Sista!Sista!☆2

Expression for My lovely thang♪My funny days♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

REVOLUTION

2009-08-10 | TVXQ
ああーっ!8月も過ぎてゆく…月刊BLOGと化しておりまスガ、例によって日々こまかくは小日記をのぞいてやってください。(あ、サーバーが変わりました)
ブックマークも整理しました。

それにしても、うかうかしてるとドンドン変化してゆくなぁ、今年は…
自分はよくわからないけど、周囲の変化がすごいんですよね…様々な面で。
友人だったり、好きな人たちだったり…
それには多少、いや結構影響を受けてるのかもなぁと思います。
「書く」ことにはちょっと余裕が少なくなっている感じですね。ブログのありかたもいろいろ考えていますが、今のところココは、月刊で…^^;

もちろん「変化」の一つでもある、今回東方神起の一件ですが…まぁとりあえず、ツアーファイナルドームに行ってまいりました。もうひと月経ってしまった!

↓本編感想を書きましたし、メディアでもたっぷり伝えてもらえるようになったし、ブロガーさんもゴマンといらっしゃるでしょう。いまさらではありますが、ひと月後の激動と併せ、所感を。

以下ドームLiveについては、その件以前に書いていたものです。


--------------------------------------


とにかく行けてよかった、あの場に立ち会えてよかった、というのが大きいかな。自己満足ですが…記念すべき公演、愛すべき仲間たち、どこかで繋がっているみんなと、同じ時間・空間を共有できてよかった!
そして彼ら…またスペシャルを色々見せてくれたし!
まぁなんというか…無限の玉手箱みたいなやつらですねぇ…

そんでまた翌週末には、ぜんぜん違うパターンのアジアツアーライヴをやってるわけですよ。
なんというか、どういう体力と知力と精神力の持ち主なんだろうと…超人ですわ。記録ではないけど、ギネスもんですよねぇ。こいつらもう一人ずつクローンがいるんじゃないの?!って時々本気で思うもん(笑)
それをもっと評価してほしい気がするなぁ…人気沸騰上昇中ってだけでなく。
ホントに超×∞リスペクト!
ドームのスタンドから、赤と青の海を見下ろして、奇跡の5人だ、と、何度も心でつぶやきました。バラードでも身体を揺らして聴いてしまうわたしが、ただ立ち尽くして、ダブルアンコールの『Love In The Ice』を聴いていました。すごすぎるとそうなっちゃうよね。

愛される彼らには、本当にたくさんの愛が集まり、またたくさんの愛を返してくれるんだなぁと思います。
だからこれだけ人気者になっても「遠くなっちゃう」みたいなのはないなぁ…
彼らが音楽に対して、どれだけ真摯にたずさわっているかが伝わってくるからだと思う。なにも不安はないです。
うれしく誇らしく、色々な思いが巡って、わたしも感無量でございました。

人気が上がると、上っ面の表現をするメディアも増え、とたんに安っぽくなるよね;女性週刊誌にワイド芸能コーナー…;それが悲しくもありますが。彼らが音楽とファンを大切にする限り、そういった時期も通り抜け、やがてファンも淘汰され、日韓両側でいい感じになってくるんじゃないかなぁなどと思っていますが、しばらくはチケゲも大変でしょうなぁ…;
ドームツアーになれば、名古屋はうちの近所だしありがたいのだが、ドームっつぅのはやっぱり音楽を聴く場所じゃないですね^^;でも彼らの一番の魅力はやっぱりライヴだと思うので、ぜひたくさんの人に見てもらいたいんだけど。そんな葛藤ですね。
ライヴ内容も、もっと音楽本位であってほしいし。この先「a社の大物」っぽいものの惰性にならないようにお願いしたい。
最近の彼らの意欲からひしひしと伝わってくる、クリエイトする力もぜひ前面に。
そしてわたしも、第一に、彼らのよき「リスナー」そして「サポーター」でありたいと思います。

いやぁとりあえず、あのパワーの秘密を研究したいものだ!



-----------------------------------


…そんな風に書いてきましたが…いや、彼らも人間だったなぁ…当たり前だけど。
無限でもなく、魔法でもなく、ギネス級の労働のなか、あるときは壊れそうになりながら、耐え続けてきたのだなぁ。

それがアーティストというものだと、言う人もいるかもしれない。
彼らだって、ステージの上での輝きは本物だった。あの笑顔とエネルギー。心から音楽を愛し、楽しんでいるからこそ、わたしたちを楽しませてくれることが出来たんだと思う。
彼らが築いてきたもの、それは讃えられるべき事実、輝かしい真実!
まずは、そのことを心に刻んで…

現状については、
確実に、東方神起は次のステップに進むのだろう、と予感してはいたけど…
正直、SMエンターテインメント所属の彼らの先輩たちを見てきて、東方神起にも、いつかそのようなことが…と、思うこともありましたが…予想以上にその時期は早かった。

日韓、いやアジア全域を席巻し、不動の位置を確保したこのタイミングで、
そして5人が2つに分かれる形で、
「なぜ?」の気持ちを、ニュースを聞いたとき、わたしも持ちました。

でも多分、彼らの選んだこの時期、このような形で、というのは、、なにか意味があり、ベストな未来のための選択だったと感じます。虎視眈々と準備をしてきたんじゃないかと思います。
その勇気ある革命のスタートに、エールを送りたい。

長い契約をする韓国。1年1年、確実に売れる前提で契約をする日本。
エイベックスとSMエンタの関係、立場、これも素人のわたしたちにはよくわかりません。
こんな風に2カ国でまったく別々な活動をしてきたアーティストって、あまり前例がないんじゃないでしょうか…


これまでたくさん書いてきたように、韓国の音楽には本当に魅力を感じています。

その一方で、こういった事態はたくさん起こっていて…訴訟を起こしたり起こされたりは歌手、俳優さんたちにもよくあること。莫大な違約金を請求されたり、何年も裁判にかかっていたりしつつの活動なんてザラだ。ビックリしますよ。

実力重視でアーティストが育つのにも感心していたけど、熱心な修行で歌手を養成するわけですよね。確かにそれだけお金も手間隙もかかってる。
もともと根性とか、熱意とか、日本と比べるとやっぱり違うし…いったいどういう教育をしているのか、とても興味がありますが、スキルもだけど…日本とは気合いが違うんだろうね。
SMのアーティストの実力、楽曲のレベルもわたしはとても高いと思ってるし。

SMエンタに限らず、手塩にかけて育てた、鳴り物入りの若者たちがどんどん世に出てブレイクする。日本よりはおそらく小さな世界だろうけど、それだけにヒットが約束されているような感覚もある。
日本は、短い契約で、数年持てばいっか…一発屋でも記憶に残ればいいか…という歌手の量産。
比べると、どっちもどっちって感じなんだけどね。

BoAやSE7ENは、アメリカに行って、どんな手応えを感じているんだろう?
日本、韓国との土壌の違いって、どんななんだろう、なんてことも思います。

話は逸れましたが…文化の違いも感じた今回の一件でしたけど、東方神起に関しては、

彼ら自身の、なにかを動かすチカラを信じサポートする。静かに祈って待つ!

ということで…希望的観測を描きつつ、うまく行くことを祈っています。
パワーの秘密、それが、5人でチカラを合わせられることであると、信じています。
Comments (2)   この記事についてブログを書く
« 誰も歩いたことない、きみが... | TOP | さりげなくリニューアルして... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
月刊! (U)
2009-08-15 18:19:40
いろろいあるものね。月刊で十分。クリクリ回ってるとこもあるわけで(笑)

うん、我も同感です。すべてがよい方向へ進みますように祈ってるし、LUKAさんのおっしゃるとうりだと思うよ。 マーケットの場所が違うと 色々あるんだね、本当に。
業界のことはサッパリですが、兎にも角にも 彼等が彼等の素晴らしさを発揮できる場所が広がることだけは・・・とねがってやみませんよ。
さて、何時この※気づくか楽しみでふ!!!
ふっふっふ。 (LUKA)
2009-08-16 18:16:30
Uさん…ギリギリ24時間以内に気づきましてよ♪
コメはチェックしてますよー!…しかし記事が進みませーん;Uさん尊敬っ!

どうなんでしょうねぇあの会社…、素人目にも無茶するなぁと思うこともあったけど、
お金のことはさっぱりわかりませーん;でもホントに、いい環境で仕事させてあげたいですよね…
本国では色々ファンの運動が起こっているようだけど…やはり祈るのみですよ。
活動はしばらく日本のは決まっているので、まぁ大丈夫でしょう!とポジティヴに…^^

post a comment

Recent Entries | TVXQ