ウィンザー通信

アメリカ東海岸の小さな町で、米国人鍼灸師の夫&空ちゃん海ちゃんと暮らすピアノ弾き&教師の、日々の思いをつづります。

「良識ある専門知識を持つ物理学者として、核融合実験装置には絶対に反対します」by 小柴昌俊氏

2013年03月06日 | 日本とわたし


核融合研計画の重水素実験
小柴さん『反対』

「高エネルギーの中性子 防ぐ方法全くない」


核融合科学研究所(岐阜県土岐市)が計画している重水素実験に対し、
02年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊さん(86)が、反対する見解を記した手紙を、
隣接する同県多治見市の、古川雅典市長に送付していたことが28日、分かった。
『多治見を放射能から守ろう!市民の会』の、井上敏夫代表(63)の依頼を受けて送ったという。


多治見市長に手紙

手紙には、
現在使われている核分裂の発電施設から発生する中性子の、10倍も高いエネルギーの中性子が出ることを、防ぐ方法が全くない」などと記され、
小柴さんは、毎日新聞の取材に、
「現状での実験は時期尚早」と話した。

実験は、重水素を使って、1億2000万度の超高温のガス(プラズマ)を作ることが目標。
太陽で起きている核融合反応を、炉の中で実現する、核融合発電に向けた基礎研究として行う。
土岐、多治見、瑞浪の地元3市は、今年度中に、実験開始に同意する方向だが、
反対住民は、約2万人の署名を、古川市長に提出する準備を進めている。

手紙について古川市長は、
「ご意見として、うけたまわりました」とコメントした。【小林哲夫】

【参考】

そしてこれ↓が、今から10年前に、上記の小柴昌俊さんと、マックスウエル賞受賞者の長谷川晃さんが、
当時の総理大臣、小泉純一郎宛てに出した『嘆願書』です。

「国際核融合実験装置(ITER)の誘致を見直して下さい」

核融合は、遠い将来のエネルギー源としては、重要な候補の一つではあります。

しかし、ITERで行われるトリチウムを燃料とする核融合炉は、安全性と環境汚染性から見て、極めて危険なものであります。

この結果、たとえ実験が成功しても、多量の放射性廃棄物を生み、却ってその公共受容性を否定する結果となる恐れが大きいからです。

燃料として装置の中に貯えられる、約2キログラムのトリチウムは、わずか1ミリグラムで致死量とされる猛毒で、200万人の殺傷能力があります。

これが酸素と結合して重水となって流れ出すと、周囲に極めて危険な状態を生み出します。

ちなみに、このトリチウムのもつ放射線量は、チェルノブイリ原子炉の事故の時のそれに匹敵するものです。

反応で発生する中性子は、核融合炉の10倍以上のエネルギーをもち、炉壁や建造物を大きく放射化し、4万トンあまりの放射性廃棄物を生み出します。

実験終了後は、放射化された装置と建物はすぐ廃棄することができないため、数百年に亘り、雨ざらしのまま放置されます。

この結果、周囲に放射化された地下水が浸透し、その面積は、放置された年限に比例して大きくなり、極めて大きな環境汚染を引き起こします。

以上の理由から、我々は、良識ある専門知識を持つ物理学者として、ITERの誘致には絶対に反対します。

平成15年3月10日            
        
小柴昌俊(ノーベル物理学者)
長谷川晃(マックスウエル賞受賞者)



小柴氏は、10年前には当時の首相に、そして今、多治見市長に、嘆願書や手紙で、はっきりと、核融合実験について反対の見解を伝えてきはった。

嘆願書の中に記されてる危険性を読んだだけでも、近くに人が住んでるようなとこでする実験やないことは、子供でもわかる。

燃料として使われるトリチウムは、わずか1ミリグラムで致死量とされる猛毒で、200万人の殺傷能力があり、

その放射線量は、チェルノブイリ原子炉の事故の時のそれに匹敵するもので、

反応で発生する中性子は、核融合炉の10倍以上のエネルギーをもち、

炉壁や建造物を大きく放射化し、4万トンあまりの放射性廃棄物を生み出し、

実験終了後は、放射化された装置と建物は、すぐ廃棄することができないため、数百年に亘り、雨ざらしのまま放置され、

この結果、周囲に放射化された地下水が浸透し、その面積は、放置された年限に比例して大きくなり、極めて大きな環境汚染を引き起こす。


どこまで汚したら気ぃ済むねん?
自分らがいったい、どんなことに同意しようとしてるのか、ちょっとは真剣に考えたことあるん?
想像したことあるん?

鮫川の村長かておんなじ。
また、言うことが変わってきた。

「青生野(あおの)地区を対象にした住民説明会で、大半の同意を得られれば工事を再開する」やて。
しかも、鮫川村やいわき市など、近隣自治体の同意が無うても、事業を進めていく考えやねんて。

ほんで、その「『大半の同意』とは、署名や拍手、多数決などで判断するのか?」ってインタビュアーが尋ねると、
そういう、数を数えるようなことはせんと、「その場の雰囲気で判断する」って答えた。

こんな首長は、辞めさせなあかんと思うよ、わたしは。
今すぐに。
こんな、めちゃくちゃ大事な、人だけやない、生き物や自然の生命に、多大に、深刻に、直接関わるような物事を目の前にして、

良識ある専門知識を持つ学者や、真剣に勉強してる市民らの、真剣な訴えや心配に対して、
「ご意見としてうけたまわりました」とか、「その場の雰囲気で判断する」とか言うてるような阿呆らに、
そんなこと決められる権限を奪い取らな、殺されてまうがなっ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チューリップとのやくそく | トップ | 放射能汚染から子供を助けよ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sio_sh)
2013-03-08 12:35:03
誰も同位体分離の難しさを知らない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E6%94%BE%E5%B0%84%E8%83%BD#.E6.AF.94.E6.94.BE.E5.B0.84.E8.83.BD.E3.81.AE.E4.B8.80.E8.A6.A7

この表からグラムとベクレルが換算できる。1gのトリチウムは360兆ベクレルもある。他の核種もいろいろ書いてある。1ベクレルはたったの360兆分の1グラムにすぎない。人類にはこのレベルの物質を分離する技術はないか、少量を使う実験ならまだしも金がかかりすぎるので経済的に不可能。物理学では一旦混ぜたものを元どおりにするのは不可能か莫大なコストが掛かるわけ。ここの所を全員が認識しておくことが重要です。同位体分離は化学的手法が通用しないから物理的手法によらねばならない。
言葉がありません。 (9ちゃん)
2013-03-08 12:43:04
ほんま、小柴さんとか、長谷川さんとか(←さん付けしてごめんなさい)の専門家が、真剣にやめてくれとお願いしているのに、しかも、その内容は深刻なものなのに。
ここまでくれば、日本、いや世界、いや地球上の全生命に対する殺戮や!悪魔や!みな、もう立ち上がらな、殺される。
そんな時やと思います。
3.11以降、収束どころか、悪へと発散してきた現実が迫ってきています。
気付いた人から立ち上がりたいです。
いつも、叫んで頂き有難うございます。
sio_shさんへ (まうみ)
2013-03-09 07:12:50
ありがとうございます。
同位体分離……難しさを知る以前の問題であるわたしの脳ミソは、特に物理や科学、そして化学を受け付けてくれません。
けれども、sio_shさんがおっしゃろうとしておられることは、理解できているつもりです。
わかりやすく説明してくださって、本当にありがとうございます。

1gのトリチウムは360兆ベクレル?!
もうこれだけで十分です。
こんなもんを扱うてする実験なんか、絶対に、まだしたらあかんと確信しています。
まだ、というのは、1000年、2000年単位のまだ、っていう意味です。

これからもまた、とんちんかんなこと言うてるようなことがあったら、お手数ですが、ご指導お願いいたします。
9ちゃんへ (まうみ)
2013-03-09 07:30:33
やっとお顔を思い浮かべながらお話ができるようになってうれしいで~す♪

小柴氏が長谷川氏と連名で書かれた嘆願書は、もう10年も前のものやった、ということがショックでした。
知らんかったんやなあと。
やっぱり、めんどくさいから、知らんふりしてたんやなあと。
子供が小さいから、働かな食べていけへんから、やらなあかんことが他にいっぱいあるから、ピアノをもっと上達させたいから、
もうほんまに、あれやこれや言い訳や理由を並べ立てて、社会がどないなことになってるんか、知らんふりして生きてきてしもたわたしみたいな大人がぎょうさんいるからこその結果なんやと思います。

遅いかもしれんけど、このままなんもせんと、また知らんふりして生きたら一生後悔する。
こんなあかんたれのわたしに、ありがとうと言うてくれはる9ちゃんにこそ、わたしこそありがとうです!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本とわたし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事