cafeもりの

店長の くま です。
『カフェ』実店舗の開業を目指して日々奮闘中。
心温まる豊かな時間をご一緒に。

護身術稽古7回目

2017-06-02 | 武術・武道・鍛練
6月、護身術。7回目の稽古。

今日は久しぶりに整体師のSさんと稽古。
中国拳法をやられているKさんはお休みで、
師匠を含め3人という少人数で稽古となる。

毎回、変な踊りになってしまう私の為に
基本的な武術の動きを教えていただく。

力を入れず、柔らかく相手を捌き、相手を崩す。

手の使い方、足の運び方、体重移動など。

私は、柔道のくせで足運びがすり足。
床をザッザッとする音がする。

師匠曰く、すり足のイメージでよいが、
実際には少し足を浮かして移動した方がスムーズで動きが速い。
特に、外での戦いでは、地面がアスファルトだったり、
土の上では凸凹があり、すり足だと突っかかってしまう。

なるほど!
柔道は畳の上の競技。

戦いは場所を選ばない。
競技と殺法の違いだ。

早速、床を擦らないように運足を行おうとするが、
どうしてもザッザッと擦ってしまう。

足を意識すると、手や身体ばバラバラになってしまい、
いつもの変な踊りになってしまう。

思わず苦笑い。

驚いたのは、突きを捌いて相手の横に移動、すかさず相手を押して崩す技。

師匠に突きを入れたら、あっという間に捌かれ、
次の瞬間、全く力を感じなかったが、無重力状態になり
2mちかく吹っ飛ばされ、危うく壁に激突しそうになる。
凄い!

下手な踊り状態(苦笑)を卒業し、早く武術の動きを修得したい。

ありがとうございます。
もっと精進します。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古武術活法稽古 15 | トップ | 古武術整体(活法)稽古34 »
最近の画像もっと見る

武術・武道・鍛練」カテゴリの最新記事