マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空中庭園/女王は甦る

2005-12-17 | 映画分析
冒頭、古代世界の七不思議の一つ「バビロンの空中庭園」を描いた蛍光灯の傘が、家族の食卓の真上に映し出される。この庭園を作ったのは、偉大にして悪女(堤防を築き、夫を毒殺したといわれる)のセミラミス女王という説がある。本作の主人公の絵里子は、現代のセミラミス女王である。
空中庭園
 母に愛されなかったという幼い日のトラウマから逃れられない絵里子。高校時代には不登校を繰り返し、母を殺そうとしたことさえある。そのため、結婚するまで、すべてのエネルギーを母との確執を乗り越えるために費やした。
できるだけ早く実家を離れ、理想の家庭を築こう・・・。絵里子は計画的に女を磨き、男を誘惑し、結婚し、団地の分譲マンションを入手し、女の子と男の子を1人ずつ産んだ。

空中庭園は神話の中の理想郷である。清らかな水が流れ、花と緑にあふれ、小鳥がさえずる・・・。まるで母の胎内のように心がやすらぐ場所。
母との一体化を求める絵里子は、彼女がイニシャティブを取って人工的に構築した「胎内=団地の分譲マンション」で、家族との一体化を希求する。

一方で、空中庭園は、西洋男根ロゴス(言葉)中心主義の隠喩でもある。旧約聖書では、「バビロン」は、「バベルの塔」を始めとして、富と権力を濫用した人間の虚栄心の象徴として描かれている。
絵里子は、女王のように「秘密とタブーのない家庭、鍵を持つのは母親だけ」というルールを家族に強要する。

絵里子は、この「胎内にして権力行使の場 」という矛盾性の中で、必死に生きている。ルールを守ることにこだわり、仮面を着けて自分と家族のウソを隠蔽する生活は当然、精神にアンバランスを来たす。
ぐるぐる回る不安定なカメラ。彼女の庭園に紐で吊るされた赤い籠と、息子コウの描くCGの赤い紐で吊るされた団地の分譲マンションが揺れ動く。これらは絵里子の情緒不安を表している。

娘のマナは、もう一人の絵里子であり、ラブホテル「野猿」(京橋家と同じ壁紙・花瓶を使用)はもう一つの京橋家だ。
 「秘密のない家庭=窓のないラブホテルのよう」と、夫貴史のもう一人の愛人にしてコウの家庭教師でもあるミーナは言い、登場人物のほとんどがこのホテルに出入りする。

 マナは、絵里子と同じように男に対して主体的だ。マナ自身の出生決定現場となった「野猿」へ三回も行く。そこで、お気に入りのクマのぬいぐるみを引き出しに入れたり出したり・・・。
 このクマは母の代替物である。頻繁に移動させるのは、母との葛藤を表現している。絵里子の母さと子も、この場所でクマを取り出して「もう人間はいらないよね」と話しかける。

 このホテルで、バビロンの刺青をした男テヅカにエリコと名乗るマナ。彼から、「ウソばかりついているとセミラミス女王にはなれない。バビロンはとっくに滅んだ。お前の家はない。もうやり直せない」と忠告を受ける。

絵里子は、再生を図れるのだろうか?
 テヅカの言葉は、「空中庭園幻想を崩すことができれば 、再生は可能である」ことを示唆している。
マナはすでにそのことに気付いている。ボーイフレンドである農家の森崎は、田園の中に突然できた空中庭園=団地を批判しているが、マナは彼を「地に足が着いていてカッコイイ」と評価しているのだ。

 絵里子の幻想(思い込み)を壊すには、他者が必要である。家族はもちろん、京橋家の外側にいる人たち=さと子、絵里子の兄、ミーナ、夫貴史の愛人飯塚、同僚のサッチン・・・。

コウは、「自分の敵は思い込みの激しいところ。この団地もここに住めばみんな幸せになるという思い込みで成立している。ママも思い込んでると本当のものが見えないよ」
 「ものが創り出すイメージはまやかしで、人が本当に欲しいのは人・・・」
と言い、絵里子の思い込みの源を断ち切ろうとする。

さと子は、「本当に大切なことは墓の中まで持っていくもの」
 「記憶はいい方に書き換えて、それを見ながら死ぬの」
 「やり直して、また繰り返して・・・」
 と、絵里子に、その都度思い込みを書き換えながら、生きていくことを教える。

ミーナは、京橋家のメモリアルデーの場で、「これって幼稚園の学芸会にそっくり」
 「ここに来る日はだいたいラブホテルに行きます。その時一緒にいる人は誰でしょう?」 
 「私は家族なんて絶対作らない・・・」
 と、一歩引いたところから絵里子の思い込みを壊そうとする。

兄は、「お前は俺と違って母さんと仲がいい」
 「母さんは口を開けばお前の話ばかり」
 と、絵里子の思い込みとは正反対の思い方をしている。

サッチンは、「ウソがばれたら誰もいなくなっちゃうよ」と、うそつきの絵里子の弱点をつく。

嵐の中、テラスに出た絵里子。雷鳴の亀裂が、それまでの彼女の思い込みに攪乱と変容をもたらす。この亀裂は他者たちの贈り物である。
 西洋男根ロゴス中心主義は、女を(男根の)欠如とみなし、母殺しによって成立する。
 絵里子は、他者たちのくれた亀裂により、”母は自分の分身でありつつも、見知らぬ他者である”ことを悟る。つまり、支配を求める男性性の位置を捨て、他者との差異を認める女性性にめざめたのだ。

血の雨は、胎内から生まれ出るときに浴びる歓びの雨だ。絵里子は、ムンクの絵のように顔を歪めて泣き叫ぶ。言葉ではない。言葉にならない叫び。 本物の人間の叫び。
吊るされた赤い籠の紐が切れて、絵里子の思い込みの空中庭園は闇の中へ・・・。
 絵里子は再生した。
 テヅカの言葉通り、血にまみれ泣き叫びながら生まれ変わったのだ。

目玉焼き、円形の食卓・食器・マット、観覧車、回転ベッド、回りながら大きく揺れるカメラ・・・・。これらは円環を意味し、「繰り返し、やり直し」ながら人生を歩むことの重要性を示している。

「野猿」、クマのぬいぐるみ、人間を無視するワンニャンワールドの犬たち・・・。物言わぬ動物は、人間に対するアイロニーでもある。飯塚は貴史に「あんたのように恥を感じない人間は、動物と変わらない」という。

さまざまな隠喩と換喩・反復が散りばめられている本作は、”言葉は唯一絶対の意味を持つものではない 。言葉の意味のズレ(差異)の中にこそ、再生の力がある”ことをテーマにしている。
 言葉の中に亀裂を入れては、書き換え、再生し、反復する・・・。
人間はそのようにして存在しているのである。★★★★★(★5つで満点)


この記事を評価する(4段階)

ブログ・ルポ
あなたのブログで眠っている記事が、再び脚光を浴びるチャンス!

人気blogランキング
 
(この記事を気に入った方は、ココをクリックしていただけるとうれしいです)

トップページヘ


ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   トラックバック (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガンバレ!女性監督 | トップ | SAYURI/ロマンティッ... »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画『空中庭園』 (yama_eigh)
2005-12-17 13:46:35
トラックバックいただきました yama_eigh です。

いつもながらの深い洞察、感服いたしました。



なお、私のブログのサブ記事のほうにTBしてもらいましたので、メイン記事のほうから逆TBさせてもらいました。
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-12-20 17:13:29
こんにちは。興味深くレビューを拝見しました。ものすごく掘り下げて考えられているのですね。すごいです。
トラックバックありがとうございます (YoungDoo)
2005-12-20 22:36:01
素敵なブログですね。時々立ち寄ります。逆TBさせてもらいましたよ。
トラックバックありがとうございます (nyoirin)
2005-12-20 23:36:42
目玉焼き、回転ベッド、観覧車・・・そうなんですね。「やり直し、くり返し」の象徴だったんですね。そこまでは気がつきませんでした。

素敵なブログです。また伺わせていただきますね。
トラックバックありがとうございます (6ばん)
2005-12-20 23:57:15
映画をここまで観てるのですね。

圧倒されました。
TBありがとうございます。 (Sumio)
2005-12-21 06:12:51
小生の映画の観方もまだまだ甘いと反省です。

いろいろな意味で心強い気がしました。

また寄らせていただきます。
トラックバック&コメントありがとうございます (まつさん)
2005-12-21 08:24:26
バベルの塔が神の怒りによって瓦解したように、原題の「塔」ともいえるマンション群は「近所の寄り合い」という意味合いをなくした点で「人間性」をある意味失い、いづれは神の怒りに触れて瓦解するのでしょうか?

そこを楽園にするのか地獄にするのかは、そこの住民によりけり、というのはいにしえも今も変わらないということがまた興味深く思えました。
トラックバックありがとうございます (ゆうぽん)
2005-12-21 08:33:03
いろんな見方ができるいい映画ですよね。

嘘が発覚し、いろいろあっても、またみんな今までどおりに家族をやっていくことを選び、やりなおしていくのも印象的でした。
TBありがとうございます (いわい)
2005-12-21 23:57:22
こんにちは。

興味深く読ませていただきました。

映画をみながら考えていたことの大半を みおわった後で思い出せないわたしです。すごいですね。
TBありがとうございます (きよ)
2005-12-27 15:12:22
はじめまして、TBありがとうございます。

とてもあの映画を見事に読み解いてますね。なるほどなるほど、って読んでました。

また、寄らせていただきますので、よろしくお願いします。
Unknown (lyu)
2005-12-29 00:04:10
こんばんは。

TBありがとうございます。

記事をとても興味深く拝見させていただきました。

私も、TBさせていただきます。
TBありがとうございます (みや)
2005-12-29 22:56:59
空中庭園のTBありがとうございます

こちらもTBさせてもらいました

ちゃんと出来てるか自信がないけど・・
TBありがとうございます。 (いこでら)
2006-01-02 21:03:49
TBありがとうございます。

この映画を見ながら自分の人生を振り返ってしまいましたよ。
はじめまして! (ちゃら)
2006-01-07 14:57:42
TBありがとうございます(^^)

レビュー拝見しました。細かく解説してあって「そうだったのか~!」ととても興味深かったです。

マダム・クニコさんのレビューのおかげでもう一度この映画を観てみたくなりました。



逆TBさせてくださいね。

また遊びに来ます(^▽^)
リンクのご報告 (aki)
2006-04-05 17:11:14
先日は,TB&コメントありがとうございました。

映画に関するblogは数々あれど,ここまで深いものを読ませて下さるのはそうそうない!と思い,リンクを張らせて頂きました。よろしくお願いします。
長々と評論 (冨田弘嗣)
2006-05-07 20:56:39
 コメント、ありがとうございます。私は以前、自分の為に、自分の記憶の為に、映画評を書いていました。ですから、それらは滅茶苦茶な文章ですが、ホームページを作った2006年2月7日から、私はちょっと変わってしまいました。

 映画は楽しみの為に観る、現実のつまらなさから観る、他人の一生を覗きたい覗き趣味・・・それが、ブログを書く為に観ているところがあります。これではいけない。私はブログを書く為に観ているのではなく、映画を観たいから観ている。

 危惧はしていましたが、ちょっとそんな感じになっています。私が「コメントなし」とした映画は、書きたくない評論です。もう一歩前進し、楽しく書きたい。書きたくないものは書かない・・・そんな姿勢になろうかとも考えています。

 いつも、丁寧なコメント、ありがとうございます。感謝致します。
こんにちは (ケント)
2006-06-21 20:18:00
マダムクニコさんコメントありがとう。ホントに二人のこだわり話だったと思います。大楠道代は、また助演女優賞でも取りそうですね。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

60 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
空中庭園@ユーロスペース (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
曰く付き の本作は豊田利晃渾身作だった。製作委員会が公開にこぎつけて、監督は獄中にて何を思う。どうしてもそういう目で見てしまい、ドラッグ・ムービーの感を拭えない。 とにかく振り子のようにカメラが揺れる。様々なものを中心に置いて、縦横無尽に、時には1回転
『空中庭園』を観る (しせいのしこう)
『空中庭園』(@豊田利晃@覚醒剤で逮捕)を観る。 郊外のマンションに住み、 何も包み隠さず話す家族、 一見絵に描いたように幸せな家族。 しかし、かすかに息苦さを感じている。 それは、主人公(小泉今日子)が家族はこうあるべきという 「思い込み」で造られた.
感想/空中庭園 (APRIL FOOLS )
この秋公開予定だった映画「空中庭園」。原作、角田光代。ここにきて、監督の豊田利晃が覚せい剤所持で逮捕! 実は先日、一足早く観てるから、タイムリーに感想をば。 さすがは角田光代。ダウナー、ダーク、ディープの3Dが揃ってますわ。原作読んでないけど、ちょっと読
『 空中庭園  』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 空中庭園  』    [ 劇場鑑賞 ] 2004年:日 本  【10月8日ロードショー】 [ 上映劇場  ] 監 督:豊田利晃 脚 本:  〃 原 作:角田光代 「空中庭園」  角田 光代 空中庭園 挿入歌:UA 「この坂道の途中で」 [
[ 空中庭園 ]板尾の標準語とキョンキョンのパート店員 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 空中庭園 ]@渋谷ユーロスペースで鑑賞。 より面白さがわかると思い、原作本を読んでこの作品を観た。 このチラシに、原作者角田光代さんから寄せられたコメント が記されている。 「 家族っていったいなんなのか。それを知りたくて小説 を書いた。書いても
映画『空中庭園』 (trivialities)
【10月9日特記】 映画『空中庭園』を観てきた。 ものすごい映画を見てしまった。未だ興奮冷めやらない。一体何から書こうか? まず、カメラワーク。 冒頭の長回し。キッチンのランプシェードの周りをグルッと
空中庭園 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
何事もつつみ隠さず、タブーを作らず、それが私たち家族の決まり。 「みんなわかってるのに、幸せな家族の役を演じてる。そうや、学芸会や。」
『空中庭園』~ポム・デ・ファミーユ~ (Swing des Spoutniks)
『空中庭園』公式サイト 角田光代『空中庭園』(文春文庫) 監督:豊田利晃 出演:小泉今日子 鈴木杏 板尾創路ほか 【あらすじ】(Yahoo!ムービーより)京橋家の娘・マナ(鈴木杏)は学校をさぼり気味で、弟・コウ(広田雅裕)も学校に行ってない様子。そして父・貴史(
『空中庭園』パンフレットは凄い! (Swing des Spoutniks)
『空中庭園』公式サイト 角田光代『空中庭園』(文春文庫)   こんなカメラワークは見たことがない!ともすれば不快感を催す一歩手前のところで、ぐらぐらと揺れたり、ぐるりと回転する冒頭のカメラワークに、軽く衝撃を受けてしまいました。もし『リンダ リンダ リ.
映画より原作に興味を持った◆『空中庭園』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
10月9日(日) ユーロスペースにて 今年の8月末、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕され、公開も危ぶまれた豊田利晃監督の新作。画面はグラリグラリと揺れ、時には360度回転し、「クスリをやっていた」と聞けば、「なるほどね」と思わざるを得ないシーンが幾度と.
空中庭園 (MIDDLE-EARTH)
2005年 日本 114分 監督 豊田利晃 原作 角田光代 脚本 豊田利晃 出
空中庭園 (Cinema-Absolutism)
空中庭園  2005/日本  ★★★★ 監督 豊田利晃 出演 小泉今日子 / 板尾創路 / 鈴木杏 / 大楠道代 ■あらすじ■  郊外の団地に住む京橋家には、家族に隠し事をしないというルールがあった。  とても不気味な作品だ。  「家族」を形成するた
家族とは社会の最小単位である (おけいはんのみたもん、きいたもん。)
空中庭園 出演:小泉今日子、板尾創路、鈴木杏、大楠道代ほか 監督:豊田利晃 原作:角田光代 配給:アスミック・エース エンタテインメント この話は、団地に暮らす京橋一家の話。 この一家のルールは、『なんでも包み隠さず言うこと』なのであるけど、 作...
空中庭園 (日々徒然ゆ~だけ)
 恐らく,男より女のがこの平凡を演じる主婦に嫌悪感を抱くだろう。かく言うわしもそうだ。何故なら,女ってのは少なからず「各部署での自分の役割」を知らず知らずのうちに演じ分けるコトをしているから。  特別出演の永作博美!グッドジョブ(笑)
空中庭園 (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
            空中庭園(2005年、アスミック・エース) http://www.kuutyuu.com/ 監督:豊田利晃  原作:角田光代 出演:小泉今日子、板尾創路、鈴木杏、広田雅裕、ソニン、大楠道代、他           郊外の分譲マンションに住む家族、京橋
<空中庭園(映画館)> (たばけんのブログ)
続けざまに映画を観てきました\(^O^)/ 監督の不祥事でほとんど放映する映画館が少なくなったけど。。。(;^_^A 小泉今日子さん主演の空中庭園を観てきました。 感想は。。。斬新な映像
空中庭園 (管理人のひとりごと)
こちらは原作。 邦画もたまには観に行くんです。今回の作品は個人的には、当たり! 公開前に、監督が覚せい剤所持で捕まってしまったことで話題になった映画。キョンキョン主演。 監督逮捕のゴタゴタもあり、公開自体も危ぶまれたけれど、なんとか公開される事に
空中庭園 (cococo)
小泉今日子は、凄い。ラストで見せる「笑顔」とそれまでの「笑顔」の相違に驚いた。よ
空中庭園 (cinema capsule)
いまをときめく直木賞作家:
映画 空中庭園 (英会話習得方法を公開!)
昨日は、渋谷ユーロスペースで小泉今日子主演の空中庭園を鑑賞した。ユーロスペースは100席ほどの小さな映画館だ。見に来ている客層が若かった。若いカップルも多い。キョンキョンは若い人にも人気みたいだ。 この作品は直木賞作家、角田光代さんの作品だ。監督は豊田利.
空中庭園 (toe@cinematiclife)
監督の覚せい剤所持による逮捕というニュースで有名になってしまったこの映画。 私もその事件がきっかけで知ったのだけど、ちょっと気になったので、見に行ってきた。 作品的には、・・そうだなぁ、ちょっと微妙かな。 <STORY> 京橋家は、「家族に秘密がない」ことをモット
「空中庭園」 (或る日の出来事)
(c) 2005「空中庭園」製作委員会 公開前、監督が覚せい剤取締法違反で逮捕され、一時は公開中止も考えられた作品。 メールなどで公開を熱望する声が寄せられたことが、公開に踏み切
空中庭園 (まつさんの映画伝道師)
第248回 ★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  家庭を守ろうとするあまりに家庭が崩壊する皮肉。  そこには「本音」で語り合うことがあっても「誠実」ではないという歪がある。 「空中庭園」は角田光代の直木賞候補作ともな.
空中庭園(新映画日記転用) (「しつこく」もろもろ日記)
監督の逮捕( 覚せい剤所持による ) ばかりクローズアップされてるのか? と思いながら見に行きました。上映回数も減ってしまいそうだったので。 結論からいいますと、いや~~ナカナカ良かったですよ! うまく感想を書けるかわかりませんが・・ 原作者が絶賛するのもわかる
空中庭園 (映画のない人生なんて)
理想の家族。みんなそれを演じている。 普通のホラーなんかより、よっぽど怖いよ。 新興住宅街、いわゆる「団地」に住む京橋家は 母・絵里子(小泉今日子)父・(板尾創路) そして子ども、姉マナ(鈴木杏)、弟コウ(広田雅裕)の四人家族。 「家族の間で隠し事は...
『空中庭園』 (映画大陸)
 「ねぇ、私ってどこで仕込まれたの?」  家族みんなで朝食を食べる一家団欒の際に娘が口にした話題がこれ。それに対して父親や母親は「山猿ってラブホテル」「あの日はホテルがどこも塞がっていてなぁ~」なんて平然と答えます。何だろう、この違和感は?普通朝からこん.
『空中庭園』をみた (狐の穴にて)
小泉今日子が母親で鈴木杏が娘となったら、見ないわけにはいきますまい。せっかくなので、本日で移転してしまうユーロスペースさよなら鑑賞ということに。 家族をめぐるシビアで恐ろしい物語。 「何ごともつつみ隠
空中庭園 ★★★★★ (つぶやき。。。(日記帳))
「ねえ、お母さん」 「ん?」 「もう死んじゃえば?」 頭をガツーンと打たれたような、衝撃を受けた。 そんな映画だった。 (ネタバレ注意) この映画は本当はテアトル新宿で上映するという予定だったので、株主優待券(僕は東京テアトルホルダーなのです。)で観にいこう
No161「空中庭園」豊田利晃監督 (パラパラ映画手帖)
最初のタイトルが出てくるまで、 キッチンの真上の蛍光灯の傘ごしに、俯瞰で食卓をうつしていく、 カメラのゆるやかな動きに吸い込まれた。 家族が順に現れ、朝食をとり、何気ない会話をかわす。 皆が出かけると、今度は、ふりこが揺れるように、ゆっくりと バスに乗っている
『空中庭園』/ユーロスペース (『世界の中心で、愛をさけんでると思ったら、中心から微妙にズレてた・・・』)
空中庭園/ユーロスペース/13:20~ 監督:豊田利晃 原作:角田光代 出演:小泉今日子、鈴木杏、板尾創路、大楠道代、     広田雅裕、國村隼、瑛太、ソニン、永作博美 <簡単あらすじ> 郊外の団地に住む京橋家には、家族に秘密は持たないというルールがあった
「空中庭園」 (もじもじ猫日記)
”一切秘密を持たない家族” なんて気持ちの悪い家族だろう。 でも、京橋家は絵里子の計画通りに構築された、そういう家族だった。 母親にうとまれていた、愛されてなかったと思う絵里子は、 自分はちゃんとした家庭を作ろうと思い いつも笑みを絶やさず、自分の理想の母親を
観られてヨカッタ・・・「空中庭園」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
諸事情により、上映予定が大幅に変わってしまったこの作品。 京都での上映が大幅に遅れたので、原作を先に読んじゃいました。 が・・・ 映画のほうがずっと面白いっ!!!デキもいい!!{/kaeru_fine/} こういうことって、珍しいんじゃないでしょうか? (まあ、原作を読ま
空中庭園 (はむきちのいろいろ日記)
“ダンチ”と呼ばれる東京郊外のニュータウン。そこに暮らす京橋家では、“家族の間で隠し事をつくらない”というのが一家のルール。だが内実は、それぞれ誰にも言えない秘密を抱えていた。娘のマナは学校をサボってショッピングセンターや見知らぬ男とラブホテルに行き、弟
「空中庭園」 (映画感想文)
「何事も包み隠さず」なんてあり得ない。 いくら理想の家族を構築するためても、秘密がない人間関係など不可能だと思う。 複数の人間が存在する時点で、共通の目標を寸分違わず共有し、 実践するなんて、理想でしかないでしょう。 劇中でも、母親との関係をトラウマとして
空中庭園 (Paranoia Vagrant)
隠しごとはしない。それが家族のルール。どこで子供を作ったか、ラブホテルがどうしたこうしたと、朝からあ
『空中庭園』(2005年) (エイガnoHANASHI)
11/23に鑑賞してからずいぶん日が経ってしまいましたが、感想を。 ワタシには、少しイタイ映画でした。特に、最後の雨のシーンが…。苦しかった。 いつまで続くの?って…。
空中庭園 (BUNPITUノHIBI)
豊田利晃監督 「青い春」「ナインソウルズ」と観てきて、豊田監督の作品は、 ひりひりした男の子を描くのが得意という印象。 そんな彼が、主婦を主人公に据えているという「空中庭園」をどう表現するのかと思ってました。 空中に浮かんでいるかのようなマンションの.
空中庭園 (♯Credo)
角田光代原作の映画「空中庭園」を観てきました。   やっぱり原作を読んでいたのが敗因でした。私にはあんまり楽しめませんでした。原作は登場人物の内心のつぶやきがすごく面白かったので、映画化するのは相当厳しいのではないかと思ってたのです。その辺の面白さが
空中庭園 (Lyuの日常)
渋谷のユーロスペースで観てきました。 初めて入った映画館。。すごく小さい映画館 こんな映画館で観るのは久しぶりでした。 空中庭園 は、角田光代さんの本です。 すごく、おもしろい物語であっという間に読んでしまいました。 映画の公開を待ってて、本日
空中庭園 (迷宮映画館)
10日ぶりに映画館に行けた・・・。10日間空いたのは、夏休み以来くらいか。毎年、毎年、この時期ばかりはどうしようもない。今年も生き延びたという事で。 で、見たのが『空中庭園』。監督がいろいろと問題を起こして、妙な話題になった映画。やはり、どこかうがった見
[映画]「空中庭園」レビュー (レビュートラックバックセンター)
[映画]「空中庭園」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演
どこにだってある様な(ネタバレあり) (みやの映画感想)
「空中庭園」 監督:豊田利晃 脚本:豊田利晃 音楽:ZAK 出演:小泉今日子 板尾創路 鈴木杏 広田雅裕 今宿麻美 勝地涼 國村隼 瑛太 ソニン 永作博美  大楠道代 感想:「何事も包み隠さずタブーを作らず、できうるだけすべてのことをわかちあうそれが私達
シネマ評? SAYURI (劇団たぬきの元気が出るブログ)
「SAYURI」(2005年・米) 製作:ルーシー・フィッシャー、ダグラス・ウィック、スティーブン・スピルバーグ 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり、工藤夕貴、コン・リー ★★★.
空中庭園:おかあさんもう死んじゃえば ユーロスペース (気ままに映画日記☆)
郊外の巨大な団地に住む一家は、いつもにこにこ幸せそうだ。家族の決まりは「家族で隠し事をしない」というもの。 今朝は娘のマナ(鈴木杏)が、「私はどこで仕込まれたの」って聞いて、近所の「野猿」というラブホテルと教えられてがっくりきている。 一見絵に描いたよう.
空中庭園 (cafe bleu)
では映画の話。 これって原作を読んでないとわからないだろうなあ、というのが感想。 絵里子が殺意を抱いて妄想するシーンや血の雨のシーンなど、原作とアプローチが違うのかなとも思われる。 これはどんな映画でも、視点や切り口が違うのは当たり前だからいいのだけれど、
空中庭園 (The・いこでぃ~ら)
映画「空中庭園」を観た。 面白かった。 どこが?と言われると困るが、面白かった。 板尾創路がハマっていた。 この台詞がキーワードでしょう。 「思い込んでいると、本当の物が見えない」 いこでら的評価:★★★★☆(5段階中4点)         もっぺん観ても
空中庭園 (ダラックマ日記)
楽しみにしていた映画【空中庭園】 を観に行った。 豊田監督の事件があったので、公開されないかと 心配されていましたが、公開劇場は限定されたものの ちゃんと公開されたので良かったです。 久しぶりのユーロスペース(ちなみに12月に引越しするらしい) 最近、良
「空中庭園」 (NO MUSIC, NO MOVIE, NO LIFE)
[製作] 2005年 日本 [監督] 豊田利晃 [原作] 角田光代「空中庭園」 [出演] 小泉今日子/板尾創路/鈴木杏/大楠道代/今宿麻美/ソニン/瑛太 他 ------------------------------------------------------------------------ 京橋家ではをつくらないことがきまり。一見
空中庭園 (こわれもの)
隠し事をしないことをルールとしていた家族の仮面が剥がれ、本当の意味での家族を取り
「空中庭園」@ユーロスペース (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
色々な事がなければもっと話題になっていただろうに…別の話題で映画名が売れたとしても関係者にとっては嬉しいことではないだろうし、その為にテアトルでは公開中止となり…この映画自体が公開されないのでは?と思いドキドキした時期もありました。公開延期で済んでよかっ
NO.135「空中庭園」(日本/豊田利晃監督) (サーカスな日々)
「空中庭園」の角田光代は、 「ウホッホ探検隊」の干刈あがたを、後継している。 角田光代の「空中庭園」が映画化されると聞いたとき、僕はふと、1992年に惜しまれつつ夭折した女流作家干刈あがたの「ウホッホ探検隊」のことを思い出した。この小説は1986年、根岸吉太郎監督
「空中庭園」 (Happy Lifeのススメ)
「何事も包み隠さず、タブーを作らず」 そんな何だか作り物で嘘みたいなルールを作っ
空中庭園 (映画評論家人生)
千里セルシーシアター 観逃した作品が多い。本作もそうである。なんたらかんたら、たくさんの映画ベスト
空中庭園 (いつか深夜特急に乗って)
「空中庭園」★★★★★ (盛岡フォーラム2)2005年日本 
空中庭園 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
最優秀パンフレット賞を与えたいくらいの豪華パンフレット!!! あ、映画自体も面白いよ。
空中庭園 (東京ミュービー日記)
空中庭園 監督:豊田利晃 出演:小泉今日子/板尾創路/鈴木杏/広田雅裕/國村隼ほか 昨日も飲み。 最近飲んでばかり。 恵比寿にて。 居酒屋~バー~沖縄料理屋とハシゴ。 なんて店かも覚えていない。 AM3:00まで。 眠い。。。 まぁ、誘われるうちが花 ...
空中庭園 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  好みの別れる作品かもしれない。角田光代さんの原作は読んでいないが、映画のほうは、家族の日常を非日常的なドタバタ味に演出し過ぎている感がある。 パパと恋人達はノーテンキで、まるでマンガそのものだし、娘の行動は不可解でまるで心がない。 空中 ...
空中庭園 (悩み事解決コラム)
{amazon}  角田光代原作・豊田利晃監督、映画『空中庭園』主人公 絵里子(小泉今日子)は家族には隠し事をしない、秘密を持たない というルールをあくまで貫徹させようとする。だが、夫、貴史も 姉マナも弟コウも秘密を全て話している仲の良い家族ごっこ
空中庭園 ( m e r c i *)
角田光代の同名小説の映画化。 幸せ家族は学芸会のようなもの。 仲のいい家族が、それぞれ秘密を抱えつつも、 じつはその幸せ家族を守りたいと思う姿もあると 映画は語っているよう。思い込みが自分の首を苦しめ、 間違うと幸福を見失ってしまう危険をはら ...
『空中庭園』’05・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ今や「ダンチ」と呼ばれているニュータウンの一室に暮らす絵里子(小泉今日子)、夫の貴史(板尾創路)長女マナ(鈴木杏)、長男コウ(広田雅裕)の京橋家。家族の間で隠し事をつくらないというのが一家のルールで一見理想的な家族だが、それぞれが秘密を持ってい...