池袋の永井格税理士事務所      ながい いたる の心の通う ブログです             

 池袋で事務所を開いて18年。経営者の皆様と心の通ったおつきあい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

借金も財産のうち?

2017年08月05日 15時39分00秒 | 仕事のこと

 借金も財産のうち、と言われますが、

なかなか難しい問題ですね。

 「借金も財産のうち」というのは、

借金ができるということは、

それだけの信用がある、ほどの

意味でしょう。

 本当に借金が財産かどうかは

わかりませんが、何をしようとしても借金が

足かせになることだけは事実のようです。

 借金は紛れもなく負債ですが、

これが「負債」ではなく、感覚として

「収入」になってしまうことがあります。

三島由紀夫の小説、たしか「青の時代」だったと

思います(記憶違いならすみません)が、

破産状態の元華族について、たしか

こんな表現があったように覚えています。

 

 借金のことを「負い目」とも言います。

借金は物心両面で人の足を引っ張る

「負担」ではあっても、

決して財産ではないと思うのですが・・・。

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予定納税額を租税公課で処理したら?

2017年08月01日 18時05分41秒 | 仕事のこと

 バブル崩壊の前年、平成元年のことです。

あるTKCの会計事務所に勤務していた

頃のこと。

 毎日深夜まで残業で、疲労困憊。意識は朦朧。

これでは未払税金など計上するゆとりは

ありません。

計上するにしても、正確な税額を

計算するなど、とてもとても・・・。

せいぜい税引前利益の50%を

計上しておけば良い方です。

 予定納税をしても、借方は常に租税公課。

バブル末期のことですから、予定納税も

大変な額です。

 これを租税公課にするから、試算表は

毎月大赤字。

「これなら、納税の心配はないや」と

漠然と思っていたところが、

決算になって予定納税額を別表加算すると、

なんと一転して大変な所得に!

 申告納付の期限までわずか2日!

「どうしてくれるんだ!納税資金なんて

ないよ!」と社長に言われても

弁解の余地がありません。

 こんな悲惨な結果にならないために、

予定納税額は「仮払税金」で処理しましょう。

 予定納税額を仮払税金勘定で処理すると、

法人税の申告書が複雑になります。

 でも、

会社の利益と税務上の所得とを

限りなく近づけて、

自信をもって税額の予測をするためには、

仮払税金処理が一番、と思いますが

どんなものでしょうか?

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金の指輪

2017年06月24日 16時54分32秒 | 仕事のこと

供のころから指輪が好きでした。

竹を切ってリングにしてはめていたのは

確か小学生のころでした。

先日、ピンクゴールドの指輪を買いました。

結婚指輪をなくしたからです。

なくしたことは妻には言っていません。

金(GOLD)の嫌いな人はいないでしょう。

お金(通貨)や不動産も良いのですが、

金には普遍的な財産価値があります。

最近では円やドルなどの法定通貨も

絶対的なものではなくなってきたようです。

ビットコインなどの仮想通貨もお金として

認められるようになりましたから、

いずれ法定通貨も相対的な価値しか

持たなくなるかも知れません。

金(GOLD)は金利を産みません。

これが金の欠点と言われていますが、

普遍性と安全性を考えると

これ以上の財産はないように思えます。

将来、火星か金星で大量の金が発見されて

金の相場が暴落したら・・・。

そんなことでもない限り、財産の王様としての

金の価値は変わらないことでしょう。

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯉のぼりの唄が聞こえる

2017年05月05日 11時52分27秒 | 仕事のこと

事務所ホームページの画像を変えてみました。

鯉のぼりです。

ひな祭りや節分、さらにはクリスマスの

画像はあるのに、なぜか端午の節句の画像だけが

なかったからです。

子供が小さいころはかわいかった。

自宅の狭い庭に鯉のぼりを立てた時の

感動は忘れられません。

子供は成長するとなぜか可愛くなくなります。

「可愛さ余って」かどうかはわかりませんが

ときには憎らしいことさえあります。

そんなとき、孫が出現すると大変です。

人によっては孫を溺愛します。

かつては可愛かった子供の姿を

孫にみるからです。

昔は考えもしなかった、

孫への財産の贈与が現実味を

帯びてきます。

孫の喜ぶ姿を見たい!

でも、多くの場合、感謝の気持ちは

時の流れとともに

忘却の彼方へ押しやられてしまいます。

贈与を受けた孫も親も

意外に贈与の事実を忘れているものです。

学校の入学金とか、結婚資金とか、

このような特定の支出のための

贈与はまだ良いとしても、

目的のない贈与は、

贈与した方は覚えていても、

贈与された方は

だいたい忘れてしまいます。

どうでしょうか、

孫への金銭の贈与より

鯉のぼりの一旗をプレゼントしては?

子供のころ、隣の家の軒先に

尻尾をからませながら

泳いでいた鯉のぼりが、

何十年か後、納戸の奥から

色あせた姿を現したとき、

孫は、万感の思いで

亡きおじいさんのことを

思い出してくれるでしょう。

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポイント付与したら、消費税はどうなるのでしょう?

2017年04月11日 20時06分02秒 | 仕事のこと

量販店で買い物をすると

ポイントがつきますね。

たくさん買えば買うだけ

ポイントがつきます。

このポイントを売買すると、

これは課税取引。非課税では

ありません。

ポイントは「証書」ではないので

「物品切手」に該当しないから。

では、量販店がポイントを付与した場合は

消費税の扱いはどうなるのでしょう?

これは判断がむつかしいです。

ポイントを付与しても、それだけでは

対価性があるわけではないし・・・。

課税の対象にはならないと思いますが、

どうでしょうか?

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイナンバーは恐ろしい!どうしよう。

2017年04月03日 18時45分26秒 | 仕事のこと

 所得税の確定申告書に

マイナンバーを記載しなくても

税務署はちゃんと受理します。

ペナリティなどありません。本当です。

相続税でも贈与税でも同じです。

 ところで、先日銀行の窓口で

預金口座の住所変更をしようとしたら、

マイナンバーを提出していないから

ダメといわれました。

これでは、どうにもなりません。

 これに対して、金融庁は、金融機関に対して

マイナンバーの提出がなくても「柔軟な」対応を

するようにとの異例の通知を出したそうです。

 確かにこれが現実的な対応でしょう。

金融庁はなんとお優しい!ということに

なりそうですが、ちょっと待ってください。

 

 消費税法が施行された平成元年のころ

「弾力的運用」という言葉がありました。

 今では信じられませんが、後出しで

「簡易課税制度選択届出書」を出しても

簡易課税が認めらたし、とにかく消費税は

こんなにゆるいものなのか、という印象を

だれもが持ったものでした。

 それが今ではどうでしょう。消費税は

がんじがらめで、課税も徴収もこれほど

厳しく運用されているものはありません。

 

 マイナンバーを書かなくてもよいのは

おそらく今のうちだけしょう。

 いずれマイナンバーを提出しなければ

送金すらできない時代が来るかも

知れません。

 そうなったら、きっとタンス預金が

膨大な額になるでしょうね。

 国民の財産のうち半分がタンス預金に

なったら日本経済はどうなるのでしょう。

本当にマイナンバーは恐ろしい!!

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「経理は私に任せてください」で、本当に大丈夫?

2016年01月06日 13時48分01秒 | 仕事のこと

「社長は営業だけやっていればいいんです。

経理や税務は私に任せてください!」

 さすがに最近はこんな無責任なことを

言う税理士や会計士はいないようですが、

昔はこんなキャッチフレーズが堂々と

まかり通っていたものでした。

 経理や税務をいわば会社の「必要悪」と

考える立場から、きっとこのような

フレーズが出てくるのでしょう。

 しかし、税理士や会計士が社長や社員に

しかわからない現場のことを知らないで

経理や税務を任されたらどうなるでしょうか。

まずまともな仕事はできません。

 あえてやろうとすれば、いい加減に領収書の

金額を入力して、現金勘定がマイナスになれば

適当に社長からお金を借りたことにして

なんとなく試算表(らしきもの)を作るのが

関の山でしょう。

 成長する会社は、自社で経理を

する力を持っています。経理ができるから

成長するのか、成長したから経理が

できるようになったのかはわかりません。

これは「卵が先かニワトリが先か」の

議論ですが、いずれにしても会社の成長と

自社で経理ができるということは密接に

関係していることは確かです。

 経理を「丸投げ」していた会社が、

自社で経理をしていつでも試算表を

出力できるようになると、

かつての「丸投げ」時代のことが

「よくあれで会社が経営できていたなあ」と

思えてくるものです。

 

経理は自社で!

「丸投げ」はやめましょう!

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教育資金の一括贈与」、やりますか?②

2015年12月26日 13時33分54秒 | 仕事のこと

---「教育資金の一括贈与」、やりますか?① から続きます---

「孫かわいさ」と「相続税の節税」。この二つを

同時に満足させるのが「教育資金の一括贈与の

非課税制度」です。

 この非課税制度は、孫や子供の教育資金としてお金を

贈与しても1500万円までは贈与税がかからない、

という、とてもありがたい制度です。

 1500万円を普通に贈与すると約450万円の

贈与税がかかります。

 それなら、この際かわいい孫に教育目的限定で

1500万円までお金を贈与してあげましょう。

生前贈与しておけば将来その分には相続税は

かかりません。孫の教育と相続税の節税。

まさに一石二鳥です。

 おじいさんがこのままお金をもっていても、

お墓のなかまで持っていけるわけではありません。

それならいっそう孫の教育資金として贈与した方が

どれだけ良いかわかりません。

 でも、ちょっと待ってください。

かわいい孫が私立の中学に入学して100万円の

入学金がかかったとします。このお金をおじいさんが

出してくれたとして、この非課税制度を使わなかった場合

果たして孫に贈与税はかかるのでしょうか。

 答えは、NOです。

 入学金や毎年の学費、部活の費用などをその都度

孫に贈与してあげれば、贈与税は1円もかかりません。

 扶養義務者相互間の贈与は非課税、というきまりが

あるからです。親が健在であっても、おじいさんは

孫のりっぱな扶養義務者です。

 贈与税がかかるのは、教育資金を将来の分もまとめて

「一括」贈与した場合です。

 この場合にはこの非課税制度を使わないと贈与税が

まるまる課税されてしまいます。

 ということは、教育資金を一括で贈与しないで、

おじいさんが生きているうちに、教育費がかかる都度

孫に実費を贈与していけば、わざわざこの制度を

使わないでも、贈与税はかからないのです。

 つまり、この制度のキーワードは、「贈与」ではなく、

「一括」ということがいえるでしょう。

 おじいさんが長生きして、亡くなるまでの間に孫に

教育資金を必要な都度贈与していき、合計で

1500万円の贈与が行われたとしましょう。

 この場合、相続税の節税の点から考えると

非課税制度を利用したのと結果として同じことに

なってしまいます。

 この非課税制度が、相続税対策としていちばん

有効なケースは、おじいさんが非課税制度を利用して

お金を贈与した直後に相続が開始(おじいさんが

亡くなること)する場合ですが、世の中は

そううまく(?)はいきません。

 

 さらに、もう少し考えてみましょう。

 会社を経営なさっているい方はもちろんですが、

サラリーマンの方にとっても、いつでもどんな

時でも自由に使えるお金を持っていることは

とても大事なことです。

 経営者の方は、会社の運転資金がいつ足りなく

なるかわかりませんし、サラリーマンの方は

リストラでもされれば住宅ローンの返済が

できなくなってしまいます。

 家計から国家の財政まで、どんな場合でも

「資金の固定化」は人間の経済活動に弊害を

もたらします。

 この非課税制度によれば、贈与する教育資金を

信託銀行などに預けておいて、孫が30歳に

なるまでの間に、預けてある教育資金を徐々に

使っていきます。そして30歳になるまでに

使い切れなかったり、途中で教育以外の目的に

使った場合は、その段階で贈与税が課税されます。

 そうしますと、この制度を利用した場合、

孫が30歳になるまでお金が固定されることに

なってしまいます。

 そのような訳で、当事務所では、特に経営者の

皆様にはこの非課税制度はあまりお勧めして

いません。

 

 また、別の視点から見ますと、人間というのは

基本的に即物的にできているようで、何か具体的な

目的を叶えてもらったときでないと、感謝の気持ちを

持たないものです。

 例えば、現実にお腹がすいているときに食事を

与えられれば、与えてくれた人に感謝するでしょう。

 ところが、10年先までの食事代をもらっても、

その間、どの程度感謝の気持ちを持ち続けられるか

疑問です。

 

 もうひとつ別の角度から。親の権威の問題です。

この非課税制度は、30歳未満の人が直系尊属から

教育資金の贈与を受ける場合が対象になります。

 したがって、制度上は祖父母から孫への贈与

だけでなく親から子への贈与にも適用されますが、

実際には祖父母から孫への贈与を想定したものです。

 教育というのは、言ってみれば「人間を作る」行為

ですから、親が全力で当らなくてはなりません。

 その教育のための資金が、「親」からではなく

「祖父母」から出たということになると、少なくとも

資金的には、孫の教育は祖父母がやったということに

なります。

 これで、親は果たして子供の尊敬を得られるのか、

少し疑問です。

 

 また、孫が複数いる場合には、贈与が公平に

行われないと、おじいさんの折角の好意が

親を巻き込んだ争いのもとになってしまう

かもしれません。

 

 この制度を選択しますと、孫が30歳に

なるまでの間、長期にわたり適用を受けることに

なります。

 短絡的な節税ばかりでなく、家族全体の幸せを

十分考えて適用を検討しましょう。

 

 無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「教育資金の一括贈与」、やりますか?①

2015年12月23日 15時38分27秒 | 仕事のこと

 私には孫はいません。

 でも、最近「孫がかわいい」という人の感覚が

なんとなくわかってきました。

子供が成長して親から離れていくからです。

 昔、子供が生まれたとき、とにかくかわいかった。

小学校に入学するまでの数年間、あの時期はまさに

”神様からのプレゼント”。

 でも、この時期はそう長くは続きません。

かわいかった子供は、いつか「お父さんの入ったお風呂には

入らない」娘や、「お父さんのようなリーマンおやじには

なりたくない」息子に変貌してしまいます。

 そして子供は去っていきます。

 そうです。神様は、何年かたつと”プレゼント”を

容赦なく取り上げてしまうのです。

 子供が去ったあと、妻と二人で送る寂寞とした日々。

そんなある日、突然光が訪れます。「孫」の出現です。

一度失ったものが再び現れたときのうれしさ!

これは何ものにも代えられません。

「孫がかわいいい」それは、かつては「かわいかった子供」

の残像が親の心に投影したものにほかなりません。

 神様は、一度取り上げたプレゼントを、もう一度私たちに

返してくださるのです。

 浮気をする夫の心理もこれと多少似ています。

妻に対する性的な情熱はだいたい3年で終わります。

夫は、かつての若かりしころの妻の残像を求めて

新たな冒険を始めるのです。

 だから、多くの夫は、無意識のうちに妻と似たタイプの

女性を浮気の対象に選ぶのでしょう。

 

 話がそれましたが、とにかく「孫がかわいい」というのは

そのようなことだと思うのです。

そうしてみると、「かわいい孫に何か残してやりたい」

と思うのは、一見孫のためのようですが、実は、現実には

存在しないかつての子供の残像に対する愛着、もっと言えば

親の自己愛のなせるところではないかとさえ思えてきます。

 とはいえ、子孫に財産を残してやりたいと願うのは、

実に自然でまっとうな発想であることに間違いはない

でしょう。

 ここで、「教育資金の一括贈与」の問題を考えてみましょう。

 --続きは次回「教育資金の一括贈与」、やりますか?②で--

  

無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

 

 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

営業代行をリースで-これだけはやめよう!

2015年11月28日 18時16分37秒 | 仕事のこと

 Aさんは、衣料品の卸売をしている会社を経営して

います。

今年は競合する会社との価格競争が激しくて、だいぶ

売り上げが減ってしまいました。

 年末も近くなって、どうにも気持ちが塞ぎます。

街に流れるクリスマスのメロディーも、なぜか

虚しく聞こえます。

 そんなとき、テレアポで接触してきた営業代行会社

担当者がやってきました。

「営業は営業のプロにお任せください」

 なるほど、それも一案だな。担当者は、以前は大手の

衣料品メーカーに勤めていたというし、商品知識も

ありそうだ。

 そんなわけで、Aさんは営業代行会社と営業代行の契約を

交わしました。

契約金が500万円。1件販売が成約するごとに5万円を

営業代行会社に支払います。

 契約金の500万円は5年間のリースにしました。

銀行の借入枠がなかったのでやむを得なかったのです。

 契約からあわただしく1年がたちました。

 代行会社の担当者は、はじめのうちはそこそこ注文を

取ってくれたのですが、なぜか次第に冷たくなって、

電話をしてもいつも外出中。折り返しの電話もありません。

外出中なのか、居留守を使っているのか、不信感が

増すばかりです。

ようやくつかまえて状況を聞いても「がんばっているんですが」と、

なんとも頼りない返事ばかり。

 「もうお宅にはたのまない!」と、啖呵を切って

解約しようとしたら、リース料の残債がなんと400万円!

 リース期間中は、原則としてリース契約の解約は

できないのです。解約するなら全額返済しなければ

なりません。

 車やコピー機とちがって、サービスは受けてみなければ

内容の良し悪しはわかりません。担当者の性格によっても

サービスの質はブレてきます。契約のあとでサービスに

不満が出ても、リースを組んでしまったらもうあとの祭り。

 営業代行をリース契約で---やめましょう。

無料相談随時OK! 

ご相談やご質問は、ながい いたる税理士事務所

コメント
この記事をはてなブックマークに追加