愛知の史跡めぐり

愛知県の史跡を巡り、その記録を掲載します。

岩村城跡(4) 岐阜県恵那市

2017年06月19日 06時07分20秒 | 岐阜県
八幡曲輪
菱櫓からさらに下っていきますと、右手(南)に八幡曲輪がありました。ここは岩村城の創設者加藤景廉を祀ってあるところです。

八幡神社の社

霧ヶ井
さらにその向かいには霧ヶ井がありました。岩村城は別名「霧が城」ともいうのですが、敵が攻めてきたとき、蛇骨をこの井戸に入れると霧があらわれ城を隠してしまい、この城を守ったそうです。その伝説の井戸というわけです。

霧ヶ井

土岐門
さらにその下には追手門、三重櫓がありました。
(撮影に失敗したので画像省略)

そして土岐門、一の門へと続いていました。

土岐門

二の丸
ここから再び本丸・出丸に戻りましたが、途中の二の丸も見ました。二の丸は草原でした。

二の丸

岩村城跡には二人で訪問しましたが、もう一人の方も「すごいね。立体的に城の石垣があって、見ごたえがありました。」と感想を述べておられました。その通りだと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩村城跡(3) 岐阜県恵那市 | トップ | 五葉城跡(1) 新城市 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

岐阜県」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL