写経はええもんですね!

2017年04月21日 | Weblog
今年から西国三十三ケ所巡りを始めようと朱印帳を購入しました。


今日までを振り返ると、神社仏閣巡りとは真逆を行く人生でしたが


神様、仏様、皆様のおかげ様で、どうにか健康で人生を折り返すことができました。


これからの人生の折り返しは、日本の長い歴史の中で育まれた日本人たる所以の


信仰に触れてみたいと感じ西国三十三か所巡りを始めるに至りました。


そして、先日、先ずは『六波羅密寺』から私の西国三十三ケ所巡りのスタート


記念として写経をさせて頂きました。



頭の中で『健康!健康!商売繁盛!商売繁盛!』お願いしまっせ!頼みまっせ!と唱えながら


写経をしていたのですが、邪念いっぱいだと字が乱れたり…1文字が乱れれば全体のバランスが崩れ


なぞっているだけなのに仕上がりが整ってないのにビックリ致しました。


しかし、偶然でしょうか…写経をしている途中、幼少期、お寺の和尚さんに教えて頂き般若心経の


『無苦集滅道』という言葉を思い出させる為に、私を写経へお導き頂いたのではないかと


感じました。合掌。。礼拝、、


~無苦集滅道~
『苦』をなくすための正しい道(八正道)

1)正見・・・正しいものの見方をする。
2)正意惟・・正しい考え方をする。
3)正語・・・正しい言葉を話す。
4)生業・・・正しい行為をする。
5)生命・・・正しい生活をする。
6)正精神・・正しい努力をする。
7)正念・・・正しい信念を持つ。
8)正定・・・正しい精神集中の修行を行う。

コロっと忘れていた言葉を思い出させて頂きましたし、改めて心のセンターに置き、


西国三十三か所巡りを始めたいと思います。











毎度!オオキニ中川住研です!
豊かな自然に包まれて・・・田舎暮らしのことなら






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なにわ淀川ハーフマラソン大会

2017年04月10日 | Weblog
先月、友人が結婚式を東京表参道でするというのでお仕事をお休みし


出席させて頂いて参りました。東京は街がオシャレですね。歩いているだけで


ワクワクしました。
  
友人の結婚式、新郎44歳、新婦32歳で年の差12歳!という


大変羨ましい結婚披露宴でした。。。。


前日の夜、学芸大駅に降り立ち明日の結婚式本番などお構いなしで


早く帰って寝たい友人と深夜まで酒を酌み交わし『12歳も下は


アカンやろ、、って言うか羨ましい…』と私の心の奥に潜んでいる


願望や嫉妬心が爆発したようでフラフラに酔っ払ってしまいました。


次の日、披露宴でトップバッターでご祝辞を述べさて頂く事となって


おりましたので、朝からお久しぶりにガタガタ緊張しておりましたが、


時間5分程度の挨拶でOKなところ、喋り出すと調子が出てきて10分以上も


喋り、最後は新婦の友人席に向かってドヤ顔で締めくくりました。
   
しかし、ウケるハズだった中川漫談イマイチ東京ではウケませんでした。。。






今年も3年目ホノルルマラソンに向けた戦いが開幕しました。


シーズンの始まりはこの大会から!ということでお客様との


打合せを休ませ頂き、4月2日に『なにわ淀川ハーフマラソン』に参戦して参りました。





当日は、天候にも恵まれましたので気持ちよく走れましたが、ホノルルマラソンでも


悩まされた股関節痛が15キロ付近からでて今年も毎年同じ課題(股関節痛)が浮彫になった


レースでした。


股関節ってどないしたら鍛えられるんでしょうかぁ…
  

5月は大阪城ナイトラン10キロに出場します。さぁ!今シーズンも健康体を維持しホノルルマラソン


完走目指してガンバります!




毎度オオキニ!中川住研です
京都古民家まんが塾 第一期生を募集中です!









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Yes,We Can!?

2017年03月23日 | Weblog
2017年は『田舎暮らし事業+social』を世界発信を掲げます。


しかし、単なるHPとSNS頼りで漠然と発信するのではなく、購入層を具体的に


セグメンテーションをし、アメリカ・ヨーロッパに㈱中川住研+social事業に


参画してくれる会社とアライアンスを締結し、定期的に販売見学会や古民家


体験会ツアーなどが開催できるモデルまで構築できればと考えております。


今年、具体的なターゲット層を定めてみる作業をしておりましたところ



『日本の古き良き暮らし方や伝統建物である古民家に興味ある日系人と日本にゆかり



のある外国人』…と市場があるか判らない上、狭いターゲット層となりました。



ごっつう狭いターゲット層に向けて発信する方法・内容を考えれば考えるほど、



『もしかしたらこの取組が経費倒れに終わるのではないか…』…と昔の経験が



思い出されます。。。。



今から約10年前、ベンチャー企業の社長に指名され、サーフィン未経験者の私が



サーフボード制作会社の社長に就任し海外発信した際、告知やマーケティングに



大半の経費を割り当てたのはいいが、告知しまくっても商品が売れないという



スパイラルに陥り次から次へと…。新しい媒体・企画・プロモーションを探し



借金が増え続けフラフラとなりましたニガイ経験がよみがえります。



しかし、多額のお金を使って海外発信に向けた取組の陣頭指揮がとれ、実際に世界を肌で



感じることができた貴重な経験を今回、必ず活かしたいと思います。



今回海外発信する上で、現地との交渉をお願いするエージェントには以前のサーフボード事業で



通訳、現地交渉などを『グローバル・ブリッチ・コンサルティング』山本社長にお願いをし



ました。私の意向や撤退時期などをご理解頂けるということでご指名させて頂きました。



サーフボード事業(地域資源活用に採択)
京都の着物文化が衰退したことで、着物に絵を描く画家さんも衰退している現状と
新築に和室を設けず洋室ばかりになったことで、表具技術も衰退している現状を
着物や和室じゃなくそれぞれの技術をサーフボードに乗せて世界へ発信する事業。



日本の文化を発信するという点ではサーフボードも古民家も『文化』というくくりでみると、



世界に対して語り掛けられる日本の商材だと思いますが、超がつく狭いターゲット層な上



そもそも『古民家売買市場』がないかもしれません。。。。。


市場がなければ俺が創ってやるという覚悟を持って海外版+social事業『


その名称も『YES!WE CAN!?』 俺たちは出来る!



5月頃から本格稼働しますのでこうご期待してください。






毎度おおきに!中川住研です!亀岡で田舎暮らしをしてみませんか?

青野春秋氏 完全サポート 京都古民家まんが塾 第一期生募集中
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「京都古民家まんが塾」

2017年02月15日 | Weblog
古くからの友人から紹介頂いた人気漫画家の青野春秋氏(以下青ちゃん)


2月3日の節分の日、友人と共に京都に来てもらい食事をしながら


青ちゃんが塾長となって若手漫画家を養成する為に「京都古民家まんが塾」を開講し


(⇐名称は青ちゃんが)弊社と連結できないかを提案させて頂きました。



売れっ子のプロの漫画家から直接指導を個人レベルにあわせて受けることが出来、


時には東京の出版社の見学をし、出版社目線で売れる漫画家になるHOW TO


を学べるなど、プロの漫画家からビシビシ指導を受けられるカリキュラムを


古民家で受けて頂くシェアハウス事業です。



空家のまま使われなくなった田舎の古民家を移住という活用方法だけではなく


様々なコンテンツを持つことも+ソーシャル事業として考えていかなければなりません。


また、今回に限らず古民家をスタートアップベンチになれば…必ず田舎に賑わいが創出


されます。



今回、友人経由で青ちゃんに協力をお願いし即OK返事を頂いたこともあり、また、


弊社の夢である「アーティスト村プロジェクト」に向けた最初の取組ということもあり


私的には絶対に失敗できない企画だと思っております。


夢は田舎の集落の空家を数軒単位で借上げ、若手アーティスト群が古民家を


工房ギャラリーにとなる発信拠点になれば弊社が目指すソーシャルビジネスの完成形となります。




また、こちら葛飾区亀有公園前派出所の作者 秋本治氏も亀岡市を舞台にした漫画の


連載がスタートしたというタイミングでもありますし、青ちゃん自身もシェアハウスの


漫画の連載を続けていたこともあり、今回の企画は非常に良いタイミングだと思います。


この良いチャンスを前髪からガッチリと掴みとることを祈念して…





プロの漫画家が個人レベルにあわせた養成シェアハウスIN亀岡市曽我部町にこうご期待を!


場所は京都府亀岡市曽我部町 募集人数15~20名を想定。


家賃設定やカリキュラム、養成期間などまた、お知らせさせて頂きます。


入居者達が働く場所も準備しようか考え中。





空家問題は様々な要因が複雑に絡み合った結果、空家となっている訳ですから


「売りたくない」けど「所有出費を抑えたい」…という所有者の矛盾に寄り添った


「コンテンツ」や「メニュー」を揃え対応しなければ空家問題の解決は出来ないと思います。









毎度オオキニ!中川住研です
亀岡市・南丹市へ移住前に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年昨年と同様ご贔屓に。

2017年01月07日 | Weblog
明けましておめでとうございます。


旧年中は大変お世話になりまして、有難うございました。


今年も昨年と同様宜しくお願い申し上げます。


2017年は酉年、地上でパタパタと羽を動かすだけではなく


顔は大空を見上げ、翼を広げ、羽ばたく努力を惜しまない1年に


したいと思います。


今年も、株式会社 中川住研をどうぞ宜しくお願い申し上げます。




さて、年末年始は毎年恒例の食べて…飲んで…寝てのルーティーンで過ごし


案の定、体重も3キロ増えお久しぶりの80キロ台に焦っております。


今年は『健康と英会話』を掲げ、昨年よりもバージョンアップし進化できるよう


精進し続ける所存でございます。


●健康=ダイエット⇒運動⇒マラソン⇒ホノルルマラソン3度目の正直参戦。


●英会話=海外版サイト作成⇒海外マーケティング⇒ということで必須となりました。


今年も、周囲と一味も二味も違うエッセンスで、私と関わる方々とワクワクドキドキ


を共有し、『笑う角には福来る』精神を心の中心に置く1年とします。



昨年11月、お正月3日放送された人気ドラマ『科捜研の女』の撮影に


弊社所有古民家をお使い頂きました。(鶴見辰吾の家という設定です)


一昨年の高橋克典&松下由樹に続く東映さんにロケ地提供です。


いくつになってもミーハー気分は抜けませんので、撮影の合間、俳優さん


と集合写真を頂きました。(私の隣は俳優ではなく同業者さんです)


予想外の鶴見辰吾さんの男前さと沢口靖子さんの顔の小ささにビックリしました。



いつも東映さんにはお声かけ頂き本当に有難うございました。






2017年も同業他社とは一味違うエッセンスを考え行動する



㈱中川住研をどうぞ宜しくお願い申し上げます。





豊かな自然に包まれて…亀岡市、南丹市で暮らす
株式会社 中川住研のホームページはこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホノルルマラソン日記

2016年12月21日 | Weblog
今月、12月10日からホノルルマラソンに参戦して参りました。


昨年、人生初のフルマラソンを『こんなにもつらいものか…』と


半泣きとなって惨敗となったホノルルマラソンのリベンジ参戦でした。



やはりダイエットジョギング程度では、42.195キロを走れる体とは程遠く・・

長年のタバコに侵された私の肺機能が限界寸前。また、股関節の痛みが30キロ付近から

発生し、あえなく第二回の参戦も終わりました・・・・歩いてどうにかゴールまで到着。



綺麗な花火と共にスタートした時は、快調な滑り出しでしたが…


朝日が登るダイヤモンドヘッド付近でも、『なんて綺麗なんや。来年も頑張って参加しよう^^』


そんなことを考えながらマイペースで走っておりました。
  

しかし、ハーフを超え30キロ付近で股関節に激痛が・・・・足、両肩、首、・・痛みは全身に


歩くのも辛い股関節痛『なんでやねん、あぁーしんどっ』…とブツブツと独り言が始まりました。


ようやくゴールが見えたところ、なんと!ゲッタマンさんが…


こちらのゲッタマンさんと会えると次の年は良いことが起こるという都市伝説があるぐらいです。

なんとかゴール、、まるで優勝したかのようなガッツポーツをしてしまいました・・・・




42.195キロは超過酷です。また、ホノルルマラソン参加にはお金も掛かります・・・


帰り道『忙しい年末に何してるのか?』と自問自答を繰り返しましたが、やはり来年もホ


ノルルマラソンに参戦したいです。


何故なら…そこには未知との遭遇があるからです。


準備不足でフルマラソンに出て、結果…全身筋肉痛となってもがき苦しんでおりますが、


やっぱり、私中川克之という根幹部分は好成績を目指すタイプではなく、参加する1歩目


先ずは1歩目を踏み出し、『やってみる精神』が私の根幹であると思います。


新しいことにチャレンジする1歩目を出し続けるだけではなく、1歩目への準備・慎重さ、


2歩目への準備項目なども併せ持つ必要がありますが、これからも現状に満足せず常に1歩目を


出し続ける男であり、会社であり、我が人生でありたいと思います。


とりあえず来年の課題は30キロ付近からも走れる体づくりと英語力です。


今後とも末永いご声援の程宜しくお願い申し上げます。


来年こそはバッチリ準備して参戦したいと思います。


来年もよろしくお願い申し上げます。


              毎度!オオキニ!中川住研です!
              弊社は悠々自適な田舎暮らしを提案してます



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよです。12・8

2016年12月08日 | Weblog
いよいよ12月10日(土)、ホノルルマラソンに向けて出発してまります。


往復直行便ではなく、伊丹~羽田、バス移動で成田待ち時間2時間を経て、


ホノルルに向かう飛行機で向かいます。
(飛行機代ケチって帰りも経由便ですねん…)

今年は、2回目の出場ですので昨年ほど緊張もしてない代わりに


昨年に比べ練習もしておりません(笑)前日の9日も忘年会です(笑)


今年1年の反省と、来年の目標などを考えながら42.195キロ先の


ゴールを目指したいと思います。おそらく途中で反省も目標も頭から消え


泣きそうな顔となってゴールを目指していると思われます。


それでは皆様6時間台のフィニッシュを目指して頑張って参ります!!


ホノルルマラソン万歳\(^o^)/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベンチャー精神にふれる

2016年11月13日 | Weblog
先日、取引金融機関さんが取引先を集めて定期開催されていらっしゃる『サタデー起業塾』


にまたもや参加して参りました。





この日は、『akerun』という入退室管理システムを開発された株式会社 フォトシンス


川瀬社長がアイディア創出から事業化に至るまで、そして、資金調達と急速に事業拡大に伴う


社内マネジメントの話など多岐に渡るお話を聞いて参りました。


『akerun』(あけるん)という入退室管理システムは、スマートホンを活用し、既存のドアの


鍵部分に取り付けて入退室を管理するハード商品らしいですが、既存のカギのついているドアなら


どんなドアにでも取り付けられるのが利点であり、そして、入退室を管理することでオフィス、研究室、


シェアスーペースやレンタルオフィス、そして、不動産の賃貸・売買物件の案内時に必要な鍵の準備手間を


省くことが出来る商品です。


また、ホテルでのチェックインの際にわざわざフロントに行かなくてもよくなる様にもなります。



そして、これまた凄いのは、鍵は防犯の面でしか考えなかった概念を、『akerun』を取り付けることに



よって、入退室管理データが蓄積できます。それらのデータは無限大の可能性があります。


働き方ワークライフバランスと呼ばれているこれからの時代とマッチし、ただ単なる『鍵』から


入退室データを蓄積することに注目した若いベンチャー精神あふれる若社長にごっつう刺激を頂きながら、


ハタっと近頃『不動産売買』のことしか考えてなかったことに気づき、やはりベンチャー精神を持ち続け


そして、失敗してもいいので実行に移す気持ちがなければ…安定も革新はないなぁ…と再認識させられました。


この会社さん創業2年で資本金4億やって。。。一体、資金調達どないしたはるねんろ?



毎度!オオキニ!中川住研です
お試し的田舎短期滞在できる古民家あります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時を告げるのではなく時計をつくる!?

2016年10月18日 | Weblog
9月30日に出場する予定だった『大阪城ナイトラン10キロ』も悪天候?



になりそうだったので欠場し、『昨年のリベンジを!!』と誓った



淡路島国生みマラソン大会も仕事を言い訳に欠場しました。



何だか昨年度を大きく下回るモチベーションの低下に自分でも驚いております。



天気が良い時も、悪天候の時も、事前に仕事の調整をし、体調も整えた昨年



と比べモチベーションにホノルルマラソンが心配になって参りました。



自ら規律をつくり、それを貫き通す事って本当に難しいですものです。



私がマラソンをしよう!ときっかけは甘い誘惑を断ち、事前準備を徹底し、



継続する強い精神力、これを自らに科している者だけが運命を引き寄せ



人生が変えられる。



…それはマラソンも仕事も同じですよ。という言葉に共感し始めた



のですが、ここに来てビックリするぐらいモチベーションの低下に



ため息をついております。




このモチベーションが低下した原因と反省が今回の内容です。




さて、弊社も10年先、20年先に向けて海外発信サイトも併設しアメリカやヨーロッパ




向けページの構築をしなければと思案中であります。



しかし、問題がありまして…私、カラッキシ英語がダメなので、海外現地企業との連結と



やりとり、HPの英語版作製、問合せの際の翻訳、通訳、業務委託契約などぜ~~んぶお任せする



ところから始めなければなりませんが、将来的には売り・貸古民家・京町家の情報発信と共に、



亀岡市、南丹市の地域資源の発信、農家の農作物などが海外の購入者との間で直接受発注が



できるような総合ホームページに育てたいと考えております。



夢は膨らみ中国、インドなどの現地企業とも連結し、中川住研のHPに古民家や京町家などの



物件情報を登録すれば、アメリカ、ヨーロッパ、中国、インド・オーストラリアに直接発信・



アプローチ出来るサイトに育て、定期的に海外の方を招き古民家・京町家物件内覧会&即売会




を兼ねた京都観光ツアーまでを企画・運営まで手掛けられれば、他とちょっと違うテイストの




不動産会社になれるなぁ!と考えております。同業他社と比較して弊社の強みがこれや!って




ビジネスモデルを計画し形にして動かすには、10年、15年先も英語がカラッシキ駄目と



言ってられませんので必然的に私も英会話教室に通わなければなりません。



仕事もマラソンも明確な目標設定が定まると、いつまでに?何をすれば目標までたどり着くか…



ということが見えてきます。



マラソンのモチベーション低下の原因は、12月に観光気分マンマンでホノルルマラソン出場という



ふざけたゴール設定を1年間の目標にしたからではないかと思います。




今の実力から日々の小さな目標設定を刻み、日々のトレーニングは欠かさず、生活習慣も改善し、甘い誘惑を




断ちマラソン4時間台完走という明確な目標を立てることで準備参加レース出場目的も意味がでてきます。




来年からはマラソン上級者に弟子入りと、英会話教室入学ですね。ここが正念場!と自分に言い聞かせ



針鼠の概念と20マイル行進です!?


全ては時を告げるのではなく中川時計をつくる為、英語、マラソン頑張ります。。。
(byビジョナリーカンパニー②④より)



                    毎度オオキニ中川住研です
                    紅葉を眺めながら共に田舎暮らし物件あります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

洗濯物自動折りたたみ機の話

2016年09月17日 | Weblog
昭和男の象徴である亭主関白家庭が絶滅の危機に直面しております。


女性が財布の紐を握り、男が言葉を発すればダメ出しされ続けた結果


忠誠を誓う男が多数派となった世の中になってきました。


世の中は常に時代と共に変化します。


多少なりとも自身も変化しなければ家庭内で相手で相手にされない男が、



世間から相手されるハズがありません。



家庭内支持率を上げる為には、時代を感じ忠誠を誓う努力など取り多少



なりとも受け入れたいと思っております。




さて、先日、金融機関が取引先を集め定期的に土曜日に開催されている



『サタデー起業塾』に参加してきました。



その日は、自動で洗濯物を折りたためる商品を開発された会社社長さんの



お話しでしたが、途中、私の中でハタっと思い出したことがありました。



その社長、今から約10年前奥様から『洗濯物を自動でたためないか?』と



いう言葉をヒントに『全自動洗濯物折りたたみ機』を思い付き、10年間コツコツ



研究開発費を投入され、やっと商品化にこぎつけられ完成した『ランドロイド』


という商品。



家族の下着や、Tシャツ、タオルをAIによって認知させ、折りたたんで仕分けも



する優れ物らしく、もうすぐハウスメーカー大和ハウスと提携してデビューだそうです。



実は、ハタっと思い出したのは、私も約10年前『洗濯物を自動でたためる



機械あったらいいのに…』と嫁さんからまったく同じ言葉を聞いておりました。



当然、私は『そんなモノ出来る訳ないわぁ…手動でたため』と鼻で笑い一蹴した



記憶があります。



女性が洗濯物をたたむ時間を日数に換算すると約365日。



女性は一生のうち1年分を洗濯物をたたんでいる計算になるそうで、世の主婦から



洗濯物をたたむという時間を取り除きたいというミッションを掲げ、



10年間研究開発をし、商品化までたどり着いた方社長と、嫁からのヒントを鼻で笑い飛ばし、


スルーした社長との差をズキズキ感じながら聞いておりました。



帰宅してその話しを嫁にすると、『やっぱりすごい人って一瞬でヒラメキ行動する



人なんやなぁ…』『それに引き換え…#%$|・・・』と勝った気マンマンの



ドヤ顔で嫌味をたっぷり浴びさせれました。



変化とはこれすなわち我慢の連続ですね。




『嫁の悩みを解決できない者が、世の中の悩みなど解決できるハズがありません』って



ことを再認識させられたサタデー起業塾でした。


合掌、礼拝。。。


毎度!オオキニ中川住研です!
㈱中川住研のホームページはこちらから

コメント
この記事をはてなブックマークに追加