中川の現在地

月に一度は更新してます。

リスクのないところにCHANCEはない!

2018年02月19日 | Weblog
ご報告です!


いよいよ弊社のアメリカへ古民家を届ける事業がリアルになってきました!



『価値あるものに命を吹き込む…』伝統技術に裏打ちされた『古民家』が好きな



方は『日本人だけではなく、外国人にだっていらっしゃるはずだ!』という単純



な発想から『海外へ…』と言い始めたのが今から一年前。


2年目の今年は、西海岸在住アメリカ人で日本建築・日本文化に精通している


大工さんと知り合うことができたり、海外の富裕顧客に特化されていらっしゃって


英語ペラペラ日本人不動産会社さんとアライアンスが結出来たり…と思い描き行動


するとドンドン道が開けるという奇跡の連続に驚いております。



古民家売買は、弊社でなくても同業他社でも行うことが可能ですし、


一般不動産業務には、新規性・独自性・社会性など何もございません。


しかし、古民家を軸に事業領域を少し広げてみると『古民家の活用』


という領域であったり、『古民家の移築』という領域が出現します。


『活用』『移住』『届ける』を事業の柱にすることで『新規性』『独自性』


『社会性』が事業に備わります。


まだ未開拓事業であります『届ける』という『移築』事業について


継続的にパートナーとなって頂けるアメリカ人在住で日本建築を手掛けられている


方と繋がることが出来き、現在下交渉がほぼ終える事ができましたのでいよいよ


シリコンバレーまで行って4月14日からface to face で話し合って参ります。


『成功するか?失敗するか?』


『向上する為には成長するしかない。成長する為には失敗するしかない。


失敗する為には挑戦するしかない』というトライ&エラーの気持ちを持ち


自分自身がわくわくドキドキしながら挑戦したいと思います。


さぁ、4月の西海岸上陸を目指し冒頭の挨拶だけ英語で喋れるように特訓です。


日々前進、日々精進で頑張ります。


㈱中川住研のホームページはこちら
きっと見つかる田舎の家サイトはこちらから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私の羅針盤

2018年01月10日 | Weblog
昨年、知人からお風呂に沈めると水素風呂になる『バスクリエユー』を頂戴しました。


当初はあまり興味がなかった水素風呂ですが、効能を調べるとストレスや、髪の毛にも、


お肌にも良いと知ってしてしまったので、今では、毎日、忍者の様に水面から口だけ


を出し全身浸かっております。



しかし、潜るのは1番風呂の時に限ります・・・


毎日、読書しながら半身浴をするのが今となっては一日の終わりを告げる至福の時間でございます。


恥ずかしながら20代まで本を読む習慣なく、テキトーに育ちました。周囲には場数を踏むことが


登竜門的な風潮があり私もその登竜門をくぐっておりましたが、失われた10年、不良債権、リストラ


リーマンショックなど日本経済がズタズタでどうにか、こうにか目先の仕事をこなすだけの毎日が


不安で不安で仕方なかったことが、本を読むきっかけになったと思います。


世の中の沢山の読書家に比べれば、私レベルの読書など恥ずかしいレベルですが


同じ本でも以前に読んだことがある本を改めて読むと、以前読んだ箇所とは違う箇所が


気になると、やはり『読む』ことは『学ぶ』ことだなぁ…ともっと幼少期から勉強しとけば


よかった…しもたーと後悔の連続です。



もぅ…すでに始まっている世界規模の転換期。都会に居ても田舎に住んでいてもこの転換期は同じです。


自動運転、シェアリングエコノミー、AI、IOTなどの今日までの常識が変わるパラダイムシフトによって


必ず変革の波がやってきます。


その波は我々の不動産業界だって同じです。


いつ何時来るか判らない大きな波で転覆しない様に…


また、まだまだ続くこの先の人生を後悔しない為に…


絶対に会社を存続させる為に…


社会貢献企業に生まれ変われる為に…


世界中を旅し自分見聞録を高める為に…


これからのパラダイムシフトに向けて『私の羅針盤』の精度を高めたいと思います。


とりあえず、『経営者の端くれでも絶対に読んでおかねばダメだ!』と言われたことを


思い出したので、遅ればせながら司馬遼太郎『坂の上の雲』を読んでみたいと思います。



毎度!オオキニ!中川住研です
田舎暮らしについて語りましょう!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のスローガンは『結果にコミットメント』です!

2018年01月06日 | Weblog
新年、明けましておめでとうございます。


旧年中は、大変お世話になり誠に有難うございました。


今年も私は『トライ&エラー』を胸に、少々のリスクにビビることなく


突き進みたいと考えておりますので、どうぞ私の背中を押したり


また、止めて頂きます様よろしくお願い申し上げます。




年末年始は、家に引きこもりドラマ『陸王』を何度も、何度も観返し


『零細企業がリスクに怖気づくようでは会社の未来などない!』と


すっかり『陸王』にハマったお正月でございました。


今年は、本格的に海外へ①古民家②アンティーク家具③灯ろう④数寄屋門など


日本文化を発信し、従来の呼び込む『移住促進』の拡大と、新たに届ける『古民家移築』


や『日本の技術力の結晶商品』を、海外(西海岸から)に売り込むというリスクをとって


勝負する元年となりますので、無駄な電気を消して、外食とオシャレを控え、節約を心掛け


『結果にコミットメント』に拘りたいと思います。


てな訳で!?決意を胸に仕事始め前に日本人のこころの故郷『伊勢神宮』へ参拝して参りました。

  

今年の㈱中川住研のスローガンは『結果にコミットメント』です。


どこかで聞いたような・・・・!?


そぅ…ラ〇ザップのチャッチフレーズです。


仕事のリスクを取るのであれば『結果にコミットメント』することが当たり前でありますが、


過去を振り返れば、本当に貪欲なまでに結果にコミットメント出来ていたのか?と問われると


『目標の一歩・二歩・三歩何か理由を見付けて、目標手前辺りでこれでいい!これでいい!と


万歳して喜んでいた様な・・・・』


リスクを取って少なくとも勝負するのであれば、ありとあらゆるリクスをしっかりと把握した上


『結果にコミットメント』し、昨年以上の『わくわくドキドキ会社』となれるよう精進致しますので、


今年も株式会社 中川住研をどうぞよろしくお願い申し上げます。


早速『1月の目標にコミット!』




毎度!オオキニ中川住研です。
田舎の寒さを知ってください!たいして寒くないかも!?
嵐山から電車で二駅亀岡市の古民家はこちらから






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第45回ホノルルマラソン

2017年12月19日 | Weblog
今年1年間の締め括りとして『ホノルルマラソン』に参加してきました!


ホノルルマラソン3回目の今年は、私のマラソン談義が功を奏したようで、マラソン未経験者や


経験者と一緒に参加し、楽しく!?どうにか…?こうにか…?なんとか…?昨年タイムを


1時間縮めて完走できました。


しかし、目標としていた5時間台は切れませんでしたが…


昨年は、ホノルルに到着した次の日にスタートするという時差ボケ日程を見直し


マラソン2日前に現地に到着致しました。


しかし、12月上旬頃からギックリ腰が再発したので練習も出来ず、出発前日まで


接骨院で針治療をし、テーピングとコルセットで腰を保護しながらの出発でした。


ケチってエコノミー席だったので、到着した時は本当に出場できないのではないか


ぐらい激痛に襲われており、棄権という選択肢も考えましたが、とりあえず


走れるところまで走って、ダメならリタイヤしようということで、午前3時起床し


コルセットを絞めいざスタートラインに!!




花火が打ち上がるホノルルマラソンのスタートを体感すると、やはり1年間の締め括りは


この場所に立たなければ…と感じますね!



前日は、時差ボケ日程を改めたのにオッサン3人で決起大会を開催致しついつい飲み過ぎました。


フルマラソン、特にホノルルマラソンは走ってて気分ががいいのは25キロ~30キロまでですね!
 


鍛えてない者や、体調を整えてない者は、残り10キロになると鬼の形相となって


ゴールを目指さなければなりません。


今回で三回目というのに、過去の経験、反省も活かすこともなく自分イノベーションが起こせて


なかった私は、一緒に走っていた皆から置いてけぼりをくらった結果、一人で走る、歩く、走る、歩く、


しかも、すごい形相で…今から悪の化身に変身するのではないか?という顔付でした。

 


しかし、残り10キロは、今年1年自身を振り返り反省するのが私のホノルルマラソンではないかと!

ゴールで待ってくれていた皆さんと記念に!


  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のpowerフレーズ

2017年11月23日 | Weblog
『成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。


いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身に付けているかどうかの問題である』


マラソン練習にイマイチ身が入らない時に出会ったピーター・ドラッカーの言葉です。






さて、いよいよ12月10日は第45回ホノルルマラソンです。


早いもので、三度目の参戦でございますが、ドラッカーいわく成果をあげる為の


習慣的な姿勢もなければ、基礎的な方法ではなく、あるのはサビついた根性論


だけですが今年は、私のホノルルマラソン漫談から『来年は私も走りたい!』と


いう勇気ある5名の方も参加されます。


ホノルルマラソンキャプテンとして、私が行けなくなることは、私の信用失墜となり


ますので体調に十分気を付けて1㌔を8分の計算の5時間台でゴールを目指したいと


思います。



もし、今年の芸能人枠ランナー浅田真央ちゃんと並走出来れば私のpower


フレーズ『勇気を振絞って一歩踏み出してみる』を実践したいと思います。


万が一、私と真央ちゃんとトリプルアクセル談議が盛り上がればその夜ディナーの


約束が取り付けられる可能性だってゼロではなくなります。


勇気を振り絞って一歩を踏み出さなければ可能性はゼロのまま


1歩を踏み出すと結果が大きく変わるという私のpowerフレーズを実践し、


ホノルルマラソン三度目の正直で好成績を目指したいと思います。


そして、今年も残り1ケ月です。


忘年会はそこそこに気合を入れて日々前進、日々精進したいと思います。



 毎度!オオキニ!中川住研です!
 
一棟貸古民家あります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トントン拍子に・・・

2017年10月27日 | Weblog
トントン拍子にビックリしております。


ある日、弊社にアンケート用紙が送られて参りました。


このアンケートの送主さんは『空き家管理業』をされている会社や


団体向けに『事業内容の確認』と『空家問題に関する調査』をされて


いらっしゃる方からでした。


送主は、宇都宮共和大学の専任講師さんからで弊社が取り組んで


いる内容と少し異なりましたが『もしかすれば…このアンケート集計が


弊社にとって気づいてない事や新たな切口のアイディアに繋がるかも!』


という切ない願いを込めてアンケートを返信し、しかも、返信用封筒には


弊社の取組をまとめた冊子をコッソリ忍ばせて・・・・


有難いことに数日後、送主さんから


『是非お会いしてお話をお聞かせ願いたい…』旨の連絡を頂戴しました。


心の中でガッツポーズ!『よし!』


8月の暑い日、栃木県から亀岡までお越し頂き、お互い汗だくとなって空家問題


や古民家再生を軸とした弊社の取組内容や目指すボジショニング、将来性


などタップリと意見交換をさせて頂きました。


しかも、事前に弊社のホームページを隅から隅までチェックされてたり、


お送りした冊子も付箋が貼りつけてあったり、線が引かれていたりと


戦略など全てドンピシャで把握されていらっしゃたので私も嬉しくなり


近年稀にみるベシャリも絶好調で話は尽きませんでした。


私は、弊社事業に興味を持って頂いた方なら包み隠さず事業内容をお話を


させて頂くというスタンスなんですが、弊社の様な小さな取組に興味を


お持ち頂き、尚且つ、書籍化して頂けるなんて・・・・


世の中には本当にあるんですね!トントン拍子って




世の中どこで…どぅ繋がって、トントン拍子に発展していくのか


本当に不思議です。


『もしアンケートを捨ててたら…』


『もし〇✖で普通に回答していたら…』


『業務処理的にデータ収集を目的に取り組んでおられたら…』



何か一つでも欠けていたら…今回の様に私には持ち合わせてない


学術的な側面からご支援頂けなかったのではないかと思います。


先生、きっとこのブログを読んで頂いていると思いますので


この場をお借りして改めて感謝します。有難うございました。m(_ _)m


ということで…頂いた文書を丸暗記すれば丹波弁から論理的な


表現になれますので、これを持って次は、滋賀銀行サタデー起業塾に


エントリーしております『野の花賞』で1位獲得を目指し精進したいと思います。


二十数社のエントリー中、一次選考を突破し只今二次選考中でございます。



ある方から言われたのですが…


今の私を見ていると、地上で大きく羽を広げてパタパタパタパタ


飛びたてずにバタバタと走り回っている状態らしいです。


まぁ…当たっておりますので何も言い返せませんでしたが、今回、弊社の


取組を取り上げて下さった先生はじめ、多方面の方々からのご協力・ご支援


ご期待を裏切ることなく、羽を動かすことや動き回ることを止めることなく


上昇気流を掴めるよう日々精進・日々前進したいと思います。



さて、さて、早いもで11月です。


今年も残すところ2ケ月となり気持ちばかりが焦りますが、12月は


1年間の反省と来年に向けた決意を胸に参戦する


第45回ホノルルマラソンです。


今年の芸能人枠ランナーは浅田真央ちゃんということなので


『トリプルアクセルについて』雑談しながら並走できる様、日々の調整、


怪我とオーバーウェートに気を付けて11月を過ごしたいと思います。




毎度オオキニ!中川住研です
秋です!田舎です!おこしやす亀岡
田舎暮らし物件はこちら





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神頼依存症です

2017年09月20日 | Weblog
あぁ!っという間の1年間です。


気がつけば私の1年の集大成と位置付けておりますホノルルマラソンまで


3ケ月となりました。


今年は、ホノルルマラソンも第45回記念大会ですので例年以上の気合が


入ると思いきや…モチベーションの維持とは難しいものです。


過去2回参戦前の気合はどこへ?走っても走ってもタイムがあがらず


また、走れば走るほど股関節痛が痛くなるので半ば諦めムードがでております。


9月15日に調整で出場予定だった『大阪城ナイトラン』も急な仕事と重なり


取りやめた瞬間『今年のホノルルマラソンはこれはアカンわぁ…』と感じた瞬間で


ございました。


でも、今年はいつも仕事でお世話になっているフルマラソン経験者の同業者さんを


無理やり連れて行き、また、昨年度、私費出版をした際にお世話になったライターさん、


カメラマンさんに私のホノルルマラソン談義がきっかけとなって参加される意思を表明


されましたので、自称ホノルルマラソンキャプテンとしてはグダグダでカッコ悪い


姿だけはみせられません。


調整目的で走っても今一つダメなので、あと3ケ月で体重を5キロ減らし、完走出来る


様に神様・仏様にお願いして挑みたいと思います。


くれぐれもハワイ到着でテンションが舞い上がりフラフラにならぬよう体調万全で


挑みたいと思います。




さて、先日、金融機関が主催されていらっしゃるサタデー起業塾に参加してまりました。



このサタデー起業塾超オススメです。


9月は、株式会社 農業総合研究所 様の社長の起業から上場そして将来展望を聞きながら


私よりも年下42歳!農業で?マザーズ上場、率直に心の中で『えぇ…すげ…なぁ』の連発で刺激を頂きました。


モノ事は一方向だけで見るのではなく、横から、斜めから、下から見えれば形も考え方も変わります。


常識に問われず、常に疑問を持ち違う角度で見続けることで新たな発見や課題が見つかる。


イノベーションはクエッション(Q)『何故?おかしいな?どうすればいいのかな?』


から始まり、次はパッション(P)『よし!俺がやってやる!何とかしてやる!』…となり


それが会社のミッション(M)になればイノベーション(I)が起こせる。


【QPMI】という考え方を再度思い出した株式会社 農業総合研究所のお話でした。



また、今回第2部に『野の花賞』にエントリーをした企業さん24社が2月に行われる


最終選考を目指してショートプレゼンを行う日でもありました。
野の花賞のページ



しかし、1社プレゼン持ち時間2分間です。


私のビジネスプランは例えると『風が吹けば桶屋が儲かる』的な説明が必要ですから


全体を説明するとなると2分では足りず、カット圧縮して練習して挑んだのですがカット


し過ぎて自分でも何から説明すればいいのか?という迷宮に迷い込み超グダグダで終了


したショートプレゼンでした。



他のエントリー企業のプレゼンを聞くと『風が吹けばなぜ桶屋が儲かるのか?』という結果から


説明すればよかったと…私の準備不足という後悔が大きくなり最終選考に残れるかどうか?は


毎度おなじみの『必殺神頼み』といういつまで経っても進歩がない自分を情けなく思っております。


必死に準備もせずにホノルルマラソン参戦するも最後は神頼み…


持ち時間2分では少ないと諦めて挑んだショートプレゼンが全然だったので、最終エントリー企業選定も神頼み…


一点の不安もなく説明をしているつもりでも不動産成約ができるかどうかも神頼み…


この神頼み依存症から脱却しなければ本当の意味でイノベーションは起こないと思っておりますが…



♪♪一日一回今日もどこかで合掌m(・・)m 礼拝m(~ ~)m



               毎度!オオキニ!中川住研です
               周囲に畑や果樹園がある南丹市園部町の古民家でSLOWLIFE














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三十三ケ所日記~兵庫編

2017年08月24日 | Weblog
今年の夏季休暇は西国三十三か所を巡る旅と称して兵庫県まで行って参りました。


世間は夏季休暇が始まりましたので、案の定名神高速道路45キロ渋滞を表示。


国道372から一路播州清水寺を目指し途中、篠山付近で渋滞となりましたが


何とかお昼過ぎに到着出来ました。

   


六甲の山並み、瀬戸内海、淡路島、明石海峡大橋、家島、四国等が見渡すことが出来ると


聞いておりましたが、うだるような暑さから一刻も早く避難する為見渡すことを忘れておりました。


ここは紅葉の時期に訪れるお寺ですね。。暑さで水を飲み、そしてすぐ汗になる猛暑日は


避けた方がいいですね。


西国第25番 御嶽山 播州清水寺 ゲット


御詠歌【あはれみや 普き門の 品々に なにをかなみの ここに清水】



続いては、西国第二十六番 法華山 一乗寺を目指し渋滞の中ノロノロ移動・・・



本堂までは三つの石段を上がらなければならず・・・




この三重塔は平安時代末期、承安元年(1171年)の建立とされており、建築年代が明らかであり、


日本最古の塔らしいです。


汗だくとなりながら西国第二十六番法華山 一乗寺ゲット
御詠歌【春は花夏は橘秋は菊いつも妙(たえ)なる法(のり)の華山(はなやま)】



旅の帰りに訪れたお寺は、第二十四番 紫雲山 中山寺。



中山寺の「鐘の緒」は、女性の大役である出産の無事安泰を祈る安産の寺として名高く、安産を


祈る人々が全国から腹帯を戴きにまいられるそうなので配慮して近代的にエスタレーターが設置して


ありました。


第二十四番 紫雲山 中山寺ゲット
御詠歌【野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へ参るは 後の世のため】




兵庫県の次は、年内に1番札所の和歌山県勝浦まで行きたいと思います。


せっかく勝浦まで行くのですから熊野古道を歩いてみたり、海の幸を堪能


できる時期に行きたいものです。


今回の西国三十三ケ所巡りの写真ですが、スマホ最適化アプリを起動させた途端、


画像データが全部飛んでしまい、1枚もMY写真がなくなりましたのでネットから


拝借させて頂きました。


せっかくこの3つのお寺を訪れる為におnewの服を購入し、コーディネートバッチリで


行きましたのに…


お盆休み最終日は京都の六波羅密寺さんで写経をし、心を整えて仕事始めを迎えようと


思い寄せて頂きましたが、この日も暑さで集中力がなくなり、写経の出来栄えは


あっち向いてホイでした。



まだまだ修行が足りませんので、来月も引続き精進したいと思います。


日が経つのは早いものでもう9月。気が付けばホノルルマラソンまで4ケ月


気持ちだけ焦りますが、コツコツ精一杯精進したいと思います。



合掌(^^)礼拝(ー ー)


毎度オオキニ!中川住研です

古民家を海外発信チャレジン中


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんにちわ!Kirk!?

2017年07月23日 | Weblog
毎年、弊社は決算月が終わればご支援を頂いた金融機関さん、税理士さん、司法書士さんらを


お招きして決算反省会と称して一杯飲みながら、1年間の反省と今年一年間の決意と私の漫談を


聞いて頂いております。


今年は、漫談ネタも無くなって参りましたので元祇園甲部の芸妓であったjazzシンガー


MAKOTOさんのディナーショーに皆さんと共に参加し株式会社 中川住研第27期決算反省を


開催させて頂きました。



関係者各位の皆様と海外発信でお世話になる方にもご参加頂き、一緒に円卓を囲んだのですが、



反省も決意も漫談もないまま食事時間が終わり、MAKOTOさんのjazzタイム。



しかし、MAKOTOさんが歌うjazzはお酒がすすますね。飲み放題ということもあり


私の前には、ビール、日本酒、ワイン赤、白、シャンパン…


飲み放題は飲まないと損した気分になるという貧乏根性はいくつになっても治りません。。。


フラフラになりました。。。





私の隣には、古民家売買を世界に発信したい!という私のワガママにご協力を


頂いておりますグローバルブリッジコンサルティング(GBC)代表のハワード山本さんから
グローバル・ブリッジ・コンサルティングはこちら


『海外の不動産会社と中川住研が連結する場合、プレジデントとして海外用のニックネーム?


がいるのではないですか?』と提案を受けました。


山本さんもHowardというニックネームを映画のポスターからHowardから取ったそう


ですので、決算反省会、今期の目標など金融機関さんに語るべき事柄を横に置いとかせて頂き


私のニックネームを考えるという会話で盛り上がりました。


『克之のKATSUはベタやしなぁ…』『中川のNAKAもベタベタやしなぁ…』


…とあ~でもない、こーでもないとワイワイしておりましたところ、Howardさんから


『克之だしカーク!ではどうですか?』


『カーク!いい!カークにしましょう!KIRK NAKAGAWA』


という事でその瞬間から『カーク!』と呼ばれ、私も『yes!I am KIRK!』


…と結局はベタな会話で盛り上がり、早速、カーク中川と一心同体となるべく名刺作成。



本を作ってみたり、空家となった古民家を借上げたり、海外に発信すると言ってみたりと


『一体、支出ばかり伴うことをして何を考えているのか?』とご指摘を受けます。


しかし、古民家売買というのは全国的にみても珍しい事ではありません。また、特許で


守られるということがなく、模倣されやすいからこそ誰も思いつかない事や、支出を伴って


までも海外発信すると言った一つ一つが弊社のパーツとなり、これら全パーツが揃えば


移住促進ビジネルモデルとなり参入障壁や、同業他社と差別化になるのではないかと


考えております。


てなことで株式会社 中川住研第28期目は『古民家』という日本文化を世界に発信し


外国人の方でも安心して購入できる環境と体制を整えながら、弊社のMISSIONに


共感を持って頂ける海外の不動産会社を探したいと思います。


とりあえずカーク君英語猛勉強しないと…

毎度オオキニ!中川住研です
南丹市園部町で8月古民家を新発売の予定!
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これぞ日本の家を売り出します

2017年06月28日 | Weblog
昔の方は家を建て替える場合、ご近所の大工さんにお願いし、瓦葺・焼き板・


土壁・太い梁を使った日本家屋を建てることが田舎の習わしでございした。




毎日、施主は十時・お昼・三時・五時とお茶を用意し、完成まで約1年要しますので


建築コストや、完成までの間、お茶とお菓子を職人に出す習わしなどもあり、


また、これらを建てることができる腕のある大工さんが減少したことも重なり


今となっては、田舎でもこの様な家を建てることはなくなり、反対に


工期、価格が見える化し、手間も掛からないハウスメーカーの家が建ち


田舎の家の『習わし』や『文化』も失われつつありますが、この様な家に


住むということは、文化を継承することにも繋がると思います。


築後20~30年経過してもこの様な建物の趣は、全く古さを感じさせません。











7月8日(土)、9日(日)京都府亀岡市本梅町にて、こちらのオープンハウスを行います。


京都縦貫道『亀岡IC』から車で約17分。


JR亀岡駅まで車で25分。


伊丹空港まで車で50分。


車で5分も走ればコンビニや保育園、小学校、中学校があり、子育て世代の方でも充実した周辺環境。


是非、この機会に太い梁、大きな敷地、大きな玄関ホール、ホンモノの木材など日本家屋を実際にご覧くださいませ。


多数のご来場を心よりお待ちしております。


毎度!オオキニ!中川住研です
日本家屋の詳細はこちらからどうぞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加