cafeもりの

店長の くま です。
『カフェ』実店舗の開業を目指して日々奮闘中。
心温まる豊かな時間をご一緒に。

自律神経整体セミナー5

2017-12-18 | 施術・整体・活法
冬晴れの清々しい空気の中、東京の下町情緒たっぷりの荒川にあるセミナー会場へ。
今日の参加者は、お一人は手技練習会でご一緒させて頂いたBさん。
もうお一人は、9月に行われたセミナーでご一緒させて頂いた整体師のEさん。
そして、私の3名。

全員顔見知りのため、参加者一人一人近況報告。
3人3様。それぞれ課題や問題、事情を抱えている。
共通しているのは、この自律神経整体に、
何らかの解決の糸口があるのでは?
と感じている事。

この整体法は、即効性を求めていない。
時間をかけて、じっくりと身体を自らの力で整えていけるように導く。
骨格筋をゆるめ、自律神経のバランスを整え、
自然治癒力の活性化の手助けをするというもの。

しかし、どうしても、他の「一撃必殺」のような即効性のある技術が
目に留まり、魅かれてしまう。

この整体法では、「一撃必殺」のような技術を否定はしていないが、
あくまでも対処療法で、根本治癒に至る技術ではない。と考えている。
そう。
この整体法は、時間はかかるかもしれないが、根本的な治癒を目的としている整体だ。

この整体法の技術も、日本の武術が基となっている。
活法とは名乗っていないが、まぎれもない活法だ。
ただ、戦場で使われてきた活法とは、理合いと目的が全く異なる。

一般的に行われている活法は、究極的な即効性を要求されてできた技だ。
戦場で負傷した兵士を、戦う、もしくは逃げるように、動けるようにするのが目的だ。
現代の活法も同じで、動けるようにした結果、身体が整い、治っていくというもの。

この整体法は気功師による、氣の治療に近いと思うのは、きっと私だけではないだろう。

私は、一般的な整体をはじめ、活法、気功、そして自律神経整体と、
まだまだ中途半端ながら学びを広げ、深めつつある。
なんて贅沢なんだろうと思う。
ありがとうございます。

手技の動き自体はとてもシンプルで簡単だ。
だけど、掌の使い方、触れ方、呼吸など、とても奥が深い。

どんなことでも同じだが、練習、経験を積む必要がある。

ありがとうございます。
もっと精進します。


この記事をはてなブックマークに追加

気功修行16

2017-12-12 | 施術・整体・活法
気功治療家による気功教室。
体験会を含めて今回で5回目。

今日も教室の開始時に、先生は熱く語る。
どうやら、それが恒例のようだ。

皆さん、恥ずかしいと顔が赤くなるよね。
顔が赤くなるから恥ずかしいんじゃないんですよ。
恥ずかしいから赤くなるんです。
それと同じで、何かがあるから病気になるんでしょ?
何があるからですか?
それはね、不安、怒り、妬み、悲しみ等の負の感情があるからなんです。
私たちはそれを邪気って言いますけど、邪気を消していかないと、
それが身体に蓄積して、溢れだしたのが病気に成っちゃうんですよ。

その邪気やマイナスのエネルギーは、誰が創ってるの?
皆さんそれぞれ、自分なんですよ。
若いときは、生命力があるから、癌とかの細胞が身体にできても、
自分の免疫でやっつけて発症することは殆どないけど、
歳をとってくると生命力が衰えて、それで発症しちゃうんです。

生命力って何?
それが「氣」なんです。

だから、病気の人に氣を送ると病気が治っちゃうんです。
奇跡としか思えないようなことが起こるんです。

私が治しているんじゃないんですよ。
氣を送って、その人の気力・生命力(免疫力)が上がって、
その結果、自分の力で病気を治しているんです。

生きていて、楽しいのと辛いのとっちがいい?
楽しい方がいいに決まってるよね。
でも、不安、怒り、妬み、悲しみ等、辛いことをずっと考えている人が多いの。
そんなことやってるから病気になるんだよ!

いつも言ってるけど、そういう負の感情が芽生えるのはしょうがないんですよ。
生きてるんだから。
でも、そういう感情が芽生えたら、すぐに消しちゃうの。
心のホワイトボードに書かれた負の感情を、ホワイトボード消しで拭いちゃうんですよ。

よく、ネガティブとかポジティブとかって言われるけど、
そんなんじゃないんですよ。

一番いい状態は、落ち着いた、静かな状態です。

静かな湖面に小石を投げ込むと、波が立って波紋がひとがるでしょ?
でも、しばらくすると、波が消えて静かな湖面に戻るでしょ?

大きな岩を落とすと、ジャブーンって、大きな波が立つでしょ。
人の心も同じなんです。

何かがあると、心が波立つんです。
そして、いつまでもそれを引きずって、いつまでもそのことを考えて、
ずっと心を波立たせているんです。

波が立つのはしょうがないんです。
でも、いつまでもそれを引きずっていてはだめなんだよ。

心を鎮める方法が、気功だったりヨガだったり瞑想なんです。
呼吸法だってそうです。

気功の練習で、呼吸法とか瞑想をしてるでしょ?
そのためなんですよ。

でも、すぐにはできるようにはなりませんよ。
私だって、たくさん練習しましたよ。

だから皆さんも、毎日、練習を続けてください。

できるようになりますから。

先生は、熱い。熱い人だ。
いきなりトップギアでお話しされる。
わかって欲しいという気持ちが強いのだろう。

氣を練る練習の後は、
先生と氣の交流。

話しがエキサイトしたため、
気功の練習時間が少なくなってしまった。

今回も、もっと力を抜いて。
膝に力が入っている。
ゆるめないと氣が通りませんよ。
私がこうやって氣を通しているのは、
あなたの氣の通り道が詰まっているから、
それをきれいにして通り道を広げているんです。

もったいないですよ。
力を抜いて氣をたっぷり取り込んでください。

念入りに氣を通していただきました。

ありがとうございます。
もっと精進します。



この記事をはてなブックマークに追加

気功修行15

2017-11-29 | 施術・整体・活法
気功治療家による気功教室。
体験会を含めて今回で4回目。

教室の開始時に、今までやってきて、何か質問とか
何でもいいのでありますか?
と聞かれ、

体験会で転がされた時よりも、氣を感じることができず、
何が違うかを考えたところ、
身体に力が入っていると、氣が通らないとのことなので、
・仕事が増え、業務量が膨大になったのでやりたい事ができなくなり、
 ストレスまみれで身体が硬くなっている。
・脱力が下手。
・腰痛・足底痛があり、歩くのにも痛みがあるため、どうしても力が入ってしまう。
そういうことが原因なのでしょうか?
と、先生にお聞きしたところ、

そういう貴方のマイナスな考え方がダメなんじゃないの!?
と・・・ そして、

腰が痛い何が痛いって、原因があるわけでしょ?
せっかく氣を通して身体をよくしても、
その原因を取り除かない限り変わりませんよ!
痛みだとか、病気は、殆んどが自分の心でつくっているんだよ。
不安、悲しみ、怒り、妬み等の感情が、知らないうちに身体に溜まって、
溢れてきたのが病気だったり痛みなんですよ!

そんな感情が浮かんで来たら、黒板消しですぐに消してください。
物事に感謝していないでしょ!?
水道を捻ったら水が出てくるのは、当たり前じゃないんです。
とてもありがたいことなんです。
太陽が昇る。空気を吸える。食事を食べられる。電車に乗れる。
全てに感謝していたら、マイナスの感情なんて湧いてきませんよ!

・・・お説教?
いや、
先生は、熱い人だ。
いきなりトップギアでお話しされる。
わかって欲しいという気持ちが強いのだろう。

氣を練る練習の後は、
先生と氣の交流。

大丈夫ですよ。
ちゃんと氣が通っていますから。
と、
念入りに氣を通していただきました。

ありがとうございます。
もっと精進します。


この記事をはてなブックマークに追加

気功修行14

2017-11-14 | 施術・整体・活法
私淑する気功治療家による気功教室。
体験会を含めてお会いするのが3回目。

前回の気功教室の時に、しこたま氣で転がされた。
でも、体験会で転がされた時よりも、氣を感じることができず、
後日腹筋が筋肉痛になった。
身体に力が入っていると、氣が通らない。
グニャグニャに脱力しないと。
と、教えて頂いた。

今回も、身体をゆるめる功法と呼吸法。
生徒同士で氣の交流。
引続き先生から氣を通してもらい、
氣で転がされる。

脱力がこんなに難しいとは・・・

脱力できない原因。
考えられる事は、体験会の時は会場が広く、
人や壁にぶつかる心配が全くなかった。
教室は、先生の治療院で行うためとても狭い。
施術ベット1台と机、イスが入ってギリギリの広さ。

そこで、他の生徒さんと私の6人で氣を練っている。

狭い・・・

そして、足裏が・・・
足底筋膜炎になってしまい歩くにも苦労するほど痛い。
更に、足をかばうからか、疲れが溜まっているからか、腰痛だ。

立っているだけで、力が入ってしまう状態だ。
これでは脱力は無理。

まあ、今はしょうがないか。
出来る限り力を抜いて、先生の氣を浴びる。

贅沢だ。

身体じゅうが熱くなり、大汗をかく。

脱力の感覚と、氣の感覚を磨こう。

氣を浴びながら、先生から、
まずは、敏感な手で氣を感じるように。
次に足が感じやすい。
暖かい感じ、ビリビリした感じ、手や足が膨らんだ感じ・・・
私は、常に全身が暖かく、氣で包まれている。
とても幸せだ。
だから、皆さんにも幸せになってほしい。
その手段の一つが気功なんだ!

おぉー!
この、手の感じが全身に!


ありがとうございます。
もっと精進します。



この記事をはてなブックマークに追加

気功修行13

2017-11-05 | 施術・整体・活法
月1回の気功修行教室。
主に、氣の練り方を教えて頂いている。
ここで覚えたことを、自宅等で毎日積み重ねることが重要だ。

先日参加した気功とは、やり方も考え方も違う。
手段が違うけど、目的は同じだ。
『氣』を使えるようになる事。

毎日の習慣にすることが大事。
気功のメニューをフルに行ったのが14日。
短縮バージョンにアレンジしたのが38日。
合計52日行っている。
そして、体調不良などで、全く行わなかったのが6日。

最近は、疲れが溜まって起きれなかったり、
怪我で痛めている腰と足底が気になっていたり、
気功をする「気力」がなかったり・・・

まさに、自分の「氣」との戦い。。。

少しでも、薄紙を重ねる如く、積み重ねて行こう。
ありがとうございます。
もっと精進します。



この記事をはてなブックマークに追加