マダム・クニコの映画解体新書

コピーライターが、現代思想とフェミニズムの視点で分析する、ひと味違う映画評。ネタバレ注意!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイランド /男性論理の転倒

2005-09-02 | 映画分析
(ネタバレ注意!)本作は、西洋形而上学の「肉食・男性論理中心主義」に疑問を投げかけており、単なるSFパニック映画とは一線を画す秀作である。
アイランド
主人公の男性リンカーンと女性ジョーダンは、神ならぬ人間が創造主となった第Ⅱ世代(クローン)のアダムとイブである。人体の代替品として製造されたクローンだが、肉体的にはもちろん、精神的にも限りなく人間に近づかないと商品として機能しないため、知能や欲望、感情、記憶といった要素もそこそこ刷り込まれている。
 とはいえ、クローンにインプットされている物語は12だけ。これはキリストの12使徒に因むのだろうか。キリストは、世俗に汚染されていない純粋無垢な12人の弟子を選び、一人一人の性格や才能を考え、教え育てたという。
 クローンは、いわゆる保険商品の一つだが、人格を持っているので、自分の身に危険が迫ればサバイバルのために反乱を起こす可能性を秘めた、二律背反的な存在だ。

 彼らの住むエデンの園=施設は、人間がクローンを支配する無菌の管理社会である。そこでの唯一のアイデンティティは、”外の世界は汚染されている。生き残るには、理想郷「アイランド」行きのクジに当選することしかない”というもの。
 さらに、労働、食、生といった人間の基本的な欲求も完全に管理され、性愛の欲求に至っては最初からカットされている。
 施設のシーンで、オペラ・トゥーランドットのアリア「誰も寝てはならぬ」が流れるのは、真実を知るまでは誰も寝てはならないという、クローンたちへの警告だろう。
また、リンカーンが「左の靴がない」と叫ぶのは、イギリスでは、挙式の際、新婦の左の靴に6ペンスしのばせておくと幸運に恵まれる、というジンクスがあることにひっかけたのでは。徹底した管理に疑問を抱いた彼は、自分には幸せが訪れそうもないことを訴えているのではないだろうか。

 ある日、リンカーンは、汚染されているはずの外の世界で生き延びた蛾が施設に侵入してきたのを見つける。そして、創世記の、知恵をつける蛇を思わせるこの虫に導かれて、自分たちのいる世界の暴力と裏切りの実態を知り、ジョーダンと二人で外の世界=人間社会へと飛び出す。そこでもまず出会うのが大蛇だ。

 彼らは徐々に知識を獲得し、自分たちは人間のコピーであること、人間はクローンたちに、人間によって抑圧され搾取されていることを忘れさせるため、理想郷「アイランド」行きの当選という夢を見させ続けていること、その夢の果ては、リンカーンが繰り返し見る悪夢のように、到達不可能で無惨なものであること、そして、外の世界もまた、人間が人間を支配する管理社会であることなどを悟っていく。
 さらに、内と外、理想郷と暴力的な管理社会、人間とクローンや動植物、女と男、有色人と白人などの境界はないのだ、ということも・・・。

かつて西洋形而上学では、人間とは、「成人の、男性の、白人の、肉食的供犠をすることができるヨーロッパ人」を意味していた。現代でもこの系譜は続いており、政治、経済、社会の諸構造をはじめ、動物や生物を用いる実験などは、こうした男性論理のもとで行われている。
本作は、主人公二人のクローンの反乱を通じて、男性論理中心の社会を揺さぶろうとしている。つまり、二項対立はもはや不可能だということ。

 例を挙げてみよう。
 施設での格闘技で、女性が男性に勝ち、ジョーダンはリンカーンと互角で、仲間を救出する。(女性/男性)
 リンカーンは、 虫や蛇により、真実を知る手がかりを得る。(人間/動物)
 リンカーンと瓜二つのクライアントは、クローンの痕跡であるブレスレットをつけただけで、警備隊に誤認され、撃たれて死んでしまう。(人間/クローン) 
 クライアントになりすましたリンカーンは、再生用のスキャンのために施設を訪れるが、係員に「リンゴでも食べて待っていてください」と言われる。これは、知恵の実が授ける、クローンの救出作戦を連想させる。(人間/植物)
クローンの内の世界にはアウシュビッツを思わせるガス室があり、外の世界には9.11に繋がる都市の壮絶な崩壊がある。(内/外)
リンカーンは、人間の監督から「人間は生きるためなら何でもやる」と教えられるが、後日、同じ言葉を人間に返す。(クローン/人間))
黒人奴隷の反乱兵を父に持つ警備隊長が、メシア的な(予期せぬ)到来をして、クローンを擁護し、白人が搾取する世界を転覆させる。(有色人/白人)

さて、タブーとされていた性愛はクローンの究極の欲求である。人を愛することは世界を愛することに繋がるからだ。リンカーンとジョーダンが性愛を知っていくプロセスのシーンで、愛の神キューピッド像が何度も現れる。
 ラストで一瞬、俯瞰構図となり、リンカーンとジョーダンがキスをする。その様子をうれしそうに見つめながら去っていく警備隊長 。彼には光が当たっている。
 そして、”復活”と名付けられた船は、リンカーンとジョーダンを乗せて南へ・・・。
彼らも、創世記のアダムとイブのように、苦難の人生航路を辿るのだろうか。

人間は創造主にはなれない、ということも含めて、本作には神の視点を感じるシーンが多々ある。「信じられるのは、あんたと神だけだ」と言い、リンカーンが奴隷状態のクローンたちを解放するのをサポートした警備隊長は、もしかしてメシア(神=大いなるもの)だったのだろうか。

 主人公の二人が適役で、ピュアなクローンの人物造形が伝わってくる。ストーリーに矛盾点はいくつもあるが、テーマのすばらしさを評価したい。
★★★★(★5つで満点)


ブログ・ルポ
あなたのブログで眠っている記事が、再び脚光を浴びるチャンス!


人気blogランキング
 
(この記事を気に入った方は、ココをクリックしていただけるとうれしいです)

トップページヘ



ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつか読書する日 /執着と解... | トップ | 2005年映画観賞覚書より そ... »

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
肉食・・・ (kossy)
2005-09-03 23:57:32
難しい・・・奥が深い。

そんなことが隠されていたのかぁ・・・

と、半分もわかっていない俺。

壮大なSF哲学だったのですね・・・
ほっほー (背番号12)
2005-09-05 03:41:02
すさまじい観察力。視点のキメが細かいですね。「クローンのアダムとイヴ」という、フレーズを読んだだけで感動しました。映画の趣旨はそれで正解ですね。確かに、大蛇、林檎はキーワードだったのかもしれないです。映画を観終わったあとの討論会は面白いです。このページ来て良かった。
Unknown (AKIRA)
2005-09-05 11:12:54
TBありがとうございました!



アクションの中にさらっとメッセージが含まれていて,

それが自然と響いてくる作品でしたね。

Unknown (Deanna)
2005-09-05 12:42:22
TBありがとうございました。

記事、興味深く拝読させていただきました。「なるほど~」と納得してしまいました。つきつめていくと、奥が深い話なんですね。

人間が人間の命をモノのように扱うことだけは、してはいけないことだと思っています。それこそ神の領域を侵犯してますから。

またお邪魔させて下さいね☆
はじめまして。 (Light of hope)
2005-09-05 17:16:20
TBありがとうございました。



みなさん、おっしゃってますが奥が深い!!

そういう視点で映画をご覧になっているということにただただ関心でございます。



映画は私的には大好きなアクションに強い社会的なメッセージがこめられていて見て良かったと素直に思える作品でした。



またおじゃまさせて頂きます。
思考実験としての「The Island」 (映画侍)
2005-09-05 18:49:56
コメントありがとうございます。面白い観点を興味深く読ませて頂きました。

キラー・ハリケーン・カトリーナと、ニュー・オーリンズの水害、取り残された最貧困黒人たち、銃を使った略奪者、おびただしい死者。

CNNに釘付けです。悲惨な出来事ですが、見ている光景は映画と同じです。あらゆる事件事故報道は娯楽です。

もちろん、起こっている事件事故はシリアスな現実です。それを娯楽と言っているわけではありません。報道というものは現実を娯楽と化してしまいます。

東京の水害の現場に行く羽目になりました。

帰ってきたら、知り合いの住むメダンで大事故が・・・・。

あの、大災害地アチェ支援の中心地です。世界は人間の愚かしさで沸騰しているような気がします。

映画の伝える真実も現実の出来事もクロスオーバーしています。

またコメントをお願いします。楽しみにしています。TBさせて頂きます。
TBありがとうございます (andybelle)
2005-09-05 19:01:17
面白い…。

こんな映画の見方も有るのですねぇ。

勉強になりました。
なるほど (てっしー)
2005-09-06 06:38:12
TBありがとうございました。

レビュー楽しく読まさせていただきました。

なるほど男性論理中心主義ですか。

そういう見方もあるのですね。奥が深いです。

私も設定の中で深読みできそうなものがいくつかあり気にはなっていたところです。

また寄らさせていただきますね。

MOVIE SHUFFLE様 (マダム・クニコ)
2005-10-01 17:15:55
>残念なのはラスト。

観客に解釈を委ねる、というのも、最近のハリウッド映画の一つの傾向でしょうか。

語り合うのにはそのほうが楽しいので、私は気に入っていますが・・・。
TBありがとうございます。 (蓮如)
2005-10-13 21:52:10
遅くなりました。TBありがとうございました。

ざっと拝見したところ好意的なご意見が多い中、当方の記事は少々辛口だったにも関わらず取り上げていただいて恐縮しております。

作品の主張は非常にわかりやすいものだと思うのですが、ラスト近くで息切れを感じた模様です。(他人事のように^^;

スカーレット・ヨハンソンは凄く綺麗で魅力的でしたね。可愛い演技も観てみたいなと思います。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2005-12-03 04:16:19
echo&コメ、ありがとうございました!

あのぅ、実は、これ読んだのですが、深すぎて、、、

あたしは単純に、これで終わった!と思ったら、また先に進んで、

あんなところまで行くとは思いませんでした。

みんな解放しちゃうし、、、あのあと、どうなるんだろ??

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『アイランド』 (ラムの大通り)
-----『アイランド』って監督がマイケル・ベイだよね。 ということは今回も超大作だ。 予告を観る限りでは<クローン>をテーマにしてるみたいだね。 「うん。舞台は大気汚染から守られた清潔な都市空間。 そこで暮らす人々の夢は,地上に残された最後の楽園『アイランド』に
「アイランド」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は秀君と「アイランド」の試写会です。秀君が出張から早い時間に帰ってこれると言う事で並んでもらいました。マイケル・ベイ監督作品なのでちょっと期待しつつ、あんまり期待すると・・・と思ったりとか。でも、秀君がたしか4月の頭くらいに行った試写会で予告を見て「
「アイランド」みた。 (たいむのひとりごと)
「THE ISLAND」 マイケル・ベイ監督オビ=ワンのユアン・マクレガーにつ
アイランド (ネタバレ映画館)
 今年は、車の横っ腹にぶつけられる映画が多くないですか?  今回もやられちゃいました。過去に車の横にぶつけられたことのある人にとっては、一瞬のうちに記憶が甦ってくるのです。『ボーン・スプレマシー』『フォーガットン』『ダニー・ザ・ドッグ』、そしてこの『アイ
予告編はネタばらしすぎ◆『アイランド』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
7月19日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて この作品って、予告編を観ると思い切りネタをばらしちゃっているんだけど、それって知らない方が絶対に映画を楽しめると思うので、私は予告編で触れているネタばれには触れずに書こうと思っている。 とある施設で働くリン.
アイランド THE ISLAND (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソン主演のSF映画 シスの復讐のオビワン役ユアン・マクレガーが大活躍 リンカーン・エコー役ユアン・マクレガーは自分がクローンと知らない 同じクローン、ジョーダン・デルタ役スカーレット・ヨハンソンが 選ばれた者としてア
アイランド (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日3本目は「アイランド」です。   「人々は地上最後の楽園アイランドに行くことを夢見る。しかしリンカーン(ユアン・マクレガー)はこの世界に疑問を、持ち自ら調査を進めるうちに衝撃の事実を知ってしまう。そして友人のジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)と
予告編で十分か・・・ 「アイランド」 (平気の平左)
評価:60点 アイランド まぁ、期待以上でも期待以下でもないです。 大作映画としては、そつのない出来でしょう。 金を使えば、これだけのもんは出来るっていう感じです。 ストーリーもそこそこの驚きがあり、 アクションもそこそこあり、 男女の絡みもそこそこあり
アイランド (シネクリシェ)
 冒頭から少し異様な印象を受けました。冒頭からいかにもSF映画らしいといえばSF映画らしいの美術が展開され、未来都市での集団生活といった光景
アイランド (It\'s a Wonderful Life)
今SWで話題のジョージ・ルーカスの処女作「THX1138」(1971) をご覧になった事はありますか? 近未来、コンピューターが支配する世界で人間は地下都市に住み、 認識番号が名前で、全員白い服着用、頭はスキンヘッド、そして 男女の恋愛は禁止。その社会から逃亡...
アイランド (うぞきあ の場)
いわゆる、“クローン”を扱った作品。 2000年に、“シックス・デイ”という作品があったが、同じく、人間のクローンが登場する。 しかも、今回は主人公でだ(でだ って書くと、戸田奈津子みたい・・・)。 幸い、今回は翻訳は別の人だった。 見所 ①マイケル・ベ
アイランド (Saturday In The Park)
監督:マイケル・ベイ 出演:ユアン・マクレガー     スカーレット・ヨハンソン     スティーヴ・ブシェミ     ショーン・ビーン 【ネタバレ注意】 「感情や思い出がないと臓器が成長しない!」と言うセリフがクローンに自我を 持たせた理由になってい
「アイランド」 (試写会帰りに)
国際フォーラム「アイランド」試写会。 ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン主演のSF映画、しかもマイケル・ベイ監督の超大作らしいと耳にした時は、主演二人の顔合わせとSFとの組み合わせに魅力を感じ、観たいと思っていた。 しかし予告編を観てから、全てのシ.
宇宙戦争、アイランド、星になった少年見たよ (わにわにしちょし)
今日は池袋で映画を3本見ました。宇宙戦争、アイランド、星になった少年の順番で見ました。要するに、評判の悪い順に見ました。 以下、感想。ネタバレは白文字なので反転して見るヨ
The Island★★★★☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:アイランド 『安全で快適なコミュニティで暮すリンカーンは、自分が人間に肉体のパーツを提供するために作られたクローンであることを知ってしまう。そこでアイランド行きが決まったジョーダンとともに外の世界へ脱出する。』 director ...Michael Bay(Pearl Ha...
アイランド(試写会)  (ひるめし。)
生きのびろ、地上でもっともピュアな魂。 CAST:ユアン・マクレガー/スカーレット・ヨハンソン 他 生まれて初めての試写会。まだ公開してない映画をタダで観れるなんて、なんてステキなんでしょう。招待券は2名までなので暇人な母と観賞~。 とんでもなくお金をかけた追
『アイランド』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
「偏差値30からのハリウッド映画」の登場である。 マイケル・ベイという監督は、ハリウッドの中でも突出したバカであろう。 しかし愚か者ではないのだ。 世界に訴えたいものとか、芳醇なストーリーテリングとか、そういうカネ儲けにジャマなものには見向きもしないのだから
アイランド(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マイケル・ベイ 【出演】ユアン・マクレガー/スカーレット・ヨハンソン/ジャイモン・フンスー/ショーン・ビーン/マイケル・クラーク・ダンカン/スティーブ・ブシェミ 【公開
『アイランド』を観てきた! (映画観たよ(^^))
ユアン・マクレガー主演の『アイランド』を観てきた。 場末の劇場だったので100人収容なのに朝一番のせいか6人で貸しきった感じだった。こんな人数で座席指定なんてマヌケだ。 ストーリーは、臓器取得や養子のためのクローンを育てている施設で始まる。クローンは
アイランド (メルブロ)
アイランド 上映時間 2時間16分 監督 マイケル・ベイ 出演 ユアン・マクレガー スカーレット・ヨハンソン ジェイモン・フンスー ショーン・ビーン  試写歴2年の私だが、ニッショーホールは初めて。外観を見る感じ、古そうであったが中は結構キレイだ。試写会会
アイランド (とりあえずな日々(仮))
近未来の巨大施設。 毎日完全な健康管理の下で暮らしている入居者たちの中にリンカーンとジョーダンもいた。 地球は汚染されて、生き延びることのできた彼らは施設で守られているのだと信じていた。 施設で暮らす者達の夢は一つだけ。 汚染を逃れた唯一の場所「アイラン.
アイランド (まつさんの映画伝道師)
第161回 ★★★★(劇場)  クローン技術の進歩。  例えば、死んだペットの再生は現実としてある。ならばどこまで許せるのか?  死産した赤ちゃんなのか、それとも事故死した子供、いやいや早死にした有名人、天才的頭脳を持つ学者なら年寄りでもいいのか.
アイランド (Akira\'s VOICE)
都合の良い展開があるものの,見応え満点のアクションと, 人類への警告が絡み合い,最後まで飽きずに楽しかった!
アイランド (2005) THE ISLAND 136分 (極私的映画論+α)
  近未来。大気汚染から守られ、管理の行き届いた安全で快適なコミュニティで暮らすリンカーン。彼やその他の住人にとっての夢は、地上最後の楽園といわれる“アイランド”へ行くこと。そしてその抽選会が毎日のように行なわれていた。だがある日、リンカーンは換気口から
アイランド (優みゃの辛口映画感想)
監督:マイケル・ベイ 出演:スカーレット・ヨハンソン     ユアン・マクレガー     ジャイモン・フンスー、他 あらすじ{/book/} 大気汚染から守られた清潔な都市空間。そこで暮らす人々が抱く共通の夢は、地上に残された最後の楽園「アイランド」へ行くこと。日々
THE ISLAND(2005,U.S.) (The Final Frontier)
 やっと観てきました。Ewan McGregor様主演の THE ISLAND  予告編の段階で半分くらいネタバレしているようなもので(クローンだの 施設(?)から逃げるだの…)、あんまり細かいことを気にしなければ観て楽しめる。そんな感じの映画でした。なんてったって監督がマイケ
アイランド ★★☆ (TRUE-TIME WEB-LOG)
>アイランド ハリウッドに超然と君臨する「破壊神」ことマイケル・ベイ監督が己の願望を満たす為だけに(笑)次々と製作され続けているハイパーカタストロフムーヴィー最新作。舞台は深刻な大気汚染によって荒廃した近未来。人々は徹底的に管理された社会でただただ「生か
【アイランド】 (ココアのお部屋)
ユアン・マクレガー スカーレット・ヨハンソン、ショーン・ビーン ジャイモン・フンスー、スティーブ・ブシェミ 出演のアクション。 公開日:7月23日 ☆ストーリー☆ 海に浮かぶ緑豊かな島――憧れの地「アイランド」を目の前に、 海へ引きずりこまれてしまうい.
アイランド (movie trip)
鑑賞日  2005年8月19日 劇場   新宿ミラノ座 CAST & STAFF 公式サイト 監督  マイケル・ベイ 脚本  カスピアン・トレッドウェル=オーウェン      アレックス・カーツマン      ロベルト・オーチー 音楽  スティーヴ・ジャブ
『アイランド』 (: Keep a diary under the moo...)
『アイランド』 ★★★ 『THE ISLAND』 コピー 「生きのびろ、地上でもっともピュアな魂。」 走る走る!逃げる逃げる!カーアクション炸裂!さすがマイケル・ベ~イ!あなたらしい映画でした(笑)どうやら予告はネタバレしてるみたいなんですが、幸い何も情報入れず
「The Island」 こ、こわい。 (映画侍、ぶった斬り!!!)
クローンを扱った物語だ。クローンが人格をもってしまったらどうなるか。なぜクローンが作られているのか?さまざまなふくらみが出てくる。サスペンス・アクションと言えばそうだが、神の領域に踏み込む思考実験だ。 Kyrie Eleison
「The Island」 アクション映画としての・・ (映画侍、ぶった斬り!!!)
逃げる二人。追う傭兵部隊。めざましいアクションの連続だ。二人はよく走る。低い位置から追うカメラの効果で走るだけでもスピード感がある。ハンディカムの揺れが臨場感を加える。 車のアクションも派手だ。近未来
アイランド (映画-CAN)
“「アルマゲドン」「パール・ハーバー」の”、というより、“「ザ・ロック」の”マイケル・ベイ監督最新作という事で、心待ちにしていた「アイランド」。 大作を得意とする監督の力技がプラスに働き、ラストまでテンションを落とす事なく、一気に見せてくれた。 大気汚染
アイランド(2005/アメリカ/監督:マイケル・ベイ) (のら猫の日記)
「リンダリンダリンダ」を観るつもりだったのだが、最終上映時間に間に合わなかったのでこちらを。 大気汚染から守られた清潔な都市空間。そこで暮らす人々が抱く共通の夢は、抽選に当選し地上に残された最後の楽園「アイランド」へ行くこと。しかし、リンカーン(ユアン・.
アイランド (2005):THE ISLAND (昨夜の一杯)
ブラッカイマー印ではないマイケル・ベイ監督の作品。 ストーリーに突っ込みどころは多々あるけど、全体としてはよくできた作品だと思います。 『THX-1138』を彷彿させるクローン世界や、食事、乗り物など、ほんの少しの近未来の世界観は 雰囲気タップリ。 ユアン・マ
アイランド (たにぐちまさひろWEBLOG)
近未来、数千人の人々が閉鎖された居住施設に住んでいる。彼らは、外の世界は生物の住めない状態になっており、外界には唯一“アイランド”のみが居住可能な島であると信じこまされ、抽選に選ばれ“アイランド”に行くことだけを楽しみに毎日を過ごしている。 そんな中、居
「アイランド」 (the borderland)
派手好きで悪趣味なマイケル・ベイの作品。観客が喜ぶツボを知ってるのは確かだから、あまり深く考えずに楽しむのが基本姿勢じゃないかと思う。個人的にはスティーブ・ブシェミが一番人間らしい役で、出番も意外と多かったのが嬉しかったです(^^; 【ネタバレじゃ】
■アイランド (ルーピーQの活動日記)
 近未来の巨大施設。毎日規則的な生活を続ける入居者たちの中に、リンカーン(ユアン・マクレガー)とジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)もいた。地球は汚染されており、生き延びることのできた彼らは施設で守られているのだと、みな信じていた。施設から出られる道.
アイランド (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
 「アルマゲドン」「パール・ハーバー」と、ジェリー・ブラッカイマーとコンビを組んだ大作映画を立て続けにヒットさせてきたマイケル・ベイ監督が、ブラッカイマーとケンカ別れ(
『アイランド』映画批評29 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  想起された映画を書きます。 管理社会から逃げる設定は『2300年未来への旅』、臓器移植用の人体が保管されてる場面は『コーマ』、人体が培養液で栽培されている場面や機械の虫が体内に入るところは『マトリックス』、地上に脱出する場面は『THX-
アイランド (In my opinion・・・)
う~ん、この夏はSF三昧だ!ヾ(´▽`;)ゝ この「アイランド」もかなり良い感じのSFでした。 毎日抽選が行われる地上最後の楽園「アイランド」へ行かれる権利を得るために皆、それぞれ思い思いに過ごし、まだ見ぬ楽園「アイランド」への夢を馳せている。地上は汚染さ
うるさいぞ!映画「アイランド」 (The Nightfly)
The Island [Soundtrack] ドンドコドンドン、ドンドコドンドン、ドドンドコドンドンドカーン! この映画は終始うるさい。まるで和太鼓競演。 このサントラを買う人の気が知れない。 あー騒々しかった。画よりも音が目立ちすぎ。 以下ネタバレあり。 2019年
アイランド (栄華の夢(映画日記))
【内容】  大気汚染から守られた清潔な都市空間。そこで暮らす人々が抱く共通の夢は、地上に残された最後の楽園「アイランド」へ行くことである。人々は日々行われる抽選に一喜一憂
アイランド (ぺぺ日記・おもに映画日記)
『アイランド』を観てきました。 この作品、1979年のアメリカ映画「クローン・シティ/悪夢の無性生殖」のパクリだとか、アメリカでの興行成績が振るわなかったのをプロデューサーがスカーレット・ヨハンソンのせいにする発言をしたとか、はたまた自称「日本好き」の
映画 『アイランド』 (kinako日和)
メガネを家に忘れたので会社を早退 そして、駆け足で 六本木の映画館に向かい 『アイランド』を 最終日だったにもかかわらず 結構満員な中観てきました♪ kinako家が映画館で見る久々のヒット☆ と大絶賛する映画だし マイケル・ベイ監督の「ザ・ロック」は 好きだし 
Box office 「アイランド」 (LifeWork)
今週は「Four Brothers」がTOPですよ。 http://www.fourbrothersmovie.com/ マーク・ウォールバーグ主演(?/と言うか4人兄弟全員が主役なのかな) で、他の兄弟役にギャレット・ヘドランドが…!!(この間の”プライド”よりも良さげな雰囲気) ちょっとコレ楽しみだな~
「アイランド」再び (Aloha Days)
先ほどは失礼致しました・・・ショーン様の魅力にやられて脳髄が漏れてました 修復してきましたので改めて「アイランド」の感想をば・・・ いやぁ~ クローン強し!でしたな どう見てもオリジナルより生き残れる確率が高そうですね 学習能力も人間より優れてるみたいですし
制作裏話「アイランド」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
アメリカに在住の邦人が発行しているメールマガジンでは、 アメリカ国内の「アイランド」の予告では、その「アイランド」の正体は伏せられたまま とのことです。 ところが日本版予告では正体はあっさり出てきてしまいます。 『アルマゲドン』で世紀末の“現在”を描き、 『
アイランド (MOVIE SHUFFLE-映画専門BLOG)
『THE ISLAND』 アメリカ/2005 監督:マイケル・ベイ 出演:ユアン・マクレガー スカーレット・ヨハンソン ショーン・ビーン     スティーヴ・ブシェミ ジャイモン・フンスー マイケル・クラーク・ダンカン 「ただ、何かがおかしいと思うんだ」 今ま
『アイランド』 (【活字・活動画】)
『アイランド』を観て来ました。綺麗に作ってはありました。そりゃ2005年夏休みロードショーだもの。しかし、こんなに後に何にも残らない映画も最近珍しい・・・。以下ネタバレなので。
アイランド (いつか深夜特急に乗って)
「アイランド」★★★(盛岡フォーラム3) 2005年アメリカ
アイランド 今年の232本目 (猫姫じゃ)
アイランド いやぁ、おもしろかった。 うちの姉君、最近、少し良くなってきたのですが、まだ安静生活。で、アイランド見たいから、借りてこい!と、、、新作だから、全部貸し出し中yo。といっても、誰かが返しに来るまで、そこで待っていろ!と、、、 最初の近未来的なお.
「アイランド」を観た。 (私でもいいですか?新館)
近未来、完全に管理された施設の中で、過ごすリンカーン(ユアン・マクレガー)。彼は他の者たちと同じ服を着て、同じような食事をして、同じような仕事をして、過ごしている。 彼ら
『アイランド』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『アイランド』 原題:THE ISLAND製作: 2005年 米監督: マイケル・ベイ出演: ユアン・マクレガー/スカーレット・ヨハンソン/ジャイモン・フンスー 《公開時コピー》 生きのびろ、地上でもっともピュアな魂。 2019年――。それは、生命がオーダーメイドされる時.
映画『アイランド』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Island (2005年製作) ユアン・マクレガー特集、SFでシリアスなクローンと臓器売買がテーマなのに、スリリングでゲーム感覚なアクション満載、ユアンが本領を発揮する・・ 自分がクローンであることを知らない人々、地下都市に隔離され臓器 ...
アイランド@我流映画評論 (ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG)
今回紹介する映画は、ユアン・マクレガー主演のSF映画、『アイランド』です。 まずはストーリーから・・・ 全で快適なコミュニティで暮すリンカーンは、自分が人間に肉体のパーツを提供するために作られたクローンであることを知ってしまう。 そこで恋人・ジョ...
アイランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アイランド 制作:2005年・アメリカ 監督:マイケル・ベイ 出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、スティーヴ・ブシェミ、ショーン・ビーン あらすじ:汚染された外界と隔絶され、殺菌・脱色されたようなモ...