逆風に抗して Against the wind,♪ we are running against the wind.♪
ここではないどこかへ。モモンガーの旅
定年後の悪アガキ、自転車、
サイクリング、車、ロック、
エコ、昔話

 



核シェルターの最も重要なシステムの一つが、浮遊する死の灰=PM2.5級の固体放射性物質をシェルターに入れず、一番恐ろしい内部被ばくを防ぐ空気浄化システムであろう。以前とにかくクリスマスに間に合わそうとBosh の掃除機用HEPAフィルターを使った空気浄化システムを設置した。



ただ、大急ぎで作ったので、掃除機用の為、フィルター面積小で圧力損失が大⇒空気流量があまり大きくないことを嘆いていたら、Mixiの核シェルター自作コミュニティーで、角型のHEPAフィルターに外箱付けると良いと助言を頂いていた。
一方、正月帰省の折、塩尻の家の方も核シェルター化を検討していて気が付いたのは、塩尻の家はパナソニックの熱交換器付きの第一種機械換気システムが据え付けられており、窓をすべて閉めた状態で家に入ってくる空気は全てHEPAフィルターを通ったものであることに気が付いた。



丁度、塩尻のHEPAフィルターを取り換えたので、古いものを持ち帰り、先日買ったエアーコンプレッサーでゴミを吹き飛ばし再生した。このフィルター大面積で圧力損失も小さいので、これを使って空気浄化システムを改造してみた。
まず、フィルターを取り付けるのにちょうど良い大きさのプラカバーが有ったので、取り付けて、隙間をホットメルトで埋める。


そこに、パナのHEPAフィルター、FY-FD2217を嵌め込む。



プラカバーとの隙間は隙間テープで埋めておく。



通常はフィルターを外し、地下室の湿気を除去するようにして、核シェルターモードの時、すぐフィルターを入れられるようにしておく。



これでシェルター内で煮炊きしても大丈夫な空気流量が確保できた。ただ、極微量とは言え、捕集できないPMもあるので、補助として使う12VのHEPA空気清浄機も重要かな?



作ってみた感想は、やはり角形の方が、フィルター面積も数倍あり、工作もやりやすく、かつ、このFY-FD2217フィルターは安いので、このHEPAフィルターを使った空気浄化システムがお薦めかもしれない。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この所のサイクリングのついでに、100m程度の登山を伴う吾妻山だとか田浦梅林だとかに出かけて、SPD靴で山を登り降りしていた。このSPD靴、クリートが地面、特にコンクリート面などに当たって、滑らず、カチャカチャ音を立てないように、ゴム底を盛り上げた特製SPDシューズである。

半年前に改造して使っていたのだが、街歩きと違って、さすがにこの所の登山活動は厳しすぎたと見え、左足のゴムパッドが剥がれてしまった。



で、準備したのは新しいゴム足、木ネジとホットメルトガン。



ホットメルトガンで台座を作り、ゴム足とゴム板を靴底に接着し、木ネジで固定する。



さらに、周辺にホットメルトを重ね盛りして、修理完了。ついでに無事だった右足の方も補強をして完成。
これで当分、街歩き、特にショッピングモールなどに行った時、滑って転ばないようになった。カチャカチャ音を立てて怪訝な目で眺められることも無くなる。



めでたしめでたし。


-------------------------------------------
  その他の靴も改造済
-------------------------------------------
① シマノSPD靴の改造の場合     ② マビックSPDの改造の場合
    



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日もうすら寒い、車で都築プールに出かけ、1.2+1=2.2km泳いだ後に新横浜へ。

昨日、自転車でなんの気なしに新横浜のリサイクルガーデンに寄った際に見つけてしまったエアーコンプレッサーを買ってきた。手に入れたのはこいつ。別に買ったエアーダスターと比べてもその小ささが目立つ。

 

  • 電動機サイズ:0.375kW・定格電圧:AC100V
  • 定格周波数:50/60Hz・消費電流:3.7/3.4A
  • 定格消費電力:290/340W・定格時間:連続
  • 空気圧縮方式:レシプロ式(往復動ピストン方式)
  • 圧力制御範囲:0.8-0.6MPa・最高使用圧力:0.8MPa
  • タンク容量:4L
  • 空気吐出量(L/min):(0MPa時)41/49・(0.45MPa時)22/26・(0.6MPa時)20/23・(最高圧力時)17/20
  • 騒音レベル(参考値)(db(A)/1.5m):67/68




エアーコンプレッサーとしては極小サイズ、重さも10.8kgしかないので、どこにでも持っていける。家庭用の100Vで使えて、一応普通のコンプレッサーと同じ8気圧程度まで圧力を上げられる。ただし、タンクは4リットルと極小でコンプレッサーの吐出量も20リットルしかないので、連続使用やエアーインパクトレンチを回そうとすると、すぐ止まってしまう。

リサイクルガーデンにはいわゆる本職が使うエアーコンプレッサーで定価が10万円程度のものの中古が数台置いてあった。元同僚から、コンプレッサーあると、DIYがはかどるし面白いよと助言され、以前から買いたいものの、重すぎて腰に悪そう、本当にこんな大容量のものを使うか、、、、、で購入に至らなかったもの。



アマゾンの製品レビューを見ると、賛否が沢山書き込まれているが、否定派は少数で、用途を考えず、購入後極小容量であることに気づき不満を述べている人で有ることが解かった。私が使うのも、基本はDIY時のエアーダスターとタイヤの空気入れ等で、インパクトレンチなど工具の動力としては使わない。

以前ネットで購入を検討した折には、明らかにPRC製と思われる無骨な(センスの無い)パチ物ぽいコンプレッサーが2万円弱で売られていた。現物を見るとPSEマークがあり、銘板にはMade In Taiwanと書いてある。それなりのカッコよいデザインで、アマゾンで1万5千円のあまり使用感の無いコンプレッサーが1福沢以下で買えるのなら、OKと判断して、購入に至ったのであった。

この オイルレス エアーコンプレッサー SR-045 藤原産業という大工道具の会社が販売元のコンプレッサーで、SK11シリーズとして出している数種類のコンプレッサーのうちで最小のもの。取扱説明書もDLできたし、将来の部品供給もありうるみたい。だいぶ安心して使えそう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




返却期限の来た本を返しに、35Cブロックタイヤのジジチャリで、菊名へ向かう。
鶴見川CR鴨居サイドの河津桜は3分咲きかな? 満開までにはまだまだ。



続いて小机の河津桜もチェック。こちらもまだまだだね。



図書館に向かう途中にある関門、中古ハード屋のリサイクルガーデン新横浜を冷かす。
以前からおいてあった、両輪駆動の自転車、3万5千円から3万円に値下げされたら、一台売れているよ。変速後の後輪から3つのチェーンで駆動力の一部を前輪に伝える機構なのだが、いかに言っても重い自転車である。しかも乗る需要があるのは、雪が降った時くらいか?



店内をうろつきまわっていたら、工具売り場に掘り出し物があり、後日車で引き取りに来るべく、手付を置いて、確保してもらうことにした。

本命の要件がある図書館に寄り、昼食後、さらにブラブラすべく、セオサイクルへ。目の鑑賞のみで引き上げ、続いてコーナンで部品を一個買い付けて、鶴見川左岸を帰還。

鴨居の梅畑はようやく満開。



図書館にかこつけて、その辺をブラブラしていて、思わぬ買い物予約をしてしまったが、まあ良しとしよう。





コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




見るスポーツにあまり興味はない。とりわけ、国威発揚物のオリンピックはあまり好きではない。そんな金があったら、一般国民のスポーツをする人向けに予算を使ってくれと言いたいのだ。

そんな、ひねくれ者の私だが、今回のオリンピックで小平選手が金メダルを取ったのは、素直に喜ぼうと思う。

なぜか?6年前、右足大腿骨、骨盤骨折と右手首骨折という、大骨折の手術をしてくれたのが、小平選手を後援している相澤病院だったからだ。(6年前の入院時、故郷の山々の見える病棟で)



あの時は、もう一生スポーツはおろか、歩けなくなるのではないかと言う恐怖にうち震えていたのだが、今では、ほぼ健常者と同じで、毎週100数十kmも自転車で走ったり、2kmは泳いだりしている。

  恐怖の入院手記はこちら⇒ ①怪我の状況   ②2ヶ月半の入院治療の経過とリハビリ

入院していた時も、手作り感のある小平選手のポスターなんぞが、病院内に掲示されていたが、当時はソチオリンピック前で、まだ、海のものとも山のものとも分らない時期。長野県出身というだけで、後援していたようだ。

一方、長年、人間ドックや、私のもろもろの健康問題をサポートしてくれていた、東芝病院がなくなるので、泌尿器科から今までのカルテの電子データーが紹介状と共に今日送られてきた。この機会に田舎に帰って、老後の健康管理は相澤病院にお願いしようかとも思う今日この頃。
  



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今年は寒くて、なかなか開花が進まないけれど、いくら何でももう咲いているだろうと、田浦梅林に出かけてみることにした。
尾根筋の鎌倉道からは、今日も雲一つない富士山。



大桟橋には今日も大型客船が停泊している。



追い風に恵まれて、グロス平均20km/hで巡行して八景島まで。浜では中学生がダッシュ練習中。



横須賀マラソンの影響で、交通規制に引っかかり、ちょうど良い休憩。



そこで、GPSに目的地の田浦梅林をインプットしたのだが、、、、、
トンネルの多い横須賀、道路が繋がっていないとGPSが判断した為、こんな所まで連れてこられてしまった。



田浦梅林は後回しにして、早めの昼御飯に味美食堂へ向かうことに方針転換。
ベルニー公園の新名物、戦艦陸奥の主砲の下を軍港巡りの船が通り過ぎていく。



私的には、この近くにある、これらの武器を作るのにもつかわれたスチームハンマーを是非見てほしいのだが、、、

馬堀海岸で写真を撮ろうと振り返ると、こんな場所から富士山が見える。ソテツの並木の向こうに雪を頂く富士山。面白い組み合わせだ。



味美食堂、上手いこと空席ありで、即入店。今日はアジフライ定食980円也をいただきました。いつも食べているアジフライとは別物の肉厚で、柔らかいアジフライ。



速攻で頂いて、外に出れば、そこには長い列ができていた。



さて、本日の目的地、田浦梅林に向かいましょう。先ほど確かめた、田浦郵便局から山の方に入って。
細い道を詰めていくと、崖の上に紅梅が咲いています。



今日は鍵とワイヤーを2つ持ってきたので、厳重に自転車を柵に縛り付けて、さあ、この崖を登りましょう。
やはり、今年の梅の咲き具合は遅いですね。白梅も紅梅も3分咲きと言ったところだろうか。



梅林の下の方では、咲いているのは日当たりの良い南面のほんの数本。


さらに上の方に登っていくと、咲いている梅の数が増えてきた。そして、東京湾が眼前に広がる。住友重工のゴライアスクレーンや日産追浜工場もすぐそこに見える。


遠く、横浜港のつばさ橋も見える。



気温は低いものの、風が無く、日差しがあるので、芝生の上で、ノンビリしてから、名残り惜しいが、山を下る。
帰りは、東海岸から西海岸へ。田浦から逗子にへ、そして、長谷の大仏横を通って、藤沢橋へ。
境川CRでは、先日模型を見た水道橋の実物の下を通り過ぎて、



一挙に鴨居原に帰ってきた。



走ったのはこんなコース107km。ダブルクリックでグーグルマップが開く



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




グーグルホームでYouTube を流すと、目がTVに行ってしまうのと、我家の2MB/Secしか出ないADSL回線では、PCやスマホのネット巡回が遅くなってしまう。

なので、英語のラジオ放送をBGMとして流したいのだ。グーグルホームの設定を英語にして、英語で全てをやるようにするれば、米国で使うのと同じように、色々なFM局を聞いたりできるのだろうが、英語でボイスコマンドをするのには少し違和感と気恥ずかしさがある。やはり日本語で使いたい。いろいろ試して、

① BBCはただ単に「ねえグーグル、BBC(1とか2とか)」でかかってくれて超簡単。チャンネル数も多いし、コマーシャルも無いし。ただ、アナウンサーの端正なイギリス英語はなんとか判るが、リクエスト番組やお笑い番組のコックニーがまるで判らん。

放送 コマンド  
Radio 1 BBCいち
若者向け
Radio 1Xtra BBCいち エクストラ
ブラックミュージック
Radio 2 BBC
Radio 1より高い年齢層(私はこれを聞くことが多い)
Radio 3 BBCさん
クラシック音楽、ジャズ、ワールドミュージック、実験音楽など
Radio 4 BBCよん
ニュース・教養・討論・コメディ、インテリ向け
Radio 5 Live BBC
ニュース・スポーツ中継・トーク番組
Radio 6 Music BBCろく
オルタナティブ・クラシック・ロック・ボブ・ディラン・ショーなど
Radio 4 Extra BBCなな
コメディ・ドラマ・子供向け番組
World Service BBC World Service 国際放送
Asian Network BBC Asian Network
主にインド・パキスタン・バングラデシュ出身の南アジア系移民向け


② ESPNは「ねえグーグル、ESPN」でチューンイン経由でかかるがコマーシャルが多いね

③ NPRは「ねえグーグル、スポティファイでNPRラジオ出して」ででてくるが、但しこれはNPRでかかった曲のコンピレーションというか、スポティファイのいわゆるStationと呼ぶもの。NPRの放送ではない。ただ、コマーシャルもなく、NPRでかかる落ち着いた曲が途切れなく流れてくるので、BGMには良いかも。知らない曲の名前も「ねえグーグル、この曲は?」と聞けば答えてくれるし。

ニュースによるとAIスピーカーのアプリ開発競争が始まったようなので、ボイスコマンドの幅が広がるアプリの出現に期待しよう。私の欲しいのは、日本語で、「米国の」「ロサンゼルスの」とかの修飾語を入れて、「ねえグーグル、米国のNPR流して」、「ねえグーグル、ロサンゼルスのKISS FM流して」を理解してくれるアプリ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日の目的は2つ。ファンですさんから教わったヒノオートプラザを目指すことと、鶴見川CRコミュニティーで最近話題のタヌキを見つけること。

晴れの天気予報にも拘わらず、どんより曇った鴨居を出発。昨日の歩きの疲れもあり、気分が高揚しない。でも現金なもの、長津田に着く頃には薄雲が消え、子供の国線の向こうに、富士山がチョコんと見えたら、走る気が湧いてきた。


日向台で恩田川を離れる頃にはすっかり青空。見越しの紅梅が空に映える。



戦車道入口に到着、ひと休憩。



戦車道の尾根幹線上の紅梅も七分咲きかな?



順調に戦車道の終点まで来た。



少し道に迷うも、小泉屋敷を経由して、



絹の道の入り口へ。



MTBに乗っていた頃良く来た道を再訪すべくきたのだが、、、江戸時代からの旧道は玉石舗装でその上には厚い落葉の層。23Cタイヤではキツイものがある。



押し歩きを交えて、ようやく八王子が見えるバイパス上まで辿り着いた。



せっかく苦労して登ったのに、絹の道の通りにこの長い階段を下るのも癪なので、昔走った東京工科大学裏のシングルトラックへ。


落葉と雪で、だいぶ歩かされ、やはり柚木街道をおとなしく走るべきだったと後悔が募ったころ、ようやく御殿山峠へ。頂上のお堂の鐘を3回鳴らし安全祈願後、長いダウンヒルを楽しみ、今日の目的地、ヒノ・オートプラザへ。屋外にはダカールラリー優勝車が展示されている。



ガキの頃、お出かけで乗ったタクシーはこのルノー4CVだ。



そして、ローソクで炙る軽量化が成功して、よく飛んだ⇒飛びすぎて道路に着陸した愛機を轢かれてしまった苦い思い出のあるコンテッサ。昭和30年代の車としては、ブットんだイタリアデザイン、Rエンジン、Rドライブのポルシェと同じ構成、、、でも生き残れなかったコンテッサ。



見ていて飽きないが、お腹も空く。ファンですさんご推奨のカフェテリアに行って見ましょう。明るい店内から丹沢山系を眺めながら食べたのは、ビーフシチューセット、720円。ソースも肉もこの値段にしてはほどぼどでコーヒーも付いてコスパ抜群。



さあ、家に帰りましょう。浅川と多摩川の合流点まで下って、多摩川CR左岸に移る。



是政橋を神奈川側に渡り、尾根幹線、若葉台、柿生経由で鶴見川CRへ。


鶴見川CRコミュニティの一部で、最近話題のタヌキを探しながら、のんぴりと。確かこの辺りのはず、、、、、
あ、居らっしゃいました。しかも酒瓶がおそなえしてある。



あとは慣性で鴨居までと、走ったのは80km、Wadachiで作ったGoogle Mapは下図をダブルクリック。


おまけ: 鶴見川CRの聖地発見シリーズに入れたい可愛いブタさん。
     さて、こ奴は何処にいるでしょうか???


このお題は、鶴見川CR通でも結構難しいと思う。はたして流行るか??



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




散歩日和の今日、17km、21,000歩程、鴨居から西谷、上星川とぶらついてきた。

自転車で西谷に出る道とは違う道で、住宅街をぬって歩く。西谷から梅ノ木交差点経由、帷子川に出れば、紅白の梅が8分咲き。



環状2号にぶち当たれば、今日の第一目標、陣ヶ下渓谷。そう、横浜市唯一の渓谷入口に到着。



場所は環2と16号の交差点から1kmくらい戸塚側に来た、レーダーのある辺り。環2の人工物の下に渓谷があるのは、東京の環七下の等々力渓谷と同じような感じ。



一度、渡河しないと公園上部に辿り着けない。増水したらどうするのだろう?



上の方は、良い感じの公園に整備されている。夏に子供が遊ぶのには丁度良い渓谷かもしれない。さて、公園を出ると、「みずのさか」なる標識と真っ直ぐに登る階段と切通。


何か匂いますね、これは、、、道を辿ると、ありました、ありました、緑色の水道の本管が1本、あっ、橋の下にももう一本。



その先を見ると、無駄に幅広いが、一直線に丘の上へと続く道。これはどうみても水道道ですね。



そして、丘の上にはお約束の空気弁。



地図が無くても、自然と西谷の配水池に辿り着きました。今日の第二の目的はこの水道記念館の見学。



わくわくする物が沢山ありますね。100年以上前に英国から輸入された、桜木町駅前の噴水。



一般の人は萌えないだろうけど、1500mmの逆止弁。



あ、これは、神奈川の自転車乗りだったら誰でも知っている、境川の水道橋の模型。


おっと、今日、水道記念館に来たのは展示に夢中になるためではなかった。2016年に盛んにやった水道道歩きとか以前からやっていた神奈川県の水道道のサイクリングの参考地図を入手できないかを探るためだったのだ。

先ずは資料室で、横浜水道100年史を閲覧。大まかな水路系統図が添付されているのでコピー。


でもこれでは大まか過ぎる。事務所にお伺いして、怪しいものではありません、水道にも関係する仕事をしていたので、、、、水路を辿る散歩用に、系統図が欲しいのですが、、、、とお話しし、壁に掛けられていた配水系統図を写真撮影させていただけた。やったね!!



さしさわりが有るとまずいので、上図は画素を減少し、詳細は判らないようになっている。しかし私は部分拡大図を何枚か写真撮影したので、これがあれば、所々に出ている水道設備を発見しながら、水道道散歩ができそうだ。

興奮おさまらぬまま、4Fの展望室に向かうと、360度の展望が広がっている。UFO型給水塔の向こうにMM21のビル群。



さて、時間も押してきたので、帰りましょう。上星川に下る道は水道坂。



上星川で遅い昼食後、ズルをして、傾斜マンションのエレベーターで丘に登り、帰途についたのであった。



という訳で、歩いたのはこんなルート、17km、21,000歩。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




バレンタインの今日、何も期待していなかったのだが、イタチョコの代わりに、イタリア(須賀敦子)の本を貰った。



チョコっとだけれど、ほん当に、こちらの方が嬉しいね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




米国漫才でよくあるのが、Good News/Bad News 。

東芝病院に3ヶ月毎の前立腺癌マーカーPSA検査に出かけたら「次の検査からは、別の病院をお探し下さい、紹介状をお書きしますから。」とBad Newsを告げられた。

ウェスチングハウス経営失敗の余波の、資産切り売りの一環で、東芝病院が売却されることは知っていたが、名前が変わるだけで、病院の体制は同じだろうとの考えは浅はかだった。
4月からは経営主体が変わり、幾つかの診療科目に関しては継続するかどうか未定で、担当医師も3月末には別の病院に移るのだとか。

そう言われて待合室に戻ると、いつもは混んでいる待合に人がまばらであることに気づいた。


気になって、右手首と右大腿骨骨盤骨折後、2ヶ月の入院と厳格なリハビリ指導してくれた整形外科がどうなるか見に行くと、この掲示。

整形外科に大勢たむろしていた、ご老人達は既に地図に示された別の病院に割り振られているらしい。



いつもは老人で混みあっていた待合室も午後になると、誰も居ない。



ラグビーなどの実業団チームがあった為、運動選手のスポーツリハビリ分野では、かなり名の知られていた整形外科は無くなるらしい。6年前あれだけの大骨折をしながら、私の運動機能がほぼ完全に回復できたのは、ここのリハビリチームに依る所が大きいだけに、非常に残念だ。今後、後遺症が出た時は何処に相談に行けばよいのだろう?。

最後に精算に窓口に行くと、脇のATMにはこの掲示。銀行も逃げ足が速いね。



今から11年前、原子力出のSカンパニー社長にチョット逆らって、役職定年になってしまった時、もっと思いっきり逆らって、ひと悶着起こしておけば良かったとか、幸いにしてWH買収には全く拘わらなかったが、この経営失敗を阻止できなかった数万分のⅠの責任はあるかもなとか、転職しなければならない病院の職員も大変だろうなとか思い巡らす今日この頃。

さて、Good Newsは



前立腺癌の可能性が数%以上あるとされるPSA値の閾値、4以上が2年間つづいたのだが、今回の検査では3.87と4を切った。ぎりぎり正常範囲にもどったのだ。まあ、この数字なら、半年毎に数値を見て行けばよろしいでしょうとのこと。

Good News/Bad Newsの通院だった。

 



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今日は大井町の東芝病院へPSAの検査に行ったので、検査の合間に周辺散歩。病院の前から続く立会川を辿って、京急の立会川駅に出たら、思いがけないものを見つけた。



こんな所に坂本龍馬の銅像がある。



龍馬20歳の頃、黒船からの防衛の為、砲台を築きにこの地にやってきていたんですね。
②の浜川砲台の跡に行くと、その当時の砲が復元されて置いてある。



しかし、こんなチャチイ砲で黒船に立ち向かおうなんて、とても無理。その辺は、実際に砲台を作ったりしているうちに、判ってきたのかもしれない。
砲台の前はすぐ海岸。今はその先が埋め立てられて、大井の競馬場なんかになってるけど、200年前はこの前に江戸湾が広がっていたんだ。


砲台から戻ると、東海道の③泪橋。鈴ヶ森刑場と江戸を繋ぐ橋である。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




一週間前の2/5に出かけて、UPするのを忘れていた東京散歩のエントリー。

まず訪れたのは南青山の岡本太郎記念館。来月から始まる、万博太陽の塔の内部公開に先立った展示があると言うので出かけた。
    



こんな具合になるらしい。是非一度大阪まで見に行きたいものだ。



この記念館は岡本太郎のアトリエの跡。当時の様子そのままである。



誰かに監視されているような、丸い目を後に、外にでる。



以前の本郷かいわいの散歩の際にやり残した宿題を片付ける為に、本郷3丁目へ。
まずはわだつみのこえ記念館。月、水、金しか開館していない。


高校の30年先輩、安曇野出身の上原良司の遺書を見る。



続いて、先日休業だったので入れなかったルオーへ。



この喫茶店、柴田翔の「贈る言葉」に出てくるので有名だが、
50年前とは場所が変わり、店も狭くなっても、カレーは同じ味。



1972年春、数日間泊まり込んだこともある地震研を眺め、



根津神社の鳥居をくぐって、



漱石の猫の跡を見て、今日の東京散歩はおしまい。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




去年の10月にアンドロイド4.4.4にダウングレードしたASUS製のNexus7(2012)、この4ヶ月順調に動いていて、毎日ベッドに寝っ転がってのブラウジングやSNSショートコメントの投稿に使っていた。
所が、最近になって動作がモッサリしてきた。そこでSSDのtrimをしようとしたら、fstrimが動かない。ダウングレードした際は、当然の如くファクトリーイメージを入れて復旧したのだが、ファクトリーイメージ復元=rootが取れていないのだがら、fstrimが動かないのは当たり前。

仕方が無いので、ルートを取るべく、作業をはじめたのだが、一年半前にやった事などすっかり忘れてしまった。PCの方も綺麗に掃除して、Root化Toolkitもどこかに行ってしまっている。幸い一年半前の作業のメモがブログに残っているので、読み直し+関連図書の再印刷をして、横に置き、作業開始。
Twrp関連のファイル取得などで、少し堂々巡りをしたが、その後順次作業をして、無事ルート化完了。


また、我慢できる範囲のサクサク度で大きな画面のNexus7でネットを見られるようになった。

ーーー 追加メモ ーーーーー
体力活動:2/8 都築プールで2.2km  2/9 筋トレ教室2時間



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




CNNによると、Pサイモンが今年限りでツアーから引退するそうだ。



ファンの一人として、いつまでもライブを期待したいところだが、彼にも彼の人生がある。まして身近な親友ギタリストが亡くなった時に、来し方を振り返り、行く末を考えれば、まだ力強いパーフォーマンスをする能力があったとしても、Pサイモンが活動縮小を決めたことを、ファンとしてもやさしく受け入れるべきだろう。



Pサイモンと出会ったのは、高校一年か二年の頃の Sound of Silence。 そして50年前の1968年の映画「卒業」へと続いた。

15年ほど前、卒業した高校の公用犬クロを取り上げた映画「さよならクロ」では、主人公3人が「卒業」を見る場面が出てくる。学校からの長い坂を下り、女子高の前を通り過ぎ、駅も近くなった下町にあったセントラル座、そこでデートをした設定だ。



50年前の冬、1年後に迫った受験を控え、そろそろ将来のことを真剣に考えなければならないのに、半年前に山の遭難で5人の同級生を失い、混乱の渦中にあった私。17才、それが人生でいちばん美しい年齢?のはずが、残念ながらデートで映画を見に行くなんてことは起こらなかった。逆に学校をさぼって、朝から1人で映画を見ていたら、同級生の親の婦警に補導され、気まずい思いをした17才の頃、もう50年も前のことだなぁ。

♬ Can you imagine us years from today,
♬ Sharing a parkbench quietly
♬ How terribly strange to be seventy



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ