【みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~】 毎月第3日曜日の11時~、尼崎市金楽寺の「あんしん24」でやってます♪

「まあるい食卓」とは、みんなで準備をして、手作りのご飯をたのしく食べる。誰でも参加できる、まるくて大きな食卓です。

1月15日「第20回 みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~」開催しました。

2017-01-16 22:23:48 | 終了したイベント(ご報告)

明けましておめでとうございます。

今年初めてのまぁるい食卓はなんと20回目をむかえました。

早いものですね。

 

さて今回は大寒波の中の開催になり

いつもより参加される方は少なかったですが、

「途中で雪が凄くて引き返そうかと思ったけど来ました!」

と嬉しいお言葉も頂き、今回もあったかいまぁるい食卓でした。

 

 

あらためて思ったことを1つ。「おにぎり」ってステキだなと。

おとなもこどももみんな握るのは一緒でも、みんな違うものができたり…

はじめてつくる子は、まわりのオトナのできるかな?なんて不安を

もろともせず作っていてだんだん上手になっていたり

いつもつくっている子は四角いおにぎりに挑戦したり

はじめてくるお友だちにおにぎりの作り方を教えてあげたり

逆にいつも作っているスタッフでも少し手抜きをしていたら

手にたくさんのお米が…なんてことも笑

 

 

みんなでつくって一緒に食べられることが、

とても心があったかくなるひとときでした。

 

 

また今回、初めて参加してくれた子からの質問で

「おにぎりとおむすびどっちがいい?」

どっちがいいだろうか?と私悩んでいますが皆さんはいかがでしょうか?

  

参加して下さる皆さんから、これからの活動のアイデアを

たくさん頂いているので、いろんなことができればと思うので…

皆さん今年もまぁるい食卓をよろしくおねがいします。

 

****************************************

 

次回の、まあるい食卓のご案内です。

【日時】2月19日(日) 11:00~14:00

【参加費】※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。
・大人・・・300円
・中学生以下・・・無料
※おにぎりと具沢山の味噌汁と、季節野菜を使ったおかず。
60食程度ご用意してますが、なくなり次第終了です。

【持ち物】
なるべくマイ箸、マイお皿、マイカップ(お茶用)お持ちくださいね。 
※紙での食器つくりは、中止となりました。

【場所】
喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(詳細地図・アクセスはリンク先をご覧ください)
尼崎市金楽寺町2丁目7-7

 

【お腹もハートも温まろう~♪】

「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。
大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

当日は、開催時間内の、好きな時間に来て、手を洗っておにぎりを作ります。具沢山のお味噌汁は、こちらで用意してます。
☆マイ箸、マイカップにご協力くださいね。

★「ご飯がくっついてもったいない」との意見があり、紙で作るお皿やお椀は廃止となりました。

ご飯のあとは、テーブルでおしゃべりしたり、ゲームしたり、外の公園で遊んだり。


★ボランティアでのご参加希望くださる方へ。
ガイドラインを作成していますので、ぜひ一度ご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月18日「第19回 みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~」クリスマススペシャル!開催しました。

2016-12-18 18:25:23 | 終了したイベント(ご報告)

今日は、とってもいい天気。 第19回目となった「~まあるい食卓~」をみんなで囲みました。

 

そうです、今日はクリスマススペシャル!です!

いつもの食事が終わったひとは・・・

その1: ふかした「紫いも&さつまいも」を、自分の好きなかたちの「型抜き」でくり抜いて食べちゃおう!

その2: 「ぴーひゃらカルテット」さんたちによる、クリスマスソング&お正月ソングの演奏&うた!

その3: ヒ・ミ・ツ 

が、待ってます。 今日もみんなで楽しみましょう~!


 

サンタさんらしきひとがホワイトボードに献立を書いてくれていますね。

  きょうの献立。かわいい絵は小学4年生のお二人が書いてくれましたよ。

 

今回ご提供いただいた食材は、

お米は滋賀県茗荷村の皆様と、広島の(有)コズミック様から。お野菜と果物は、オーガニッククロッシングさんから、紅はるか(紫いも)・さつまいも、テルってる畑さんから、おみかんをご提供いただきました。いつもありがとうございます!また、尼崎市社会福祉協議会さんを通じて、地域の方からキウイをたくさんいただきました。ありがとうございます!

 

 

前回は、いすが足りないくらい一度にたくさんの方がみえましたが、今回はゆったりまったりスタート。

そのおかげで、おとなも子どももゆっくりと陽だまりのなかで食事ができました。

おとな11人、中学生1人、小学生10人、幼児4人の計26人の参加でした。

 

スペシャルその1

  

まず、ちょっとお姉さんたちが、マッシュスイートポテト型抜き。

 

そうこうしているうちに、スペシャルその2 

「ぴーひゃらカルテット(あらため今日だけクインテット)」がスタート。

  

はい、みなさんも鈴やマラカスを一緒に鳴らして参加しましょう、うたいましょう~♪

このいでたちで「アメージング・グレイス」から「浪花節だよ人生は」まで、はたまたアンコールは「お正月」。

ひとしきり、和洋折衷、老若男女、のごちゃまぜ感を楽しみました。

 

そのあと、今度はやや小さめの手が「型抜き」に挑戦。

 

あっという間に、今日の~まあるい食卓~の時間は終了。

スペシャルその3は?

ジャジャーン、子どもはお帰り前に番号くじをひいて、その番号の

クリスマスプレゼント!スタッフからのメッセージ付き!

プレゼントの入ったポーチは、これも尼崎市社会福祉協議会を通じて地域の方から寄贈してくださったもの。

プレゼントの中身は、家に帰ってからのお楽しみ。ヒ・ミ・ツのまま、終了としました。

 

 

****************************************

 

次回の、まあるい食卓のご案内です。

【日時】1月15日(日) 11:00~14:00

【参加費】※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。
・大人・・・300円
・中学生以下・・・無料
※おにぎりと具沢山の味噌汁と、季節野菜を使ったおかず。
60食程度ご用意してますが、なくなり次第終了です。

【持ち物】
なるべくマイ箸、マイお皿、マイカップ(お茶用)お持ちくださいね。 
※紙での食器つくりは、中止となりました。

【場所】
喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(詳細地図・アクセスはリンク先をご覧ください)
尼崎市金楽寺町2丁目7-7

 

【お腹もハートも温まろう~♪】

「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。
大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

当日は、開催時間内の、好きな時間に来て、手を洗っておにぎりを作ります。具沢山のお味噌汁は、こちらで用意してます。
☆マイ箸、マイカップにご協力くださいね。

★「ご飯がくっついてもったいない」との意見があり、紙で作るお皿やお椀は廃止となりました。

ご飯のあとは、テーブルでおしゃべりしたり、ゲームしたり、外の公園で遊んだり。
みんなで、楽しい一日を過ごしましょう♪ただいまスタッフみんなでクリスマスのイベントを企画中〜!決まり次第ブログでご案内いたしますね。

★ボランティアでのご参加希望くださる方へ。
ガイドラインを作成していますので、ぜひ一度ご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.11.27 あまがさき女性フォーラム『子どもの居場所づくりinあまがさき ~食を通じた居場所、学習支援を通じた居場所~』

2016-12-01 18:33:35 | お知らせとご報告

尼崎市武庫之荘の「女性センタートレピエ」で開催された、あまがさき女性フォーラム内のワークショップ『子どもの居場所づくりinあまがさき ~食を通じた居場所、学習支援を通じた居場所~』にて、「まあるい食卓」の事例発表の機会を頂きました。

私たちの「まあるい食卓」の他に登壇されたのは、
・「そのっこ夕やけ食堂」さん(尼崎市社会福祉協議会園田支部)
・「中高生世代の居場所づくり」さん(特定非営利活動法人スマイルひろば)
・「Viva~虹色のシャボン玉~」さん(尼崎市社会福祉協議会小田支部)
それぞれの皆さんが、子どもの居場所づくりに情熱を持って活動されている様子を、生の声でお聞きする貴重な機会となりました。
活動頻度や内容も様々で、いちど見学に伺ってみたいと思わずには居られない、楽しそうな様子が感じられました。
子どもさんたち、ひいては社会全体の力になりたいと思ってる大人は、あちこちにたくさん居る!と勇気を感じる時間でもありました。

さて、今回発表の機会を頂いたことで、「まあるい食卓」のこれまでを、大まかではありますが振り返ることができました。
現時点での中間まとめという位置付けで、これからの変化の可能性も大いに含みつつ、発表させて頂いた内容を記載したいと思います。
****************************************

【はじまり】

2015年の4月。
私たちの住む、尼崎市南部(長洲、金楽寺界隈)に、食事を十分に取れていない子どもが、少なくない数存在すると知りました。

自分の子ども時代を振り返っても、何があっても食事を与えられないということは、ありませんでした。
そのため、もしサポートを必要としている存在がいるなら、自分たちができる事で関わりたいと思うようになりました。

ところが、『食事を十分に取れていない子どもたち』の存在は、情報としては耳に入りましたが、実際には身近にいるのを目にすることは無く、どのようにサポートできるか想像もできませんでした。
そこで、市の子育てコミュニティワーカー(CSW)さん、社会福祉協議会の相談員さんから、他の地域での取り組みなどのお話を聞き、「こども食堂」というものを始めてみようと考えました。

最初にしたことは、身近で興味を持ってくれそうな人に、考えていることを話すことでした。
すると、賛同してくれる人が集まり、すぐに5名のコアメンバーが固まりました。

次に、「こども食堂」を開催するための場所を探し始めましたが、これは難航しました。
今にして思えば、「ご飯をちゃんと食べていない子どもが、安心して食べられる場所を作りたい」という思いだけで、運営的なことは何もはっきりしないままのスタートでしたので、理解してもらえず、場所を使わせてもらえないのも最もなことだったと思います。
その後、メンバーからの紹介で、「喜楽苑地域ケアセンターあんしん24」の施設長(当時)を紹介して頂き、こちらの希望をお話ししたところ、すぐに賛同して頂き、毎月のイベント開催、およびミーティング、広報などにも全面的にご協力頂けるようになりました。ハード面だけでなくソフト面でも、大きな役割を果たして頂いています。

メンバーと場所が決まり、最初の運営資金はメンバーが出し合い、第一回目の「まあるい食卓」を開催しました。
2015年6月21日。
それ以来、毎月第3日曜日に、金楽寺の「あんしん24」にて「まあるい食卓」開催しています。


【活動の様子】

月に一度、第3日曜日の11~14時まで、金楽寺のあんしん24にて「まあるい食卓」開催。

提供される食材は、各地の生産者さんや八百屋さんなど、活動に賛同してくださる、直接顔の見える方から、継続的に提供して頂いています。
一方通行にならないよう、お互いの様子や気持ちを伝え合う工夫をしていきたいと考えているところです。

また食材以外に必要な活動経費(チラシなど)は、協力店などに設置した募金箱への募金、およびイベント参加運営費(大人一人300円)から賄っています。

イベント当日は、調理スタッフによる調理、会場係によるセッティングなど、各担当に分かれて準備から片づけまでを行います。
この際、当日参加してくださったボランティアスタッフの方にも、大活躍して頂いています。

イベント参加者は、時間内に来て、準備されたご飯でおにぎりを握り、おかずとお味噌汁を受け取って、大テーブルで食事をします。
食後は各自、食器を洗って戻してから、各々好きな事をして過ごします。
月によっては、ボランティア出演者による出し物も。

また、各々が楽しんで過ごすと同時に、市内外の様々な場で支援活動をしている人たちや、これから支援活動をしたいと思っている人たちの横つながりの交流の場になっているといった面もあります。


【運営ポリシーについて】

☆「できる人が、できる時に、できることをする」
この活動を始めたいと思い模索を始めたころ、さる方より頂いたお言葉です。
これにより、よい意味で肩の力が抜け、気負わずに「まずはやってみよう」という気持ちになれました。
メンバーが集まってから、実際の開催までの期間が比較的短かったのは、この考え方によるところが大きいと思います。
また、この考えを守ることによって、メンバー間での率直なコミュニケーションや思いやりの関係が育ってきていると感じています。

☆「おたがいさま」の関係であること。
現時点では仮に、「支援」や「サポート」という言葉を使っていますが、なにかをしてもらう側、してあげる側、どちらに居ても同じ。穏やかで自由で楽しい空気を、一緒に楽しむ。上のポリシー「できる人が、できる時に、できることをする」にも関連しますが、得意なひとが得意なことをして、みんなで過ごす。とてもシンプルな考え方です。

ふたたび「支援」という言葉を使いますが、それをする側も人間です。
あまり元気でない時もありますが、活動に参加して笑顔に触れることでまた元気を取り戻すということもあります。
まさに、おたがいさまの関係です。

☆人が大切にされること。
「まあるい食卓」の月に一度の開催では、食事の援助という意味ではあまりにも小さな力にしかなりません。
ここで受け取ってもらえるのは、「大切にされる」という経験だと思います。
小さい頃、周囲の大人たちから、声をかけてもらったり、世話を焼いてもらった記憶があります。その経験は、記憶のどこかに積み重なって、ずっと気持を温めるものになっていきます。
「まあるい食卓」の場では、できるだけ、「大切に扱われる」という経験をしてほしいと思っています。
参加してくれた子どもさんたちが、『自分はここにいていいんだ』という安心感をもって、ここを自分の居場所だと感じてもらえたら嬉しいです。

また、「人が大切にされること」の一つとして、食材の品質を指定させて頂き、イベント当日はスタッフが早くに集まって現地で調理して温かい食事を用意しています。
また食後には安全な環境で手作りのおもちゃで遊んだり、ボランティアの方からマッサージを受けたり。

「まあるい食卓」は名前が示すように、食を中心としたコミュニケーションの場です。そのため、食事を大切にするような意識づけも積極的に工夫しています。
・おにぎりマスター(お米を大切にするという意識づけに)
・食材提供者のパネル展示
・食卓での声かけ
など

【「こども食堂」から「地域食堂」へ】

「食事を十分に取れていない子どもに届けたい」
発足当初から、必要な子どもに、どうすれば届けられるのか話し合いを重ねました。
その結果、現在では、子どもに限定せずに地域のどなたにでも参加して頂ける、「地域食堂」へと方向を転換しました。
理由は3つあります。

・「ご飯を十分食べられていない子どもへ」という表現を前面に出すと、たとえ必要とされる方でも、入って来づらい。
・しんどい子どもの背景には、しんどい大人がいるのかも。できたら一緒に来て、一息ついてほしい。
・現時点では「必要」という訳ではなくても、子育てや仕事で忙しい方に一休みして頂くことにも、その先につながる意義があるのでは?

【さらに「たのしみ」の場へ】

・食にまつわるイベント・・・「クリスマスのアイシングクッキー(2015.12)」「みんなでお味噌仕込み(2016.2)」「テラスで焼きいも(2016.11)」
・桂あおばさんによる落語(2016.7)
・タッチケア支援センターの皆さんによるハンドマッサージ(2016.8~)
・ギター、鼻笛演奏


【私が考える「まあるい食卓」とは?】

☆「まず、メンバーありき。メンバーの気持ち・価値観を確認すること。」
様々な方から、ご厚意でたくさんのご意見やアドバイスを頂きます。
参考にさせて頂くことも多く、とてもありがたいと思う一方で、すべてのご意見を取り入れる訳にもいかず。。そこで大切にしているのは、場を運営するメンバーの気持ちに沿っていること。

例え正しいことであっても、自分たちの気持ちにしっくり来ないままだと、せっかくの活動にも気持が込められません。
大切なのは、メンバーが納得してやりたくてやっていること。
ここがずれてしまって、曖昧なまま活動を続けるのは、メンバーには見えない疲れが溜まっていきますし、参加される方にも「よい記憶を持って帰ってもらう」ことに繋がりませんから。
(参加してくれた子どもたちに、「ここの大人は、行ってることと思ってることが違ってる」と不信感を持たれるのは、もっとも避けたいことです。)

主体であるメンバー間でのコンセンサスを得るために、できるだけ正直で率直なコミュニケーションを心がけています。

☆「女性が主体で、横並びの関係であること」
指示系統は持たずに、メンバー間のコミュニケーションによって様々なことを決めています。一度で納得する形にたどり着かなくても、やってみてしっくりこなければ方法を変えてみるといった、柔軟な姿勢が特徴です。

☆「地域や行政の職員さんのお力も活用させて頂くこと」
コアである自分たちの価値観・考えをしっかりまとめた上で、お力をお借りするようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11月20日(日)「第18回みんなでごはんプロジェクト〜まあるい食卓〜」開催しました。

2016-11-20 17:07:46 | 終了したイベント(ご報告)

第18回目のまあるい食卓、本日も盛況のうちに終了いたしました。

参加者さまは40名近くに、そしてボランティアスタッフも総勢15名、あわせると60名近い方々の食を通した交流の場となりました。

ご参加くださった皆様、ボランティアでご参加くださった皆様、ありがとうございました!

まあるい食卓は毎回ボランティアスタッフの方々のお力に支えられて運営できています。

会の初期から継続参加しているコアスタッフを核に、様々なご縁のつながりからご参加くださる当日ボランティアスタッフの方々で成り立っています。市外どころか、県外の遠方から来てくださる方もたくさん!
ほんとうにありがたいことです。

今回実は、いつものコアスタッフの参加がとても少なく、(特に朝の調理スタッフ)ピンチかも!?とひそかに焦っていたのですが、そこはチームリーダー穀菜食堂なばなのひさみさんのご縁力で、朝イチ、富田林からココロもカラダもお肌も元気になるお笑いサロンWith&We'sの方々が数名ボランティアに駆けつけてくださって、おかげさまで、ふたを開けてみるといつもより余裕なくらいでした。いつも、たくさんの方々の善意に支えられていることを場を運営しながら実感させてもらっています。

 

今回ご提供いただいた食材は、

お米は滋賀県茗荷村の皆様と、広島の(有)コズミック様から。お野菜と果物は、オーガニッククロッシングさんからさつまいも、里芋、玉ねぎ、テルってる畑さんからはおみかんをご提供いただきました。いつもありがとうございます!



そして、ラブミー協会さまのご厚意で、北海道洞爺の佐々木ファームさんのお味噌を提供してくださいました!ほんとうにありがとうございます。今回さっそく、こちらのお味噌を使わせていただきましたよ。

 

今回口コミで初参加くださったご家族連れの方々が結構いらっしゃったり、常連の子供さんが、友達を連れてきてくれたり・・まあるい食卓が、『安心安全を感じられる居場所』としてこの場所に根をおろしてきたのかなぁと、しみじみ嬉しく感じました。
ここ数回の中で、参加者さまが一番多い回となり、長机の20名は座れるテーブルも一時はいっぱいに。
初めての方も、常連さんも。いろんな世代のいろんな背景の方々が、一緒に食卓を囲んで笑顔でおにぎりをほおばる姿を眺めているひとときが、参加していてなにより一番幸せを感じる時です。

今日は子供達も幼児さんから中学生まで幅広くご参加くださっていました。
お腹が満たされて一息ついたら、遊びタイム。

折り紙遊びに興じる小学生のお子さんのテーブル、布おもちゃや絵本、パペットで遊ぶ幼児さんとそのお母さん達、将棋やトランプをする中学生のお姉さん、ギター弾きのボランティアスタッフのおじさんに教えてもらって見よう見まねでギターを弾く女の子・・
自然に遊びの場がそこここに生まれて、各々が自由に楽しんでいる感じが、まあるい食卓ならではな感じで、いいなぁと思います。教えて、教えられて、大人も子供も、一緒に楽しむ。

続けることで発見できること、それは、数ヶ月前に来てくれた幼児さんと再会すると、背が伸びて、歩き方もしっかりしていたり、その成長にびっくりしたり。そしてお子さんの方も覚えていてくれて、玄関口でにっこり笑顔を向けてくれたり。面白いギャグを披露してくれることも!さすが尼っ子!「おにぎりのところ」にいったらいつもいるおばちゃん、として覚えてくれてるとしたら嬉しいなぁ。

今回もタッチケア支援センターのハンドマッサージボランティアの方が2名来てくださり、なんと11名の方にタッチケアを施してくださいました。タッチケアを受けておられる方がほっと穏やかにくつろいでいる雰囲気がまた場を和ませ、場全体にもゆったりしたここちよいリズムを生み出してくださっているように感じます。

 

まあるい食卓は、メンバーも、雰囲気も、参加者さまも、毎回、一期一会です。


スタッフも、参加される方も、その日その時、自然に集まった方々が、「お互いさま」の関係の中で、できることをできる人が自然に・・そして、与えて受け取ることが、自然に双方向に起こっている。そんな温かで自由な空間がいつもふわりとできていて、その中で様々な交流、人と人の出会いの化学反応が起こっている。


『まあるい食卓』は、「おにぎりをつくってみんなで食べる」というシンプルなコンセプトを初回からずっと変わらず続ける中で、毎回新鮮で、毎回変化があって、飽きることがありません。飽きるどころか、意外性や驚きの連続だったりします。


まあるい食卓のもつ、『場のちから』『場の意識』

そんなことを感じずにはいられません。


それは、この場を開き、集う人たちの、純粋な願いや思いが結晶化したもの。 

そして、1回1回、丁寧に育んできたもの。 


私自身、この1年半の活動を通して、この場に守られて、包まれて、癒され、育まれているような・・そんな不思議な感覚になります。そして、たくさんの温かい気持ちを受け取らせてもらっています。

 

おにぎりとお味噌汁と美味しいおかずは、身体の糧に。あたたかな交流は、心の糧に。

 


最後に、本日ご参加くださったボランティアスタッフの方々からイベント後のミーティングでいただいたご感想をシェアいたしますね。


・ご飯が美味しく、お味噌汁も丁寧にダシをとってあり、器にも心配りを感じて、食事に癒された。

・布おもちゃは幼児でも安心な素材で、楽しめた。

・自分の住む地域にもこんな場があればいいのにと思った。

・自分たちでもこのような場を作っていきたいと思っているので、今回参加して今後の参考になった。 

・靴を脱ぐ床のフロア(バリアフリーの広い床)は、子供たちがいっぱい動き回れてよかった。

・スタッフの方々の、窮屈でない、透明な見守りが懐の広さを感じ、いる方も安心していれると感じた。子供同士の交流の場にもなっていて、子供から始まる素直な交流を目撃して、心に残った。
 

・初めての参加だったが、安心安全な空気がすごく感じられた。参加者の方たちはそんな空気をもらいにきているように感じた。


・料理が美味しかった。普段家庭では出ない味に出会う機会で、ほっとする中で、新鮮味がある。

・様々な世代の人と一緒にすごすことは普段なかなかなく、貴重な機会になった。自分は将来男の子が欲しいと思っているが、男の子のお母さんが子供に接する様子をみて、いろいろ学ぶことができた。

そして、コアスタッフからのご感想、ご意見。

・支援する人が、「支援しよう!」と意気込んで無理をして頑張ると、かえって場が澱むような気がするし、子供たちはその違和感を敏感に察知すると思う。「お互いさま」として、正直で、安心な場であることが、リラックスできる場を作っていると思う。

 ・高学年の子供たちが遊べるトランプやゲームなどのおもちゃがないので、受け皿づくりとして用意してゆくのがいいのでは。
 
 
毎回アフターミーティングが、次回につながる貴重な分かち合いの場になっています。
いろいろな思い、意見を忌憚なく言い合える場というのも、大事にしてゆきたいと思います。 


 


****************************************

 

次回のまあるい食卓のご案内です。

【日時】12月18日(日) 11:00~14:00

【参加費】※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。
・大人・・・300円
・中学生以下・・・無料
※おにぎりと具沢山の味噌汁と、季節野菜を使ったおかず。
60食程度ご用意してますが、なくなり次第終了です。

【持ち物】
なるべくマイ箸、マイお皿、マイカップ(お茶用)お持ちくださいね。 
※紙で食器つくりは、中止となりました。

【場所】
喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(詳細地図・アクセスはリンク先をご覧ください)
尼崎市金楽寺町2丁目7-7

 

【お腹もハートも温まろう~♪】

「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。
大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

当日は、開催時間内の、好きな時間に来て、手を洗っておにぎりを作ります。具沢山のお味噌汁は、こちらで用意してます。
☆マイ箸、マイカップにご協力くださいね。

★「ご飯がくっついてもったいない」との意見があり、紙で作るお皿やお椀は廃止となりました。

ご飯のあとは、テーブルでおしゃべりしたり、ゲームしたり、外の公園で遊んだり。
みんなで、楽しい一日を過ごしましょう♪ただいまスタッフみんなでクリスマスのイベントを企画中〜!決まり次第ブログでご案内いたしますね。

★ボランティアでのご参加希望くださる方へ。
ガイドラインを作成していますので、ぜひ一度ご覧ください。



****************************************

こんな事で参加できる!といった特技(?)などお持ちの方がいらっしゃいましたら、随時受け付けております。ぜひ、お気軽にご参加くださいね~♪


****************************************


(文責 田中)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/16(日) 「第17回みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」開催しました。

2016-10-16 23:07:12 | 終了したイベント(ご報告)

秋晴れの一日。
17回目の「まあるい食卓」開催しました~♪

秋らしく、今回は焼き芋が登場。




男性スタッフが、焼き芋準備を進める一方で、調理スタッフはいつものように、ご提供いただいた食材をさまざまに仕上げていきます。

食材ご提供いただいているオーガニッククロッシングさんテルってる畑さん、いつもありがとうございます。
そして今回は、滋賀県茗荷村の皆さんより、可愛らしいお手紙と一緒に、美味しいお米を頂きました。


また今回も、尼崎市のタッチケア支援センターのスタッフさんによる、ハンドマッサージ。
そして、富田林よりココロもカラダもお肌も元気になるお笑いサロン With & We's ウィズの方にも、お手伝いいただきました。

皆さんとても楽しんで参加してくださって、いつも来てくれる子どもさんとも、すぐに仲良しに。
安心感の中で、和やかに過ごして頂けたようです。


ボランティアで参加してくださった方より、「この場所で、いろんな方がいろんな事をしていて、それがひとつに交じり合って空間が成り立っている」とのご感想を頂きました。
静かにお食事をされる方、井戸端会議に興じられる子育て世代の方、手づくりおもちゃで遊ぶ小さな子どもさんや、将棋で遊ぶ大きな子どもさん。
それぞれのペースで、楽しみながら自由に、そして全体として調和して過ごせる有難さを実感する一日となりました。

来月もまた、それぞれの思いを持ち寄って、楽しく過ごして頂きたいと思います。
来月は参加者さんたちと、12月のクリスマスに向けての相談などもできたらいいなと思いました。

(文責:金岩)

    ☆           ☆            ☆

 「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」

豊かといわれる現代日本において、6人に1人の子どもが充分にご飯を食べられていない。そのことにショックを受けたことが、このプロジェクトを始めるきっかけとなりました。

ご飯を食べられていない子どもたちに、大人である私たちから、何かできることはないか。
メンバーで話し合いを重ねるうちに、家で1人でご飯食べてる子にも、時間がたっぷりあるお年寄りにも、子どもに時間をかけられない忙しいお母さんにも。みんなに来てもらうのが、自然な気がしてきました。
そこから、みんなで囲む「まあるい食卓」のイメージが出来あがりました。

★「まあるい食卓」とは・・・
子どもも、大人も。
お料理が得意なひとも、苦手なひとも。
みんなで準備をして、手作りのご飯をたのしく食べる。誰でも参加できる、まるくて大きな食卓です。

まあるい食卓は、子供も大人も、ひとりひとりが主役となって、みんなで一緒につくりあげる場です。

当日参加していただいて一緒に場を作ること・・

この活動を広めてくださること・・

ご近所の気になる子供や家族に、一声かけて誘ってくださること・・

こんなこと、したい、できたらいいな、とアイデアを出しあうこと・・

運営のためのご寄付・・

等々・・

私たちと一緒に、まあるい食卓、囲みませんか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加