新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

ストロビランテス・ディエリアナ(ウラムラサキ)    追記です 画像を追加します   再追記をします

2017-01-11 22:54:45 | 観葉植物(斑入り)



葉の色がきれいな紫色で、とても良く目立ちます。


温室があれば冬を越すらしいが、寒さに弱いので、一年草扱いです。


成長はかなり早く、値段もかなりやすいです。


が、あまり見かけません。



ネットで調べて「ウラムラサキ」という和名を知ったが、今まで葉の裏を見たことはありません。



ウラムラサキ。


表側はメタリックな感じの紫。


なのに、名前は「ウラムラサキ」。





一度確認する必要がある?。




追記しておきます。


雨が降っていたので写真に写すことはできなかったが、葉の裏も同じように紫色でした。

が、少しくすんだ感じで、表側の方がきれいかも。



なのに、名前は「ウラムラサキ」。


「ムラサキ」と言う植物が実在するので、それで「裏」を付けた?。




追加の画像です。





雨が降る中、葉を裏返して比べてみた。


裏の方が少し色が濃い。



表側でも十分に観賞価値があるので、こうして裏を見ることなどめったにない。

2016.09.20.





再追記です。


この後「ダメ元」で鉢を室内に収容しました。

が、ダメ元で収容したはずが、今も枯れずに生きています。

ダメ元なので日当たりは度外視。

大きすぎるのでかなり切り詰め、適当に置いてあるが、それでもけなげに生きています。

置いてある場所の温度は、「3度」くらいになる時もある。

近いうちに画像を追加するつもりだが、その横に置いてある「断崖の女王」は地上部が枯れました。

「寒さに弱い」と言われているので、まだ油断はできないが。

取り敢えず、今現在は枯れていません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブリーモーニング・サヤカ | トップ | あと一息 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。