
(管理人比)



ラチェットもカラーが施された姿で立っててくれました。
Web上でしかその色を見ていなかったので、今回、本当に来てよかったと心から思います。



ラチェットの表情が好きです。
軍医としての優しさと怖さ、そしてオプティマスよりも永い時を生きている風格までがちゃんと出ているように感じてしまう…(管理人比)。



こちらは『トランスフォーマー  ビーストウォーズ』のコンボイ。
夏のワンフェスでそのモデリングスタチューが展示され、足元のワスピーターまでが再現されている事で話題を呼んだスタチューでもあります。
鮮やかなカラーリングです。





プライム1スタジオさんのブースでは、トランスフォーマー以外にも多くの素晴しいスタチューが展示されていました。





また、当日はブースの一部がミニステージとなり「PRIME1STUDIO」についてのトークショーが行われ、更にアメコミ作家である国内アーティストの座間慧先生( @Golby_mkII )による、アーティストアレイが実施されるなど、コミコンならではといった企画が盛りだくさんでした。



管理人は座間先生のサイン会整理券配布にまで手が届かず、先生の個人ブースにてスケッチブック2とドリフトのポスターを手にする事が出来ました。
しかし、今回なんとしても欲しかったコンボイのポスターは既に完売凹
ひたすら残念でしたが、ドリフトのポスターにサインをして頂き大喜びで帰還。
座間先生、ありがとうございました。



*** せっかくなので、コミコン会場の様子なども少々UP。


〔ナイトライダーのKITT〕


〔バック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン〕



ご存知!(↑↓)



ここからはUP許可を頂いての掲載です。
皆様素晴しいコスをされていて、ほぼ!本物かと!
撮影させて頂き、ありがとうございました。


こちらのジャックスパロウ様は、実を言うとtwitterでのコミコン告知を拝見しまして、何とか写真を撮りたいと密かに願っていた方です。
握手して頂きました!ありがとうございます。


このジョーカー氏の再現度の高さ!
時折こちらを睨むように見るのですが、それが又何ともジョーカー!


すれ違いざまに走って追いかけて、声をかけさせていただきましたのに快くポーズを取って下さったダース・モール氏。


スターウォーズ系のコスプレイヤーさんは本当に多くて、皆様素晴しいコスをされていました。

大盛り上がりに盛り上がった東京コミコンは、来年も開催を予定、開催期間も今回の3日間から4日に伸びるかもしれないとの文章をtwitterで拝見しました。
今回、惜しくも来場できなかった方、興味はあってもよく分からないので…と思われた方、来年はぜひこの熱いイベント会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
映画が好きな方、アメコミが好きな方、特にお勧めです♪


**これにて東京コミコン『プライム1スタジオ/トランスフォーマー スタチューレポ』を終了致します**


この記事をはてなブックマークに追加

TF5の邦題決定: 【 トランスフォーマー/最後の騎士王 】

2016-12-07 14:57:53 | TF5




昨日に引き続き、日本語字幕入りの第一弾ティザーも公開となりました。
日本語タイトル(邦題)は 『トランスフォーマー 最後の騎士王』 に決定した模様。

TF5では、古代の地球で起こったトランスフォーマーとの神話のようなストーリーと、今、人類が生活する地球という2つの壮大なストーリーが展開されるとの事。
その内容の一片がようやくファンの目に触れたわけで、まだまだ奥深い何かがあるに決まっている来夏公開の「Transformers:The Last Knight(トランスフォーマー/最後の騎士王)」!
期待は高まるばかりです。


この記事をはてなブックマークに追加

トランスフォーマー5 ティザー初公開!

2016-12-06 16:17:44 | TF5



ローグワンでの公開という事でしたが、あまりにも早いWeb発表に度肝を抜かれました。
まずはその内容をぜひその目で見てみてください。
皆様それぞれの胸に多くの想像と、楽しみと確信をもたらす事と思います。
当然、管理人的にも思うシーンやビジュアルは多く、そして衝撃と感動を覚えました。
今はひたすら、2017年の夏にやってくる 『Transformers:The Last Knight』 の公開が待たれます。

今回発表されたティザーの各所をズームインUP!(管理人の好み「大」です)


〔いきなりのプレダk……いえ何でもありません汗〕


〔少女の瞳の先には〕


〔あぁぁ!!!!!!!!〕





司令官ーーー!大丈夫ですかぁ!司令官ーーー!




〔来ましたね!!〕






〔今回もいえ毎回思うのですが、本当にバンブルビーの頑張りには涙せずにいられません〕


〔瞳の色が……〕






〔メガトロン様に栄光あれ!〕










〔オプティマス復活の時……涙〕



























最後は連投させて頂きましたが、息も止まりそうなこの2人の攻防と、オプティマスの瞳の色に有り余る想像と予想と確信とでいっぱいな管理人です!
…古き良きトランスフォーマー仲間と、このティザーについて心行くまで語りたいと切に思いました。
オプティマスの立ち位置や、長きに渡る「プライム」としての重厚な責務からなる今回のへのシーン。
この流れを見ていると胸が張り裂けそうですが、それでも立ち上がるであろうオプティマスのスパークと確固たる信念に、ただただ祈りを捧げたい、そんな今です。
(あと、ケイド髪切ってほしい)










今後は新しいティザーが次々出てくるかと思いますが、まずはこの第一弾に乾杯です!
あまりに嬉しすぎて(初のティザーでこれだけのトランスフォーマー達が、オプティマスが出てくれたので!)少々素が入ってしまいましたが、お目汚しお許しください。

2016年の最後にドカンとやられました!ありがとうございます!


この記事をはてなブックマークに追加

マイケル・ベイ監督よりIMAXへの

2016-11-17 02:23:53 | TF5



先ほど(深夜2時過ぎ)、マイケル・ベイ監督のオフィシャルページ、Facebook、YouTubeの「Paramount Pictures International公式」にていっせいにこの動画がUPされました。
内容は「IMAX」についての作業内容や、今後広がるであろう進化する画像への思いなども語られており、前半はこれまでの映画トランスフォーマーの名シーンなどを多数織り交ぜ、後半は「Transformers:The Last Knight」の撮影シーンが複数含まれるものとなっています。
これまでの名シーンをこうして見ると、胸が熱くなります(感涙)

※先ほどtwitterでRTして下さった方、ありがとうございます。
お陰で文章が「IMAX」で切れている事に気付き、慌てて入れ直した次第です。


この記事をはてなブックマークに追加