景虎

DUFOUR 325

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-07-26 08:21:34 | Weblog

シードル(アップルワイン?)瓶のモニュメント


鏡に映った街並み

洗濯お嬢さん(腰にご注目)

もも肉ステーキ

夕陽が街を染める。

24日,明日本木夫妻下船の為、船内大掃除&大洗濯。5人ですれば早い。只、マリーナの洗濯機&乾燥機は2回使用で待ち人から顰蹙者だったらしい。

街を散策しながら買い物に出掛けるがスペインはシェスタなる昼休憩があり12時~16時半まで閉店の店が多い。ネット用のシム購入も4時半までお預け。プロパンも予備を購入。

今夜&明日からの航海用に食材購入、今夜はもも肉ステーキに決定。今夜もクロウズネスト7 二つ星レストランで美味しく頂きました。

夕食時に綺麗な夕陽が街を照らし全員で写真タイム。素敵なサンセットタイムでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒホン(Gijon) 到着

2016-07-26 08:13:30 | Weblog

ヒホン海岸を海から眺める

船上での乗船メンバー

丘の上のモニュメント

大都市バックにウーターフロント ビーチ

中央に日本国旗

廃船利用 

お好み焼き

23日9時、リバティセリヤー(Ribadesella)出港、風無く機帆走。 約36マイルと距離が無いので途中から帆走3~4ノットでヒホン(Gijon) 到着。

今迄と違い大きな都市で海岸には大きなビルが立ち並び日曜日もあってか海岸には多くの海水浴客、観光客がひしめき合っていた。
今夜は船で「お好み焼き」夕食でビールが旨い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リバティセリヤー(Ribadesella)観光

2016-07-25 06:10:31 | Weblog

港湾入り口の教会

入り口ブイ

ビーチ

岸壁に舫うクロウズネスト7

パエリア

豆菓子店

公園

教会

日本字新聞

窓に写った洗濯物

ビーチ

入り口教会からの眺め

マリーナを見下ろす

一つ星レストラン

料理1

料理2

22日,リバティセリヤー(Ribadesella)観光。港湾入り口岸壁の板岩、急斜面は見応え有り。丘の上に教会があり観光客の散策に見とれていたらゴン、ゴゴン!と衝撃有り。海図に無い暗礁かと思いきや太い大木に乗り上げ、幸い大事に至らず。マリーナに空き無く漁港岸壁に舫う。干満4m以上あり夜中に係留ロープチェック。

夕食は本木さんのパエリアを美味しくご馳走になる。

24日、リバティセリヤーの街を散策。此処は観光地、大勢の観光客で賑わっている。豆菓子屋台に、あられを売っていたのでビールの摘まみに購入。街を歩くと看板に何故か、日本語新聞の見出しを見つける。石造りの建て物、石畳の間に洗濯物が干してある。市場には蟹かごが沢山積み上げられていて篠島を彷彿させる。

此処はローマバチカン、エルサレム、と並ぶキリスト教三大聖地の,一つサンチャゴコンボステーラ巡礼ルートでもあり杖やバックパッカーも散見する。

入り口崖上の教会まで散歩すると見渡す限りの大西洋、湾内ビーチ、マリーナが一望、素晴らしいビューにしばし見とれる。

夕食は昼に予約して置いた一つ星ンレストラン「アービデル Arbidel」。ジャケット着用で10品の料理を頂く。今日もHAPPYでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルタミラ洞窟 観光

2016-07-23 20:05:38 | Weblog

アルタミラ洞窟 博物館

壁画1

壁画2

壁画3

館内の様子

サンティリャーン・デル・マルのバル店

サンティリャーン・デル・マルの教会

ラ・マグダレーナ宮殿

21日,朝方6時に起きるとマリーナ前の道路のライトアップが綺麗。マリーナは10m迄でメッキ後、初のアンカリング。格式の有るマリーナでレストランもメンバー以外は駄目と断られる。

レンタカー借りて「アルタミラ洞窟」見学。1879年、考古学者の12歳の娘が天井に描かれた壁画を発見。「高い所を見て、スペイン語でアルタミラ」と語った言葉が名前の由来だそうだ。約1万年前にクロマニヨン人が描かいたと習ったのを思い出した。

洞窟から車で10分位の所にサンティリャーン・デル・マルと言う中世の家並みを残す観光地を見学。日本で言えば馬込、つまごのイメージに近い。

次に入港時に船から見た「ラ・マグダレーナ宮殿」観光。1900年代の建物だが古さを感じさせない。

マリーナ近くの堤防にラケロスと言われる子供達の銅像がある。見物人が投げるコインを拾いに海に飛び込み小遣い稼ぎをしていた時代の銅像だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタンデール 到着

2016-07-23 19:22:25 | Weblog

入り口灯台

ラ・マグダレーナ宮殿

マリーナクラブハウス

マリーナフロントの街頭

アンカリングのクロウズネスト


力作カレー

20日,世良さんを見送り12時サンタンデール(Santander)に向け出港。港入り口には王家の避暑地、ラ・マグダレーナ宮殿や灯台を確認。予定していたマリーナは船長10m迄と断られクラブハウス前にアンカリング。
今夜は本木夫妻、若尾さんの総合力の力作カレーを美味しく頂く。

サンタンデールは社会科で習った「アルタミラ洞窟」があるが、見学出来るのはレプリカらしい。当時は世界で一番古い壁画と言われていたが、その後更に古い壁画が見つかったらしい。明日の見学が楽しみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルバオ グッゲンハイム観光

2016-07-22 07:25:58 | Weblog

川のゴンドラ これでも世界遺産です。

街並み

美術館前の巨大花犬

シャガール

針金アート

美樹館3F風景

巨大蜘蛛

さりげない彫金

街並み


19日,電車に20分程揺られビルバオのメインタウンに移動。街は近代的はビルと古いビルが上手く調和していて見ていて飽きない。まずは近代アート美術館グッゲンハイ(GUGGENHEIM)見学。 美術館前に花で作った大きな犬の像は見事。 入場料16ユーロ支払い3時間後の再会場所を決めて銘々見学。

ピカソやシャガールの絵画も触れる距離で見学。立体的なアートも多く展示されていたが、どうも私の感性では理解不能な展示物が多く時間をもて余ましてしまった。

今夜は世良さんのラストナイトなので街レストランに出掛ける予定。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルバオ(Bilbao)

2016-07-19 08:56:30 | Weblog

サンファン デ ガステルガチェ

港入り口

港湾事務所?

一番奥のマリーナ

船内夕食

前田君 来艇

19日,サンセバスチャンからビルバオ(Bilbao)に移動。途中ケンケンにカモメが掛かりリリース。 次に「スペインの万里の長城」サンファン デ ガステルガチェを海から望む。ビルバオは商業港、今迄とは趣がガラット違う。

バルも飽きて来たので、久方振りに船夕食。本木さん、若尾さんが腕を振るって豪華夕食。

食後にイギリス留学を終えて3ヶ月ヨーロッパ旅行中の若尾さんゲスト、前田君が来艇。旅行話を興味深く拝聴。

明日は近代アートで有名な美術館グケンハイム巡りが楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「池内博之アドベンチャー」TV視聴お礼

2016-07-19 08:52:49 | Weblog


多くの皆様から「池内博之アドベンチャー」の感想とTV写真を頂き有難う御座いました。自身で視聴出来て無いですが帰国してから楽しみにしています。取り急ぎお礼迄。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンセバスチャン観光

2016-07-19 08:45:08 | Weblog

湾内を見下ろすMount Urgullからの景色

バル

名物「ほほ肉」の煮物 とても安くて旨い

人間銅像

ビーチLa baie de La Concha

ビーチ

スペイン皇室の避暑宮殿

スペイン皇室の避暑宮殿からクロウズネストを望む

湾内を見下ろす巨像がそびえ経つMount Urgull、海水浴客がひしめくビーチLa baie de La Concha 、スペイン皇室の保養所、約10km 近く散策。目の保養にお勧めビーチです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本木夫妻 来艇

2016-07-17 08:09:29 | Weblog

本木夫妻

黄昏時の湾内

今日もバルをEnjoy

ウェルカム乾杯

チャコリ

17日,隣のフランス艇ファミリーの子供達は朝から晩まで飽きずに海水浴遊びをしている。触発されてか若尾さんもスイミング。ロアイヤン停泊中の喫水ゼロ、Royan出入り口でのキール擦り傷のキールチェック。問題無しとの事。

海岸にはビッシリと海水浴客で鈴なり状態。
PM9時半に本木夫妻をバス停出迎え、日没が10時なので充分に明るい。

まずはクラブハウスでウェルカムドリンク後にバルに繰り出す。今日も3軒、ハシゴ。チャコリ(微発砲ワイン?)にトライ。炭酸を飛ばすために空中高くからグラスに注ぐのが特徴。

私の好物、タコ、ホタテ、海老、ムール貝系をオーダー。安くて旨い!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加