レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

あさが来た 第95回

2016年01月22日 07時45分31秒 | 2016年ドラマ


内容
ようやく、銀行設立へ向け動きだした加野屋。
新次郎(玉木宏)も仕事をすることを引き受けてくれて、
全てが順調に動き始めたあさ(波瑠)だったが、
その直後、五代(ディーン・フジオカ)の体調不良を聞かされる。
新次郎に連れられ、五代のもとへむかうあさ。。。

敬称略


ついに。。。。である

あさ、五代、そして新次郎。

ここのところ描いて来た、あさ&新次郎、新次郎&五代に続く、

三角形最後の一辺である あさ&五代


3つの関係それぞれが、そのキャラを利用した特徴的な描き方で。

映像の撮り方、ちょっとした演出も違う。

ほんとに、良い魅せ方でしたね。

今年に入って、かなり大慌てて、あさ、新次郎の2人は描かれましたが。

1つの結末へ向けての準備だったのでしょう。


こういうのが、ドラマだよね。


だから、もっと初期から。。。。と。。。。。思ってしまうのが。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナオミとカナコ 第2話 | トップ | 怪盗山猫 第2話 »

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
NHK朝ドラ【あさが来た】 第95回 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
あさ(波瑠)のもとにやって来た五代友厚(ディーン・フジオカ)の秘書は、五代の体調が危ないことを伝える。あさは新次郎(玉木宏)とともに五代のもとに駆け付ける。横たわっている五代が目を覚ますとあさが来ていて…。五代にあさは、死なないでほしいと必死に訴える。...
あさが来た (第95回・1/22) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式) 第16週『道を照らす人』『第95回』の感想。 なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。 ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと...
合わせ鏡?>『あさが来た』第95話 (何がなんだか…ひじゅに館)
遂にやって来た五代さんの最後 …意外とアッサリ目だったな え? あさと2人きりになって それなりにドラマチックだったって? ううむ 五代さん贔屓のひじゅになのに 実に淡々としたシーンの様に見えてしまっただす …ひじゅにですが何か? 「ペン...
合わせ鏡?>『あさが来た』第95話 (もう…何がなんだか日記)
遂にやって来た五代さんの最後…意外とアッサリ目だったなえ?あさと2人きりになってそれなりにドラマチックだったって?ううむ五代さん贔屓のひじゅになのに実に淡々としたシー...
「あさが来た」 第16週 道を照らす人 第95話 (トリ猫家族)
 三坂さん(中川浩三)は療養生活を送るために五代さんが 東京へ向かうことを伝えました。 「半年も前から東京のお医者さんに勧められてましたんや。 そやけど、まだようけ仕 ...
【あさが来た】第16週感想と第15週視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
遂に、五代さま、友ちゃんが亡くなってしまいました(汗) 明治18年(1885年)
【あさが来た】第16週感想と第15週視聴率 (ショコラの日記帳)
遂に、五代さま、友ちゃんが亡くなってしまいました(汗)明治18年(1885年)9月、東京に療養に行ってから1ヶ月後の事でした。遺言で葬儀は大阪で行い、4300人以上が参列したとの事。さす...