起業会計

公認会計士による仙台TEOの起業支援活動、会計トピック、監査トピックの解説

懲罰賠償の意味

2007-02-13 00:12:11 | ビジネス本
アメリカでは、裁判で時々巨額の損害賠償判決が下りることがあります。
いわゆる懲罰賠償というやつです。
有名なマクドナルド・コーヒー事件では、マクドナルドでコーヒーをこぼして64万ドル(約6400万円)もの損害賠償が認められました。

何でそんなことになるのか常々不思議に思っていましたが、この間買った本を読んで、何となくその考え方が分かってきた気がしました。

アメリカでは、法(裁判所)の下では、被告と原告は全く平等に扱われるという考え方があるようです。
そんなの当たり前と思うかもしれませんが、日本では果たしてそういえるのでしょうか?
日本では被害者が泣き寝入りするケースが多くないでしょうか?

懲罰賠償の考え方は、相手に悪いところがあって、それによって損害を被れば、それを罰するというもののようです。
つまり、やけどを負って(損害を被って)、その原因がどこかにあったら(通常より熱いコーヒーを提供している)、罰を与える(痛いと思わせることをする)。ということです。

日本では現状回復(治療費)を過失割合で保障してもらうのがせいぜいです。
多分、日本人は懲罰賠償なんて考える人はほとんどいないと思いますが、アメリカでは当然のようです。

社会の仕組みがアメリカ化してきている気がしますが、日本も近い将来懲罰賠償が当たり前の世の中になるのでしょうか?



この国は誰のものか―会社の向こうで日本が震えている

幻冬舎

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半期報告書の消費税等の注記 | トップ |   
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
公認会計士のお仕事♪ (ビジログ)
2007-03-19 23:39:39
はじめまして。突然のコメントで失礼します。
公認会計士にまつわるリンク集を管理しております
ビジログと申します。
貴サイトを拝見致しまして、
当方のブログ
「公認会計士のお仕事♪」
http://job-acc.busilog.com/
にリンクを設定させていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
私は月収500万円を手に入れてます。 (★☆始めてからたったひと月で【500万】を稼ぐことができました!!☆★)
始めてからわずかひと月で500万の収入を得た私のノウハウを、【あなただけ】にお教えします。
これからは社長キラー路線でw (要旬)
ちょwww 東京から出張で来てる社長さんゲットしたんだがwww 2回ヤったんだけど、ディープスロートがうますぎて1回目は即イキしてしまった(^^; だから2回目は無難だし楽なので騎乗中心にしておきますたよww てか、社長ゲットしたらマジうまいよ! 今回一...