春のそよ風夏の雨

好きなこといろいろ書いています。

Munro Leaf+Robert Lawson「El cuento de ferdinando」

2016年06月25日 | 和書
El cuento de ferdinando (Picture Puffins)
Munro Leaf+Robert Lawson
Puffin Books


花が好きな牛のerdinandoのおはなし。

原書は英語だけど、スペインの話だしスペイン語が合いそうと思って
読んでみました。
予想通りにスペイン語が合う!

とってもいい感じです。

英語版のCD付きセットをこの間バーゲンで手にいれたので、こちらも近いうちに
聞き読みしてみようと思っています。

原書はこちら。
The Story of Ferdinand
Munro Leaf+Robert Lawson
Grosset & Dunlap
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Arthur Dorros+Elisa Kleven「La Isla」

2016年06月25日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
La Isla (Picture Puffins)
Arthur Dorros+Elisa Kleven
Puffin Books


少し前に読んだ

Abuela (Picture Puffins)
Arthur Dorros+Elisa Kleven
Puffin Books


の続編。

おばあちゃんとおんなのこのおはなし。

このシリーズは、ほんとに伸びやかで自由な感じだし、
すごく温かいし素敵です。

原書はこちら。
Isla (Picture Puffins)
Arthur Dorros+Elisa Kleven
Puffin Books
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Janice May Udry+Marc Simont「A Tree Is Nice」

2016年06月25日 | 英語多読
A Tree Is Nice
Janice May Udry+Marc Simont
HarperCollins


最寄りの図書館にハードカバー版があるのでなんども借りています。

声に出して読んでみたのですが、静かなリズムがとてもいいです。

木は、ほんとに素敵。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルメン・ヒル+エレナ・オドリオゾーラ「あくびばかりしていたおひめさま」

2016年06月25日 | 和書
あくびばかりしていたおひめさま
カルメン・ヒル+エレナ・オドリオゾーラ
光村教育図書


エレナ・オドリオゾーラが絵を描いている絵本を読もうということで、
また一冊。

題名通り、あくびばかりのおひめさまのおはなしで、民話にありそうです。

おはなしは普通な感じなのですが、絵がすごくいいです。
エレナ・オドリオゾーラの絵本はこれで5冊目になるのですが、今までで一番。

原書も欲しいと思ったのですが、品切れのようで中古でも高い本ばかり。・・・残念。

原書はこちら。
La princesa que bostezaba a todas horas/ The Princess That Yawned at All Times (Coleccion O)
Carmen Gil+Elena Odriozola
Oqo
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Norman Bridwell「Clifford: La coleccion」から2話

2016年06月24日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
Clifford: La coleccion / The Collection
Norman Bridwell
Scholastic (Spn)


Cliffordの本が楽しくなってきて、スペイン語版を探しているときに
見つけたのがこの本。

なか見検索をして、この本英語版も欲しい!と思いました。
スペイン語版は今日届いたのですが、英語版ももう少し前に届いています。

ほんとに初期(60〜70年代)に描かれた6話に著者紹介を追加した合本です。
ほんもののエミリー・エリザベスちゃんの写真なども載っています。

今日は、二話読んでみました。

「Clifford el gran perro colorado」
「Clifford en el circo」

赤、黄、黒の三色刷りなんですね。
素朴な絵がかわいいです。

原書(英語版)はこちら。

Clifford Collection: The Original 6 Stories
Norman Bridwell
Scholastic Trade


スペイン語版を一回読み終わってから読む予定。
こちらも楽しみ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Barbara Winthrop「Peppa se va a dormir」

2016年06月24日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
Peppa se va a dormir / Good Night, Peppa (Peppa Pig)
Barbara Winthrop
Scholastic (Spn)


Peppaの本をもう一冊読みました。

おやすみなさいの絵本ですね。
かわいかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アレクサンダー・マクラウド「煉瓦を運ぶ」

2016年06月24日 | 和書
煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)
アレクサンダー・マクラウド
新潮社


7編の短篇よりなる本。

とても完成度の高い短編集だなと思うのだけど、
多くの作品がちょっとしたことがきっかけで人生が崩れていく瞬間の
スケッチという感じがして、読んでいるとちょっと暗い気分になるような。

どこかに小さな光みたいなものがある話のほうが好きなので、
もう少し何かが欲しかったような気がしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村上春樹「村上春樹 雑文集」

2016年06月24日 | 和書
村上春樹 雑文集 (新潮文庫)
村上春樹
新潮社


基本的に、詩、随筆、小説の順で好き。

村上春樹には、小説、エッセイ、翻訳の仕事があるけれど、
(ノンフィクションや批評の仕事もあるけれど)
エッセイ、翻訳、小説の順で好き。

グレイス・ペイリーの翻訳を読んで、村上春樹っていい翻訳家
なんだなと感じました。
他の翻訳は「村上春樹」でも書ける。
でもグレイス・ペイリーの翻訳は「村上春樹」では書けないなと
思って。すごいなと。
(ちなみに、柴田元幸の翻訳は、みんな「柴田元幸」で書いている
なと思います。)

エッセイというとちょっと違う気もするのだけど、村上春樹の
音楽関係の文章はほんとに好き。音楽が聞きたくなる。
「ポートレート・イン・ジャズ」は中でも絶品。

この本は、小説の残滓だそうなエッセイが中心、その他に挨拶文、
ショートショートなども載っている作品。
単行本未収載作品をわさっとという本のようです。

やっぱり、音楽の話が中でもよかった。
それぞれにコメントも付いているのも、面白かった。
解説も和田×安西対談でさらに楽しかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Haruki Murakami「Always on the Side of the Egg」

2016年06月24日 | 英語多読
Haruki Murakami「Always on the Side of the Egg」(エルサレム賞受賞スピーチ)

今、

村上春樹 雑文集 (新潮文庫)
クリエーター情報なし
新潮社


を読んでいるのですが、エルサレム賞受賞の文章を読んで、英語版も読んでみたく
なって探しました。

調べてみたら、村上春樹さんは日本語で書かれて、英語はジェイ・ルービンさんの
訳だそうです。

このスピーチ、私はとてもシンプルに受け取ったのですが、
ある程度、解釈の余地があるからか、ネットを見ているといろいろな感想に
出会いました。

私は、良いスピーチだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「La historia de la Cerdita Peppa」

2016年06月24日 | スペイン語多読・関連書・参考書など
La historia de la Cerdita Peppa / The Story of Peppa Pig (Cerdita Peppa / Peppa Pig)
クリエーター情報なし
Scholastic (Spn)


Peppaの本、最初に読んだのはお母さんが活躍し過ぎで今ひとつな
気もしたのですが、アニメもあるようだしともう一冊読んでみたら、
こちらは楽しめました。

Peppa一家はおじいちゃんおばあちゃんちにおでかけ・・・。

最後がほのぼの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加