感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

2016年1月のお出かけ予定

2015年12月31日 | 気の向くままに(その他)
2016年1月のお出かけ予定

2015年も今日で終わり。
勤務地が田舎になり、平日の観劇がかなり減ってしまいましたが、観たいものは結構見られたように思います。
舞台やライブが重なると断念するものもあったりしましたけど、来年もマイペースで楽しみたいな。

1月のお出かけ予定です。

どこかで会ったら声をかけてくださいね!

KinKiKidsコンサート
宝塚月組『舞音-MANON-』『GOLDEN JAZZ』3回(新人公演も取れたら行きたいな)
JAM TOWN
いっちー&みりあ Birthday Tea Party
梅棒 「OMG/風桶」OMG2回 風桶1回
花より男子
手紙 2回

風桶もう1回とほか気になるのもあるけど行けるかな??

今月からはもう新納さんの予定がしばらくないのかな。淋しいです。

来年もよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国の夢 ラファエル前派展

2015年12月30日 | 美術館関係
リバプール国立美術館所蔵
英国の夢 ラファエル前派展 
饒舌な物語――愛と詩、そしてロマンス

2015年12月23日 bunkamuraミュージアム

ひょうたん島のまえに立ち寄ってきました。
リバプール国立美術館所蔵のラファエル前派ロセッティ、ミレイ、ハントらの作品の展示ということですが、
詳しくない私は、今回初めて知りました。

作品ひとつひとつ大きなので、作品数は少なかったのですが、ガッツリ見ることが出来ました。

イギリスの画家はあまり馴染みがないのですけど、ブラック・ブランズウィッカーズの兵士というミレイの作品は、女性のシルクのドレスの質感がリアルで見とれてしまいました。

この絵がなんとなくパッションの芳雄くんと和音に見えてしまいました。



他にも気になる作品が何点か。3/6までやっています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柿右衛門・古伊万里金襴手展

2015年12月29日 | 美術館関係
柿右衛門・古伊万里金襴手展

2015年12月23日(水・祝) 戸栗美術館

この美術館の年内最終日行ってきました。
少し前ですが、宝塚観劇とひょうたん島のあいだに美術館もよってきました。

古伊万里の素敵な作品のオンパレード。
私が気になったのは、8角のお皿。
家にあったら素敵だなぁ。なんて思いながら見ていました。

他にも細工が細かい壺とか素敵な作品を見て目の保養をしてきました。
いつもなら割と空いているのですが、最終日とあって混んでいたようでロッカーも満杯でした。

年代の変化を感じさせてくれる展示でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒 スヌーピーカフェ

2015年12月28日 | ミュージカル
中目黒 スヌーピーカフェ
2015年12月27日 2階


スヌーピー好きの私としては外せないカフェ、スヌーピーカフェに友だちに付き合ってもらって行ってきました。

中目黒駅から徒歩10分ほど。目黒川沿いを散策しながら向かっていくと、気になるお店がたくさん。
福砂屋の工場とかもあって、甘い香りに誘われそうになりました(帰りに寄ってみました)

行列が出来ているところも気になったり・・・。
お店に到着名前を告げると、5分ぐらい早かったけど早く入ることが出来ました。



白い一軒屋可愛い感じではなくて落ち着いた白で、おばちゃんでも入りやすい。

座ると水とメニュを持ってくれました。クリスマスメニューとか何かあるのかなと思ったけど、これは普通でした。

定番のザ・グースエッグススライダー

ビーグル・スカウト スモア



それにドリンクを注文。ドリンクはアイス系を選ぶと、コースターを自分で好きなものを選べるようでした。
お皿やコップのここで購入できるオリジナルでしたけど、食器はたくさんあるので買わずに眺めるだけで(笑)






味はわりとさっぱりしていて普通かな。でマシュマロのデザートは温かいうちに一気に食べてしまうほうが美味しい感じ。
ベリーのソースをかけると酸味が効いて味がしまりました。

店内はスヌーピーがたくさん。


トイレにもスヌーピーのキャラクターのライナスが飾られていました。


2階にあがる階段にもこんなライトが並んでました。


お土産にクッキーとナプキンを買ってきちゃいました。

帰り道、並んでいたところに行ってみるとエグザイルのショップが。
エグザイルでも門松が飾られていたのにはちょっと楽しかったです。


スヌーピーカフェだけじゃなく、気になるお店がたくさんあったのでまた行ってみたいな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

~伝統美薫る文化財空間に散りばめられた現代手芸作品たち~

2015年12月27日 | 美術館関係
~伝統美薫る文化財空間に散りばめられた現代手芸作品たち~

目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」 

2015年12月20日


ちょっと前になりますが、見に行ってきました。

雅叙園の百弾階段のいろいろなお部屋に、手芸作品がたくさん。
このツリーも手芸で出来ていました。

館内は撮影禁止なのですが、レース編みで絵を書いてあったり、
トールペイント、編み物、手織りのストールなどなど
心暖かくなるような作品で癒されました。

ついでに、ここのトイレにも寄って贅沢な気分の味わってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花組公演 『新源氏物語』『Melodia -熱く美しき旋律-』

2015年12月26日 | ミュージカル
花組公演 『新源氏物語』『Melodia -熱く美しき旋律-』

2015年12月24日 13時半~ 東京宝塚劇場 3回目
田辺聖子作「新源氏物語」より-
脚本/柴田 侑宏
演出/大野 拓史

Melodia -熱く美しき旋律
作・演出/中村 一徳

主な配役
光源氏  明日海りお
藤壺の女御  花乃まりあ
弘徽殿の女御  京三紗
桐壺帝 汝鳥 伶 峰果とわ
尼君/朱雀院   高翔みず希
左大臣   紫峰七海
葵の上 花野じゅりあ
明石の入道 夕霧らい
王命婦   芽吹幸奈
少納言の君  梅咲衣舞
頭中将   瀬戸かずや
藤少将   冴月瑠那
左馬頭   鳳真由
衛門督   白姫あかり
中務の君  鞠花ゆめ
右大臣   天真みちる
夕霧    鳳月杏
惟光    芹香斗亜
中納言の君 菜那くらら
蔵人介   真輝いづみ
紫の上   桜咲彩花
頭の弁   航琉ひびき
式部    美花梨乃
冷泉帝   舞月なぎさ
朧月夜   仙名彩世
兵部大輔  和海しょう
中将の君  華雅りりか
栗丸    羽立光来
藤式部之丞 水美舞斗
六条御息所/柏木  柚香光
良清    優波慧
女三の宮  朝月希和
犬君    矢吹世奈
雲井の雁 城妃美伶
若紫   春妃うらら
臼杵   綺城ひか理
蟹郎   飛龍つかさ
つくし  茉玲さや那
蜂丸   亜蓮冬馬
あきつ   音くり寿


これ、先日食べたおにぎり(忘れてました)

今日は2階からの観劇。後方にいる方もよく見えました。(遠いけど)
見るたび理解が深まるけど、歴史好きな人なら、きっと私の3回よりその方の1回のほうが理解が深いんでしょうね。
エリザとかそういうものも、歴史が好きだったらと、観劇が趣味となって深く思うようになりました。
歴史は何より苦手でしたから。

和モノは所作とか難しそうですよね。衣装も長くて、引きずりそうだけど、そう思われないようにさばいていて凄いですね。

ショーはラテン系。まだ音楽が頭の中をぐるぐる回ってます。
キラキラしていて、宝塚らしい感じですよね。

今回めちゃ短く感じました。
キラキラの金の衣裳とか、宝塚らしいですよね。

ラインダンスの人数が少ないような感じがしましたけど、こんな感じだったかな?
2階からだとフォーメーションとかよく見えて1階とは違った楽しみ方が出来ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花組公演 『新源氏物語』『Melodia -熱く美しき旋律-』

2015年12月26日 | ミュージカル
花組公演 『新源氏物語』『Melodia -熱く美しき旋律-』

2015年12月23日 11時~ 東京宝塚劇場 2回目
田辺聖子作「新源氏物語」より-
脚本/柴田 侑宏
演出/大野 拓史

Melodia -熱く美しき旋律
作・演出/中村 一徳

主な配役
光源氏  明日海りお
藤壺の女御  花乃まりあ
弘徽殿の女御  京三紗
桐壺帝 汝鳥 伶 峰果とわ
尼君/朱雀院   高翔みず希
左大臣   紫峰七海
葵の上 花野じゅりあ
明石の入道 夕霧らい
王命婦   芽吹幸奈
少納言の君  梅咲衣舞
頭中将   瀬戸かずや
藤少将   冴月瑠那
左馬頭   鳳真由
衛門督   白姫あかり
中務の君  鞠花ゆめ
右大臣   天真みちる
夕霧    鳳月杏
惟光    芹香斗亜
中納言の君 菜那くらら
蔵人介   真輝いづみ
紫の上   桜咲彩花
頭の弁   航琉ひびき
式部    美花梨乃
冷泉帝   舞月なぎさ
朧月夜   仙名彩世
兵部大輔  和海しょう
中将の君  華雅りりか
栗丸    羽立光来
藤式部之丞 水美舞斗
六条御息所/柏木  柚香光
良清    優波慧
女三の宮  朝月希和
犬君    矢吹世奈
雲井の雁 城妃美伶
若紫   春妃うらら
臼杵   綺城ひか理
蟹郎   飛龍つかさ
つくし  茉玲さや那
蜂丸   亜蓮冬馬
あきつ   音くり寿


↑休演のお知らせがありました。

今回は2部のみの休演になっていました。一日も早い回復をお待ちしています。

2度目は理解が深まりました。でも、もともと歴史が苦手なので、理解が弱いのがご容赦ということで。
でも、ストーリーは前より理解出来ました。
専科のおふたりの掛け合いは、毎回楽しめます。

明日海さんの源氏の君は、これくらい美しかったら、女性がほっとかないですよねってぐらい魅力的でかっこいいですね。
毎回、うっとりという感じです。

今回、私の中では惟光の芹香さんが、正統派な宝塚という感じで気になりました。

ショーはメロディアの曲が頭の中をくるくる回るようなぐらい繰り返されて、楽しかったです。
若手のリフトも見られたし、満足。

ただ、端席だったので、上手の奥のほうが見られなかったりするのがちょっと残念。

翌日も楽しみます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漂流劇 ひょっこりひょうたん島

2015年12月24日 | ミュージカル
漂流劇 ひょっこりひょうたん島
2015年12月23日 18時半~ シアターコクーン

脚本:宮沢章夫・山本健介
演出・美術:串田和美
音楽:宇野誠一郎・宮川彬良
照明:齋藤茂男
音響:武田安記
ヘアメイク:佐藤裕子
振付:Andrea Gavriliu
映像:栗山聡之
演出助手:片岡正二郎
技術監督:櫻綴
舞台監督:大垣敏朗

出演
井上芳雄(マシンガン・ダンディ)、安蘭けい(サンデー先生)、山下リオ(博士)、
小松和重(テケ)、山田真歩(プリン)、一色洋平(海賊)、久保田磨希(チャッピ)、
内田紳一郎(ダンプ)、真那胡敬二(海賊)、大森博史(海賊)、中村まこと(海賊)、
串田和美(?)、小松政夫(トラヒゲ)、白石加代子(ドン・ガバチョ)

【ミュージシャン】
アラン・パットン(アコーディオン)、馬谷勇(ギター)、
ギデオン・ジュークス(ベース/チューバ)、木村おうじ純士(ドラムス/パーカッション)


前評判でちょっと難しいというか独特な世界だという話を聞いていたのですが、確かに独特な世界観。
ひょっこりひょうたん島での話をオムニバスで見せていて、一部が最後まで繋がるようなそんな感じ。
オムニバス方式なので、いろいろなエピソードがあります。

ひょうたん島の歌は知っているけど、内容まで覚えていない時代にテレビを見ていた世代なので、ストーリーは覚えてませんでした。
でも、テレビのものとは違うと思って楽しまないとという感じでした。

芳雄くんのマシンガンダンディも結構楽しいキャラ。
安蘭さんのサンデー先生、ナイスバディでいい感じ。
スタイルがよくて、キャラも可愛いんです。緑のワンピースが似合ってます。

前のファントムより山下リオさん、今回の博士のほうがあってましたね。
歌もあったりバンドさんも出てきたり、独特な世界観。

モモヤの愛称の小松さんも、お腹の中にはいられちゃったり、
本物の小松政夫さんは、持ち前のギャグ連発。結構小松さんのギャグは今でも通用しますね。
「どーかひとつ」

白石さんも楽しそうにドンガバチョを演じてました。
責任感のない大統領がツボでした。超マイペースな感じが白石さんにぴったり。

私的にツボだったのは、椅子取りゲーム。
椅子が足りている椅子取りゲームを意味なくやっているのが面白かったですね。

国際警察のところはちょっと長くて飽きちゃったかも(笑)最初は楽しかったけど、半分ぐらいでいいかなと。
串田さん登場なので、頑張ってくれているとは思うけど。

理解力が弱いので、あっているのかわからないのですが、最初にみんなが持っていた荷物って、
「抜け殻」だったんですよね。マシンガンダンディが死んで、これ何?って聞いて「抜け殻」っていわれて、
あぁ、最初にみんなが持っていた荷物も抜け殻だったんだと。

そして最後その抜け殻たちが雲になって空に浮かんで漂流している。そんな漂流劇でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガーデン~空の海、風の国~

2015年12月23日 | ストレートプレイ
ガーデン~空の海、風の国~
2015年12月22日 19時~ 下北沢スズナリ

出演:渡辺えり 中嶋朋子 大沢健 谷川昭一朗

奥山隆 谷口幸穂 石田恭子 小出奈央 川口龍
土屋良太 山崎清介

渡辺流演劇塾 塾生


作・演出 渡辺えり
作曲  深沢敦
振付 渡辺えり

ゲストトーク キムラ緑子、大谷亮介、新納慎也


渡辺えりさんの還暦記念ということで、大人のネバーランド20年ぶりの再演だそうです。
演出なども変わり、みなさんの役も増えたりとのこと。

一人何役もやられていて、それもこの芝居では意味のあることのようです。
(トークショーでわかりました)

最初小麦粉をこねている男性たち。
こねて細くして、操り糸になって。その糸を食べる。・・・って。
最初から私にはちょっと難しい感じの舞台。

ジョウロでは花に水を上げていて少女
その少女が、原始人3人のところに迷い込む。
鈴木さん、田中さん、佐藤さん。

ジョウロで水をあげていただけなのに・・・。
実は少女は亡くなっていて迷い込んでいた。

そんな、人間がめぐりめぐるようなお話でした。

そして、ピーターパンも出て、大人になりたくない大人を表現していたりとか。

そのめぐりめぐるのを、表しているとわかったのもトークショー
(えりさん、すみません)

ゲストトークはえりさん司会、大谷さんはこの舞台のワニの小道具を作りにいって、稽古場へも行ったとのことで、
面白くて笑っていたとのこと。
また、稽古場でみんな小道具などを作りながら、出番になるとセリフを言いにいくという多忙な様子を話していました。

緑子さんは、えりさんの芝居が素晴らしいと絶賛。えりさんの台詞などを褒めていました。

えりさんのこの再演での苦労話などを話をされていて、新納さんは、ちょこっとだけ。
えりさんの考えていることが、この舞台でわかったと。
有頂天の時のえりさんについて???だったことがクリアになったという話をされていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UTA・IMA・SHOWⅢ Enough

2015年12月22日 | ライブ
UTA・IMA・SHOWⅢ Enough
2015年12月20日(日) 17時半~ 草月ホール

出演:岡幸二郎・林アキラ

ゲスト:和音美桜・笹本玲奈・高谷あゆみ・原田優一・光枝明彦
    可知寛子・福田えり・佐々木崇・藤井凛太郎

演奏:柏木玲子(エレクトーン)・江尻憲和(ドラム)





2時間半の演目とは思えないセットリスト。
十分すぎるステージでした。

今回は最初が宝塚土組(笑)
前回は休憩時間のメイクだったので、メイクの完成度が高い!
みなさん素敵。
オスカルの原田くん前回に引き続きですね。もう毎回定番?
最初のロケットのような衣装も凄いです。なんせ光枝さんまでなので笑いました。
みんなでラインダンスもあったり、全員参加で笑えました。

岡さんと佐々木さんはめちゃ背が高いので、ちょっと異様な(失礼)感じですけど、それだけ笑いも誘っているよう。

宝塚のメドレーなどもあり、宝塚の衣装も着替えたりと前回よりパワーアップ。
1部はほぼ宝塚。和音さんも、パロディ入っている土組に慣れたのかな。

2部はディズニーとミュージカル。
岡さんのエリザベートにびっくり。大きいし衣裳とかかなりリアルですもの。
髪飾りもつけてました!もち、歌も凄いです。
ディズニー曲を、演奏の柏木さんと江尻さんで披露というものもありました。
子供の頃エレクトーンを習っていた私としては柏木さんが今でも若々しく演奏している姿に私も頑張らなちゃと。
私が習っていた頃、柏木さんのアレンジの譜面で練習していたんだから、きっと●●歳に近いのに。。。
演奏さすがです。

後半のミュージカル曲はゲストと岡さんが一人1曲づつ披露。
最後は全員でワンディモア。
オリジナルキャストで、岡さんジャベール、原田君マリウス、レナちゃんエポ。
歌の感じは岡さんが出演していた時代の歌い方でした。
今って音を伸ばさないで切るような感じですので、慣れ親しんだこちらのほうが私はしっくりします。

楽しいSHOWでした!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加