【みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓~】毎月第3日曜日の11時~、尼崎市小田南生涯学習プラザ2Fでやってます♪

「まあるい食卓」とは、みんなで準備をして、手作りのご飯をたのしく食べる。誰でも参加できる、まるくて大きな食卓です。

第60回「まあるい食卓」開催しました。

2020-07-20 09:51:00 | 設立趣旨文

こんにちは。

梅雨の晴れ間の昨日、第3日曜日。

「まあるい食卓」開催しました。



小田南生涯学習プラザ、晴天です。





支援いただいた無農薬のお野菜にお豆さん。







豆カレー
ポテトサラダ
ホットケーキ

熊本産のメロンも差し入れいただき、
みんなでありがたくいただきました。




とても豪華で楽しい食卓になりました。




カレーのルウは無添加の植物由来のものを用意しています。

隠し味はいただいたメロンの種の周りについている果汁。

カレーがぐぐっとまろやかになりました。


昨日ははじめまして、のお子さんが多くて

可愛い笑顔で食べてくれました。

美味しい笑顔に癒されます。


そして、もう一つ嬉しいことがありました。


勉強するために小田南生涯学習プラザの自習室に来てた学生さんが来てくれました。


「まあるい食卓」のチラシを手に持って、


「わたしたちも食べに来ていいですか?」と。

きっとドキドキしながら、声かけてくれたんでしょうね。


お二人がごはん食べながら、

「優しい味がする」

って、言ってたような感じがしたので、

「どうかな、口に合う?」

って、声をかけました。


そうしたら、「優しさ、の味がします。」

「こんなに人に優しくしてもらったのは、本当に久々で、自分が澱んでたのがわかった。本当に優しいって感じたのは初めてです。」って。


なんだか、とても嬉しかったです。


まあるい食卓の理念、

大人に優しくしてもらった記憶は必ず残って自分が大人になった時に、そんな風にしてあげれる。

と言うのにもつながるな、と思いました。




「優しさの味がする」

うれしい言葉です。


大人に優しくしくされた記憶は

大人になってからも根底に生き続け

その人を支え続けてくれると信じています。


そして、それは優しい社会につながると。


コロナのことで、大人数でごはんをワイワイ食べることが今はできませんが、

こんな感じで、参加してくださった一人一人に

意味のある「食卓」であればと思います。


センター職員さんにも本当にお世話になりました。

ありがとうございます。



来月はお盆の暑い時期ですね。

パスタも支援いただきましたので、夏野菜のパスタなんていいなぁと考えています。


来てくださった皆さま、

関わってくださった皆さま、

本当にありがとうございました。


 

【文責 前田ようこ】

 

****************************************

『お腹もハートも温まろう~♪』

「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、

誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。

大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。

昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。

そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

 

 

**************************************** 
次回の、まあるい食卓のご案内です。 
【日時】8月16日(日) 11:00~14:00
【参加費】
・親子一組・・・500円(2人目からは中学生以下無料) 
・大人一人・・・300円
・中学生以下・・・無料 
※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。 

【持ち物】 なるべく、ご持参お願いします。
*マスク

【場所】
小田南生涯学習プラザ2階実習室
兵庫県尼崎市長洲中通1丁目6番10号
※建物の入り口で、手指の消毒をしてから入室してください。

 

 

 

        

コメント

Instagram立ち上げました

2020-06-23 17:36:15 | お知らせとご報告
こんにちは。
今日は梅雨の晴れ間、夏日ですね。
 
熱中症の対策にオススメの自家製ドリンク。
 
お水に少しの梅酢入れて飲むと
水分、塩分、ミネラル
バランスよくからだに補給されて
夏バテ対策になります。
 
さて、まあるい食卓は
この度Instagramを立ち上げました。
 
 
ここでは、
blogでは書かないようなちょっとしたこと、
まあるい食卓で出しているごはんの
簡単な作り方など、
そんな色々をお届けしたいと思っています。
 
まあるい食卓は、
子どもに温かいごはんを届ける場
そして、地域の中にある
誰でも参加できる温かいコミュニティ
そんな「居場所」を目指しています。
 
ここで作るお料理は肩肘の張らない
とっても簡単なもの。
いつも笑い合って、
楽しくごはんの用意をしています。
 
野菜達は地域の自然農をされている方から
善意でご提供いただいています。
 
とっても元気な野菜達、
触るだけでエネルギーを感じる、
そんな食材達。
 
食材を育てる人、
届ける人、
場所を提供してくれる人と市、
そして作って集って食べる人、
そんな皆んなの優しさが
尼崎のこの場から発信できたらいいなぁと思います。
 
先日のまあるい食卓ごはん
Instagramで作り方の簡単なコツ
こちらに紹介しています↓
 
是非フォローしてくださいね。
 
 

 

【文責 前田ようこ】

 

****************************************

『お腹もハートも温まろう~♪』

「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、

誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。

大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。

昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。

そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

 

 

**************************************** 
次回の、まあるい食卓のご案内です。 
【日時】7月19日(日) 11:00~14:00
【参加費】
・親子一組・・・500円(2人目からは中学生以下無料) 
・大人一人・・・300円
・中学生以下・・・無料 
※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。 

【持ち物】 なるべく、ご持参お願いします。
*マスク

【場所】
小田南生涯学習プラザ2階実習室
兵庫県尼崎市長洲中通1丁目6番10号
※建物の入り口で、手指の消毒をしてから入室してください。

 

 

 
 
 
コメント

6周年〜まあるい食卓〜本日開催しました!

2020-06-21 18:09:03 | お知らせとご報告

こんばんは。

今日は記念すべき日。

2015年6月に活動が始まり本日、

「まあるい食卓」は6周年を迎えました。

ボランティアスタッフも時代とともに入れ替わり

たくさんの方々に関わっていただき

今日の日を迎えることができました。

 

わたしはお手伝いをしてまだ2年目ほどの新米ですが、

この活動が6年続いているのだ、

と思うと新参者なりに感慨深い1日でした。

 

そして、6周年の今日で大きく変わったことがもう一つ。

活動の場所が小田南生涯学習プラザに移りました。

 

今までお世話になっていた喜楽苑地域ケアセンターあんしん24さんは

今回のコロナ禍が落ち着くまで外部からの入館を制限されることになり、

これからの開催場所をどうしたら良いものか・・・

と、思っていた時にご縁が繋がり、

尼崎市総合政務局小田地域課の共催をいただき、この運びとなりました。

2020年6月にオープンしたばかりの新しい施設です。

館内には消毒液を各フロアー、各会場に設置されており、

安全対策も入念にされています。

 

担当のOさんも、休日にも関わらず

様子を見にきてくださいました。

Oさん、ありがとうございます。

 

そして、いつも大地のエネルギーたっぷりの

美味しい有機のお野菜をご提供くださいました皆さま

本当にありがとうございます。

 

いざ、わたしたちは、お越しくださる方々に安心して

楽しく美味しく過ごしてもらえるよう

スタッフは全員マスクと手袋を着用し準備を。

 

今日のメニューは

アンデスレッドとインゲン豆のオリーブオイルフライ

 

尼崎の大庄にある「みんなの畑」で育ったジャガイモのサラダ。

 

トマトとツナのパスタ

 

白玉あんみつ

でした。

 

食卓が整ったお昼過ぎ

3ヶ月ぶりの笑顔に出会えました〜涙

 

「この日を待っていました❤️」と。

嬉しいお言葉に感激です。

 

前までは子ども達の遊び場が広く、

そこでゲームやお絵描き、

そして自分ちのご飯は、おむすびを結んだり・・・

 

でも今は、おむすびは暫くお休みにして

お食事をするだけ。。。

 

子ども達に喜んでもらえるか、と少し気になっていたのですが、

そんな心配は無用でしたね(笑)

 

子どもは遊びの天才!

 

なぞなぞ出しあったり、

荷物を運ぶ用のカートで遊んだり、

美味しく、楽しく、過ごしてくれたみたいです。

 

その笑顔と「おいしい!」がわたしたちのご褒美です。

 

また、来月もお会いできますように。

 

 

来月もこの場所でお待ちしています。

 

今日も、ありがとうございました。

 

【文責 前田ようこ】

 

****************************************

『お腹もハートも温まろう~♪』

「みんなでごはんプロジェクト ~まあるい食卓~」は、

誰もが気軽に、ご飯たべたり、おしゃべりしたり、遊んだりして過ごせる場をめざしています。

大人も子どもも、おじいちゃん、おばあちゃんも。

昔から地域に住んでる人も、新しく入ってきた人も。

そしてなにより温かい食卓につけない子供達に届けたいと思います。

 

 

****************************************
次回の、まあるい食卓のご案内です。 
【日時】7月19日(日) 11:00~14:00
【参加費】
・親子一組・・・500円(2人目からは中学生以下無料) 
・大人一人・・・300円
・中学生以下・・・無料 
※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。 

【持ち物】 なるべく、ご持参お願いします。
*マスク

【場所】
小田南生涯学習プラザ2階実習室
兵庫県尼崎市長洲中通1丁目6番10号
※建物の入り口で、手指の消毒をしてから入室してください。

 

 

 

        

コメント

第59回「みんなでごはんプロジェクト~まあるい食卓」開催します♪

2020-06-14 21:45:19 | これからのイベント(ご案内)

6月に入り学校休業が解除されました。
世間の動きも、少しずつ日常を取り戻しているようです。

3.4.5月お休みしていた「まあるい食卓」も、6月から再開することになりました。
ただ、やはりこれまでと違う点がいくつかあります。

★イベントの場所ですが、これまでの「あんしん24」さんから、「小田南生涯学習プラザ」2階実習室に変わります。
(コロナウィルスが完全に収束するまでの間、ご高齢の方の施設をお借りするのは控えることになりました)

先日場所の下見に行ってきましたが、できてすぐの新しい施設で何もかもピカピカでした。


★これまで参加費は、大人300円・中学生以下無料としていましたが、
これからは、親子で参加の方は500円。二人目以降は無料。
子どもだけでの参加は無料とさせて頂きます。

しばらくの間、外部の施設をお借りすることになり、参加してくださる方にも少しお気持ちお願いできればと、変更させて頂きました。

★ご参加の方には、入口での手指の消毒と、マスクの着用をお願いします。
マスクは、大人用・子ども用ともこちらでも準備していますので、お忘れの場合はお気軽にお声かけてくださいね。


★一度に入室できる人数が15名までですので、もし人数が多くなりそうな場合は、お弁当箱につめて別室やロビーなどで食べて頂く可能性もあります。
もしお天気が良かったら、外で食べるのも良いかもしれませんね。

★まあるい食卓初期の頃から、参加者さんには自分でおにぎりを握って頂くスタイルを続けていましたが、しばらくの間は、おにぎりは中止したいと思います。
寂しいですが、もうしばらくの間は感染を拡げないことを第一に考えたいと思います。

そう言えば、まあるい食卓がスタートして、今月でまる5年になりました。
今日、設立メンバーがSNSに写真アップしていて気付きました。
この写真は今も使っていますが、だいぶ色褪せていて、時の流れを感じます。
今、コロナの影響でとても落ち着かない時間が続いていますが、気持ちを新たに6年目をスタートしたいと思います。
地域にいる誰もが、安心して過ごせる場所があちらこちらに出来たら素敵ですよね。


2020年6月のまあるい食卓は、どんな時間になるでしょうか。
周囲の様子を見ながら、誰にとっても安心できる場でありますように。

(文責:金岩)

**********************
次回の、まあるい食卓のご案内です。
【日時】6月21日(日) 11:00~14:00
【参加費】
・親子一組・・・500円(2人目からは中学生以下無料) 
・大人一人・・・300円
・中学生以下・・・無料 
※参加費は、会の運営に充てさせて頂きます。 

【持ち物】 なるべく、ご持参お願いします。
*マスク

【場所】
小田南生涯学習プラザ2階実習室
兵庫県尼崎市長洲中通1丁目6番10号
※建物の入り口で、手指の消毒をしてから入室してください。

コメント

「まあるい食卓」5月の活動報告

2020-06-13 20:41:20 | 終了したイベント(ご報告)

学校再開の目処は立たないまま、5月に入りました。
私たちも、尼崎市の「子どもの食の確保」緊急対策事業というのに参加することにしました。
これは、コロナウィルスの影響で学校給食が無い期間中、市内の子ども食堂が地域の子どもさんにお弁当を配布するというものです。







途中、地域の駄菓子屋さんから、こども青少年課を通してお菓子のご寄附があったり、


社協さんを通して、尼崎の21世紀の森で育ててる武庫一寸豆とエンドウ豆のご寄附があったり。
地域の方からも、思いを寄せて頂いています。




社協さんからも、行政と地域と学校の繋がりを作っていけたらいいですね、とのお話がありました。
こんな時だからこそ、地域の繋がりが本当に大切と思います。

また、6月から学校再開が決まりましたが、当面は給食が無いとも聞いています。
そこで、昼食の支援として、無添加のレトルト食品を準備することにしました。
これからの季節を考えると、衛生面でも安心です。


まだしばらくの間は、分散登校などの形を取っていて、日常が戻ってくるまではもうしばらくかかりそうです。
状況をよく見ながら、地域の居場所作りを再開できるよう、準備しておきたいと思います。



コメント