@-at mark-

一日の事を延々と君は話したがった
ウワノソラの僕が一言
「日記でもつけたら」

ギャラリーのココロを掴めなかった…カモ。

2017-06-01 22:28:33 | 君がいない窓に響く空しい「ひとりごと」
 以前(5/13更新の)「『くにがまえ』にカタカナの『ト』」というカキコ
(詳しくはコチラ)で、


 実は、今度から本にまつわるボランティア始めようと思ってるし…(まぁ、その話しはいずれまた)



 と書きましたが、昨日そのボランティアをしてきました!


 …と大々的に書いたけど、実は大したことした訳じゃなくて


 昨日、息子のクラスに行って、朝の会の時間に「よみきかせ」をして来ました!!


 前から息子をお膝に乗せて、本を読んであげることはしてたけれど、
 人前でお話を読むのは…息子が年少さんのときに、保育参加でクラスのママさんたちが1枚(1ページ)ずつ
 紙芝居を読んだとき以来かな。


 でも、「紙芝居」は目の前の文章を読むだけだけど、
 「よみきかせ」は、本を見つつ…子どももチラ見しつつ…本自体を見えやすいように持たなきゃいけないし…

  
 そもそも何を読めばいいか決まっていなくて、時間のある日に図書館行って、
 絵本を“あ”から順番に見て行って、
 気になる本を手に取って………

 
 『スイミー』の作者として有名なレオ・レオーニの『あおくんときいろちゃん』と、
 アーノルド・ローベルの『ふたりはともだち』を借りてみました!

 


 『あおくんときいろちゃん』は、
 青いインクのあおくんが、仲良しのきいろちゃん(黄色い文字は見え辛かったので、オレンジで書いています。)
 のおうちに遊びに行ったら、誰も居なくて、きいろちゃんを探して、
 見つけて、嬉しくなってくっついたら、緑色になってしまって…。


 というお話。


 もぅ1冊の『ふたりはともだち』は、短編集で5つあるお話の中で、『おてがみ』というお話が、小学校の教科書に載っていたので、
 懐かしくて!!


 でも、『おてがみ』は、
 「てがみがこない」
 と嘆く友だちの言葉を聞いて、急いで自分の家に戻って、お手紙を書いて、
 “ある動物”に配達を頼んで、先回りして友達といっしょにお手紙が届くのを待つ…。


 というお話なので、
 「1年生には判りづらいかなぁ?」
 と思って、『はるがきた』というお話を読んでみたのですが、


 『はるがきた』は、
 冬眠している友達を
 「春がきたから起きてよ!」
 と起こしに来たら
 「5月になったら起こしてよ」
 と言われたので、カレンダーを破いて
 「5月になったよ~!」
 と起こす話

 
 カレンダービリビリ破くから、判りやすいかな?と思ったけれど、
 読み終えてから、結局解説をして

 「今度は、もぅちょっと判りやすい本を選ぼうかな…
 と思いました。



 今日のカキコの最初にも話題に出した日のブログで、

 「セリフをメモしながら漫画を読んでいた」
 と書いたのですが、実はメモったのは「よみきかせ」に関してのセリフで、



 「読み聞かせは 読み側・聞かせる側が誰であろうとかまわないし 年齢も関係ない
  大人から子供に限らず 大人が大人に読んでも
  子供が大人に読んでも その本質は変わらない
  必要なのは 聞かせるのが 肉声であるという事だ



 「読み方なんてどうでもいい 目的も読み終わることじゃない
  子どもの目線 子どものペースで読んでやれ
  子どもが何を思うのか聞いてやれ
  子どもにお前がどう思うのか話してやれ



 「大事なのは 物語を共有することだ
 
 (『図書館の主』2巻「おとうさんと一緒」より抜粋)


 今、改めてこのメモ(文章)を読んで、漫画ではお膝に乗せてだからということもあるけど、
 私の読み聞かせは、みんなの前に立ってだから自分のペースで読んじゃってたなぁ~


 来週は、隣のクラス(同じく1年生)に行くので、もぅすこし気持ちに余裕持って読むことにしよう!

 …まずは別の絵本を探しに行かなくちゃね。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛があふれすぎちゃったみたい。 | トップ | 「ぶんをつくろう」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

君がいない窓に響く空しい「ひとりごと」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。