えいご&心の教育

世界と子供を結ぶ虹☆メイクウェイスタディセンターのスタッフ・カウンセラーが書くブログです。

JAPEC児童英検

2016-12-01 13:14:09 | 自己紹介
こんにちは!メイクウェイの仲田です。
メイクウェイでは只今こども向け英検JAPECの
準備を進めています。
このテストは、これまでみんなが習ってきた英語の
力をためし、発表するチャンスとして、毎年二月に
実施しています。
その準備に追われている中、我が子の通う小学校の
お便りに一月に5.6年生対象の英検実施という一文を
見つけビックリしました。
我が子の通う小学校は普通の公立の小学校ですが、
京都市の英語教育推進指定校です。
もちろんジュニア英検ですが、2020年の英語教科化
に向けて着実に動いているのだと痛感しました。
まだもう少し先の話だとのんきにしてる場合ではなく、
確実に我が子も2020年の中には含まれているので
焦る気分でした。
メイクウェイではそういうこども英検の対策などを普段の
授業で楽しみながら教えてもらっているので2020年、
英語教科化したときにはどんな子に育っているのか楽しみ
です。
英語に興味、関心のある保護者様、お友達は一度
教室をのぞきに来て下さいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国内留学 in るり渓

2016-11-07 14:33:03 | 自己紹介
こんにちは!メイクウェイの仲田です。
だんだんと秋めいてきた今日このごろ、
メイクウェイでは秋の国内留学が実施されました。
11月5日、すがすがしい秋晴れの中出発です。
子どもたちのテンションはマックス!
るり渓での色々なプログラム、教室では味わえない
経験にとても楽しんで帰ってきました。
参加してくれた子供たちのアンケートをみると
*英語キャンプ全体的に楽しめましたか?
*今回の留学地は快適でしたか?
*トレジャー&リーフハントは楽しめましたか?
*イルミネーションは楽しめましたか?
の項目に全員が5の評価をくれました。
そしてぜひまた行きたいとの評価もとても嬉しかったです。

参加してくれた生徒Yちゃんの作文を紹介します。
「英語キャンプ」
私は、英語キャンプで楽しかったことが3つあります。
1つ目は、毎食のご飯です。理由はご飯に出てきた食材の
英語での言い方を知ったりできたからです。
2つ目はおにごっこです。理由はみんなで鬼から逃げるのが
楽しかったからです。
3つ目はイルミネーションです。理由は英語を話しながら
オーロラショーを見たりできて、とても「beautiful」
でした。
また来年もキャンプに行って、もっと英語を話したいです。

Yちゃんは今回ベストスピーキング賞を獲得しました。
また来年もぜひ参加してね!
そして今回参加できなかったお友達も来年の参加をお待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目標設定の仕方

2016-10-31 18:24:09 | 学習教室
こんにちわ。学習教室の林です。
今回が初めての投稿になります。

最近は寒かったり暑かったりと温度の変化が激しいですね。
皆さん体の調子はいかがですか?今年の総まとめをする時期でもあります。
身体には気をつけて下さいね。

さて一年も早いもので今年もあと少しになってきました。皆さん今年に
決めた目標は達成できましたか?出来てない人できた人、色々いらっしゃるとは
思いますが出来てない人はそれに向けてがむしゃらに頑張って行きましょう。
一つの目標に向かって物事に取り組むことはとても大切です。

またこの時期は次の学年に向けてとても大切な時期でもあります。
それは次の学年に向けての準備期間に差し掛かっているからです。

アメリカの(一部の)企業ではアジャイルという短い期間の目標を立てて
それに向かって仕事を行うと言います。これは人間の生活にはかかせないものだと
思います。期間は短ければ短いほど良いと思います。一週間単位etc.

こうすることで集中力を高められかつ充実した日々を送れるようになると思います。
ほんの些細なことでもいいと思います。この時期だからこそ、皆さん始めてみましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作文チャレンジ

2016-10-24 16:15:16 | 学習教室
こんにちは。
学習教室の戸田です。


だんだんと、寒くなってきましたね。
風邪にご注意下さい。
我が家の子どもたちは、朝晩の冷え込みで少し風邪気味です・・・。




表題の通り、作文のお話です。


メイクウェイで、学習教室で国語を選択している生徒さんは、
月1回必ず作文を書いています。


そこで、少し作文の書き方のお話です。

まずは、題材です。
毎日の生活の中から選ぶと、具体性が出てきますよね。
そこから、主題を決めましょう。
何を一番伝えたいか。を意識してみて下さい。

次は、構成です。
どのような順序で書くかを整理して下さい(メモを作るといいですよ。)

そして、表現です。
「だ・である」「です・ます」のとちらを使いますか?
主語と述語を使って短い文にすると読みやすくなります。
話が変わるところで、段落分けも忘れずに。


後は、思いついたことは何でもメモ!とアドバイスしています。
メモの中から書くことをピックアップすると、書きやすくなります。
そして、まとまりある文章になってきますよ。


ぜひ、チャレンジしてみて下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修を終えて

2016-10-22 11:59:52 | 学習教室
お久しぶりです。学習教室の田中です。


10月も後半に差し掛かり、ようやく涼しい日が増えてきましたね。
体調管理には気をつけなければいけませんが、やっとお気に入りのブランケットを使う日が来たか、と内心嬉しく思っています。


さて、先日メイクウェイ本校にて研修に参加してきました。
「生徒の成績が上がる授業術」という文章について意見交換をするといった内容だったのですが、
その文章によると、授業が成立し成績を上げるには生徒が先生の話を理解しようという態勢になり、生徒から学ぶ合意を取り付けることが重要だとのこと。
それを踏まえて私はこんなことを考えました。


生徒は教室に来て先生の話を聞く訳ですが、授業というのは決して「先生の知識・意見を生徒に披露する時間」ではないですよね。
先生の頭の中にある知識は、先生なりの理解の仕方でインプットしたものであって、それに何も手を加えずそのままアウトプットしたのでは、
大勢いる生徒に理解されないのは当然のことだと思います。


そしてもちろん、授業が理解できないとやる気も失せて、勉強から心がスーッと離れていってしまいます。


何が言いたいのかというと、生徒が話を聞いて理解する姿勢になってもらう為には、先生が過去に習った・覚えた事を、
より生徒の頭に入りやすく残りやすいように調理してからサーブすることが重要な要素ではないか
、ということです。
メイクウェイのように少人数が相手だと、一人一人に合わせやすいのでより効果的ですね……。
そしてそうすることで、生徒も学ぶ姿勢になってくれると思っています。 私ならなります。


考えてみれば当たり前の事ですが、自分が教えてもらった言葉・教科書で読んだ言葉そのままの形ではなく
方法やプロセスは違えど同じことを相手にも理解してもらえるように、言い方や解釈の仕方を
柔軟に変えることまでやって初めて「授業」が成り立つのではないでしょうか。




久々の投稿で少し気合が入り過ぎた気がします。
長文失礼致しました!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加