Sista!Sista!☆2

Expression for My lovely thang♪My funny days♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Thanks for visiting!

2013-12-13 | information

更新止まっておりますが元気です。

近況はTwitterにて。アカウントはURLと同じ。

 

近々書くかもね~♪^m^

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日(月)のつぶやき 2011グラミー祭り

2011-02-15 | everyday

お久しぶりです!

毎年恒例!ことしもtwitter投稿でやってみました。

かれこれ7回目っていうか7年目なんだー。1年で一番自分を音楽バカだと感じる日(笑)

今年は…ちょっとオトナなスタイルを感じて楽しかった!

シンプルもいいよね。これまでいろいろな「自粛」で地味めに、って年もあったけど、

今年はそういうことではなく、アコギとハモが印象的で、音楽本位な感じがしました。

そして、ミックジャガー、バーブラ、ボブディラン先生など、アラ還も超えた「アラ古希」(笑)(笑)(笑)

がんばってくれていました。励みになるわ~(笑)

吉岡正晴氏のまとめ わたしはジェニファーハドソンのダイエット成功ぶりがナンバーワン衝撃!

 

09:12 from HootSuite
GrammyのためにHDDの空きを増やしたり、ツイート→ブログ設定したり。今年もうまくいくかしら…koreaのニュースも結構入ってきてるし忙しいです^^;
09:16 from HootSuite (Re: @JonKABIRAandCo
JohnさんI'm readyよ!http://www.grammy.com/ @jonkabiraandco: Greeetings from the Grammys!! JK
09:33 from HootSuite
小牧ユカさんがアダムちゃんにインタビューを!相変わらず細くておキレイな。
09:36 from HootSuite
ジェジェジェジェフベック先生がスタジオに!
09:44 from HootSuite
ラファエル・サディークのパフォーマンスがあるとは嬉しい!しかしBIGBANGのカムバックはやはりミニアルバムなのかぁ。フル出せやー!
09:48 from HootSuite
ムキムキマン(ガガみこしを担いだ)とかスケスケ(リアーナ)とか小牧さん(笑)…◎グラミーレッドカーペットwowow そして松本さんよかったです。ラリーカールトンもすっかり好々爺^^
10:04 from HootSuite
アレサのトリビュートでスタート。ディーバだらけ!まずはジェニファーハドソンのスリムぶりにびっくりでございます!!!その分アギレラに貫禄が!Natural Woman。
10:28 from HootSuite
リッキーマーティン、そのままダンディになりました。ガガご紹介。新曲。たまごから生まれるのよ~!ギリギリヌーディーなドレス。奇抜だけで目立つけど、ダンスも歌もうまいし美人でスタイル抜群なのよねぇ。今回は生身の肉体美パフォーマンスだったわ。 #GRAMMY
10:42 from HootSuite
レニークラヴィッツがMUSEを紹介ってとこがカッコいいね!レニーもなんと45歳なんですか?!ますますカッコいい!パフオーマンス見たいねぇ。
10:58 from HootSuite
ブルーノ・マーズが使っていたのがローランドのV-Piano。nothing on you 好きだー!クラシックスなステージがいいですねー。ジャネル・モネイかわいいし、ブルーノはドラム叩いてるし…すごいなあもう。
11:24 from HootSuite
じょうずに変声期を乗り越えてねビーバー。もしかしてアッシャーより長身になった?!ジェイデン、パパが見てるぞー!そして毎週OMG!!!(笑)
11:25 from HootSuite
語る語るガガ!映ったのはパパですか?!
11:34 from HootSuite
ディラン先生はなぜスタンドマイクがありながらハンドマイクをお持ちなのかと思ったら、やっぱりハープのためでした。圧倒的な存在感とはこのことです。
11:50 from HootSuite
シーローグリーンさんはこんな派手な方でしたか?!そしてグゥイネスはこんなに歌がうまかったですか?!
12:09 from HootSuite
ケイティー・ペリーのダンサーの中に高原おらんかった?!
12:34 from HootSuite
ノラ&ジョン&キースのジョリーンも素敵でしたね。今年はアコギ&ハモリがとっても心地よく感じます。墓碑銘、亡くなったのをここで知るのも多いのです。ソウル界は吉岡さんが知らせて下さいますが。へぇ~の連続でもあります;;のちほどもう一度見直します。
13:06 from HootSuite
ミックジャガーといい、バーブラといい、アラ還どころかアラ古希!!!(笑)めざすべきオトナ。今年はなんとなく派手派手でなくても、とーっても落ち着いたいい感じのグラミーに感じます。レディ・アンテベラム強しなところも。
13:20 from HootSuite
ジャネル・モネイ http://bmr.jp/bands/detail/00001097.html エスペランザ http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/esperanza-spalding/ checkです。さて大詰めです。
13:27 from HootSuite
案の定どんでんですわ(笑) あれ?これはアーケードファイヤ、受賞アンコール舞台なのですか?wowowさん…
13:31 from HootSuite
まじですかカビラさん!(笑) ところでこの日本語ぺらぺらの音楽ジャーナリストさんがとても気になります。
13:51 from HootSuite
エミネムのリアーナでピアノを弾いてたのはマル5のアダムさんだったんですか!そしてi need a doctor のヴォーカルはSkylar greyというひとなんでしょうか! http://ow.ly/3VKoC
13:55 from HootSuite (Re: @satosugar
@satosugar パフォーマンスはね、ミックジャガー、ボブディラン、バーブラなどアラ古希(笑)アーティストが大活躍!結果は、カントリーのレディ・アンテベラムが大量受賞、エミネム、ガガが何個かとりました!
14:09 from HootSuite
ゲストアンカーはリーソル・ウィルカーソンさんでした。http://www.cinemacafe.net/info/writerprofile.html#lisle
14:11 from HootSuite
いや~もう、尊敬です!勇気づけられます!RT @maru_kyoto: 笑!アラ還、アラ古希~RT @satosugar: ひ~!見たかったなあ。ボブ・ディランもて。こうなりゃニール・ヤングも出てこいアラ古希wカントリー強しなんだね~RT@yuko1202 @luka1223
by luka1223 on Twitter

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月01日(月)のつぶやきその2(2010グラミー祭りPART2)

2010-02-02 | music
毎年恒例のグラミー授賞式実況リアルタイム祭り、今年は今年らしく、goo←Twitterの「つぶやきまとめ機能」を使ってみました。こりゃ楽だしたのしい♪GrammyさんをフォローしておくといろいろなRTがついて、参加アーティストのつぶやきも見えたりして面白いし!

昨年はなぜか授賞式リアルタイムを見忘れるという失態でしたが(笑)
今年はいろいろと洋楽モードにもなっております。楽しめました!
時々K-POPトークも混じったり(笑)例によってながーいでスガ、↓PART1から始まっています。よろしかったらどうぞ!

11:38 from web
アリスクーパー生きてたのか!(笑)ベテランばかりのRockノミニーでしたがGreenDayはフレッシュなほうかな。祝!レオンラッセルもご存命。ピアノすばらしいですよ!お二人とも還暦越え、レオンラッセルは古希近い…
11:52 from web
あらまー、テイラーのステージにスティーヴィーニックスが!10~20代のころの憧れだったわぁ(笑)懐かしいRiannon。テイラー、カントリー色強くしておりますね。
11:54 from web
ついにマイケルタイムですね。3Dって…じっくり見てみよう。
11:58 from movatwitter
マイケルもそこにいるみたい♪(^^)
12:00 from movatwitter
キャプテンEOのメガネ下さい(笑)
12:02 from movatwitter
こどもたち。立派だ(;_;)なのにうちのジジイが帰って来て電話しててうるせえ!(ーー;)
12:14 from web
BJは青春だったが(笑)ずっと聴いてないけど、この曲はアンサーソング系?!まだまだ若いぞ!JBJタメですから!(笑)カントリーパワーはすごいんだなぁ…さてリク決定曲は?!思えば、ジョンとリッチーってわたしにとっては初めてのカップルだったんだなー(笑)
12:15 from web
そりゃやっぱLivinOn A Playerだよな。でもなんだかグラミーな感じがしない(笑)いい意味!^^
12:19 from web
RunThisTownかっこいいもんなー。蟹江はいないの?リアナ&ジュールス可愛い♪
12:29 from web
Hope for Haitiのアルバムでは明日にかける橋はStevieが歌ってた。この曲は今年たくさん歌われるのかもしれない。
12:46 from web
だれだれだれだれ?!?!@TheGRAMMYsget ready for four more performances and a SPECIAL GUEST coming up.
12:47 from web
ベストフィメールはビヨンセ!みんな強かったけどね!^^
12:58 from web
こういうのは夜に聴かないと!(笑) @Maxwell LLクールJもあいかわらずかわいかったわ♪
13:00 from web
そしてWhere is the loveって!!!うっとり。すごくトイレ我慢してるんだけど(笑)お昼ご飯作ったので食べます。墓碑銘コーナー。
13:17 from movatwitter
ジェフベックもスリムで若い!ナラダマイケルウォルデンも健在!そして腕白コラボが始まった!(笑)エミネム、そこまで痩せなくても…って感じよ。近年こういうシンフォニックなHIPHOPパフォーマンスが流行かな。
13:27 from movatwitter
いよいよベストアルバム。スタジオにはアレステッドのスピーチさんが!いい人だよねぇ…ジョンレジェ素敵♪おお、二十歳がさらっていった!テイラーだよ!
13:32 from movatwitter
カントリー強かったってことかなー(^^)なんか半分以上カントリー色だった感じが!でもまー見事にバラけましたね。我が家にはアルバムは黒豆シカないんで、ひそかに応援してましたが…
13:37 from movatwitter
まぁ終わってみれば、受賞よりパフォーマンスのほうが印象的だったりするので、皆めでたしめでたしってことで、お疲れ様でした♪マウスが不調で、慣れないpad使いでほんまに疲れました(笑)
14:08 from web (Re: @megsinthehouse
@megsinthehouse こちらこそ!Maxwellは、授賞式中の受賞はなくて…なんだか授賞自体少なめ、事前発表のようでしたが、Best male R&B vocal performanceと、Best R&B Albumだったのかな。ロバータフラックが讃えてました!
14:12 from web
結果はこちらで!http://www.grammy.com/nominees#content
14:17 from web (Re: @sinonome34
@sinonome34 シノノメっちの好きなブーブレ君も、ベストトラディショナルポップヴォーカルアルバムを獲ったそうよ♪
15:04 from web
今日のテレフォンショッキングがGospellersだった?!毎年結構好きな人がグラミーの日と重なるんです^^;一昨年は永積くんだった。吉岡氏はどっち見てたんだろう(笑)
17:04 from web (Re: @megsinthehouse
@megsinthehouse どういたしまして。Maxwellちゃんとアルバム聴いてみたいです。http://www.hmv.co.jp/product/detail/3614926 ロバータフラックとのWhere is the love素晴らしかった♪
17:06 from web
ガガ様とゆんじぇは同い年@@!
17:10 from web (Re: @g8120
@g8120 そうなんだー!86年生まれだって!思わず調べてしまいました。貫禄ありすぎ。
by luka1223 on Twitter
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

2月01日(月)のつぶやき(2010グラミー祭りPART1)

2010-02-02 | music
00:17 from web
grammyは、毎年gooブログでリアルタイム中継レポしてたのでスガ、今年はツイッターまとめ投稿ってのでやってみようかなと思ってます。設定うまく出来たかな…gooにUPされるのは明日の今頃かな。ほかのネタもつぶやいちゃうかもだけど(笑)仕事ナシDAYなので、ゆっくり楽しみます!
08:36 from web (Re: @g8120
@g8120 おは!早起きじゃないすか^^カヒ様インジャパン見そびれましたー;オヅラ氏がMCだったらしいねぇ^^;とくダネでもやるかもな。
08:58 from web (Re: @g8120
@g8120 いいとも?!めざましでなくて?昨夜のビルボードアワードのかと…オヅラ氏でコーナーやったら知らせまっす!いってらさーい!
08:59 from web
グラミーレポもしまっせ!^^v
09:18 from web (Re: @g8120
@g8120 あそっかそっか(笑)一緒に出たのがhydeさんの別ユニットだったようで、とくダネ…最初に1秒くらい映ったのがそう?あ、もうすぐグラミー赤絨毯が始まるわよ~。
09:33 from web (Re: @g8120
@g8120 赤×黒っぽい女子軍団が映ったのが多分そうかな。ファンのレポを見たら、ノッテムネとDIVAをやったらしいよ。赤絨毯始まった!ジョンカビラさん&滝川クリステルはんがMCですよー。LAにいらっしゃるわよ。
09:39 from web (Re: @g8120
@g8120 かっかっかっぺ♪でぃばでぃばでぃでぃっでぃでぃーば♪テイラーちゃんリハでのインタビューオンエア中。かわいいYO♪
09:44 from web
滝川クリステルはん、小牧ユカはん、お美しいですわ♪滝川さんアラ3、小牧さんアラ4曲がったあたりでスガきれいですねぇ…赤絨毯にて、アル・ヤンコビック氏がコメディアルバムに。YOSHIKIさんもおられる。小さい(笑)
09:44 from web
ガガ様登場でがががががが・・・って(笑)
09:54 from web
小牧さんのお上品さとコーフンぶりのギャップがキュートだと思います(笑)リアーナは白のドレス。YOSHIK●さんより20センチくらい長身^m^
09:55 from web (Re: @TheGRAMMYs
@TheGRAMMYs YeeeeeeeeS!!!i'm ready!!!
10:01 from web
うわー、いきなりガガさま賛歌(笑)派手。
10:04 from web
ガガさまが燃えてもうた。そしてサプライズ~!まさかのエルトンジョンと弾き語り登場。
10:13 from web
beyonceまず1冠。ソングオブジイヤーでSingle Ladies。パフォーマンス前でスタンバイ中のよう。 #grammys
10:22 from web
http://blog2.wowow.co.jp/g2010/ WOWOWのグラミーブログ。GreenDayのパフォーマンス。WOWOWの特設スタジオには喜太郎氏が。 #grammys
10:37 from web
カントリーアルバムでテイラー1冠。ビヨンセ、ソルジャー?を従え客席から登場。あたしが男の子だったら~♪え、この曲は…アラニスモリセットのI oughta knowだわ。アラニスが出てくるかと思ったらそうではなかった。
10:46 from web
Pinkさん、何でこの状態で歌えるのか…サルティンバンコかいな?!ってかんじの宙吊りです@@;リアナもサンタナもスタンディングオベイション。
10:54 from web
カントリーのおじさんたちでも新人賞を取れるドリームな国アメリカ!^^v さぁBlackEyedPeasが出まっせ。マイリーサイラスは昨日日本で「おマイリ」イベやったそうね(笑)
10:55 from web
黒豆さんえいみのすきなImmabeやってるよー!(笑)
10:58 from web
そしてI gotta feeling につながるわけですね^^ぶんぶんもやっちゃえ。
11:16 from web
Jonas Bros.はワンガがツアーアクトしましたね。All K-POPのTwitでBrownEyedGirlsをBlackEyedPeasって読んでた(笑) ノラとアリシアのアルバムは期間外だったんだよね?ことしはプレゼンターのみ参加だそうです。レコードオブジイヤーの発表で。
11:22 from web
ノラちゃんとリンゴスター氏とですって!こりゃまた大穴、KingsOfLeonがレコードオブジイヤー。ロバートダウニーJr.スリムになったのう。若返ったのう。ええっ?!オペラかと思いきやJamieFoxx!!ドッキリでし!(笑) かっこよすぎる!!!客席も総立ちだし。
11:25 from web
T-Painそこにいたのか!(笑) Jamieもヴォーカルにモジュレーターかけっぱなしなんだね。げげげーーー、Slashがギターで!!!
11:29 from web
wowowで見ている者です。いやー、KingsOfLeon…こういうのがあるのがグラミーですよね!いよいよマイケルトリビュート迫ります!@soulsearcher216
11:30 from web
BonJoviもグラミーには恵まれなかったんだよね…voteしたいけどうまくいかないんだな。busyになっちゃってるんだろうな。
by luka1223 on Twitter
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

1月31日(日)のつぶやき

2010-02-01 | everyday
11:41 from web
寝坊万歳!と、ぼーっとBSを見てたら、IZAM君が出てるけどフツーのお兄さんになってるなー。午後えいみダンスレッスン復活でちょっと街に出ます。イベも終わったし満月過ぎたし、また片付け落ち着いてしましょう2月♪
15:26 from TwitPic


- やっとほうじ茶ティーラテにありつけた!ティーメニューが充実してきたSTARBUCKSいいねっ!
15:28 from movatwitter
写ツ、はてなPhotoLifeに行かなくなっちゃったのね;日記にそのまま使えて便利だったのにな♪モバツイも新しいほう使ってみてます。使い勝手はフツーだけどね。研究しなきゃ。
20:58 from movatwitter
ビルボードアワード、エプス初日本パフォーマンスはどうだったんだろう…吉岡さんに感想きいてみたい。
21:25 from movatwitter
ABDC、ビートフリークスすごい!りのちゃんすごい!でもお風呂入るー♪
23:26 from web (Re: @TheGRAMMYs
@TheGRAMMYs 明日のグラミーのためフォローさせてもらいました!
by luka1223 on Twitter
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

SSMF'09(追記あり!)

2010-01-07 | music
みなさま、2010がやってまいりました。
マイペースなblogでスガ、ことしもヨロシクお願いいたしますm(__)m

毎度のことながら、年末~年越しというのはあっという間!あれもしたかった、これもしておきたかった
というまま新年突入しちゃう!時間は限られているんだものね。
時間を大切に使わなきゃ、と毎年頭にはこころに誓うのですが…そのうち日常生活にまぎれちゃうよね^^;
今年こそっ!

これも年内にやっておきたかったんでスガ、恒例音楽総括
"Sista!Sista!Music Award2009"の発表でございます!
例のごとく、洋邦韓混合節操なくなりまスガ、まいります!


☆発表!SSMF09!☆

まずは…
★ベストニューアーティスト  2NE1  MATE

やっぱり韓モノから来ちゃいますね。
2NE1は文句ナシ!人気といい勢いといい、実力といい…
とにかくパンチがあって、堂々としている。一層ガールズグループ盛栄だった2009だったけど、わたしには圧倒的だったなぁ~。
特に『Fire』の楽しさ!公開番組であのイントロが流れると、お客さんがものすごく沸く!
16歳の末っ子ミンジなんざ、歌もダンスも超ド級でびっくり。やっぱすごいよYG!
ちゃんと出来てるってことはすごいことです。

そしてロックの新星MATE(メイト)1集ハマリました!
ちょっと哀愁あるメロディアスROCKも、韓国ではひとつのラインだと思うんだけど、
それに加えおしゃれなソングライティングで、とても惹かれましたね。ピアノロックが多いのも好み。
ドラムのヒョンジェ君の美形さもプラスよ♪本当に彼は純韓なのか?

とりあえず…
★べストアルバム10選

     Heartbreaker / G-Dragon
      斬新なサウンドとルックスでしたねぇ…圧倒的な個性。
      BBは惜しみなくバラ売り。そこが成長と個性発揮のカギだと思う。
      YGはうまいなぁ、やり方が。アレヨアレヨという間にスターになってる。
     The Secret code / 東方神起
      やっぱりよく聴きましたね。売れるにつれ楽曲もよくなってゆくし、    
      自作曲にも積極的に取り組んでいた。
      アーティストらしくなってきたなぁ。日本語こんなにうまくなったから、
      まだまだ日本で活躍し続けてほしいのよ;
      ツアーの思い出もあり、思い入れもつい増量^^;
     Dropping the tears / K.Will
      3月のソウルで購入したミニアルバム。大ヒット曲も生まれたし、 
      Will君はやっぱり歌がうまい!バラードが沁みる声です。
      なぜかのちに出た2集よりこっちがよく聴いた。
     SORRY,SORRY / SuperJunior
      7月にやっと日本でのワンマンコンサート実現でした。じつに楽しかったー!
      意外に、と言っちゃ失礼ですが、アルバムのクオリティは毎度高いんですよ。
     SONGS / Sweet Sorrow
      これもソウル行きで購入。もちろん大好きな彼らの2.5集、期待通り!    
      これまでのデジタルシングル曲もまとめて聴けて嬉しい一枚でした!  
     TOUCH / 土岐麻子 
      やっとJ-POPが!女性ヴォーカルもよく聴いた一年。
      土岐ちゃんもかなり沢山お仕事してますが、曲がいいねー。
      キュートな声も。JAZZっぽくてROCKっぽいのは育ち+土壌かな。     
     REAL LOVE /SAKURA
      J-POP女性優勢だったかな。SAKURAはずーっと好きな女性シンガー、
      気になる存在だったけど、アルバム買ったのは久々!
      女性たちに向けたソウルがある!ぜひ女性にこそ聴いてほしい一枚。
     花 / パク・チユン
      K-POPから、大変身というか大転換したパクチユンさん。     
      以前の歌は余り知らないんでスガ、これはとっても好きなムードのアルバム。声も好み。
      先入観ないとアコースティックサウンドにうってつけの声だけどな。
     男と女…そして物語 / Various Artists
      これもソウルにて。こういう面白いコラボアルバムが沢山出てくるのもK-POPの良さ。
      おしゃれですよね。メジャーもインディーズも、ボーダーがないのもいい!
     The Element of freedom / Alicia Keys
      滑り込みアリシア。グラミーでは次年になっちゃうみたいだけど、やっぱりすばらしいわ。
      美しさと強さ、わたしの憧れですね。
      R&Bのトレンドとかわかんなくなってきてるけど、理屈ぬきにカッコいいサウンドだと思う。
      普遍的な感覚の音をうまくブレンドしているからだと思います。

特設部門!
★カムバックで賞 GIFT / パク・ヒョシン T-VIRUS / キム・テウ

アルバムとして挙げました。さすがの男性ヴォーカル、と感じさせてくれたから。
両方ミニアルバムですけどね。ミニにはミニのよさがあるのです!
テウ氏は兵役を終えて…オッパになりました(笑)このアルバム本当によかった。
そしてついに、ヒョシンくんは来日公演決定!
彼も事務所問題で本当に何年も苦労しました。やっと活動再開、念願の日本公演!
いまからドキドキですわー。どうなるかわたし…彼の生声を聴いたら!!!

そしてそして…
★ソングオブジイヤー  Butterfly / Loveholics
COLORS~Melody&Harmony / JEJUNG&YUCHUN(from 東方神起)


「歌」として昨年よく口ずさみ、勇気付けられたなぁというのがこの2曲かな。
『Butterfly』は『国家代表』という韓国映画のテーマソングでもありました。スキージャンプ競技の韓国代表チームを描いた映画なんだけど、イメージにピッタリの爽やかさと強さ!歌っちゃいますね♪

そして『COLORS』は…もちろんトウキョウインドーム(笑)で初めて聴いたわけでスガ、
歌詞もグッと来ます。その言葉、いまのあんたたちにそっくりそのままお返しするわ、ってヤツ。
ちょいワルチョンジェ(?!笑)が天使のような歌をうたうのもギャップがありつつ、やっぱりカワイイ双子で、癒されますねぇ…♪

…なんだか最後はだらしない感じかなぁ…(笑)
my music is my life my life is wonderful...
その言葉がこれからの彼らでありますようにと、こころから祈ります。

忘れてはならないのがMichel Jacksonの存在だけど…
もちろん『This is it』は観に行きましたよ。その日の感想を貼っておこうかな。
月末にDVDも発売されるし、必ずまた見たい!
これについても、吉岡さんのブログに。

思いもしない訃報や活動激変…その衝撃は少なからず、間接的とは言わず、直接自分のこころが、受けていたと思います…
つらいとか悲しいとか、それ以上に。
永遠と信じていたものが、そうではなかったと知らされた…そんな1年であったとも思います。

かといって、希望がなくなるわけではないことも、彼らは教えてくれたんだと思う。
遠くに旅立った人がのこした、かげがえないものを大切に。
生きていれば、またいつか結びつくことが出来る、その願いを大切に。
そしてなにはなくとも、音楽は永遠。 すべてに感謝♪

ということで、↑のソングリストにて、MIXPOD作成しました。
コレやりだすと楽しくてねー!Sっち
寅年っぽくしてみた。
  
    
(画像をクリックでmixpodのリンクに飛びます。音量注意 プレイヤーのピンクの丸を動かして調節可)

あ、これも追記でスガ、一番楽しかったのは、何年ぶりかの…いやコレ以来2年ぶりかな?夏野外、AugustaCamp2009EXTRAでしたね。
今年も嵐を呼び続けてねスガシカオ!


2010も楽しんでいきましょう!よろしくおねがいします!^^
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月!

2009-12-14 | TVXQ
あらまー、なんだか今年はちょっと師走の実感がないです~どうしてかな。
でも無意味に?焦るばかりよりは、まいっか、年が新しくなるだけだ、急に変わるものもないし焦ることもないじゃないかー!
と、年々開き直りが強くなっておりますかね…(笑)
まぁマイペースで行こうっ!
大そうじなんて、年中できるんだい!

しかし処分処分キャンペーンは続行して、年内は強化期間にしたいなとは思っています^^少しずつでも継続が大事だよね!

えーそんなわけで、このブログも引き続きマイペース進行となっていまスガ、2009マイミュージックAWARDだけは、年内にやりたいな。

なんといっても音楽では…大きなニュースが、これも継続中で…未解決で年を越してしまいそうかな…。
いやもう、解決なんでするんだろうかとさえ…うーん;

お気づきかもしれませんが、←サイドバーの『"WE LOVE 東方神起"プロジェクト BY mixi東方神起コミュニティ』
彼らの活動問題に関して、さまざまな運動が起こっているようですが、唯一賛同したもので、バナーを貼らせてもらいました。
クリックすると、専用サイトに飛びます。興味を持っていただいた方、ぜひご覧下さい。(
mixi参加者でなくても閲覧できるサイトです)
わたくしも、彼らへのこれまでの「感謝」と、今後も「サポート」の意味を込め、バナーを掲げました。

mixi東方神起コミュニティは、2005年から参加させていただき、本当にお世話になってまいりました。
いまや参加者60000名越えだそうです。すごいです。今年に入ってから激増だったんだろうなぁ。
これもリスペクトと感謝。こうして外部に向けた運動は初めてだと思います。
管理人さまの勇気と尽力にもこころから感謝。
このプロジェクト、とてもいいアイディアだと思う。ウェブ上で手軽に参加出来て、愛をカタチにできるものです。
ぜひ彼らへの、クリスマスギフトとなりますように!

日々色々なニュースや、うわさとしか言えない話も刻々伝わってきます。
あまりに混沌としていて、真実はまったくわからない。なのでわたしも何も語れない。
なにがよくて、なにがよくなくて…?それも知りえない。
もちろんオフラインでは、えいみとも、仲間たちとも毎日語りまくるし…先週末も2時過ぎまでチャットですよ^^;
思いは沢山あるけど、何を願ったらいいのかも…結局はわかりませんでした。
彼らの最近のテレビ出演の表情からうかがえるものだって…ほんとのことなんてわかりゃしない。
想像、妄想?!希望的観測…その域を越えることはできないです。
大きな存在になるほどに、理不尽と、闘いと…他者には計り知れない苦しみがあるのだろうと…
伝わるのはそれくらいかな。

大切にしてほしいのは、ただ彼ら一人一人の健康としあわせ、それだけですわ。
そして、いつまでも歌い続けてほしい。それはきっと叶いますね^^

自分の思いは、ただそこにたどり着くだけ。それだけを祈ります。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

さりげなくリニューアルしております。

2009-11-11 | information
月刊どころか!ふた月以上明いてしまったぞ!
大変失礼いたしました。

『小日記』と称して書いていたものと、このSista!Sista!の中間点で、
書きやすい形で続けてゆきたいなと思ったので、先月新しくはてなダイアリーを作りました。
FC2のコメなしダイアリー、前のcgiboyと似たタイプでいいなとは思ったんですけど、
ひと月ごとにシカ表示できない、リンクタグが使えない、というのもちょっとツライ;…

←Twitterは日々刻々思いつくとひと言つぶやいております。

ということで、ここにはお知らせが遅くなりましたが、
小日記のほうから行っていただいているかたもいらっしゃったかな。SNSにはお知らせしましたが。
大きめ記事はまたここも使うかもしれないし、まだ草稿中のもあるのよー。
なんと春のソウル旅行記完結編!!!遅すぎ!!(笑)

シカし、ここにも毎日100以上のアクセスをいただいております。更新していませんのに、ありがたいことです^^
拙いでスガ、過去記事でお楽しみいただければと思います♪

ではまたコチラでお待ちしております。
siesta siesta
よく見るとひと文字違う
コメントもしていただけます。トラックバックは目的にしていないので受付ていません。お許しください。ダイアリーってことでヨロシクね!
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

REVOLUTION

2009-08-10 | TVXQ
ああーっ!8月も過ぎてゆく…月刊BLOGと化しておりまスガ、例によって日々こまかくは小日記をのぞいてやってください。(あ、サーバーが変わりました)
ブックマークも整理しました。

それにしても、うかうかしてるとドンドン変化してゆくなぁ、今年は…
自分はよくわからないけど、周囲の変化がすごいんですよね…様々な面で。
友人だったり、好きな人たちだったり…
それには多少、いや結構影響を受けてるのかもなぁと思います。
「書く」ことにはちょっと余裕が少なくなっている感じですね。ブログのありかたもいろいろ考えていますが、今のところココは、月刊で…^^;

もちろん「変化」の一つでもある、今回東方神起の一件ですが…まぁとりあえず、ツアーファイナルドームに行ってまいりました。もうひと月経ってしまった!

↓本編感想を書きましたし、メディアでもたっぷり伝えてもらえるようになったし、ブロガーさんもゴマンといらっしゃるでしょう。いまさらではありますが、ひと月後の激動と併せ、所感を。

以下ドームLiveについては、その件以前に書いていたものです。


--------------------------------------


とにかく行けてよかった、あの場に立ち会えてよかった、というのが大きいかな。自己満足ですが…記念すべき公演、愛すべき仲間たち、どこかで繋がっているみんなと、同じ時間・空間を共有できてよかった!
そして彼ら…またスペシャルを色々見せてくれたし!
まぁなんというか…無限の玉手箱みたいなやつらですねぇ…

そんでまた翌週末には、ぜんぜん違うパターンのアジアツアーライヴをやってるわけですよ。
なんというか、どういう体力と知力と精神力の持ち主なんだろうと…超人ですわ。記録ではないけど、ギネスもんですよねぇ。こいつらもう一人ずつクローンがいるんじゃないの?!って時々本気で思うもん(笑)
それをもっと評価してほしい気がするなぁ…人気沸騰上昇中ってだけでなく。
ホントに超×∞リスペクト!
ドームのスタンドから、赤と青の海を見下ろして、奇跡の5人だ、と、何度も心でつぶやきました。バラードでも身体を揺らして聴いてしまうわたしが、ただ立ち尽くして、ダブルアンコールの『Love In The Ice』を聴いていました。すごすぎるとそうなっちゃうよね。

愛される彼らには、本当にたくさんの愛が集まり、またたくさんの愛を返してくれるんだなぁと思います。
だからこれだけ人気者になっても「遠くなっちゃう」みたいなのはないなぁ…
彼らが音楽に対して、どれだけ真摯にたずさわっているかが伝わってくるからだと思う。なにも不安はないです。
うれしく誇らしく、色々な思いが巡って、わたしも感無量でございました。

人気が上がると、上っ面の表現をするメディアも増え、とたんに安っぽくなるよね;女性週刊誌にワイド芸能コーナー…;それが悲しくもありますが。彼らが音楽とファンを大切にする限り、そういった時期も通り抜け、やがてファンも淘汰され、日韓両側でいい感じになってくるんじゃないかなぁなどと思っていますが、しばらくはチケゲも大変でしょうなぁ…;
ドームツアーになれば、名古屋はうちの近所だしありがたいのだが、ドームっつぅのはやっぱり音楽を聴く場所じゃないですね^^;でも彼らの一番の魅力はやっぱりライヴだと思うので、ぜひたくさんの人に見てもらいたいんだけど。そんな葛藤ですね。
ライヴ内容も、もっと音楽本位であってほしいし。この先「a社の大物」っぽいものの惰性にならないようにお願いしたい。
最近の彼らの意欲からひしひしと伝わってくる、クリエイトする力もぜひ前面に。
そしてわたしも、第一に、彼らのよき「リスナー」そして「サポーター」でありたいと思います。

いやぁとりあえず、あのパワーの秘密を研究したいものだ!



-----------------------------------


…そんな風に書いてきましたが…いや、彼らも人間だったなぁ…当たり前だけど。
無限でもなく、魔法でもなく、ギネス級の労働のなか、あるときは壊れそうになりながら、耐え続けてきたのだなぁ。

それがアーティストというものだと、言う人もいるかもしれない。
彼らだって、ステージの上での輝きは本物だった。あの笑顔とエネルギー。心から音楽を愛し、楽しんでいるからこそ、わたしたちを楽しませてくれることが出来たんだと思う。
彼らが築いてきたもの、それは讃えられるべき事実、輝かしい真実!
まずは、そのことを心に刻んで…

現状については、
確実に、東方神起は次のステップに進むのだろう、と予感してはいたけど…
正直、SMエンターテインメント所属の彼らの先輩たちを見てきて、東方神起にも、いつかそのようなことが…と、思うこともありましたが…予想以上にその時期は早かった。

日韓、いやアジア全域を席巻し、不動の位置を確保したこのタイミングで、
そして5人が2つに分かれる形で、
「なぜ?」の気持ちを、ニュースを聞いたとき、わたしも持ちました。

でも多分、彼らの選んだこの時期、このような形で、というのは、、なにか意味があり、ベストな未来のための選択だったと感じます。虎視眈々と準備をしてきたんじゃないかと思います。
その勇気ある革命のスタートに、エールを送りたい。

長い契約をする韓国。1年1年、確実に売れる前提で契約をする日本。
エイベックスとSMエンタの関係、立場、これも素人のわたしたちにはよくわかりません。
こんな風に2カ国でまったく別々な活動をしてきたアーティストって、あまり前例がないんじゃないでしょうか…


これまでたくさん書いてきたように、韓国の音楽には本当に魅力を感じています。

その一方で、こういった事態はたくさん起こっていて…訴訟を起こしたり起こされたりは歌手、俳優さんたちにもよくあること。莫大な違約金を請求されたり、何年も裁判にかかっていたりしつつの活動なんてザラだ。ビックリしますよ。

実力重視でアーティストが育つのにも感心していたけど、熱心な修行で歌手を養成するわけですよね。確かにそれだけお金も手間隙もかかってる。
もともと根性とか、熱意とか、日本と比べるとやっぱり違うし…いったいどういう教育をしているのか、とても興味がありますが、スキルもだけど…日本とは気合いが違うんだろうね。
SMのアーティストの実力、楽曲のレベルもわたしはとても高いと思ってるし。

SMエンタに限らず、手塩にかけて育てた、鳴り物入りの若者たちがどんどん世に出てブレイクする。日本よりはおそらく小さな世界だろうけど、それだけにヒットが約束されているような感覚もある。
日本は、短い契約で、数年持てばいっか…一発屋でも記憶に残ればいいか…という歌手の量産。
比べると、どっちもどっちって感じなんだけどね。

BoAやSE7ENは、アメリカに行って、どんな手応えを感じているんだろう?
日本、韓国との土壌の違いって、どんななんだろう、なんてことも思います。

話は逸れましたが…文化の違いも感じた今回の一件でしたけど、東方神起に関しては、

彼ら自身の、なにかを動かすチカラを信じサポートする。静かに祈って待つ!

ということで…希望的観測を描きつつ、うまく行くことを祈っています。
パワーの秘密、それが、5人でチカラを合わせられることであると、信じています。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

誰も歩いたことない、きみがいる世界をShareしよう!

2009-06-27 | TVXQ
 ABOUT [東方神起4TH LIVE TOUR2009~The Secret Code~]

日本ガイシホール、旧名名古屋レインボーホールでは、幾多のライヴを見てきました。80~90年代は洋楽のTOPも色々…
思い出すのは、あのKISS復活、多分96年とかかな…PrinceのLoveSexyツアー、歴代一番すごいライヴだったかも。VanHalenのDavid Lee Rothを2列目くらいで見た!頭の上をサーフボードでフライングしていきました。BonJoviも見たなぁ…(笑)

まぁそんなわたしの歴史はどうでもいいのですが、今だその場所でジャンプしまくっているというのはどうなの?!^^;
いや、それらBIGアーティストに比べても、東方神起、劣らないくらいです。あそこまでエモーショナルなライヴはなかなか経験したことがない。

これはレポートではないです。感想文です。
じつは恐縮ながら今回、大ミラクル席(プレミアムではなく)をお与えいただきました。シカも本編ファイナルの地に、名古屋を選んでくださり…東の神様、心から感謝いたします。それはそれで舞い上がって、お腹いたくなりそうに緊張しまくりの参加でした(笑)
ものすごい「体験」だった感じだし、またとない機会かもしれないので、自分の気持ちを書きとめておきたい。もちろん皆さんにもお伝えできたら嬉しい。毎度の長文駄文ですが、よろしかったらお付き合いください。

-----------ドームまでのお楽しみ!というかたはココで----------


名古屋初日18日も参加しましたが、こちらはアリーナ最後列近く…^^;色々ありますよね。でも今回は親切設計、肉眼でもよく見えました。
それだけ彼らの移動も多くて、体力必要なんだろうなぁ…
もう超人的。体力精神力、肉体の限界まで。アスリートのよう。終了後はマラソンを完走したみたいな感覚じゃないかな。

そして、距離も距離でしたが、地方ファイナルでいい意味タガが外れたのか…なんだかとても人間臭い東方神起を感じたライヴでもありました。
ものすごい時間の中にいた感覚が残っています。終了後はしばし放心状態。

本当に、多才・多彩ということ…ダンスにバラードは当たり前ですが、弾き語りもあったし、トークも毎日ちゃんと違うネタでスムースに笑いをとってた!各所ご当地ネタで盛り上げていたそうですが…日本語上手というのはとっくに超越、お笑いセンスに各人のレベルを競い合っているよう(笑)

オープニングはなんとなく予想通りアルバム1曲目。カッコイイカッコイイカッコイイ!スリーピースの衣装は暑そうで、2曲目くらいですでに汗だく!
Share the worldのワクワク感!…会場はもう一体ですね!

大ヒットの『どうして君を…』はとっととやってしまうと…ヨロシイ(笑)
自己紹介を含めた短いMCのみで前半は飛ばしましたねー。とにかく名曲が押し寄せる。
『StandUp!』でやっとこっちのお立ち台に5人揃って来てくれました。一番客席を見てくれたのがジュンス君!まぁ~~~~キラキラ!こちらも目線外さず、踊りまくりです!楽しんでるよオーラが一番届く!こういうダイレクトな手ごたえこそ、前列が取れたときの醍醐味だよね。
ジュンス君はツアー初っ端怪我をしたりしてヒヤッとしたけど、それだけに彼自身、思い切り動けるようになって嬉しそうだった!
こうやって近くで揃って見ると、5人それぞれ個性があるんだなぁ…なんてちょっと冷静な視点も残っていたのかわたし?!(笑)
みんなやっぱりすっごいキレイ☆そしてやっぱりガッシリしてるんだよねー…すばらしいBODY。
こんなカンペキなルックスでこんなスゴイことやっちゃう…この5人に、天は何ブツを与えたのでしょう…
いえ違う、きっとそれぞれの努力で出来上がってる部分が大きい。それも強く感じました。

しかし『9095』でハプニングが!
ジュンス君、マイクスタンドに手がぶつかって、一人ずつに分かれているリフト舞台から、ハンドマイクがコロコロっ、ぽとん…と落っこちていってしまった!

ジュンちゃん一瞬固まって「あっちゃー!!!」って顔したのが見えた!(笑)
両側の二人は気づいていたと思いますが、どうにもなりませんよね;リフト舞台の時でしたし…
少し降りてきたタイミングで、スタッフからマイクを受け取ったのですがこれも音が出ず;

で、ジュンスの歌うパートを、ファンが歌ってあげてとっさのフォロー…
妖艶ムードな曲での大ピンチでしたが、なぜかほっこりタイムになってしまいました^^
この声は彼に届いていたのかなぁ…前のほうの人しか気づいてなかったみたいですが…

昨年はジェジュンがマイク落っことした…名古屋の呪いか?!(笑)

お色直しタイムに映像が流れるのですが、ちょっと今回なんだか…なんというか……だったんですけどね^^;
きれいなオリエンタルの男の子のお相手に、西洋人女性は違和感があります…という発見(笑)というか彼らのほうが美しい♪

全体的に映像が多用すぎ?お色直し時間も、彼らの息を整えるための時間も必要なのでしょうけど・・・
まぁたとえばなんですが、ゴスペラーズ2005年の10周年アリーナツアーでは、映像も使っていたけど、メンバー2人3人だけのコーナーがあったり、メドレーを挟んだり、音楽だけで繋いでいて心地よかった。あ、ダンス量が違う?
歌っている間のMVも不要な気がするんだけどなぁ…

初日『Heart,mind and soul』でホロリ。久々に聴くけど、あの頃より少し大人になった彼らが歌う懐かしいバラード、ちょっと違って聴こえた。『My Destiny』ユチョン君がピアノを弾いた『Begin』こころに響きました。彼らの強みのひとつ、ハーモニーも堪能♪

今回のアリーナツアーの地方ファイナルという21日、自作曲について紹介しながらのトーク、最初はお笑いモードだったんだけど、ジェジュン君、日本のファンへの思いを熱く語り始めて、思わず涙を見せた。
こんなに大きくなっても、謙虚で誠実なこころを忘れない。
そしてそんな思いを直接話してくれて…感無量でした。ずっしりかみしめて聞きました。彼が作詞作曲した『忘れないで』


もしかしたら、本国とはまたちがう「リラックス」というか…
ようやく、もうひとつの「ホーム」感を持つようになってくれたのかな、という気がしてた。
さらに、地方ファイナル、慣れ親しんだ名古屋だからこそ、語りたくなってくれたのかな、とはちょっと贔屓目か^^

韓国では、自分たちよりも若い世代を楽しませる、お兄さん(オッパ)的存在。
そして日本では、本当にいまや広い世代に渡って、まさしく老若男女、ファンが居て、等身大の彼らを見守っている感覚。
韓国では、デビューするなり大スター、そのポジションを守っていかねばならないという使命もあるだろう。
日本では、ゼロからのスタート、5人の力を集結して努力し続けて、次第に日本にも受け入れられるようになり、昨年後半からの大進撃、ここまで来た。

長い階段だったのかな、それともあっという間だったのかな…
きっといろいろな思いが溢れたんだと思う。一生懸命言葉を探しながら、JJのお鼻と目が赤くなって、ついに大粒の涙が。。。

彼らの孤独、不安な心を支えてきたのは、周りのスタッフでもあったろうし、ファンの存在、応援だったということ、絶対に伝えたい!って思ってくれたのでしょう。
日本のみんなとの「絆」「橋」「たからもの」…
今回、そんな言葉がメンバーから出てきた。しみじみ嬉しいなと思います。

本当に、無事に最終日を迎えられて、よかった。
ここまでこられて、本当によかった。
会場全体が、あたたかく一つになりましたね。


後半はUPPER曲で盛り上がる!たのしいcall&responce付きの『BOX IN THE SHIP』こっからは夏の曲も多くて、ものすごい熱さ!!!飛びましたー!!!

彼らの曲を使ったDancersタイムもとても楽しかった!
えいみの師匠でもある三重出身のRYOさんは、ご両親もかけつけ、モニターに映っておみえでした^^
KOさんの『Rainy Night』カラオケにボコーダーのヴォーカルが入れてあったのが、ZAPP&ROGERみたいでカッコよかったぞ。

そうそう、2ndのときも目撃したんだけど、ダンサーさんたちはすべての出番が終わると、アリーナ面の舞台袖から出てきて、彼らを応援してるんですよ。ちょうどわたしたちの斜め前方くらいに、SONNYさん、KOさん、YU-KIさんがこっそり出てきた…わたしたちも気づいて笑いかけて、おつかれやまポーズし合いました^^
彼ら本当にスタッフにも愛されてるんだろうなと感じます。花道からステージに戻る時、JJもダンサーさんたちに気づいて手を振り返してた^^
バンドもどんどんチームワークがよくなってるんじゃないかい?!

ユノさん、しなやかでパワフルなダンス!間近で見て、もう何なんだこの人は?!って感じでしたよ。えいみも穴の開くほど観察してたとおもう(笑)やっぱ「おれを見ろ!」オーラがすごい人。でもスウィッチを切るといいお兄ちゃんなんだよねぇ。
アンコールのとき、黒っぽいタオルをほっかむりにしていたんですが、それがなんだかメチャメチャかっこよくてね!そこでますます惚れたわ~!(笑)
ついにそのままでBoleroまで歌っちゃいましたけどね…あれホントによかったです!なんであんなに似合ってカッコいいんだ?!恒例にしてほしい。KING OF ほっかむり(笑)

そんなアンコール、ニューシングルの『Stand By U』を紹介しようとするチャンミン…しかし「ジュンスはなぜそんなにひつまぶしが好き?」という話になり「それは男に役立つ!」(笑) なんて方向へ行ってしまったものだから、場内騒然の大爆笑!気持ちを切り替えるのに苦労してましたねぇ…おかしかったー!
その上「トイレに行きたいから早く次の曲に行ってください」とバッサリ仕切る。お役目を分かっている末っ子
わたしたちの前のお立ち台に走ってきた時「はぁ~疲れた」って顔とアクションでおどけてました^^かわいいところもある(笑)

今回も、『Bolero』を渾身のパワーバラードとして、アンコール最後に持って来ましたが、ユチョン君、血管切れへんか?!?!と思うくらいの顔でハイトーンを絞り出す…ああいうのを「絶唱」というのだろう。
彼は木曜に比べると、ちょっと静かだった…しみじみ浸っていたのかな。咳き込んでもいたし、名古屋の湿気にやられたんじゃないか、体調が心配になったけど、最後まで力を振り絞ってくれた。ものすごい情熱を感じました。
あんなんなってバラード歌う人見たことないわ…

本当にあたたかく、熱く…
そのあまり、思いがけず泣き、オトナ発言もエスカレートし(笑)
マイクを落っことし、仲良くイチャ付き、
涙と汗まみれの顔でシャウトし過ぎ、髪はぐちゃぐちゃになり…

ただひたむきな5人を目の当たりにして。
いつまでも記憶に残るような、濃厚な時間になりました。壮大な空間に思えました。
あー!行けてよかった!何度思い出しても、日を追うほど、そう思いかみしめています。

JJが言っていた…
「みなさんからこんなにたくさんの愛をもらっているのに、ぼくたちからお返ししている愛は、どうかんがえても足りないんです」 

何を言うー?!とショージ村上返しをしそうになりましたが…マジで。

だからその思いを、曲にしてファンに届けたいと語った。
どこに居ても、永遠にぼくたちを応援してくださいと。

アンコールの始まり、ヒットメドレーを客席のみんなで歌っていたこと、
エンドロールの間、とうほうしんきコールをし続けた声、
彼らに聞こえただろうか。

これこそが彼らとファンを結ぶ「橋」ですよね。ユチョンは「絆」とも言ってたかな?
お互い、姿が見られない時でも、想っていること…これからも。
そして『忘れないで』『Kiss The Baby Sky』は、ファンにとっての宝物になったね。

前のほうの席でしたので、舞台装置などにもあらためて見入ってしまったけど、
あんなにたくさんの大きな装置を安全に操作し、事故なくツアーを遂行することってのも、なんだかすごいことだなぁと実感しました。
ツアークルーを見ると、最近女性オペレーターやカメラマンも増えましたね。カッコイイです!

今回のツアーに携わったすべてのみなさん、参加されたファンの皆さん、
そして東方神起メンバー5人!心からおつかれやまです!
永遠に、ファンとの架け橋が、消えることなくありますように…

ドーム2日間も大成功を祈ります!
これまでも、彼らの節目節目参加してこられて本当に幸運だった。
おかげさまで今回も、多分とぉ~~~くからですが、その現場に立ち合わせていただきます!
そしてもちろん、20%ずつしっかり見て聴いてまいります!



マイケルも、突然NeverLandへ飛び立っちゃったね…
姿は見せなくてもいいから、もう一度新しい音を届けて欲しくて待ってた。ひとえに残念です;

音楽、そして歌のちからは「つたわる」ことなんだよね^^
あらためて感じています^


例によって大変しつこいねばっこい文章になりました。最後まで読んでくださってありがとうございます!
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加