@-at mark-

一日の事を延々と君は話したがった
ウワノソラの僕が一言
「日記でもつけたら」

「くにがまえ」にカタカナの「ト」

2017-05-13 23:11:58 | 君がいない窓に響く空しい「ひとりごと」
 普段、決まった漫画しか読まない(訳じゃないケド、「買わない」が正しいかな?)の私ですが、
 最近、気になる漫画があって、本屋さんで探してはみるものの、最新刊しかなくて…。
 
 「どぅしようかなぁ…」
 と思っていたら、ダンナさまがネットでレンタルしてくれて、4月の終わり頃、借り(て)ました!
 (正直、そんなシステムは無縁の生活だと思っていたので、初めて利用しましたよ!)


 その漫画の名前は『図書館の主』(としょかんのあるじ)


 『図書館の主』試し読みサイトはコチラ


 私の運転免許以外で持っている唯一の資格が「図書館司書」で、
 昔から本は好きだったし、図書館にもよく行っていて、

 中学の時、将来の夢に
 「小説家になりたい!」
 と書いたら(ん?)

 担任(堅物の体育教師♂)に
 「君の夢には現実味が無い」
 と言われ(そぅですよね~「将来の夢」っていうか「進路希望」的なモノにそう書いたんですから!)

 父には、
 「小説家になりたいなら、図書館司書の資格でも取って、空いた時間に書けばいいじゃないか」
 と言われたので、
 「司書かぁ~(それもいいなぁ~♪)」
 と思っていたら、

 カルちゃんが、
 「めづちゃんの(オトコ嫌いで)『女子高に行きたい!』っていう進路と、『図書館司書の資格が取れる大学』ならココだよ。」
 と教えてくれた高校に進路を決め、大学の系列高校に行ったのです。


 (「図書館司書」だけではなく、「学校司書」の資格も取ろうと、教職も履修していたけれど、
 単位を落として、教育実習に行けなかったので、挫折…。)



 話しが横道に逸れてしまいましたが、そんな私にとって図書館と付くだけで、気になった漫画で…。

 きっかけはLINEマンガの試し読みで、途中まで読んで続きが気になって、ずっと探していた!という訳なのです。


 この『図書館の主』は、
 
「町のはずれにある公園の敷地内に建つ「タチアオイ児童図書館」そこには一人の名物司書がいる。
少々ぶっきらぼうな彼の名は御子柴。
図書館を訪れた人々の悩みをくみ取り、御子柴はその人のための一冊を選びだす。
果たして、その本を手にした者の運命は……!?
図書館を舞台に「児童書のソムリエ」御子柴が活躍するヒーリングストーリー。」
(芳文社作品サイトより引用)


 『図書館の主』紹介PVもありました!


 という感じの本で、利用者さんの悩みを解決しながら、自分にもあてはまることもあったりして。
 思わセリフをメモしながら読んでしまいました!


 そのせいか、ただでさえ読むスピードが速くないのに、期限ギリギリまでかかって、
 11巻まで借りて、11巻の途中までしか読めなかったケド…。

 今、出版社のサイトを見たら、なんと!最新刊(来月発売)の15巻で完結してる!!!
 ダンナさまにお願いして、続きを借りようかと思ったけれど、思い切って買おうかな…。
 (足で探せないなら、やっぱりネットで買うしかないのかなぁ~。)


 
 書きたいことが、まだまだあるのに、考えたらそれは漫画の内容のネタバレになってしまうので、
 結局書けないんですが…。

 
 そうそうタイトルの説明を!
 大学で履修していた図書館関係の授業で、ノートを取る際、
 もちろん「図書館」という文字が何回も出てくるのですが、
 「図書館って画数多いなぁ~」
 と思っていたら、先生が
 「図書館って、いちいち書くのメンドクサイだろ。
  『くにがまえ(国語の国のつくり)に、カタカナのト』って略字で書けばいいんだよ!」
 と教えてくれて、当時は書きまくってました!!


 結局、司書にはなれなかったケド(契約でなれるかも!?という話があったにはあったけど、流れた)
 もしそのとき司書になってたら、ダンナさまと会ってなかったし、

 実は、今度から本にまつわるボランティア始めようと思ってるし…(まぁ、その話しはいずれまた)


 これからも近所の図書館に、通いたいなぁ~と思っています。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初デートは水族館! | トップ | 光合成しちゃったわよ。 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。