ねこにっき

ごはんのこと。ねこのこと。お散歩のこと。大好きなことだけ書くブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Winter in 北海道【6】。

2011-07-26 | 旅行のこと
明けて3日目



今日が最終日なので敢えて予定をつめこまずにいたため、割と時間に余裕がある1日です

最終目的地は新千歳空港なのですが、のんびりいこうと提案し、
まずは富良野線に乗り込みます




真っ白な景色に朝の光が眩しいです




途中、美馬牛駅で数分停車



外に降りてみると空気が冷たくて気持ちいい…リフレッシュしました



結局この日は特にどこかを観光するでもなく、のんびり各駅停車の旅となり

富良野・苫小牧などを軽く見て回って新千歳空港へ



新千歳空港ってすごく大きいんですね
まるでショッピングモールみたいで、とても楽しい所です


最後に「北海道と言えばやっぱりジンギスカン」ということで、
松尾のジンギスカンへ



たっぷりのお野菜&お肉…お腹をしっかり満たして帰路に着いたのでした〜



お ま け

実はこの時すでに妊娠7カ月
冬の北海道…凍結した路面で転んだりしないかがとても心配で、
かなりギリギリまで行くかどうかを迷っていました

実際かなりひやっとする場面(滑ったり)も一度だけありましたが、
それでもやっぱり行って良かったと思える、2人だけの最後の旅行でした

子供が大きくなるまでは、こんな電車に乗るだけののんびり旅なんて出来ないだろうなぁ
でも、一緒に旅行できるようになったら、それはそれでもっと楽しいだろうなぁ…なんて
まだまだ先のことを楽しみにしてしまうのでした


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Winter in 北海道【5】。

2011-07-25 | Weblog
一夜明けて



窓の外は銀世界…と綺麗に行きたい所ですが、気温はもちろん「氷点下」です

朝食を食べ、宿の方に駅まで送っていただき、出発します

川湯温泉駅にあった温度計は、なんと「マイナス15度」


空気は冷たくて手足もかじかむけど、なぜかテンションが上がってしまいます

定刻通りに来た列車に乗り込み、旅の再開です




この日は釧網本線の終着駅「網走」まで行き、そこから石北本線に乗り換えます

前回車で行った北海道旅行の道を、今度は電車で巡る感じで、景色が懐かしい

途中駅の藻琴。駅舎が良い味を出しています




のんびり揺られて、網走駅に到着です




網走駅にも温度計がありましたが、こちらも同じく氷点下

おまけに道がツルツル滑るので、ここはあまり歩きまわらずにそのまま石北本線に乗り換えます





途中のスイッチバック駅、「遠軽」で途中下車




相方さん情報でここの駅そばが美味しいと聞いたので、温かいお蕎麦を注文します





優しい味のお出汁にさくさくのかき揚げ…とっても美味しくて身体もすっかりあたたまりました



遠軽から再び石北本線へ乗り込みます


ここでお待ちかねの駅弁タイム




網走駅で購入しておいた「帆立弁当」です

帆立がたっぷり入った味付ご飯の上には、彩り鮮やかな錦糸卵と椎茸が綺麗に並べられています



北海道の食べ物はほんと、ハズレが無くてどれも美味しい…こちらも最後まで美味しくいただきました



途中、白滝駅で下車してみます




こちらは無人駅ですが、駅舎もかなりしっかり作られていて、寒さをしのげるようになっています




次の電車が来るまで、周りを散策したり駅舎で寛いだり…のんびり過ごしてしまいました




本日の目的地「旭川駅」に到着したのは、すっかり暗くなってからでした




旭川は何度か降りたことがあるのですが、大きな街なので路面の凍結防止対策もしっかりしていて、かなり安全に歩くことができます

とは言え、寒いことに変わりはないので…この日は温かいラーメンを食べて、早々に床についたのでした





お ま け

旭川駅のホームにあった、駅案内図です



この駅、こんなに綺麗でしたっけ…?あちこちで木がふんだんに使われていて、とても温かい造りになっていました


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Winter in 北海道【4】。

2011-07-24 | 旅行のこと
厚岸の駅を降りて、私達が向かった先は
厚岸味覚ターミナル「コンキリエ



コンキリエとはイタリア語で貝の形をした食べ物という意味だそうです
(てっきりアイヌ語だと思ってました…
厚岸の牡蠣を中心としたレストランが何軒か入っており、
街の高台に建てられていることもあって景色が抜群に良い所です



中に入って早速メニューを見ながら、あれこれ注文
相方さんは黒ビール。私はノンアルコールビールで乾杯です



厚岸の生牡蠣



肉厚で大ぶり…とっても美味しいです


続いて「かきぶた合戦丼」



釧路産の豚にカキフライ…ボリューム満点


牡蠣のクリームパスタ



ぷりぷりの牡蠣に、クリームがしっかり絡んで美味しい〜

もちろん完食。たいへんおいしゅうございました



帰りは施設のあちこちを見て回りましたが、面白かったのがこちら


クリスマスツリーのオーナメントには牡蠣の殻



土地柄が出ていてとっても可愛いかったです




この後は釧路まで戻って、釧網本線へ

ちょっと暗くなってしまい写真が撮れなかったのが残念です。


電車に乗っている最中、何度か急ブレーキや警笛の音が鳴っていました

私達にとっては「」だったのですが、乗り合わせた地元の方に聞くと
線路に入ってきている鹿を追い払っているとのこと
「鹿もね〜慣れちゃってるから、ちょっとやそっとじゃどかないんだよね〜」と
笑いながらお話されていました

そうこうしているうちにやっとどいてくれた鹿を暗がりの中で発見したりして

ほんわかした気分になりながら、今日の目的地「川湯温泉駅」に到着です



川湯温泉駅は無人駅ですが、可愛いレストランが併設されています




ここからバスで数分前回の北海道旅行でもお世話になった旅館へようやく到着し、
温かい温泉とお食事をいただきながら、ようやく眠りにつくのでした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Winter in 北海道【3】。

2011-07-24 | 旅行のこと
2日目の朝も、5時起きです


今日はひとまず根室へ向かいます


普通の売店はまだ空いていないので、駅弁を作っているお店であらかじめ注文しておいた「たらば寿し」を購入


たっぷりのたらばに、程良い醤油漬けのいくらがたまりません
最後まで美味しく、いただきました



厚岸を通る頃、ようやく夜が明けてきます


空を真っ赤に染める…綺麗な朝焼けです




列車がのんびり進むごとに空が明るくなってきて、ようやく根室駅に到着しました



根室駅は「日本最東端の有人駅」
なぜ「有人駅」と付くかと言うと、本当の最東端はこちらの駅の隣、「東根室駅」だからです

相方さんにそんなウンチクを教えてもらいながら、記念に写真を撮りました




根室駅からはバスに乗って、更に東の「納沙布岬」を観光します
雲行きが怪しいですが、なんとか雨も降らずにたどり着くことができました


あまり観光化されてないのでしょうか?以前訪れた宗谷岬とは打って変わって
観光客が一人もいませんでした。。




再び電車に乗って一旦釧路駅まで戻りますが、
せっかくなので厚岸で途中下車します

厚岸と言えば有名なのは…そう、「牡蠣」ですよ「牡蠣」

今が旬ですし、どんな美味しいものが食べられるのか、楽しみです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Winter in 北海道【2】。

2011-07-23 | 旅行のこと
スーパーおおぞらに乗って、まずは新夕張駅へ


急ぐ旅でも無いので、途中下車です
(ちなみにスーパーおおぞらは、特急なので、今回のパスだけでは乗れません
別料金が必要です)


駅前は閑散として、ちょっと寂しい感じ


ようやく開店したラーメン屋さんで、朝昼ごはんをいただきます


熱々の味噌ラーメン。美味しいです




普通列車を乗り継いで、池田まで向かいます

途中の駅はもう雪で大変なことに




ここで「急ぐ旅でも無いしね〜」なんて言ってた私達に、
まさかのトラブル発生



大雪の影響で、予定していた普通列車が、まさかの2時間半遅れ

「2時間半」って何さすが北海道、スケールが違います


なんでも途中にある狩勝峠で停止中だとか。。

困っていても仕方ないので、先に腹ごしらえすることにしました



池田駅名物、ステーキ弁当です


実はこちら、駅弁でありながら駅では売っていません

売店のおばちゃんに頼んで電話注文してもらうと、駅まで届けに来てくれるのです

(多分列車の時間に合わせて注文しておくことも可能かと思います)

時刻表にも「弁」の字が無いので見落としがちですが、
駄目もとで聞いてみて良かった〜

ジューシーで柔らかくてほかほかで、大満足のお弁当となりました



普通列車は動かないけど、特急なら時間通り来るとのことで、
今回は諦めて特急に乗り、釧路に向かいます



午後6時を過ぎる頃、無事に釧路へ到着です

きらきらしたSLがお出迎え






道路がツルツルなのであまり遠くにも行けず、近場の居酒屋さんで熱々のおでんを食べて、
早々に眠りに着いたのでした〜


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加