S家の別宅

ブログを始めた頃は5人家族、今は長女もお嫁に行き、次女もお嫁に行き、我が家は父、母、長男、そして猫になりました。

どんより曇り空、

2016-06-24 16:58:20 | Weblog
イギリス国民はEU離脱を選んだ。

日本のマスコミはどちらかというとトヨタや日立をだして、離脱することのマイナス面を押し出していた。

何より、株価が下がり、円が買われることに危機感を持っていたのが露骨にわかった報道だった。

けれど普通に暮らす富裕層ではない人々にとっては離脱することの方が魅力的だったのだろうと思う。


今朝の新聞は一面でひどい記事だった・・・・

参院選は自民党が3分の2以上になるだろうという予測、世論調査って何?

固定電話になんてかけないで、一斉にネットでもやってみたらこんな結果にならないと私は思う。


選挙の公示に合わせて北朝鮮がミサイルをぶっ放す?

なんか北朝鮮ってアメリカや日本の現政府に都合のいいように動いている気がする。

わたしはあまのじゃくだから、北朝鮮はそういうふうに動かされているような気さえする。

だって、ミサイルぶっ放せば、この時期憲法改正しようとしてたり、安保法制の必要性を言ってる自民党に有利じゃん!

おかしいよね、北朝鮮って・・・


そしてイギリスでもマララさんが殺された離脱反対議員の追悼で演説したりしている・・・

このマララさんという人も、うまくあやつられているような気がする。


あまりにも正統なそして正当な言葉は逆に精巧につくられた食品サンプルみたいで、どこか胸を打たなくなっている自分がいる。

真実はいつも隠される、

だからわたしは「花は咲く」っていう歌嫌いだ。

この記事をはてなブックマークに追加

たたかれる怖さ・・・

2016-06-16 16:39:51 | Weblog
辞任した東京都知事、

舛添氏の歩く姿を見ていて(この人はすごい速足だなあ)となんだか全然関係ないことを考えていた。

テレビのワイドショーがくり返し報道するのに、お腹いっぱい感があって、マスコミがたたくのに乗る今の日本の

現状に怖さすら感じた。

マスコミが連日たたく裏側には私は最近、絶対隠したい何かを感じてしまう。それは国民の眼をそちらに逃す役割もしている。

猪瀬氏の選挙資金の5千万は庶民には想像がつかないが、舛添氏の家族旅行の数十万は庶民には身近な分、怒りを買うのだろう。

家は節約しても家族旅行に行けないよ・・・・・みたいな・・・・

クレヨンしんちゃんぐらい自分で買ったら!みたいに・・・・

今は電話しなくともネットでメールでも都庁に苦情が言えるからね。


以前、これでもかとたたかれた小保方さんを私は(この人は嘘いわない人だろうな)と思っていたら、最近、アメリカの大学

でもSTAP細胞が存在するとかわかってきた。

けれど日本のテレビはそれすらも報道しない。

現代の日本では大企業以外ではまったく経済も低迷している。

人々の暮らしも良くはならない(一部の人以外は)

みんな不満や不安を抱えて生きている。

だから舛添氏が水に落ちると、みんなが岸にあげまいとたたきまくる。

確かにせこいかもしれないが、私はアマリ氏が病気と逃げていて、不起訴になったとたんにこにこして政治活動再開している

姿の方が、数倍せこい気がする。(こういう人は恐怖すら感じる)

上には上がいて、もっとあくどい上も存在するのだろう。


梅雨空でもなんだかほっとするのは年齢のせいかもしれないな、少し涼しい

この記事をはてなブックマークに追加

あまりにもアマリ・・・・

2016-06-08 17:15:50 | Weblog
連日の舛添氏のマスコミ報道もなんだか聞いていても疲れてきてしまった・・・

それに引き換え、アマリ氏へのマスコミの報道が不自然に少ない。

家族旅行に政治資金も確かにおかしいけれど、あきらかにお金を受け取っているアマリ氏が、涼しげな顔でまた

政治活動を再開しますと元気に笑っている神経のおかしさ!

舛添氏を連日叩くことによって、都民も国民もアマリ氏に目を向けなくなっている。

マスコミが思考を誘導しているような露骨な報道に見える。


あまりにもせこい!と都議会の議員が舛添氏に言い放っていたけれど、アマリ氏もあまりにもせこくはないだろうか?

知らず知らずにわたしたちはマスコミにすりこまれているものを危険視すべきかもしれない。


テレビはニュースやワイドショーは本当に面白くない。


久々に面白いCMを見た。

ぺヨングの焼きそばのCM

明らかにペヤングの焼きそばをパクッているのに、「どうでもいい」という判決文!

すごく面白い。

と私もぺヨングの焼きそば買いましたが、何が違うって、ほんの少しのお肉らしきものが入っていませんでした!( ´∀` )

この記事をはてなブックマークに追加

6月です

2016-06-02 16:02:30 | Weblog
あっという間に6月に入って、歳を重ねるごとに予定だらけになって、必死にこなしつつ一年があっという間に終わる。

日本人だけだろうか?ミーハーなのは・・・・

オバマ氏が原爆資料館を訪問して、来館者がものすごく増えていると新聞が報じていた。

オバマ氏の広島訪問の次の日の新聞の一面に被爆者の方と抱き合っている写真がドでかく載った・・・

新聞はこの写真をどう見ろというのだろう。

けれど昨日、ためしてガッテンを見ていたら人はハグすることでオキシトシンというハッピーホルモンが出て幸せになる

って言ってたので、少なくともあの場所で、被爆者の方とオバマ氏はどこか心が通じ合ったかもしれない。


確かにオバマ氏の演説は未来に向かっての希望をのべていてすごくうまい演説だった。

でも私はどこか?

そんなに原爆を悪と認識し、世界中の子供たちがしあわせになる権利があるのなら、アメリカはなぜ新しい核兵器の開発を

しているのだろう??

アメリカは中東の子供たちの未来を真剣に考えているのだろうか?


どこか大統領として演説と実際の行動との差をかんじてしまう。それとも任期をあとわずかにして、オバマ氏個人としての

考えも話していたのだろうか?

それとも大統領とは、何か大きな力に縛られている仕事なのだろうか?


たぶん政治には表と裏がある、政治家にも表と裏の顔がある。

歴史が表側を教科書に載せて、裏側を影のように隠していることもある。

戦争というものも、加害者でもあり被害者でもあるという事実。


向き合うということの価値も考えた。

オバマ氏が広島を訪れるにあたり、被爆者の体験談の本を読んできたということ、きちんと向き合う時間をとったこと

そのことはすごいことだと思った。

すべての国の人たちが真剣に向き合えれば争いは少なくとも減るのかもしれない。


だけど昨日のアベ氏の演説は言葉じたいが心にまったく入ってこなくて意味がわからない・・・

「新しい決断」と何度も繰り返していたけれど、まったく理解不能!

この記事をはてなブックマークに追加

温度差

2016-05-26 15:35:02 | Weblog
生地屋さんに行ったら、かわいい生地があったので、ゆかたの兵児帯を作ろうと買ってきた。

きのうの夜、裁断してミシンをかけ兵児帯を作りながら日米首脳会談の後の会見をきいていた。


まるで視線が合っていないような、むなしいその会見を見ていた。

日本とアメリカはどこが対等なのだろうか?

沖縄の人々が怒りを持つのが当たり前だと思えた。

アベ氏は地位協定を見直す話をしたのだろうか?

国のトップはものすごく抽象的な話しかしない・・・・・・(会談はしかしわからないが)

別に会ってわざわざ話す必要のないような話・・・・・


サミットをする意味って一体何なんだろう?

オリンピック招致の意味ってほんとは何なんだろう?


伊勢志摩サミットが決まった時、三重県の県庁の人たちがとても喜んでいた。

オリンピックが東京に決まった時、プレゼンをした人たちが飛び上がって喜んでいた。

けれどそれは何か私とは温度差がありすぎて。

今となってはオリンピックも何億もの不明なお金の流れが表面化してきて、あの時飛び上がって喜んだ人たちは

今どう思っているのか聞いてみたい。

すべてが茶番劇のようにむなしい。

オバマ氏は広島の原爆ドームをみて何を感じるのだろうか?

大統領という立場を忘れ、ひとりの人間として原爆ドームの前に立ってほしいと思う。


それにしても連日暑すぎる5月です。

この記事をはてなブックマークに追加

勝手に人の家に入ってくるような・・・・

2016-05-18 15:21:49 | Weblog
きのうの夜、使っているパソコンがいきなりWindows10にアップデートしますとカウントダウンが始まってしまって、

途中で止めようとしてもきかない・・・

電源を切ってもう一度立ち上げたらカウントダウンの時間は電源を切ったところからまた始まっている。

そうしていやだという私を無視するようにパソコンはアップデートを終了した。

会社の印刷機なども入れなおさないといけないので、しかも使い慣れていないのでどうにも使い勝手が悪い。

それで頭に来て今朝会社にきてすぐまたWindows8に戻した。

(なぜ戻すのか?)と聞いてくるので(使い勝手が悪い)とチェックを入れた。

なんかこの前NHKでやっていた人工知能の番組を思い出した。

パソコンが勝手に暴走して言うことをきかなくて、ひとんちに勝手にあがりこんでくるような気分。

皆さんのパソコンはどうですか?


NHKで思い出したけど、ニュースとかはNHKもあまり好きじゃないけれど、先日みたNHKスペシャルはすごかった!

アマゾンの地図にもないようなジャングルの奥に川を下って、歩いて、やっとたどり着いたところに金が出るという

土地があって、そこにはガリンペイロと言われる男たちが一括千金を夢見てやってくる。

殺人者や犯罪者、そして貧しくて麻薬の密売人をして自らも麻薬常習者になった20歳の若者・・・・

誰もが金塊を掘り当てるためだけにこのジャングルの奥地に入ってくる。

NHKの取材班はここで50日間、そのガリンペイロの男達と同じものを食べ、取材をしていた。

取材する側の根性もハンパないと思ったし、その番組をみていて、法にも秩序にも道徳にも、そして権力にも支配されず

ただ金塊を掘り当てるという欲望だけで生きている男たちの世界はすごかった。

むろんそんなに簡単に金塊が出てくるわけもなく、たわいないけんかで人が殺されたりもする、

ここで生まれてからずっとここで生きてきた38歳の男・・・

世界にはほんとうにすごい環境で生き抜いている人々がたくさんいることを知った。


まるで弱肉強食の野生の動物たちと同じように生きている人間がいた。

観終わってショックだった、久々にすごい番組だったし、NHKの取材班もすごい!と思った。


人間はある意味や野生の生命力の強い生きものだから、人工知能に負けない何かもきっとあるはずだよ!

この記事をはてなブックマークに追加

自由に生きたいよね

2016-05-14 16:47:54 | Weblog
パナマ文書に日本の企業もたっくさん公表されていますが、マスコミがたたくことはないだろうな・・・と思った。

だってみんなテレビや新聞の広告を依頼する大企業ばかりだから・・・

お得意さんだからたたくわけがない。

大きな企業の力ってすごいんだろうと思う。

でも企業だったらそんなに利益をだしているなら消費者に少しでも還元してくれないんだろうか?

この世界はお金の力ばかりでがんじがらめになりそうだ・・・・

この大企業や個人のお金がある人が税金払っていたら、消費税増税など必要なくなるかもしれないのに、と思う、


舛添氏が前にテレビで「トップが普通のビジネスホテルみたいな処に泊まっていたら恥ずかしいでしょ?」って言ってたのを

見ていたけど、それって何も恥ずかしいことじゃないよね!

そこ恥ずかしがる??

今の苦しい言い訳みたいなこと言ってる方がずっと恥ずかしいと思うけど・・・・

会計責任者や秘書や顔の見えない人のせいにすることもかなり恥ずかしいと思うけど・・・

お金って人をがんじがらめにする。


きのうは市の老人大学の授業の日。

わたしは毎年「詩はどこにあるか」というテーマで講義している。

おめめキラキラさせた高齢者の方がたはすごく一生懸命聞いてくれます。気合いれてがんばらないと!といつも思う。

お金とは無縁なところで頑張っている人はとても自由だ。

この記事をはてなブックマークに追加

連休後半です。

2016-05-05 16:24:02 | Weblog
ゴールデンウイークは、会社をあけることがあまりできないので、ほとんど働いていました。

真田丸ブーム?で会社の前もかなり道路も混みあっていました。

ブームというのは波のように引いてしまう時が来ます。

上田城のそばは、冬に古くなった市民プール、幼児用プールを全部つぶして、新しい大きな駐車場になってしまいました・・・

確かに今は駐車場が満杯ですが・・・大河ドラマが終わったら、あの駐車場は閑散としてしまいそうです。

ドラマを見ていると、いつの時代もひとは権力争いをし、終わりがないものだなと思います。


ゴールデンウィ―クは大臣はみんな海外に出掛ける。

仕事してますよーみたいな断片をニュースが伝える

だけど、せめてこんな災害が起きた年には、大臣たちの海外出張?のために使われる税金を熊本・大分の方々に使えないのかな?

と思ってしまう。

テレビではドラえもんやサザエさん募金を呼び掛けているけれどみんな赤十字経由・・・・

せめて直接手渡すことはできないのかな?と思う。

わたしはあまり赤十字経由の募金はしたくない、疑り深いのかもしれないが赤十字社という会社だからだ。


そんなことを考えていた連休でしたが。



うちの会社は輸入なので、連日の円高歓迎ですが、また政府が市場介入するのでは・・・と不安。

株価も為替も市場介入して操作しても実体と違っていたらそれも一時的で終わってしまう。

連休明けの為替も気になる・・・・


この記事をはてなブックマークに追加

中央構造線?

2016-04-18 15:43:50 | Weblog
被災された九州各地の方々に、一日も早く日常生活が戻ってくることをお祈りいたします。

本当に大変な生活を強いられていらっしゃるので、なんとか地震がおさまってくれれば・・と思います。

この国のソウリ大臣が70万食を届けると言ったのは、避難所ではなく、コンビニとか店頭の話で、自分で買えっていうことでした、

唖然としました。



今回の地震の起きている中央構造線という日本を長く通っている断層がとても気になってしまいます。

倒壊した阿蘇神社も、川内原発も伊方原発も、阪神淡路大震災の淡路島も、そして伊勢神宮を通って、長野県の軽井沢、諏訪大社もこの構造線上にあります。

まだまだ、この線上には大きな神社などもあります・・・・・

諏訪大社は今、御柱の年でにぎわっていますが、なぜこの線上に大きな神社が建てられたのかが不思議ですし、原発がなぜこの線上に

建てられたのかが考えられません・・・・


この間読んだ本の中に、アインシュタインの相対性理論を完全に理解している人は世界中に一人もいないと・・・・

そしたらその相対性理論をもとに原発が作られたのなら、なぜ作ることができたのか??も理解できません。


わからないことばかりです。



この記事をはてなブックマークに追加

芽吹きの季節

2016-04-14 15:17:20 | Weblog
人間ひとりは、立って半畳、寝て一畳と昔おばあちゃんも言ってましたが・・・・

パナマ文書が出てから、人間の欲望は限りなくさいげんなく拡がっていくものなんだなあと思わずにはいられません。

お金持ちはその莫大な資産から税金を納めることまでケチって、タックスヘィブン・・・・

そして普通の一生懸命働いて、暮らしている人々からは消費税をあげまくって税をとる。

これって、大昔の封建時代となんにも変わってない構図ですよね。


頭角を表すものには、悪魔が寄ってくるように、覚醒剤や闇賭博だと誘惑を仕掛け、人間の弱さを悪魔が笑ってみているような世界。

音楽の世界も芸術の世界も、そして詩の世界も・・・・


そんなことを考えながらずっと物語の世界に入り込んでいました。

上橋菜穂子の守り人シリーズはおもしろいです。


精霊の守り人(これはNHKがドラマ化してました)・闇の守り人・夢の守り人・虚空の旅人・神の守り人(上下巻)・蒼路の旅人・天と地の守り人(三部)

壮大な物語はこれで終わりました。

上橋さんの描く登場人物はみんな魅力的でかっこいい!


こんな人たちがこの現実の世界にもいたらどんなに変わってくるだろうと思うのです。


桜が散りはじめました。木々が芽吹きはじめる季節にすがしい風に吹かれたいですね。

この記事をはてなブックマークに追加