逆風に抗して Against the wind,♪ we are running against the wind.♪
ここではないどこかへ。モモンガーの旅
定年後の悪アガキ、自転車、
サイクリング、車、ロック、
エコ、昔話

 



一年前に65を迎え退職したので、今年が本格的な確定申告の年。書留で郵送すれば、それで良いとの連れ合いの助言にも拘わらず、初めての確定申告だし、手渡しで持って行こうと考えたのが、ケチの付き始め。
強い北風に逆らって、必死に自転車をこぐ。
緑税務署についてみれば、屋外まで続く、納税者の列。


でもこれは、確定申告のやり方を相談する窓口だったので、ほっとして、署内に入ると、ここでも列。単に提出するだけでも並ぶ必要があるようだ。列の後ろに付き、10分ほどして、入口に到着。ようやく提出かと思ったら、室内にも列ができていた。



結局20分ほど並んで、確定申告提出完了。  帰りは追い風で楽チンだったので、鴨居を通りすぎ、港北インター横のコーナンでお買い物。重さ5kgの品物をサイドバックに詰め込み、港北インター整備工事で設けられた仮設通路から、一般道に曲がったら、そこで落車。



この所、運転がアグレッシブでなくなり、落車はしていなかった。多分最後は一年以上前。



第一の原因はグレーチングの骨が切断されていて、幅6cm、長さ50cmくらいの穴が開いていること。
第二の原因は仮設通路から曲がると、まさにその軌跡上にその穴がある。仮設通路は下部にのみカバーがあり、車が来ていないことは確認できるので、一時停止せず曲がったのだが、路面は曲がって初めて見えるのだ。



参ったね、まあ、証拠写真でも撮ろうかとスマホを出していたら、町田のMTB乗りの方が、俺も先月ここで落車して、手を怪我したんだ、と穴にMTBの太いタイヤを嵌めてみせる。



その方は半月ほど自転車に乗れなかったとのことだが、不幸中の幸い。重い荷物を載せていて、仮設道路を低速で曲がったので、左のSTIに傷が付いただけで、落車した私に怪我はなかった。
まあ、いくら低速でも、こうなれば落車はするけどね。



鴨居に戻ってくると、今日の強風で、桜が折れて道路上に散乱している。まあ、STIに傷がついただけで、あの枝のように骨折しなかっただけ、ラッキーと思うことにしよう。



あ、申し添えておくと、横浜市の緑土木事務所に電話とメールで事故を報告したら、夕方には、現場にゴムマットを敷いたとのこと。STIの傷のことも電話では言っておいたのだが、返答メールにはそのことに関する言及は無し。



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




2日間春の陽気となるとの予報で、2/16、例年自転車で出かけている場所に、家族ポイントを稼ぐ為に車でめぐってきた。
先ずは篠窪。
駐車場近くの畑はちょうど見頃か?



メインの畑を見下ろすポイントからは、連作で菜の花がまばらになった?
いやいや去年より1ヶ月早く出かけたので、やはり少し早かった?



平日にもかかわらず曽我梅林は人だらけ。梅干しを買って、早々に退散。



海沿いに伊豆を目指そうとしたのだが、早川口が渋滞しているので、ターンパイクで箱根へ。これが大正解。人けの少ない大観山から、雲ひとつない芦ノ湖と富士山。1日後の帰路で、視界が10mしかなくなるなどとはこの時は知る由もない。



箱根から延々と修善寺から天城峠を越えて、南伊豆、下加茂温泉へ。もう夕方。斜光線に照らされて、満開のみなみの桜。



青野川の両岸に広がる河津桜。見物人と売店で一杯の河津より、ここ下加茂温泉の桜の方が、私は好きだ。



宿で海の幸を楽しんだ後に、泊まらなければ見られない夜桜を見物に。夕方とほぼ同じ位置から。



気温が高いので、のんびりと夜桜を楽しめる。風もないので、水面に映る対岸の桜。



翌日は朝日に輝く桜と菜の花を期待したのだが、天気予報よりも早く天候が悪化して、曇り空、残念。



春一番で大荒れ、10m先が霧で見えなかった伊豆スカイライン、箱根新道を経由して、無事夕方帰還。さっそく、買い求めた河津桜の苗を大きな鉢に植え替えた。塩尻に持って帰ったら、ついてくれるか?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アンドロイドOSキットカットの改悪、SDカードへのアプリ移動禁止もあって、3年前に買ったスマホ、フラッシュストレージが4GBしかないGeanee FXC-5Aは使いにくいものになっていた。自分のスマホは一年前ロリーポップのZenfone2 Laser(白) に買い換えてあった。最近、Zenfone2 Laser と殆どスペックが同じで、半年前に発売された、画面と電池がちょっと大きいZenfone Go の値段が30%引きの1万4千円弱で出てきたので、連れ合い他の為に2台購入。

モデルZenFone 2 LaserZenFone Go
OS Android 5.0 Android 5.1
ディスプレイ 5インチ 5.5インチ
解像度 1280 × 720px 1280 × 720px
ディスプレイ保護 Corning® Gorilla Glass 4
アンチフィンガープリント
フルラミネーションディスプレイ
無し
CPU Snapdragon 410 1.2GHz Snapdragon 400 1.4GHz
GPU Adreno 306 Adreno 305
RAM 2GB 2GB
ROM 16GB 16GB
カメラリア 1300万画素 800万画素
カメラフロント 500万画素 500万画素
カメラ性能補足 レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
デュアルカラーLEDフラッシュ
ネットワーク1 IEEE 802.11 b/g/n LAN 802.11b/g/n
ネットワーク2 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
SIMカード microSIMスロット×2 microSIMスロット×2
バッテリー 2400 mAh 3010mAh


2日かかって、連れ合いのスマホを黒のFXC-5Aから赤のZenfone GoにLine を含めて無事アプリの移行完了。



通販でSIMフリースマホが安く買えるのは良いのだが、かなりのスマホ通もしくは、しっかりネットで勉強してからでないと機種の移行はかなり難しいと思う。この辺りが、バカ高いキャリアーのスマホを店頭で買う理由なのだろう。
さあ、あと一台、機種移行をやらなくては。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




断捨離の中なのだが、それほど使ってない品物を捨てるのは、エコに反するようで気がひける。一方オークションだと手数料や送料、集金、、、が面倒くさい。タダであげると言われても、貰う人の自尊心もあるし、、、、

な所に、安く不用品を売るサービスがいくつか登場。その一つ、ジモティーに登録したら、さっそく、Wifiルーターが1000円で売れ、今日手渡しした。買ってくれた人も、大変喜んでくれて、こちらも後ろめたい気持ちもなく、断捨離ができた。(電車代を考えると、ほとんど意味は無いのかも??だが、まあ気持ちの問題だ)

大物の車椅子5000円



簡易車椅子が2500円



フットバスが2000円



ヒーターが1500円



と値段を付けたのだが、引き取り手が現れないかな???



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月に日体大で体力測定した経験がすごく良かったので、膝痛体操教室と言うのに申し込んであった。昨日の雪も解けたので、自転車で出かけることにした。鴨居大橋の向こうの富士山には雪雲が掛かっている。


のんびり走っていたら、集合時間が迫ってきた。急がねば。



体操教室は日体大のスポーツキュアセンターの主催。


体操教室の後で、姿勢を計測してみると、骨折した右足をかばう為に、左側に体が傾いていることが良く判る。それにすごい猫背。

普段は何ともないのだが、自転車で100km位走った時に右足が痛くなるのと、速足で歩いた時、右足がパタパタなるのはやはり右足の筋肉が弱いせい。右足の筋トレが必要のようだ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




信州引き籠り計画の前段階として、家の不用品を断捨離中。
それにしても有るわ、有るわ、色んなものが出てくる。ゴミ袋に40袋以上出したが、まだ使用可能な物を捨てるのは、あまりエコでないと思い、ブックオフ/ハードオフに持ち込んだ。ところが、大多数には値が付かず、ついても100円、、、、。90%はブックオフに無償処分をお願いすることになった。

そこで、使用感のあまりない、でもブックオフでは扱ってくれない、介護用車椅子とか、ルーターとかをジモティーhttp://jmty.jp/kanagawaに投稿してみた。引き取り手が現れるか??

うまく行くかどうかまったく不明だが、あまり期待せず待ってみよう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




立春の今日、久しぶりに走りだしたら、河津桜は五分咲き。もう春はそこまで来ているらしい。



朝、とは言ってももう9時なのだが、とにかく走りだそう。鴨居からも富士山が良く見える。



恩田川CR、鎌倉街道と走り、尾根幹線へ。のんびりしか走れないので、車道ではなく、横の遊歩道へ。



今日は今年初めて自作オーバーシューズを履いてきたのだが、無理矢理引っ張って履いたら、ゴムが少し剥げてしまったようだ。



尾根幹線の多摩川側の楽しいダウンヒル。



低速で走るローディーの後ろについて、府中街道を武蔵小杉に向けて走る。途中でラーメン休憩の後、武蔵中原で、40年前に住んでいた辺りを探索し。



中原街道で鴨居まで帰ってきた。これだけ暖かいのだから、河津桜も開花しているだろうと小机まで走ると、五分から七部咲き。



春ももうすぐそこまで来ているらしいね。



速度は出なかったけれど、今の自分にちょうど良い60kmを走れた立春の一日であった。



コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )




楽しかったニュージーランド旅行、1ヶ月後にようやくすべての記事をUPすることができた。
旅行の良かった点、足りなかった点、反省点を簡単にまとめておこう。

【良かった点、反省点】

  1. 南島のドライブに当たり、日本語のNZ観光局の14日間モデルコース を参照し、そこから最南端のスチュワート島、北端のネルソン、地震のカイコウラを外し、南島を3回横断、内一回は電車で横断する形に変更した。一日当たりの走行距離が短くなったことで、体力的にも精神的にも楽になったし、各所でトレッキングや船旅も楽しんめて、大きな間違いもなく安全な旅ができた。
  2. 計画は3ヶ月前から練り、まずNZ航空の格安航空券予約、予約の込み合うミルフォードサウンドクルーズと南島横断鉄道の2つの予約をネットで行った。2ヶ月前に、レンタカーの予約、日毎の宿泊地を確定し宿をBooking.comなどで予約した。
  3. 航空券はクライストチャーチ往復エコノミー、6千円余分に払って座席指定権あり(PremiumではなくPreffered)とした為往復で11万円。比較的すいていた行きは3席連続+前との座席間が埋まるスカイカウチをゲットでき横になって眠れたし、混んでいた帰りも隣が空席の位置を確保でき快適だった。ただ、旅行日程からオークランド経由にしたのは失敗。オークランドでの通関、乗り継ぎが気ぜわしかった。夏の間はクライストチャーチ直行便があるので、そこに日程を合わせるべきだった。
  4. TranzAlpineは国外から予約すると、通常$199掛かってしまうのだが、半額の$99で予約できる方法ある
    (詳しくは、こちらを参照 http://www.seat61.com/TranzAlpine.htm  但し、NetとVPNやP2P技術の危険性に関し理解していない人は使わない方が良いと思う。また予約し終わったらhola!はアンインストールし、P2Pの中継点にならないようにしておくこと強く、強く推奨
  5. ミルフォードサウンドのオーバーナイトクルーズは一種のカケ。天候が悪い(67%)と地獄、良ければ(33%)天国になる。ただ、一泊分のホテル代が浮くし、2日あれば、どちらかが天気の良い確率は67%になる(私の場合一日目晴れ、翌日曇り)し、日中のクルーズでは見れない景色も楽しめるので日程に余裕があればお薦め。
    失敗したのは、同じReal Journeyのテアナウ土ホタルツアーを同時に予約しておけば、料金割引があったのに、別建てで予約して割引なしになってしまったのは残念だった。
  6. 1ヶ月前に各日の概略観光計画、天候不順の場合の代替計画、訪れるべきスポットの調査、それらを纏めて一日一枚のPPTにコース地図を落とした。さらにグーグルマップに主要ポイントをマーク、ネット上に保存した。この旅行計画を立てるにあたり、ガイドブック数冊と、NZ旅行記の幾つかを本で読んでおいたのだが、もう少しUPDATEなネット情報ももっと参照していれば、さらに良かったかも。
  7. ドライブコースはGarminのGPSに入れておき、これでドライブした。一方到着直後にNZ$20でSIMフリースマホ用SIMを入手し、上記のグーグルマップを参照しながら、適宜電話予約を入れたり、営業時間や口コミ情報を入手し、臨機応変に計画を変えていった。NZではすべての宿がWifi無料というわけではないので、スマホは大変役立った。
  8. 到着初日は100kmと走行距離を抑えたことで気分が楽になった。テカポ、Mtクック間の距離も100km余りと短かったが両方宿泊とした。両方とも人気のスポットでありながら、宿泊設備が少ないので、Booking.Comでは予約できず、HISとハーミテージに前払いで予約を入れた。一方、Mtクックからダニーデンは大きくはないが小さな見どころが沢山ある中、450kmも走り回ることになり、若干失敗だったのかもしれない。
  9. ドライブにだけ特化するのではなく、ミルフォードサウンドのオーバーナイトクルーズやTranzAlpineの横断鉄道、クライストチャーチのコンボ券など他の移動手段も気分転換の点で良かった。また山の近い所では2~3時間のプチ・トレッキングを楽しんだ。もっともこれは天候次第、博打の要素も多分にある。
  10. 宿はお風呂があることを基準に選んだので、若干高めかな?当初は朝は自炊で夜はレストランと考えていたのだが、すべての宿にミニキッチンがあったので、夜も半分は自炊となった。日本からソフトタイプの簡易クーラーボックスを持参したので、大変役に立った。キャンピングカーとホリデーパークの組み合わせも自由気まま、日程も臨機応変に変えられるので魅力的だったのだが、自由気ままな旅はミルフォードとTranzAlpineの日程fixの為あきらめた。退職後で時間は自由になるので、小型のキャンパーでの旅行も次回は考えたい。
  11. 氷河のヘリ、飛行機観光は連れ合いが怖がったので、行かなかった。
  12. 西海岸での氷河観光はフランツジョセフではなく、フォックスグレーシャーに泊まった。村としてはフランツジョセフの方が大きいが、フォックスグレーシャーを選んで正解。マセソン湖とかマウントクックが見えたし、夜の土ボタルも感激した。
  13. グレイマウスはのんびりと過ごせて、息抜きができた。帰りのNZ航空内で見た映画 Home by Christmas にグレイマウスが背景に出てきて、もう少し街歩きをすれば良かったかな?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




退職者の特権、平日を利用して、マーティン・スコセッシの「沈黙」を見てきた。
遠藤周作の原作のすごさが良く判る映画でした。


内容の重たい映画だけに、どれだけ興行収入が稼げるか??
米国では? カソリックの映画だし、、、、トランプの米国で人間の内面や信仰なんて
      顧みられないだろうし、、、、
日本では? 日本人の過酷なキリスト教弾圧の描かれた映画だし、、、、
中国では? エンドロールに大きくロケ地としてROC(Taiwan)と書かれているし
      キリシタン弾圧は中国共産党の民主派弾圧を思わせることから、
      世界最大の映画市場の中国本土ではおそらく公開されることはないだろうし、、、

遠藤周作の「侍」を読んでから、支倉常長の旅を辿った去年の旅行が思い起こされた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




横浜に野暮用があり、電車で出かけたので、その帰りに散歩。この間自転車で通った東口へ。


横浜三井ビル、原鉄道模型博物館前にくると、なんか、可愛い電車に可愛い!!チビッコが群がっている。高さが大人の背より低いし、鉄道模型博物館の前だから、ひょっとして、これは、おおきな鉄道模型か?それとも、チビッコ専用車? それにしては、木造で丸ライト一燈、ずいぶんレトロな外観。一応、鉄の車輪、ボギーの上に車両が乗っかっているが、なんだ、これ???


1921年製の軽便鉄道車両、台湾製糖、あの台糖が使った、超狭軌・チビッコ車両だ。

 

車内は10人乗り、ベンチ席。大人は立ってはいられない高さ。しかも、運転台は車室のド真ん中。

こりゃー本物の軽便鉄道だ。


鉄分補給したので、次は日産本社によって、ガソリンの香りも嗅いで行こう。写真をとらなかったが、モンスターのGTRを眺める。あれ何でプロペラシャフトが2本もあるの? 重量配分の為前置きエンジン→主プロペラシャフト→後置きトランスミッション/アクスル、後輪駆動→副プロペラシャフトで半分駆動力を前に戻し→前輪駆動なのね。今や車の90%?はプロペラシャフトの無いFF車なのに、プロペラシャフトが2本なんて超アナクロ!! あ、私も25年前の一本だけれどプロペラシャフト付の車に乗ってた。


私が一番欲しいと思ったのは、これ! チョイモビ。非発売なのだが、一台家にあれば面白そうな車だ。あ、でもガソリン分まったくなしのチビッコ電気自動車か。

 
ナンカ、世の中、巨大化、豪華化、大きいことは良いことだ! の流れになってきたような気もするが、ミニマリスト的なこんなのは老後にありかとも思う。

 



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )




65歳定年退職から1年、自由になったこの機会に、あれもやりたい、これもやりたいと、やりたい事は多いのだけれども、年金生活者には金力がまず続かない。

続いて筋力もだいぶ落ちてきて、今日は鶴見川CRを走っていて、カーボンロードのカヨちゃんでも30km/h巡行ができなくなっていることに気が付いた。

キンリョクと発音は少し違うけど、新しいことに向かっていく気力も落ちている気がする。今年はサンチアゴ デ コンポステーラ巡礼とか家の引っ越し計画とかを進める予定なのだが、計画がなかなか前に進まない。

66歳記念でルート66ドライブなんてのもやりたいけれど、問題は、金力、筋力、気力だな。



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




NZ旅行のどさくさで新宿での公開を見逃した映画「スタートライン」が横浜のジャック&ベティで上映されているというので、観てきた。

耳、聞こえません。コミュニケーション、苦手です。そんな私の沖縄→北海道57日間の自転車旅。 

という惹句が付いた私小説的ロードムービーだ。 自転車に乗る人はもちろん、そうでない人にも、お薦めしたい映画である。ジャック&ベティでの上演は1/27まで。

さて、横浜の阪東橋? どう行くの? 鉄道だと乗り換えが面倒だな。横浜だから、最近マイブームの歩きで?片道11km とも思ったが、確か主人公はグレートジャーニーで日本縦断したはず。ならば、私も35Cタイヤのグレートジャーニーでお出かけしましょう。



まだ、時間があるので、横浜駅周辺の知らない場所を探索。



ジャック&ベティの場所を確認して、、、



お昼はすぐ近く、昭和29年創業の洋食屋さん、コトブキへ。



ミニトンカツとホタテフライ。洋食だからトーストとコーヒー付きにしてみた。



自転車で来た時の問題は駐輪。黄金町駅の駐輪場にダブルロックで駐輪したら、3時間タダだった。自転車が心配で、なかなか長時間自転車を離れられないけど、厳重な鍵を準備して、最寄り駅やスーパーの時間貸駐輪場に入れるというのもありですね。

で、走ったのは、こんな感じ。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに、港北プールに行って泳ごうかと向かったものの、設備改修で3/31まで閉館とのこと。やっちまった、13日の金曜日だ。
まあ、買い物ついでだったので、良いか? IKEAで日本製ながら一本100円のNiMH充電電池を16本と400円のLED電球を買って帰宅。NiMH電池は100円で買ったものの、1年で内臓充電池の逝かれたガーデンライト用。公称1500回充電サイクルなので、5年もつか?

さて、買い物が済んで、天気も良いので、今日はロードの初乗りとしよう。
13日の金曜日を意識して、慎重に走りだす。定例の新横浜、雲は無いが風が強い。



末吉橋と第二京浜の間にあった水道橋、去年撤去されて、その後橋脚の撤去が進んでいる。水道管の口径は500mm位の太い本管なので、去年めぐった鶴見の水道道、配水池に繋がっていたはず。このルートも辿ってみる価値あるか?


京急ちかくまで来たら、カモメが日向ぼっこ中。日が出ていると温かいのだが、風は冷たい。


平らな道を軽いロードで35km。それでも脚への負荷感がかなりある。体力回復にはまだまだな初ロードであった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




横浜駅周辺に用事がありお出かけ。さて、天気も良いし帰りはどうしよう。
9月の暑い時期に、往復20kmを歩いた時はさすがに消耗したが、どうだろう。


10kmを2時間半余りで歩いて帰宅。ちょうどよい運動になった。
スマホのアプリのストラバで軌跡を記録させたが、あまり電池を消耗せず、かつ時々の進路確認にも使えるので、GPSを持たずに外出した時の簡易記録なら、これでもOKかな。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あれま、投稿した記事が消えてしまった。FBには、きちんと表紙が残っているのに??

記憶で再現。

10日を過ぎたというのに、自転車に乗れていない。なにかインセンティブ、理由付けが必要。折り込み広告でお宝買います! 中山の「おたからや」と言うのが出ていたので、ひょっとしてお宝がお年玉になるかもしれないと思い、10年ほど前、もらった中国の切手集を持って出かけた。




鴨居からは富士山も見えて、これは幸先良いかも?


それなりに立派な装丁の切手帳を見て、店主はルーペ片手に真贋判定。さらに少し時間をくださいと言って奥に引っ込み、詳細調査。この間10分位か? お年玉への期待が高まる。

だがしかし、世の中そんなに甘くない。外国切手は30年前くらいのものから希少価値がでますが、この切手は10年チョット。値段は付きませんとのこと。 トホホ。

気を取り直して、恩田川を走れば満開の白梅。



小田急線と交差する辺りで、恩田川CRを外れ、玉川大学へ。


レイパン姿で文句を言われるかとも思ったが、警備員から質問されることなく、大学関係者として、構内に入構。キャンパスは広い、広い。 でも裏口からの出口が見つからない。やっとキャンパスから脱出して、昼御飯。

「立川マシマシ」なる看板に引き付けられ入店。二郎インスパイアのお店ですね。初めてなので、野菜マシマシとお願いすると、「野菜1kgですがよいですか?」と確認が入る。あっ、そうですか、おとなしく普通盛りでお願いします、、、ででてきたのがこれ。



野菜の下には、切って無いブロックのチャーシューと麺300gが隠れていて、ボリュームたっぷり。何とか完食して帰途についた。


予定では、お年玉がつくはずだったのが、スカ。逆にカロリー負債が付いてしまった40kmの初ライドだった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ