【みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~】 毎月第3日曜日の11時~、尼崎市金楽寺の「あんしん24」でやってます♪

「まあるい食卓」とは、みんなで準備をして、手作りのご飯をたのしく食べる。誰でも参加できる、まるくて大きな食卓です。

6月18日(日)第25回〜みんなでごはんプロジェクト〜まあるい食卓、開催いたしました。

2017-06-19 20:13:05 | 終了したイベント(ご報告)

 

 今月も開催しました「まあるい食卓」。今回はスタッフがいつもより少なくて

ハラハラしましたが、時間どおりに準備完了~♪

ツナとキャベツの煮物がこどもたちに好評でした。

出足が少なかったせいか、ゆったりした時間が流れていましたよ。

デイサービスの日にちを間違えてきてしまったおじいちゃん。ごはんを食べていただき、

「またきます」とのことでした。はい!来月も是非!

ごはんのあとは、遊んだり、タッチケアセンターさんのハンドマッサージを受けたり。

先月、竹パウダーコンポストの講習を受けたので、これから野菜くずは再利用!

肥料になっていただきましょう! 

今回はちょっと早めに切り上げて、

みんなで大豆から育てる味噌づくりのお話会。

いつも食材を提供して下さるオーガニッククロッシングさんより説明を受け、大豆の試食、土づくり体験をし、

このバックに大豆が実る予定です。楽しみだなあ~

ということでまた来月お会いしましょう!

(文責 かおり)

****************************************
『お腹もハートも温まろう~♪』
「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。
大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

当日は、開催時間内の、好きな時間に来て、手を洗っておにぎりを作ります。具沢山のお味噌汁は、こちらで用意してます。
★マイ箸、マイカップにご協力くださいね。
★「ご飯がくっついてもったいない」との意見があり、紙で作るお皿やお椀は廃止となりました。
ご飯のあとは、テーブルでおしゃべりしたり、ゲームしたり、外の公園で遊んだり。
★ボランティアでのご参加希望くださる方へ。
ガイドラインを作成していますので、ぜひ一度ご覧ください。

****************************************
次回の、まあるい食卓のご案内です。
【日時】7月16日(日) 11:00~14:00

【参加費】※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。
・大人・・・300円
・中学生以下・・・無料
※おにぎりと具沢山の味噌汁と、季節野菜を使ったおかず。
60食程度ご用意してますが、なくなり次第終了です。

【持ち物】
なるべくマイ箸、マイお皿、マイカップ(お茶用)、マイスリッパをお持ちくださいね。

場所】
喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(詳細地図・アクセスはリンク先をご覧ください)
尼崎市金楽寺町2丁目7-7

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月21日(日)第24回〜みんなでごはんプロジェクト〜まあるい食卓、開催いたしました。

2017-05-21 22:33:34 | 終了したイベント(ご報告)

みなさま、こんばんは。

5月21日(日)第24回まあるい食卓の開催日でした。 

お天気にも恵まれ、大人16名、お子さん11名、スタッフ13名、セラピードッグ1頭と飼い主様1名、計41名とワンコ1頭のご参加となりました。
今回のお子さんたちはほぼ全員が幼児さんや低学年のお子さんで、可愛らしい歓声と笑顔の花があちこちで咲いていましたよ。スタッフはみんなメロメロでした。

 

24回・・ということは、そう、まあるい食卓が始まって、ちょうど2年目!(毎月1回の開催です。)


コアメンバーとして、「まあるい食卓」が産声をあげる前から関わらせていただく身として、「もう2年も経つのだなぁ・・」という気持ちと、「2年間、関わるみなさんのお力でここまで場が育っていったのだなぁ・・」というしみじみと言葉にならない思いにかられます。ひとりでは決してできないこと・・


「おにぎりをみんなで作って食べる」というシンプルなスタイルを続けて、2年。


メンバーひとりひとりが大切にあたためてきた思いを持ち寄って、うまれたみんなでごはんプロジェクト「まあるい食卓」
さまざまな人との出会いの化学反応で、毎回毎回模索しながら、1年ほど続けた頃にやっとまあるい食卓としての場が立ち上がってきた感じがします。

毎回が新鮮で、新しい取り組みであることが、まあるい食卓らしさかなぁと改めてふりかえって感じます。

私も毎回、たくさんの新しい出会いや分かち合いを、この場を通して受け取っています。 

 

今回も、新しい企画がありました!


ひとつは、セラピードッグの黒ラブラドール・ファンタちゃん(女の子)のドッグセラピー。

もうひとつは、おとなの「おしゃべり会」とこどもの「こども会議」。

セラピードッグのファンタちゃんは、訓練を受けているので、小さなこどもたちも安心して触れ合えます。

なでたり、おやつをあげたり、一緒に横にねそべったり・・子どもたち、興味しんしん!最初はおっかなびっくりだったのが、少しずつ慣れて、ファンタちゃんを枕にしたり、お腹の下をくぐってみたり・・大人気でした!


ファンタちゃんと飼い主様、ありがとうございました。

もうひとつの新企画!


いつもはまあるい食卓の終了後、スタッフだけでミーティングをしているのですが、その場を解放して、普段参加している方々にも自由に入っていただいて、一緒にまあるい食卓について話し合う会を開催しようということになりました。今回はスタッフのほか、おとな1名、幼児さん1名のご参加でした。
参加くださったのは、5回ほどお子様連れで参加くださっている若いお母様で、「野菜がとても美味しい」「食べたことのないもの、自分が作らないようなものが毎回食べられてうれしい、子どもも喜んで食べている。」というご感想をいただきました。
直接ご感想をいただける機会があるのはやっぱり双方向でいいなと思いました。

そして、おしゃべり会では今年度の目玉企画!「大豆を育てて、味噌を作ろう!」の説明も。

府県や市町村などの行政区画ではなく、川の流域という原始から続くいのちの営みとしての源流から河口までをひとつの単位として、川沿いに暮らす人たちがつながって循環しよう、というコンセプトで活動をしている方々とのコラボレーションで、今回まあるい食卓でも、毎回いただくお味噌汁のお味噌を、大豆から作るということを通して、川の上流の能勢の畑と、河口近くであるまあるい食卓のある街がつながる、という企画がうまれました。

さっそく来月から、大豆を育て始めます。そして、実際に能勢の畑に行く遠足企画も!
これから、具体的に決まり次第、ご案内いたしますね。ご意見やご要望もどしどしお送りください。


 今回、子ども会議のほうは、お子さんたちの参加がなかったため、開催なしでした。子どもたちの声を直接聞く、運営に反映する、このような機会を今後も作っていけたらなぁと思います。 

 

今日のおかず・・


いつもお世話になっている八百屋さん、農家さんより新鮮なお野菜やお豆をいただきました!
ありがとうございます。

そして、調理担当スタッフ数名の愛情のこもった手際良い腕で、しみじみ美味しいおかずの数々ができあがり!
同時進行で数種類のおかずがあっという間にできあがります。
実況中継するだけで、素敵なオーガニッククッキング番組ができあがりそうです。
朝のキッチンボランティアさんも募集しています。どんな風にまあるい食卓のおかずができあがるのか、一緒に作りながらお野菜料理のコツを学ぶこともできますよ。

 参加者さまのご要望もあって、1品だけを、11時〜参加者様交えて公開で作るプチお料理教室もこれからやってゆく予定です。

 

私は自分で作る料理がワンパターンになってしまいがちなので、毎回まあるい食卓で、しみじみ美味しいおかずをいただくのが楽しみで仕方ありません。


 美味しいごはんの後は、子どもたちはふぁーふぁさんの布おもちゃで遊んだり、折り紙、絵を描いたり、ワンちゃんと遊んだり・・テラスからお部屋を抜けて駆け回ったり・・
お母さんたちは、タッチケア支援センターのボランティアさんのやさしいタッチケアを受けてリラックス。そこここでおしゃべりの花が咲きます。

あたたかくって、ゆるやかで、自由で、やさしい空気・・・

いつものまあるい食卓の空気が、お部屋を透明に、あたたかに包んでいました。

幼児さんのお母様が、「毎週日曜になると子どもが、『おにぎりの会に行きたい!』って言うんです、月1回しかないから、今週はないんだよって言うんですが。とっても楽しみにしていて。」とおっしゃっていて、嬉しくなりました。月1回って、こどもたちの流れる時間感覚の中では、とっても長く待ち遠しく思ってくれてるんではないかな。そう思うと、より一層1回1回の会が、とても愛おしく大切に思われてきました。

 

今回もうひとつ、イベント終了後の16時から、まあるい食卓主催で、「竹パウダーを使ったコンポスト」の紹介講座がありました。 



これは、「大豆を育てて味噌を作る 」ことに通じるのですが、普段生ゴミとして費用をかけて焼却しているゴミを、竹パウダーのコンポストを使うことによって肥料にして、大地に帰し、その肥料を使ってミネラルたっぷりのお野菜を育てることで、体に取り入れてゆく、というエコ・リサイクルの循環を気軽に取り入れるツールのご紹介でした。これは、玄関先でも気軽に取り入れることができる画期的な方法で、私もさっそく明日から取り組んでみます。

 

まあるい食卓、2年がすぎて、今年度はまた新たなチャレンジ、よりダイナミックで根源的な「食」を通した大地、川、そしてそこに生きる人々とのつながりづくりを始めてゆきます。

きっと、いのち踊る、ワクワク楽しいことがたくさん待ち受けている気がします!

 

まあるい食卓はどなた様にも、さまざまな形でご参加いただける企画です。ピンと来られたらぜひ、お仲間になってくださいね。

 

 

 

そして、ご寄付による支援も毎月の食材費ほか運営費用として大変助かっています。
毎月ご寄付くださっているオーガニック&ベジタリアンカフェアトルさんほか、各募金箱へのご寄付もほんとうにありがとうございます。

(文責 田中)


****************************************
『お腹もハートも温まろう~♪』
「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。
大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

当日は、開催時間内の、好きな時間に来て、手を洗っておにぎりを作ります。具沢山のお味噌汁は、こちらで用意してます。
★マイ箸、マイカップにご協力くださいね。
★「ご飯がくっついてもったいない」との意見があり、紙で作るお皿やお椀は廃止となりました。
ご飯のあとは、テーブルでおしゃべりしたり、ゲームしたり、外の公園で遊んだり。
★ボランティアでのご参加希望くださる方へ。
ガイドラインを作成していますので、ぜひ一度ご覧ください。

****************************************
次回の、まあるい食卓のご案内です。
【日時】6月18日(日) 11:00~14:00

【参加費】※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。
・大人・・・300円
・中学生以下・・・無料
※おにぎりと具沢山の味噌汁と、季節野菜を使ったおかず。
60食程度ご用意してますが、なくなり次第終了です。

【持ち物】
なるべくマイ箸、マイお皿、マイカップ(お茶用)、マイスリッパをお持ちくださいね。

場所】
喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(詳細地図・アクセスはリンク先をご覧ください)
尼崎市金楽寺町2丁目7-7



 


 


 



 

 




 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5/21(日)午後2時~ 【「まあるい食卓」おしゃべり会】および 【「まあるい食卓」子ども会議】へのお誘い

2017-05-15 22:43:42 | これからのイベント(ご案内)

【「まあるい食卓」おしゃべり会】

「まあるい食卓」がスタートしてから、今年の5月でちょうど2年になります。
これまでに、たくさんの方に協力して頂いて、イベントにもたくさん参加して頂きました。

最初は、「子ども食堂」としてスタートした取り組みですが、回を重ねることで、子どもも大人も誰にでも参加して欲しいと思うようになり、今では「地域食堂」と名乗っています。

「まあるい食卓」の場で、実現したいこと、試してみたいこと、スタッフの私たちにはまだまだたくさんあります。
参加してくださる皆さんの思いも、たくさんお聞きしてみたいと思います。

そこで、思っていることを気軽におしゃべりする場を作りたいなあと思います。
これまでゆっくりお話しする機会がなかなか無かったのですが、来月のイベント後にお時間あるかたはぜひ加わってください。

これまで疑問に感じたことや、やってみたいと思うこと、希望・願望・リクエストなどなど。
ぜひお持ちくださいね。
もちろん、なんとなく気になるから参加してみるというのも、OK!です。

*日時:5月21日の午後2時~(次回の「まあるい食卓」の終わったあとの時間)
*場所:あんしん24「まあるい食卓」と同じ場所で

 【「まあるい食卓」子ども会議】

子どもの皆さんには、「まあるい食卓」でやってみたいことを、みんなで考えて決めてほしいと思います。
皆さんの考えがまとまったら、大人で相談して、できることからやってみましょう。

*じかん:5月21日の午後2時~(次回の「まあるい食卓」の終わったあとの時間)
*ばしょ:あんしん24「まあるい食卓」と同じ場所で

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/16(日) 「第23回みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」開催しました。

2017-04-17 09:48:50 | 終了したイベント(ご報告)

やっと春らしく、桜の花も満開をすぎました。
いつものように、第3日曜日の朝8時。
お世話になっている農家さん、八百屋さんからの想いのこもった食材を頂いて、準備を始めます。
手前のザルに乗ってるのは、キンカンやベビーリーフ、ドクダミ、ハコベなど。スタッフのお庭で採取したものです。


そして朝10時には、参加してくださるボランティアさんも含めて全体ミーティングを行います。
毎回参加してくださる、立花のタッチケア支援センターの皆さま。
今回、紙芝居を披露してくださる日本ラブミー協会の皆さま。
何度も参加してくださるボランティアさん。
総勢20名ほどでわいわいと!(^^)!


お料理も仕上がり、11時のスタートを待ちます。
先月から、「まあるい食卓」でご用意した料理のレシピをブログにまとめていますが、そのことについて「調味料を適量とは分かりにくい」とのご意見も。
大さじ何杯とか、実際の場面ではかることは無いです。
そこで、次回からお料理の一品は、イベント開始後に仕上げることにしてみようかと思います。
そしたら、その場で見て、質問もして頂けるのではないかな。
さっそく来月から、やってみましょう^^


お米は、広島の(有)コズミック様よりご提供いただいたコズミック米を使わせて頂きました。
ご飯がおいしい~!どちらのお米ですか?との感想も頂きました^^



開始時間を過ぎると、いつもお見かけするお顔も、初めてのお顔も見えました。
今回は、子どもたちだけで参加してくれた子も。
食後、男の子には、男性スタッフが相手になって一緒に遊んだりといった場面も。
嬉しい眺めです。

ボランティア参加のお二人。
テーブルにあった、生のドクダミを「美味しい~、パクチーみたい!」とむしゃむしゃ。
これは気づきませんでした!帰宅後、調べてみるとドクダミを生で食べるのはエスニック料理などではあるようです。
新しい発見でした^^


さて、今回の目玉は。。。
紙芝居「頭の中の絵のお話」




「みんな夢を持って生まれてきたよ」
「イメージすることで、夢をかなえられるよ」
「やさしい言葉をかけようね」
そんな大切なメッセージを、ハートのこもった紙芝居で分かりやすく伝えてくださいます。

イメージについての説明のあとは、実践!
固い(はずの)割りばしを、柔らかい(はずの)名刺で切れるのかしら?
イメージすると、切れたー!


叶えたい未来をイメージすること。
心の中に描いて、楽しい気持ちで取り組むこと。
大人の私たちにとっても、大切なメッセージを頂きました。
楽しそうでかっこいい大人がたくさん増えたら、子どもたちにとっても将来が楽しみなものになりますね!(^^)!
みんな可能性のかたまりですね。
希望を新しく抱き直すような時間を、ありがとうございました!
(文責:金岩)

※今回参加してくださった方には、チラシをお渡ししたのですが、次回の「まあるい食卓」終了後の時間をつかって、スタッフと参加者さんと一緒にここでの関わり方についておしゃべりする機会をご用意したいと思います。
チラシの内容を、以下に転載しますね。
********************************************
【「まあるい食卓」おしゃべり会】

「まあるい食卓」がスタートしてから、今年の5月でちょうど2年になります。
これまでに、たくさんの方に協力して頂いて、イベントにもたくさん参加して頂きました。

最初は、「子ども食堂」としてスタートした取り組みですが、回を重ねることで、子どもも大人も誰にでも参加して欲しいと思うようになり、今では「地域食堂」と名乗っています。

「まあるい食卓」の場で、実現したいこと、試してみたいこと、スタッフの私たちにはまだまだたくさんあります。
参加してくださる皆さんの思いも、たくさんお聞きしてみたいと思います。

そこで、思っていることを気軽におしゃべりする場を作りたいなあと思います。
これまでゆっくりお話しする機会がなかなか無かったのですが、来月のイベント後にお時間あるかたはぜひ加わってください。

これまで疑問に感じたことや、やってみたいと思うこと、希望・願望・リクエストなどなど。
ぜひお持ちくださいね。
もちろん、なんとなく気になるから参加してみるというのも、OK!です。

*日時:5月21日の午後2時~(次回の「まあるい食卓」の終わったあとの時間)
*場所:あんしん24「まあるい食卓」と同じ場所で

 【「まあるい食卓」子ども会議】

子どもの皆さんには、「まあるい食卓」でやってみたいことを、みんなで考えて決めてほしいと思います。
皆さんの考えがまとまったら、大人で相談して、できることからやってみましょう。

*じかん:5月21日の午後2時~(次回の「まあるい食卓」の終わったあとの時間)
*ばしょ:あんしん24「まあるい食卓」と同じ場所で
***************************************
『お腹もハートも温まろう~♪』
「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。
大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

当日は、開催時間内の、好きな時間に来て、手を洗っておにぎりを作ります。具沢山のお味噌汁は、こちらで用意してます。
★マイ箸、マイカップにご協力くださいね。
★「ご飯がくっついてもったいない」との意見があり、紙で作るお皿やお椀は廃止となりました。
ご飯のあとは、テーブルでおしゃべりしたり、ゲームしたり、外の公園で遊んだり。
★ボランティアでのご参加希望くださる方へ。
ガイドラインを作成していますので、ぜひ一度ご覧ください。

****************************************
次回の、まあるい食卓のご案内です。
【日時】5月21日(日) 11:00~14:00

【参加費】※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。
・大人・・・300円
・中学生以下・・・無料
※おにぎりと具沢山の味噌汁と、季節野菜を使ったおかず。
60食程度ご用意してますが、なくなり次第終了です。

【持ち物】
なるべくマイ箸、マイお皿、マイカップ(お茶用)、マイスリッパをお持ちくださいね。

場所】
喜楽苑地域ケアセンターあんしん24(詳細地図・アクセスはリンク先をご覧ください)
尼崎市金楽寺町2丁目7-7


 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「第22回 ~まあるい食卓~」のレシピ

2017-03-21 17:48:41 | 「まあるい食卓」のレシピ

今回の「まあるい食卓」(2017.3.19開催)より、イベント当日にご用意しているおかずのレシピを、当ブログにてご案内することになりました(^^♪
簡単で、お野菜をおいしく食べていただけるものばかり!
お気に入りを見つけて、おうちでも試してみてくださいね(^^♪

では、一品目。
「里芋と人参のチップス」

里芋と人参は、5ミリほどにスライスします。
フライパンに油を1cmほど入れて、中火で温めます。
スライスした里芋と人参を油に入れて、表面がカリッとするまでゆっくり揚げます。
揚げあがったら、キッチンペーパーなどの上でよく油を切って、最後にお塩をパラパラと振りかけて、出来上がり(^^♪
里芋も、人参も、甘くてほくほくです^^
※里芋は、煮物などをした日には、皮を厚めにむいて同じようにして美味しく食べられますよ♪

二品目は、「コンニャクと大根の田楽」

コンニャクと大根は、それぞれ食べやすい大きさに切る。
コンニャクは、お湯で茹でる。
大根は、柔らかくなるまで、蒸すか、弱火でゆっくり焼く。
火が通ったら、田楽味噌を乗せて、お皿に並べる。
※田楽味噌は、お味噌に、すりゴマと砂糖を少しずつ加えてねり合せたものです。
※厚揚げや、木綿豆腐でも同じようにできますよ^^

三品目は、「白菜とハッサクのサラダ」

白菜は、内側の芯に近くて柔らかいところを使います(外側の固いところは、煮物などに使ってくださいね)。
白菜を、細く切ります。
ハッサクは、薄い皮をむいて、ひと口位の大きさに割ります。
マヨネーズと、お醤油(少し)を加えて、よく混ぜます。
※あれば、他の野菜を蒸して加えます。今回は、人参を加えました。

四品目は、「大根の皮と葉と、チリメンジャコのふりかけ」

大根の葉っぱは、細かく刻みます。
大根の皮は、厚めにむいて、小さく切ります。
フライパンにごま油かサラダ油を温めて、大根の皮、葉っぱを炒めます。
火が通ってシンナリしてきたら、チリメンジャコを加えて炒め合わせます。
最後にお醤油を少し加えて、味を調えます。
※真冬の柔らかい大根は皮をむかなくても美味しく食べられますが、春先になって少し固くなってきたものでも、炒めることで美味しく食べられますよ。
また大根の葉っぱは、青野菜と同じようにビタミンが豊富な部分ですので、さっと火を入れて、ぜひ食べてみてくださいね。

以上、いかがでしたか?
おうちでもお試し頂いて、美味しくお野菜が食べられますように(^^♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加