晴耕雨読とか

本読んだり、いきものを見たり。でも、ほんとうは、ずっと仕事してます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五反田川から二ヶ領用水あたりの鳥たち

2017年01月15日 | 生き物
寒い寒い日曜日。妻とお散歩。

五反田川という…ま、どぶ川ですね、それ沿いに向ヶ丘遊園に行きました。



コイが放されていますが、水質はひどいもんです。

マガモの夫婦がいました。






あとは、いつものカルガモ。
一生懸命、藻を食べていました。





いつも、「こんなところの藻とか食って死んじゃうんじゃないかと思ってしまいます…。


なんとカワセミを見つけました。



こんなどぶ川に…と思ったら魚を捕りました。





おおー、ビックリ。小魚とかいるんだ!


同じ多摩川の都市内小支流でも三沢川はまだましなんですけど、
この五反田川は新百合あたりが水源地(?)で、
ほぼ下水のような感じなのです。

いやー、頑張ってるねカワセミ。大丈夫なんでしょうか?

向ヶ丘遊園で二ヶ領用水と合流。
そうすると、水は基本多摩川の水になりますから、水質はよくなり、
三面護岸でも小魚がいるんだと思います。


コサギがいました。三面護岸なんで、ほぼ真上から見下ろせます。



こういう時期でも飾り羽は付いてるんですね。
けっこう繊細できれいでした。



でも、寒そう……。


近くにはチュウサギもいました。









完全三面護岸で暗渠もあり、府中街道の橋脚の下なんですが、
エサになるような小魚がけっこういるんでしょうね。

それにしても…これは本当にチュウサギでしょうか?
ダイサギとかチュウダイサギとかいるようですし…。
識別のポイントはどこなんでしょうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一斉に弾けるフジの実

2017年01月06日 | 
昨日、戻った寒気のせいか、強い北風のせいか、
庭のフジのさやが一斉に弾けた。
夜も、時折弾けたさやがカチンと窓に当たった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の海

2017年01月03日 | 
新年はのんびり海辺を散歩。
いつもの三浦半島。




いい天気でした。




白黒のネコが新年のあいさつに来ました。




潮だまりにはブドウガイ。


おもしろかったのはこれ…。



いやー、なんだかわかりませんね。
デジイチを持っていけば良かった。コンデジでは遠すぎてなにがなんだか…。

磯で、ユリカモメとおぼしきカモメが騒いでいて、なんだろう?と双眼鏡で覗くと、
どうも、ウミアイサとユリカモメが混じって魚でも追っているみたい。



よくよく見ると、磯にはクロサギ(○の)もくっついていて、
これはまさに「混群」なんですね。
今にして思うと、カンムリカイツブリもいたような気もします。
ああ、本当にデジイチがあったら…。

みんなで磯沿いを移動していきました。



あとはこれ。





ハマボッスかな?
まさにクッション植物。好きなタイプ。
海辺の崖地はひとつの「極地」なんだねえ…。




イソギクの花も。




いいお散歩でした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

no no dango 2016

2016年12月30日 | 
ノー……。

年末の大潮。風は多少ありましたが、潮良し、透明度良し…。

ノー……。




ミドリヒモムシ。






スナビクニン。幼魚かな? どれも3cmぐらい。




フウセンウミウシ。久しぶり。




アカエラミノ。


その他ウミウシはネズミ、クモガタ、マダラ、メリベ、カメノコフシエラガイ、アオ、タツナミガイ。



ウミユスリカ発生。
ハオコゼ、極端にいなくなった。
ヒトデが目立ったなあ。
タコ! タコは10匹以上いた。タコナイトだった。

そして、no dango。まじで2016年は昨冬シーズン含めてno dango。
なぜだ~!

今回は、かなり広域に探したんですけどね。

砂が多い。ウニも多い。磯が変わっているのか!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンゴと海水温2016

2016年12月11日 | 
ということで、11月下旬、12月10日とダンゴを発見できなかったわけですが、
「今年は暖かいし、海水温も高いんじゃないかな…」などと、
発見できないことをそれっぽく言い訳しておりました。。。。

で、いつもの海水温。

いつもの「神奈川県水産技術センター海況図データベース東京湾口海況図」で荒崎の海水温をチェックしました。

で、いつものこれ。



はい。ま、例年通りの感じでしょうか?
赤くて太い線が2016年です。ほぼ、2015年と同じ推移ですね。

さて。。。


①発見できないだけ。←いや、かなりねっちり探していて、それはない(…と信じている)
②環境が変わって、微妙に別の場所にいる。
③環境が変わって、この磯にはいない。
④荒崎の海水温とここの海水温は連動していない。

んー、②かな。


感覚的ですが、

①砂がかなり入っている
②それによって生物相も微妙に変わっている

というあたりが状況証拠です。
さて。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加