広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『クライマーズ・ハイ』

2008年06月10日 18時22分49秒 | Movie
試写会に行ってきました。
日航機墜落事故を追った新聞記者を描いた『クライマーズ・ハイ』。
主演は堤真一。

舞台となるのは群馬の地方新聞社。
日航機の墜落した御巣鷹山の地元紙として
死者520名の命を追う記者たちと、彼らをとりまく人間模様。

約2時間半という長編ではあるものの
長さを感じさせない作品でした。

新聞がどのように作られているのかを全然知らなかったので
新聞社内でのシーンはよくわからない部分もありましたが
逆にそれが一種の職人の世界を表しているという感じもしました。
また、緊迫感やパニック感、興奮による感情の高ぶりが
空気となって画面から伝わってくるようでした。

主人公とその息子の絆のストーリーも織り込まれていますが
墜落事故との関連性がいまいちよくわかりませんでした。
わたしの理解力不足かしら。

登山のシーンはそのスケールに圧倒。
山が映画全体を通していろんな象徴になっている気がします。

映画には女性も登場しますが
やはり新聞社、しかも20年以上前ということもあって
男たちの熱いドラマという印象が強いです。

見てよかったと思える作品でした。
7月公開予定です。
ジャンル:
モブログ
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビッグウェーブ | トップ | 『奇跡のシンフォニー』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
クライマーズ・ハイ (黒猫主義)
■クライマーズ・ハイの感想? 7/5公開の映画を一足先に試写会で。 横山秀夫氏の原作本も未読ですし、ドラマ版も見ておりません。 なんとな...
クライマーズ・ハイ 試写会@九段會舘 (ネット社会、その光と影を追うー)
1985年8月12日。群馬県の御巣鷹山にJAL12
クライマーズ・ハイ (Memoirs_of_dai)
真実は闇の中 【Story】 1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部...
「 クライマーズ・ハイ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クライマーズ・ハイ】2008年7月5日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 原田眞人 ...