S家の別宅

ブログを始めた頃は5人家族、今は長女もお嫁に行き、次女もお嫁に行き、我が家は父、母、長男、そして猫になりました。

昔の女性は働いたんだね

2016-11-25 16:02:09 | Weblog
23日は久しぶりに一日休みがとれたので、朝から味噌を仕込んだ。

商売をしているとなかなかお休みが取れない。

最近は楽なので、圧力なべで大豆を柔らかく煮ている。

時間短縮です。

それでも圧力なべはたくさん入れられないので、何度も分けて・・・・・

お味噌の仕込みが終わったのは午後の3時頃。

それから買っておいたそば粉があったので、夕食用に蕎麦打ち開始。

蕎麦を打ち終わったら、もう一日が終わってしまった・・・・


身体がコキコキいうぐらい働いたなあ・・・

でも思うのです。私が小さい頃は味噌の仕込みは近所のおばちゃんたち10人ぐらいが来て、

居間に一面むしろ?を敷いて、おばちゃんたちは一年間のお味噌を共同で仕込んでいたのでした。

保育園や学校から帰ると、おばちゃんたちの笑い声やおしゃべりでお家がすごくにぎやかでした。

井戸端会議じゃなくて味噌端会議!

その日はおばあちゃんがこうじで甘酒を作ってくれて、それはこたつに大きな鉄釜のなかに入っていて

私たちのおやつでした。

私は今は煮た大豆で納豆を作ります。


昔の女の人は、掃除機がなかったから箒で掃除して、洗濯機がなかったから洗濯板で洗濯し、

圧力なべもなかったから、何時間もかけて大豆を煮て、

今に比べたらなんとすごい仕事量をこなしていたんだろうと思うとびっくりです。

腰が痛くなるわけだし、おばあさんになって腰が曲がっちゃうわけだと思います。

考えてみたら、子供の頃、近所に遊びに行って、お昼になると普通にその家の子供みたいに

そこのお家でお昼ご飯を出してくれて、普通にそこで食べていたのですが、一緒に作ったお味噌

だから同じ味の味噌汁なわけで、それで近所のお家でご飯食べても同じ味だったわけです!

今は絶対にない風景です。でもまだやっているところもあるかも?

疲れた一日でしたが、お蕎麦がおいしいと家族が言ってくれるとそれで満足でもあります。

この記事をはてなブックマークに追加

新しい毛糸の帽子買いました。

2016-11-12 14:46:27 | Weblog
ニューヨークにお姉さんと行ったのは、もう10年も前になるだろうか?

その時、わたしはトランプタワーを見上げたことがあります。

ニューヨークはあの時、夜9時を過ぎても青空で白夜のようで、とても不思議な光景の街でした。

あのころは、確か松井選手が住んでいると聞いたような気がします。

お部屋のポストに入れるだけで郵便が集配され届けられると教えてもらったビルです。


ヒラリーさんの応援にレディ・ガガやマドンナがいましたが、彼らは成功したセレブ?です。

格差社会になっているアメリカでは、彼らは一般の人たちとは違った人たちで、その人達が選挙の応援では

一般のそして職を失った人々にはかえって反感をかうのではないかと思っていました。

ネットではヒラリーさんの演説より、トランプさんの演説に集まる人の数が何倍も多いという情報が流れていて、

マスコミの報道はまるで正反対だと感じました。

だから別に驚きもあまりなく大統領選を見ていました。

トランプショックも何もなかった・・・・


テレビや新聞をわたしはあまり信じていません。

あまりにも自分たちに都合がいいようにしか、世界を見ていないからです。


さかんにCMしていた子宮頸がんワクチンも今では副作用で苦しんでいる女の子たちがたくさんいます。

そして今さかんにCMしている肺炎ワクチンなるものも眉唾ものだと思ってしまいます。

この世界はかなりお金や利権で踊らされているので、肺炎ワクチンも儲かるのは製薬会社。

インフルエンザワクチンもわたしは経験したことがありません。

何年か前、除夜の鐘と同時にインフルエンザの高熱が出て、元旦に受診したお医者さんに、ワクチンは打っておいた方が

いいですよと言われましたが、ワクチンをうったことは今だにないです。

あの時、インフルエンザと診断され、薬を1日飲んだだけで熱はすぐに下がり、4日にはもう台湾にいました!

お医者さんに家族にうつっているでしょうねと言われましたが、誰にもうつってはいませんでした。


トランプさんになると日本には悪影響とマスコミはいいますが、それはわかりません。

少なくとも現政権には良くないだけの話だと思えます。

なぜなら現政権も普通の人々の為ではなく、大企業や、富裕層に有利な政治ばかりですから。

見る方角が違うだけで、世界はまるで違った顔になります。

この記事をはてなブックマークに追加

嵐のような10月が終わります。

2016-10-31 13:07:57 | Weblog
我が家の10月は、まるで悪魔に襲われたような酷さでした・・・・

それでも時間は過ぎていき、やっととてつもなく酷かった10月が終わります。

落ち着いたかと言えば、すべてが終わったわけではなく、それでも少し落ち着きを取り戻しつつあります。

家族会議を連日のようにして、人の生き方をみんなで話をして、眠れない日々も、哀しみに沈んだ日々も

いつか「あんな日もあったね」とみんなで言えるようになるのかもしれません。

何がどうしたを今、ここに記すことはなかなかできませんが、落ち着いたら形を変えて書くこともできるかもしれません。


きのう、少し遠出をして、カーナビ通りに走らなかったせいで、今まで走ったことのない道を車で走るはめになりましたが、

夕暮れに、ほんとうに美しい風景に出会うことができました。

車でひとりで走っていたので、写真をとることもできなかったのですが、たぶん写真ではあの美しさは半分にしか写らないと

感じてあえて写真に撮るのはやめました。

千曲ビューラインという道路は、晴れていたせいもあり、遠くの山々の稜線がくっきりみえ、その前にそれより近い山々の

稜線がグラデーションななって重なり、青い空と秋のほうきで掃いたような筋の雲がとてもきれいで、

近くには、田園がひろがり、稲刈りを終えた稲が束ねてハゼかけされ、すぐ近くには紅葉した木々があり、

「ああ、わたしのふるさとはなんてきれいなんだろう」と泣きそうになりました。

神様はきっとどこかから見ていると思え、10月の哀しみを癒してくれるような風景を神様がみせてくれたと思いました。


生きていれば、前を向いて人は歩くべきだと自分に言い聞かせています。

前を向いて、一日を一生懸命生きようと思えます。


少し、行けなくなっていた、ジムも行って、身体を鍛えてがんばっていこう!

この記事をはてなブックマークに追加

上の空の自分と下の空?の自分

2016-10-04 15:53:28 | Weblog
ブログやSNSからやたら遠くに行ってしまった現実の生活の重みに何も書けずに過ごしていた9月後半。

ハンドルの遊び部分がなくなってしまって、一生懸命運転しているのに、ちっとも自分が前に進めない感。

季節は行ったり来たりして、半袖を着たり、長袖を着たり、また半袖を着たりし、汗をかきまくっていたり、足元が寒かったり・・・

日本の季節はシャッフルされたようになって、今日の暑さで空地のコスモスが場違いな感じでうなだれている。



マンガの「ハンター・ハンター」を読みつつ、小説の「アナザへブン」上下、「アナザへブン2」のVOL1、2、3、4

そして物語はもうすぐ完結しようとしている。詩集は「堀川正美」に首までつかって・・・・



現実が重たくのしかかる時に、あえてマンガや物語の世界と同時進行させると、頭を冷静に保つには役立つ。

悲しみや怒りにどっぷりつからずにすんでいる。

わたしはたぶん精神バランスをとるのは上手いと思う。

たくさんの自分を見ている自分がいる。



そんなんで、なかなか眠れず、真夜中まで頭は冴えている。不眠症でもないらしい、朝方はしっかり眠れる。


いつかこんな自分を懐かしく振り返る日も来るんだろうかなあ?


もう10月です。


豊洲もオリンピックもすべてが利権の匂いがプンプンします。

豊洲の水の水質検査の結果を騒ぐより、99.9%の額で入札したという方が大変な問題だ。

この記事をはてなブックマークに追加

7日間の演劇生活

2016-09-12 14:56:52 | Weblog
仕事が終わってからの3時間の稽古が5日間、土曜日は朝から1日の通し稽古、そして昨日の本番と、

私の初めての1週間の演劇生活が終わりました。

劇団の方が、ずっと稽古だけがいいと冗談まじりに言ってましたが、その意味がわかった気がしました。

稽古は脚本を書いた岩崎さんが演出もしてくださったのですが、演出家ってこういう仕事なんだと私はすごく新鮮でした。

ほんの一瞬のしぐさや台詞はこういう気持ちなんだということをたたきこまれました。

途中、声がかれたりしてのど飴持参で不安要素もたくさんありましたが、本番はあっというまに終わってしまった気がします。


普段、詩をかいている私は、自分の感情を外側に置いて言葉をだしていきますが、演劇は台詞のなかにその感情の細かなニュアンスを

きちんと表現して役の人物の感情を自分のものにしていかないといけないので、初めての世界は新鮮でした!

そして劇のなかで会話する相手の演じ手の方の感情が伝わって、自分の台詞の感情もできたりするので、演劇はみんなで作り上げて

いく世界でした。


知らない世界を体験できたことはありがたかったです。

終わってからスタッフの方と片付けをして、舞台とはなんとたくさんの裏方さんの力で成り立っているのか・・・と

いうこともわかって音響の方や照明の方たちにとても感謝しました。

みんなで夜打ち上げをしましたが、演劇人はものすごく熱い人たちでした。

お酒が入って演劇論をたたかわせる所は、以前、倉橋さんたちと真夜中まで詩論を言い合った雰囲気に似ていました。

まるで昭和みたい・・・?な熱さです!

岩崎さんが、最初の日に言われた言葉が残っています。

「ここからは遠い国」は岩崎さんがオウムの地下鉄サリン事件のあと書かれた脚本で戻ってきたオウムの信者だった長男を中心にした

ある家族の話ですが、

「オウム信者になる人も、ある意味、演劇をやろうという人も、生きづらさを感じている人かもしれない」と。

それは、たぶん詩を書く人間もそうかもしれません。

この時代やこの世界に、どこか違和感というか生きづらさを感じてしまう人。


私もそういう人間のひとりでしょう。

楽しかったです!

この記事をはてなブックマークに追加

怒涛のようだった8月も終わります。

2016-08-30 16:15:39 | Weblog
振り返れば、何という怒涛のごとき8月だったでしょう・・・・

長女が、8月の初めに舞ちゃんと、6か月になる響を連れて里帰りしてきました。

最初は響がママじゃないとダメで、大泣きの日々、そしてちっともじっとしていることなく、少し眠ってはおっぱい、

響は落ち着いて座っているのが嫌いで、立ってジャンプしていて、6か月なので当然一人で立っていることは無理なので

脇を支えているとどこまでも歩いていこうとして、やっと買っておいた歩行器に慣れてご機嫌でガ―ガ―動き回っているように

なった頃は、もう帰るのです。

今度の日曜日にパパのところに送っていきます。

ケガも無く、元気で、その間海に行ったり、私が高熱出したりしながらも怒涛の8月が終わろうとしています。

かわいいけど、なかなか疲れ切った8月でした。

27日と28日は同人誌の合宿を上田で企画し、それも楽しく夜遅くまで詩の話をして終わりました。

幹事だったので、みんなが満足してくれたのでほっと一息。

宿泊した田沢温泉は室町時代に開湯した古い温泉で、お湯がやわらかく私も近所にいながら初めて行きました。

すごくよかったです!


さあ、9月に入ると演劇の稽古が連日始まって、私の初体験である演劇の本番は11日です!

不安でもあり、でもすごく楽しみです。

「ここからは遠い国」という劇を劇団の人たちと、市民の人でやるのです。


今日だけで3匹の蝉の死骸を見ました・・・・・・

夏は終わりますね、

響がすごく成長して、もうほふく前進?して前に進んでいきます!

きっとパパもびっくりするかも・・

この記事をはてなブックマークに追加

小説と現実がリンクして背筋が凍った・・・・

2016-07-26 15:20:11 | Weblog
今朝は朝早くこだまに起こされて、二度寝するのも微妙な時間だったので、起きて本を読んでいた。

朝っぱらから「アナザヘブン」・・・・角川ホラー文庫

連続猟奇殺人の話で、でも作者の飯田さんは長野県の人だし、文章は上手いので朝でも作品の世界に入り込める。

ふと時計が7時になっていたので、読むのをやめて朝ご飯の用意をしながら、テレビをつけた、

神奈川の知的障碍者施設に刃物を持った男が入り込み19人殺害とテロップ!

いきなり19人って・・・

いっきに小説の世界と現実がリンクして背筋が寒くなった。

これだけの命を奪ってしまった凶器が刃物っていうのはまた背筋が寒くなった。

だって一人ずつ殺害されていくのを想像したら、本当に怖くなった・・・・やりきれない気持ちになった。

警察に自ら出頭したことも奇妙なアンバランス。



マスコミがうるさく報道している都知事選を、他の府や県の人間は白けてみている。

過去の小泉劇場とそっくりな小池劇場にうんざりする。

以前、防衛大臣をしていた時、この小池のおばさんは、テレビカメラの前で沖縄の名護市長の背中を平手打ちして

「しっかりしろ!」と言い放ったのを見ていた私は「この人は市民の側に立つ器量のない人で権力志向だな」と思った。

それ以来、このおばさん嫌い!だから。

見てる方向性がアベ政権そっくりで、政府は当選させたいのはむしろこのおばさんだということがあからさまにわかる。

へたな小細工で独りで戦ってますばかり言ってるけど、たぶん嘘。


この記事をはてなブックマークに追加

喉元過ぎれば・・・・・

2016-07-11 15:57:48 | Weblog
自公圧勝が伝えられてから、まるで喉元を過ぎるのを待つようにすぐに改憲の話ばかりがはじまっている。

それはマスコミも同じで、今まで口を押えるように改憲を選挙から隠し続けてきたが、今朝の新聞の見出しの

あからさまなこと!改憲勢力3分の2・・・です。

こんなのは詐欺じゃないですか、



アベ氏はまるでハメルーンの笛吹男みたいに、若い世代を笛を吹きながら改憲という崖に連れていっています。

投票率がすごくよかったなら、まったく違った結果が出たかもしれないのに、残念です。

貴重な一票を無駄にしてしまうのは本当にもったいないと思います。



石田純一さんが、勇気を出して言ってましたよね「憲法のことをまったく言わない」と。

石田さんの中では安保改正の時から怒りばかり膨らんでいたのかもしれません。


長野は野党共闘が勝ちました。それでも圧勝ではなく長野県は二つに割れたのです。


長野の自民党現職の方も、まったく改憲のことは言わず、封印してました。

抽象的な希望を一生懸命訴えても心に響かない。


人の心をつかむというのは本当に難しい・・・・・

昨日、選挙特番で、選挙に行かない人のインタビューをやってました。

有名なパンケーキのお店に行列をつくっている若い女の人が「選挙よりパンケーキが大事です」って言ってのけぞりましたが、

そして家族でプールに来ていたお母さんが「選挙より無料開放のプールが大事です」って言ってて、その傍ではじゃいでいる

男の子たちが、改憲で戦争に巻き込まれるかもしれないのに・・・・と突っ込んじゃいました。

家の息子が「平和ボケしてるんだよ」とぼそっと言いましたが、

これだけテレビでスィーツやらグルメやら、お笑い番組ばかりだったらそうなっちゃうかもしれないと思いました。


神輿は軽くて馬鹿がいいという言葉がありますが、権力は下にいる国民が何も考えない集団の方が、引っ張って行くのに楽ですからね。

でもちゃんと考えないと、搾取されるだけになってしまいます。

戦争だって、今のシリアをみても、犠牲になるのは弱い者ばかりが現実です。子供たちを不幸にしています。

笛につられて踊っていったら、崖から落ちてくことだってあるのです。

この記事をはてなブックマークに追加

厳しい暑さです

2016-07-07 15:35:42 | Weblog
新聞は朝からうるさい花火の音だけみたいに、自民公明で3分の2だとわめいています・・・・

選挙前になるとここ最近は、とくに世論調査(正確じゃないだろと思えるような)や、選挙結果読みがしつこい!

太郎さんが牛歩で抵抗した安保法制でたくさんの人が怒りを爆発させたのが、たった1年前だ、それを忘れようがない。

争点を隠して、暴走するアベ政権・・・・


そんなに、憲法改正したい人いる?

そんなに他国に武器輸出したい人がいる?

他国に武器を輸出すれば、ダッカの悲劇のようなことはたくさん起こり得る。


「前進か、後退か」、って叫んでいる方に言いたい。「交代です!」

「雇用も伸びています」と叫んでいる方に言いたい、「たしかに派遣や非正規雇用ばかりですね」



テレビは参院選があえて隠され、争点が隠され、小池のおばさんばかりがテレビに出てくる。

アソウさんと同じ帽子を被った小池のおばちゃん、あれ似合わない・・


本当のことはいつも隠される・・・

参院選、本当の争点は憲法改正と武器輸出です!

この記事をはてなブックマークに追加

介護の現実

2016-07-05 16:03:06 | Weblog
NHKスペシャル「介護殺人」の番組を先日見た・・・・

認知症の介護、身体が動けなくなった老人の介護はとても大変。

わたしも母の介護は10年もしたので、理解はできる。

ただわたしの母は認知症で最後は寝たきりだったけれど、暴れるとか暴言とか徘徊はなかったので、

テレビのなかで、認知症の父親の暴力に悩んでいた男性や、大騒ぎして暴れる母親の介護をしていた男性の苦労は

並大抵ではなかったと思った。

うちは姉がふたりいるので、3人で助け合えたし、寝たきりになってからの3年は特老に入ることができたので幸せだったかもしれない。

自分の母親が認知症になったときは、最初は戸惑いやショックもあったけれど、だんだん慣れてきて、自分が母を幼い子供だと思うように

なってからは辛さはなかった。

母はわたしの子供のように思えた。

おかしなことを言うようになってもなんだか笑ってすませられるようになった。

老人介護は排泄と、食事がほとんど・・・・

まだ少し歩けた頃は、廊下に母の排泄物が落ちていて、受験の頃の娘が踏んでしまったこともあった。

でも「あんたこれで運がついたから受験受かるね!」と笑って言えたし、動けなくなっておむつになってからは、

コツを教えてもらって、そんなに力もいらずにオムツ替えもできるようになった。

床ずれができたら、社会福祉協議会とかに相談して、空気でベッドを上下させられる機械も借りた。

それは一定の時間で作動して、不思議なシューシューという音をさせて動いていた。

車いすで玄関をあげるスロープも借りた。とにかく介護はしつこく楽になるようにいろんなところに相談するといい。

わたしは要領よくいろいろ借りたり、ケアマネージャーさんにいろんな相談もしながら母の介護をした。

わたしが疲れると、姉たちががんばって母を見てくれた。


これからの日本は自分も含めて超高齢化社会になっていくだろう・・・・

絶対に周りを頼って、相談して愚痴をきいてもらって、少しでも楽に介護できるようにしていくしかない。


だけど・・・社会福祉に使えるお金が足りないと政府はいうけど、ばかみたいに高価なオスプレイとか何十機も買うじゃん!

政治家は冠婚葬祭、はてはガリガリ君だって政治資金で買うじゃん!

パナマってる官僚だっているじゃん!

社会福祉に使うお金がない・・・・っていっても真実味がないよ。

この記事をはてなブックマークに追加