goo

「ヒア アフター」 HEREAFTER


ウディ・アレン同様、老いてなお盛んとでも言うべきか、ここ最近はほぼ1年に1作のペースで次々と新作を発表し、今や巨匠と呼ばれるようになってしまったクリント・イーストウッド監督の新作である今回の作品、実は予告編を観る限りは、いささか苦手の分野に手を染めたのではないかと危惧していたものの、それは杞憂となり、結果的には相変わらずのイーストテイストたっぷりの作品に仕上がっていたのでありました。


映画の中に登場する3人の主要人物。
一人は旅先の東南アジアで大津波に遭遇した際「死後の世界」を見てしまい、以来、仕事も恋人も失いながら、自分が見たものを探求し始めるジャーナリスト、マリー。
二人目は死者と交信する能力を持ちながら、それ故に孤独な境遇に追いやられ、自らの能力を「呪い」だと嫌悪する霊能力者、ジョージ。
そして三人目は双子である最愛の兄を事故で失い、ヘロイン中毒の母親とも引き離され、亡くなった兄ともう一度話すことを願う少年、マーカス。




そんな三人に共通するのは身近に存在する「死」であり、と同時に忍び寄る深い「孤独」だ。
つまり、イーストウッドは映画の中でそんな三人の物語を交互に展開させながら「死後の世界」を描くことに傾注するのではなく、やがて三人がロンドンのブックフェアで辿り着くこととなる結びつきを描くことによって「孤独なままでは生きていけない」という人間の「生」に対しての「希望」を描いているのだ。


それにしても例えば、ジョージが体験する束の間の恋の相手とのアイマスクしてのテイスティングのなんと官能的なことか。
あるいは、物語を引き締めるディッケンズの引用の巧みさ。
そして双子の兄の自動車事故、あるいは死後の世界の描写、さらにはスピルバーグ効果とでも言うべきスペクタクルなCGによる津波シーンにおいてですら、常にイーストウッドらしいストイックな姿勢が貫かれていて、その抑えた演出に感嘆させられたのだ。

と言うことで今回もまた自身で手掛けたという心に残る音楽も含めて、全体としてやはり一級品の作品に仕上がっていて大いに感銘を受けたのであります。



ともあれ観る人によってはいろいろと意見が分かれそうな気がする作品ではありますが、観はじめたらつい惹き込まれ、あっという間に2時間9分が過ぎてしまうイーストウッド演出、その魅力をとくとご覧あれ!




今日の1曲 “ Nessun Dorma(from Turandot) ” : Luciano Pavarotti

映画の中で“ La Fleur Que Tu M'avais Jetee( from Carmen ) ”、“ Che Gelida Manina( from La Boheme ) ”といったオペラ曲とともにこの曲が流れていたのですが、何の違和感もなく、そういった意味では東南アジア、ドイツ、サンフランシスコ、パリ、ロンドンと世界を舞台として、ある意味世界共通な主題とともにグローバルな映画だったのでありました。
それにしてもこの頃のパヴァロッティって、やっぱり凄いなあ





コメント ( 5 ) | Trackback ( 36 )
« 極上メンチカ... プチ合格祝い... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (はる)
2011-03-10 16:42:46
初めまして。昨日、見てきました。
マット・ディモンさんが大好きなので、テイスティングのシーンは「色っぽい」と思いつつ見入ってしまいました。最後ちょっとうるってしてしまいましたね。
 あと随分と余談になるのですが、もしご存じでしたら、お教え下さい。お願いします。
リチャード・ギア主演の「運命の女」で、色男さんと
ダイアン・レインが最初にダンスをするシーンの
バックに流れていた音楽は誰の演奏か…ご存じないでしょうか?ずーっと大好きな映画で、ずーっと気になっていて…。全然関係ないことでごめんなさいです。
 
 
 
◇はるさんへ (nikidasu)
2011-03-10 17:50:43
こちらこそ、はじめまして。

実はこの「運命の女」(Unfaithful)」は未見です。
と言いつつ、ちょっと調べてみると、下記のサイトによると
http://www.funtrivia.com/askft/Question37285.html

VIEUX FARKA TOURE(ヴィユー・ファルカ・トゥーレ)というグラミー賞も受賞した
マリの有名なギタリストの息子さんが、ライ・クーダーと歌っている
『 Ai Du 』という曲ではないかと…。

間違っていたらごめんなさい。

 
 
 
「運命の女」 (はる)
2011-03-11 14:41:36
わぉ~う有難うございます。
昨日帰りが遅く、今「You Tube」でとりあえず
聞いてみました。
当たりでした。
早速CD探します。
本当にありがとうございました。

今度お店にこっそり伺います。。。
 
 
 
◇はるさんへ (nikidasu)
2011-03-12 14:08:33
ビンゴ!でしたか?
それはそれは良かったです。
予告編を見て、以前に深夜のテレビ放送でちょっとだけ観たような気もしますが、
改めて今度一度観てみようと思います。

ちなみに、こっそりでも全然構いませんが、出来れば声をかけてみて下さい。
出来れば、ではありますが…。
 
 
 
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-20 15:02:50
相変わらずクリント・イーストウッド監督は
良質な作品を提供してくれます。
死後の世界はどうなるか?
生きている我々にとってこの先の命題かも
しれませんね。自分は無の世界だと
思ってます。ただ、死んだ人はこの世に
戻らないので精いっぱい、誰かを愛したいと
願う今日この頃です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ヒア アフター (Akira's VOICE)
静かで前向きな物語。   
 
 
 
ヒア アフター (佐藤秀の徒然幻視録)
丹波哲郎化したクリント・イーストウッド 公式サイト。原題:HEREAFTER(来世)。スティーブン・スピルバーグ製作、クリント・イーストウッド監督、マット・デイモン、セシル・ドゥ・フラ ...
 
 
 
ヒア アフター (映画鑑賞★日記・・・)
【HEREAFTER】 2011/02/19公開 アメリカ 129分監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・ ...
 
 
 
ヒア アフター (eclipse的な独り言)
思っていたより、ヘンテコな映画ではありませんでした。
 
 
 
「ヒア アフター」みた。 (たいむのひとりごと)
”HERE AFTER”、来世。つまりは「死後の世界」に触れた作品をクリント・イーストウッド監督が手掛けるということで楽しみにしてた。(オマケに主演がマット[E:heart01]だし)。とにかくこの手
 
 
 
『ヒア アフター』・・・イーストウッドの新境地もやはり温かい (SOARのパストラーレ♪)
旅先で津波にのまれ、奇跡的に生還したフランスの女性ジャーナリストを苦しめる臨死体験。 ロンドンで薬物中毒に苦しむ母と暮らす双子の兄弟が遭遇する悲劇と、残された弟の切ない想い。 死者と対話できる能力を持ってしまったことで、辛く孤独な人生を送っているサンフ...
 
 
 
映画「ヒア アフター」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ヒア アフター』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/19)鑑賞。初日の夕方の回で観客は40名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。予告編での期待の仕方で、だいぶ評価が変わるように思う作品。 ざっくりストーリー ...
 
 
 
ヒア アフター・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全ての人間が絶対に避けられない瞬間、それは“死”である。 死はすべての終わりなのか、それとも新しい何かの始まりなのか。 巨匠クリント・イーストウッドが齢80歳にして新たに挑んだのは、彼自身にも確実に...
 
 
 
映画レビュー「ヒア アフター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ヒア アフター [DVD]◆プチレビュー◆死と隣接した3人の男女が巡り会う物語。これまでのイーストウッド作品とは少し違う手触りだ。 【65点】 仏人ジャーナリストのマリー、霊能 ...
 
 
 
ヒア アフター (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞ヒア アフター/HEREAFTER 2010年/アメリカ/129分 監督: クリント・イーストウッド 出演: マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン...
 
 
 
『ヒアアフター』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン、ジェイ・モーア試写会場:ニッショー...
 
 
 
ヒア アフター (悠雅的生活)
野球帽。チャリングクロス駅。ディケンズの朗読。
 
 
 
人生は必然で出来ている。『ヒア アフター』 (水曜日のシネマ日記)
生と死を身近に体験した人間の物語です。
 
 
 
『ヒア アフター』 ボーナスはないものと思え! (映画のブログ)
 私は世事にうといので、小田嶋隆氏のコラムではじめて「パワースポット」なるものがはやっていたことを知った。2010年のことである。  パワースポット――敢えて訳せば「力のある観光地」となるだろうか。パ...
 
 
 
映画:ヒア アフター 「死別」に苦しむ人々に降り注がれ続けるイーストウッドの眼差し。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずカミングアウトすると、実は監督としてのクリント・イーストウッドはあまり好きではなかった。 もちろん、対で戦争を冷酷に描写した「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」は傑作だと思っていたが。 ところが、最近の「チェンジリング」でフまずァースト・ダウン....
 
 
 
ヒア アフター  「割れ鍋に閉じ蓋」 か~?英語で言や~Every Jack has his Jillや~(笑) (労組書記長社労士のブログ)
 この映画、2つの試写会に当選していたのだけど、どっちも行けなかった。 今の役職(書記長→執行委員長)になってから、様々なアポを空いている日にどんどん放り込んでいて、平日夜のあらかじめフリーな時間がほぼ皆無になっているせいだ。 正直、なんだかなあ~って感...
 
 
 
映画「ヒア アフター」 (FREE TIME)
映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。
 
 
 
ヒア アフター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
製作総指揮スティーヴン・スピルバーグン×監督クリント・イーストウッド、“硫黄島二部作”のコンビが送り出す感動のヒューマンドラマ。津波で生死の境を彷徨った女性、霊能力者 ...
 
 
 
ヒアアフター (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド最新作! 「今回も絶対泣かせてくれそう!え、でもスピルバーグ製作?ケネディー&マーシャル系ならまだマシかな?」 いつからスピルバーグの名前を聞くと及び腰になるようになってしまったんでしょうかw 予告編を観る限りそれでもきっと感動さ....
 
 
 
生と死、そして希望 (笑う学生の生活)
21日のことですが、映画「ヒア アフター」を鑑賞しました。 双子の兄を亡くした少年、津波で死を垣間見た女、死者と話せる能力に苦しみ男 3人が希望を持つまでのドラマ じっくりと 静かに進んでいくストーリー それぞれのドラマが描かれる イースドウッド監督だけあり...
 
 
 
ヒア・アフター  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  マット・デイモン  セシル・ドゥ・フランス  フランキー・マクラレン  ジョージ・マクラレン   【ストーリー】 ジャーナリストのマリーは、東南アジアで津波に飲み込まれ、呼吸が停止した時に不思議な光景を見る。サンフランシスコ―かつて霊能力者と...
 
 
 
「ヒア アフター」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・米/配給:ワーナー原題:HEREAFTER監督:クリント・イーストウッド製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア製作:キャスリーン・
 
 
 
映画「ヒアアフター」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ヒアアフター」観に行ってきました。 クリント・イーストウッドが監督を、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担っている、マット・デイモン主演作品です。 映画「ヒアアフター」では、人の死と死後の世界をテーマに、それぞれ3人の人物にスポット...
 
 
 
ヒア アフター (voy's room)
  アメリカの一部の間では有名だったジョージ(マット・デイモン)。死者の声を聞くことが出来る霊能力者として本まで出版されたが、死後の世界と交信することに疲れ、今では工場で働いている。フランスで有名なジャーナリストのマリー(セシル・ドゥ・フランス...
 
 
 
ヒア アフター(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ ここ2年ほど見た映画のコメントをまともに書いてませんでしたが、落ち着いてきたのでそろそろ書いてみたいと思います。 久々に書くのは大好きなクリン ...
 
 
 
「ヒアアフター」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「グラン・トリノ」「インビクタス」のクリント・イーストウッド監督最新作は、双子の兄を亡くした少年、臨死を経験した女性キャスター、人の死に触れる事に疲れ果てた元霊能力者...
 
 
 
「ヒア アフター」 (ここはここ)
映画 「ヒア アフター」 HEREAFTER を観ました       クリント・イーストウッド監督 2010年 アメリカ 死を直接、間接的に経験した三人が、生き方を求めさまよった先に交差する。   最近はイーストウッド監督の映画を観る度に言ってると思いますが、 とて....
 
 
 
ヒア アフター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ヒア アフター』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)本作品を監督したクリント・イーストウッド監督の映画は、最近では『インビクタス』や、『チェンジリング』、『グラン・トリノ』を見ているので、この映画も頗る楽しみでした。  本作品は死を巡るものといえま....
 
 
 
No.244 ヒア アフター (気ままな映画生活)
【ストーリー】 巨匠クリント・イーストウッドが、死後の世界にとらわれてしまった3人の人間の苦悩と解放を描いたヒューマン・ドラマ。サンフランシスコに住む元霊能者で肉体労働 ...
 
 
 
『ヒア アフター』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ヒア アフター 』 (2010)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、フランキー・マクラレン、ジ...
 
 
 
ヒア アフター (だらだら無気力ブログ)
「硫黄島からの手紙」以来のコンビとなるクリント・イーストウッド監督と スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮で贈るスピリチュアル・ヒューマン ・ドラマ。 死後の世界をテーマに、それぞれのかたちで死と向き合った三者の人生が 運命にいざなわれるがごとく絡み合っ...
 
 
 
『ヒア アフター』  (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ヒア アフター」 □監督 クリント・イーストウッド       □脚本 ピーター・モーガン   □キャスト マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、...
 
 
 
ヒア アフター (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ヒア アフター'10:米◆原題:HEREAFTER◆監督:クリント・イーストウッド「グラン・トリノ」「ミリオンダラー・ベイビー」◆出演:マット・デイモン、セシル・ド・フランス、フランキー・ ...
 
 
 
映画『ヒアアフター』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-20.ヒアアフター■原題:Hereafter■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:アンゼたかし■鑑賞日:3月13日、渋谷シネパレス■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)□監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド□脚本・製作総指...
 
 
 
mini review 11541「ヒア アフター」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『イン....
 
 
 
ヒア アフター (Hereafter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 クリント・イーストウッド 主演 マット・デイモン 2010年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ “死後の世界”ってのには、常々「あったらいいよなぁ」と思っている私。頭ごなしに否定する気はなし。ただまぁ、「宗教や文化の垣根を越えて、多くの人が似た...