快晴!野谷荘司山

いよいよ、3月も中盤となってきて美濃エリア以遠に遠征の時期となってきた。
この日曜日は快晴の予報と有り、野谷荘司山を目指す。

先週中旬の降雪により、表層が弱層となっているため鶴平新道経由で頂上を目指した。
以前来たときには標高1300mのクレバス地帯がエゲツナイ事になっていたが
今回は雪が多いためか小クレバスのみで問題なく突破。
稜線を登るにつれ周囲の景色がグングンと開け気持ちよく登って行くことができた。

1602ピークを巻くところのみアイゼン歩行に切り替えたがそれ以外はスキーでずっと
上り詰めることができた。

頂上に着くとまさに快晴の展望台。白山から北アルプスまでこれ以上ないほどの
展望に恵まれ大満足の山頂でした。

帰りは、この気持ちよい尾根を滑りたい往路を戻るが・・・表層の雪がグサグサで
滑りにくい事この上なし。
グサグサ雪の回転に四苦八苦しながらも 楽しく下山。
結局往復で出会った人は誰もおらず、静かな山を楽しめることが出来ました



鶴平新道最後の稜線を登る


後に見えるのが1602ピーク。山頂は右の山の奥に隠れている。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 風雪の野伏岳 野谷荘司山に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。