レベル999のgoo部屋

2011年4月に、、、本店の1つに格上げ
トラックバック、コメントも受け付けています。

日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』第3話

2017年01月29日 21時57分08秒 | 2017年ドラマ


「決断!!患者の未来をかけた戦い」
内容
小児外科を立て直して欲しいと、
壇上(柄本明)が沖田(木村拓哉)を厚遇することに苛立つ壮大(浅野忠信)

翌日、沖田は、深冬(竹内結子)が、指導医を目指すため、
精力的に論文を書き続けていると知る。病院のためにと考えていると。

その一方で、沖田は、壮大の脳外科手術に参加し、
手伝いをしながら、スキルアップを目指していた。

そんななか、深冬は、腹痛を訴えやって来た少女・成田友梨佳の診察をする。
母・美保(紺野まひる)によると、
1年前、友梨佳は、ジャングルジムから落ち、別の病院で手術。
半年前から、腹痛を訴え、診察を受けたのだが、心因性と言われたという。
それでも、心配して、壇上記念病院にやってきたと言うことだった。
以前診察したのは小児外科治療で有名な蒲生教授。

深冬の検査では、問題が見つからなかったことを事情も含めて、沖田たちに報告。
母が、娘を実家に預けているときに起きることから、
何か原因があると思われたが。。。
そこで、深冬は、沖田の協力を得て、検査入院で、原因を突き止めことに。
やがて原因が特定できたのだが、壇上から手術を辞めろと言われてしまう。
蒲生教授との関係、そして小児外科のことを考えた結果だという。

話を聞いた沖田は、手術をしなければ、病院を辞めると言い始める
壮大が経営者として苦言を呈しても、沖田はひかず。
しかし、手術に協力してくれる医師もいなかった。。。。

敬称略


「目の前の患者を救うため」


今回のメインは深冬。

展開やセリフは、前回の井川のときに、似ていますね。

ま、仕方ないことなんだけどね。

ただそれだけでは、アレなので。

深冬が、壮大たちが、退くに退けぬ状況を盛りこんだ感じ。


前回も感じたけど。

医療モノというより、ヒューマンドラマを優先させているようですね。

個人的には、どっちでも良いんだけどね。

 

ただ、ひとつ気になったのは。

お偉いさんのことを絡めた小児外科の存亡。

そこに、医師の矜恃だけでなく、

沖田、壮大、深冬の三角関係。。それに、深冬の病気

と、盛りこむだけ盛りこんでいることだ。


これって、冷静に見ると、

ちょっと盛りこみすぎかな。

 

ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ『おんな城主直虎... | トップ | 日曜ドラマ『視覚探偵 日暮... »

2017年ドラマ」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

「A LIFE〜愛しき人〜」命と向き合う3沖田は権力を理由に辞めると言い出すが壮大の説得...... (オールマイティにコメンテート)
「A LIFE〜愛しき人〜」第3話は論文を書こうとする深冬は難関といわれる小児外科の指導医の認定を目指していた。そんな深冬に腹痛を訴える患者が訪れた。その症状から1年前に手術......
A LIFE~愛しき人~ (第3話・2017/1/29) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBSテレビ系・日曜劇場『A LIFE~愛しき人~』(公式) 第3話『決断!!患者の未来をかけた戦い』の感想。 深冬(竹内結子)が7歳の友梨佳(石井心咲)の担当医になる。母の......
A LIFE~愛しき人~ 「決断!!患者の未来をかけた戦い」 (のほほん便り)
壇上(柄本明)の沖田(木村拓哉)への厚遇に、苛立つ壮大(浅野忠信)精力的に論文を書き、難関といわれる小児外科の指導医の認定を目指していて、小児外科を立て直したいのは、......
A LIFE~愛しき人~ #03 (ぐ~たらにっき)
『決断!!患者の未来をかけた戦い』
A LIFE~愛しき人~ 第3話 (ぷち丸くんの日常日記)
精力的に論文を書こうとする深冬(竹内結子)は、小児外科の指導医の認定を目指していると沖田(木村拓哉)に語っていました。 深冬は、それが自分のためになることはもちろん......
目の前の患者ファーストの医師(木村拓哉) (キッドのブログinココログ)
優先順位についていろいろと騒がしい世論である。 いろいろと順番をつけるのが楽しい・・・という人は多いものだ。 最近ではファーストが流行している。 都知事が「都民ファースト......