靴工房nico. diary

靴教室&注文靴 靴工房nico.のときどき日記 
靴のこともそうでないこともイロイロお伝えしていきます!

新宿御苑     sonoko

2017-04-24 14:19:27 | 日々のこと
日曜日は、とてもいいお天気で気持ちがよかったので
前日、保育園を早退したかのさんでしたが(熱が出た、鼻水が出た、機嫌が悪い、おやつをいつもより食べない、という理由)←食べないわけではないところがポイント


機嫌もいいし、たくさん食べるし、熱もないので、連れて行ってしまいました。




空は青く、青く。
芝生は広く。

八重桜がたわわに丸く、鈴なり状態に咲き誇っていました。

たくさんの人たちが、の~~~んびり!
ゴローン、としてる人、人、人。 人だらけ。

かのさんを芝生の上や、花びらの上に座らせていたら
靴下や服に草や土が付きまくり、(当たり前です)

靴を履かせようと、念のため持ち込んでいたのですが
13cmはあまりにも大きくて、遊び道具になってしまいました・・・



気付いたら、葉っぱを二、三枚口に入れ、
更にちぎった芝生を、にっこりしながらくれました。。。



こどもの靴     sonoko

2017-04-21 17:24:10 | 日々のこと


保育園のお散歩の時に、数人乗りのバギーで連れられて行くのですが
その時、靴下で乗っているそうで、かなり汚れています。
靴が用意できれば、1つ園に置いておいていただけますか? と言われ

まだ歩かない(歩けない)かのさんの足に、はめてみました。

え、割とピッタリ?!

前回履かせてみたときは、まだまだかな。という感じだったのに。

12㎝ですが、結構いい感じです。

履いたまま立たせたら、ビックリしたみたいで
今まで見たことない、困り顔をし、足も内股になり
自立しようとはしませんでした。
靴がイヤすぎた!!

そうであっても、無理矢理履かせますけど…

この一足しかないけど、12㎝はもう作るのはやめておこう、と思いました。




中杉通り。     sonoko

2017-04-18 20:25:49 | 阿佐ヶ谷周辺
4月ももう半ば過ぎ。

長く咲いてくれていたソメイヨシノに別れを告げ。



次々にバトンタッチをしていかないと
あっという間に夏が来る!

というか、もう来てるのか?



こちらは工房の隣の道、中杉通り。

サトザクラが咲いて、瑞々しさ一杯のケヤキとの対比がとてもキレイ。
毎年必ずこの季節、爽やかで好きです。
この道を自転車で通るのが、自然と笑えてくるほど、気持ちがいいです(怪しい)



保育園生活      sonoko

2017-04-14 11:45:12 | 日々のこと
今月より無事に保育園に入園できた かのさんのこと、気に掛けて戴きましてありがとうございます!



イモを食しているかのさん。

ご飯、他にもあるのに。

工房で色んな方々にお会いして、声かけをして戴いて、抱っこして戴いたお陰で(だと、思っております)
かのさんは、その培われた?順応性を遺憾なく発揮して
園に着いた瞬間から私の元を離れ、水を得た魚のように素早いハイハイでお友達のところやお気に入りの場所へ行ってしまいます。 苦笑…

迎えに行っても

「あ、来たんだ」

というような顔をし、オムツや着替えなどの支度をしている私の方に来るのは三回に一回位…?
園で出る給食も、ほぼおかわりをし、完食しています。と、連絡帳にも書かれています。。

なんか、とても太めの神経の持ち主みたいで、私も今のところは安心して仕事が出来ています。

やっぱり夜の回までは居られないので、なかなか皆さんにはお目に掛かることが出来ず
残念ですが…

それにしても。
私の作業効率が、かのさん帯同のときと比べたら100倍はアップし。
とっても有難いです!

皆さんも、ハンマーの音など気にされていましたよね。
(寝てるときなど(-_-)zzz)
とってもやりにくかったコトでしょう。。
お気遣いありがとうございました。


ストラップシューズが出来ました     sonoko

2017-04-13 23:01:01 | クツ完成!
oさんのストラップシューズが完成。





フリンジ付きです。穴飾りもあります。
飾りが多めで凝ってますね!
かなり足首に近いところまで革が来ていて
履くときに、やや難 

履いてしまえばとても良いそうなのですが。

もうすこし革と芯が馴染むまで、頑張って履いてみてください~


一升餅 sonoko

2017-04-12 21:56:18 | 日々のこと
昨日の、酷く土砂降りの雨に打たれても、まだ健気に楽しませてくれる桜が、意外に多くて嬉しかった今日でした。
花散らしの雨ということで、期待してなかったのですが
晴れ渡った今日、久しぶりの自転車通勤では、そこここにピンク色が揺れていて、和みました。

この写真は先週末、土曜日のです。






石神井川沿いの桜です。
脇には遊歩道があり、まるで目黒川沿いのような。
(人の多さとオシャレ度が段違いではある)


先日かのさん晴れて1歳となり、1歳の儀式『一升餅を背負う』をやってみました。




一升なので、2キロ近くはあるのですが、ヨロヨロしながらもハイハイをし(まだ歩けない)
しゃがんだところから立ち上がったら、重さで後ろにひっくり返ってしまい
餅のおかげで頭は打たず、泣きもしませんでした。。。
柔らかいお餅でよかったー笑



桜/2017     sonoko

2017-04-06 10:27:05 | 日々のこと


今年も桜が満開になりました。

この写真は保育園に送っていく途中の道です

ちょっと前まで荒れてた天気。
花たちも、タイミングを計るのが難しかったことでしょう。
気温がぐんぐん上がって、夜のお花見も寒くなく楽しめますね。

工房の近くにも桜があるといいのですが、一番近くできれいなところっていうと
阿佐ヶ谷駅近くの神明宮とその手前の小学校の桜でしょうか。
阿佐ヶ谷に早めに到着したときは、西友の一本裏手の道を歩いてみて下さい。
おすすめです。

こぎん刺し     sonoko

2017-04-04 11:26:26 | 日々のこと


少し前に、nicoに来てくださっているoさん作の、東北地方に伝わる『こぎん刺し』ブローチをいただきました。
一目一目とても目がそろっていてきれい。
靴の作業も丁寧なので、そのまま。

早速、かのさんがいない外出の時に、寂しげなワンピースの胸元に付けました。
かのさんが居ると抱っこの際に、丸ごと口の中に入れるので…

幾何学模様の繰り返しパターンなのに、なぜだか柔らかな暖かみのある刺繍です。



さて、この頃、睡眠時間を削って名前付け作業、縫い物作業が続き
ブログ更新がなかなか出来ませんでした。

そうなんです。
なんと、恐ろしくぎりぎりに保育園に空き枠が出て、奇跡的に入園が決まりました。
あまりにぎりぎりのため、いろんな作業が徹夜状態で。
なんとか入園式に間に合わせましたが…
スタンプやらを発注する期間もないので、かなりの『昭和レトロ感』漂う手書きのカバーやら、になってしまいました。

普段nicoで大人たちに囲まれて、抱っこもされてばっかりのかのさんですが
(危険物ばかりなので、自然と抱っこや羽交い絞めになってしまうのですが)

保育園では解き放たれて、大きいお兄さんやお姉さんのエリアにも積極的にハイハイで進んでいき
ゼロ歳エリアを飛び越えて、自由に過ごし
お待ちかねの給食は、おかわりもしてご機嫌だった様子。

しかし、どうやら状況がだいぶ飲み込めてきたようで、時折大泣きしていたそうで・・・

がんばれ~~~

なので、毎日工房に出勤?していたかのさんですが、しばらくお別れです。
保育園は祝日がお休みなので、その日工房の日であれば、連れてくることになるかも知れません。。。

工房に来てくださっているみなさま。
かのさん4か月の頃から工房へ連れて行ってました。
沢山、可愛がってくださり、本当にありがとうございました!


上野へ     sonoko

2017-03-26 19:24:46 | おでかけ
エルメス展に行った次の日も、とってもいいお天気でした。

二日連続で妹と(もれなく姪っ子たちとも)会う約束で
この日はどこに行くか悩んでいて、本当は国立科学博物館に行きたかったのですが

http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2017/daiei/

今、大英自然史博物館展を開催中なのですが
ものすごい混み具合だといううわさを聞き・・・
(整理券を発券しているようです)
この前日の博物館側のお知らせには100分待ちとか書いてあって・・・

連休でしたしね。






な、わけで上野動物園に変更。

そして現地で門前にて気付く。

本日無料開放デーだったということを・・・

どっちみちものすごい混み具合には変わらなかった。

でも、動物園はとーっても広いので、その点はそこまで気にならず。

パンダは30分待ちでしたが、某遊園地のアトラクションと比べてみよ。
なんてことはない。


姪っ子1が、かのさんを一日中抱っこしてくれて
こちらはとても助かった~

まさかの抱っこ紐までつけたいと言い出し
周りの大人も子供も、みんなびっくり。
じろじろ見られても、動じないRちゃんでした。




エルメスのてしごと展     sonoko

2017-03-24 15:06:48 | おでかけ
エルメスのてしごと展。

行かないつもりだったのですが
妹に強く勧められ、絶対に大混雑必至であろう最終日に臨みました・・・

しかも妹も3歳の娘と一緒に、再び。
超やる気だな!


私は0歳児は両親にお願いしたのですが。。。


こちらは子供がもらえる冊子。
道具のステッカー付きで、職人たちの仕事を紹介しています。





でも、最終日なので、帰り際にはもう、大人たちにも放出していました。
余っても仕方ないですしね。


こちら手袋職人のブース。



しっかり通訳の方が一人ずつ付いて、工程や道具の説明をしてくれます。

人が多すぎて、最終日は入場制限がかかっていました。

革の裁断方法など、最終日だからか、説明が主で作業はしていませんでした。

隣のブースのかばん職人のブースでは、コバ処理の作業をしていました。
そっちは人があまりに多くて写真は撮れませんでしたが。
コバの熱処理の途中でした。



こちらは馬具職人。



美しい馬具の完成品が傍らに置かれていました。
こんな美しい品を砂まみれの中で、荒々しく使うなんてね・・・




時計のベルトのディスプレイ。
さすがおしゃれですね。



妹のスカーフ。シャボン玉の柄です。

スカーフの縁かがり職人が、一枚一枚かがっていたのを見て、さらに現物をよーく見てみました。
確かに手仕事の跡!

個人的には、シルクスクリーンも近くで見たかったのですが
全っ然近くでは見られませんでした。(激混み)

人混みが苦手なので(大体皆そうでしょうけど)
早々に退散し

あまりにいいお天気だったので、ぶらぶらと青山通りを歩いてみたり
久しぶりに自由な身体で身軽に動きました。

実家では、かのさんが号泣していたことも知らず・・・

この世の終わりみたいな泣き方だったようです。。。