感 謝 ☆ 観 劇 ♪

懸賞・観劇・カピバラさん・スヌーピー好きの私。観劇の記録等を簡単に綴っています。感想は個人的な気持ちですので、ご了承を。

レンジャー RANGER

2017年12月08日 | ミュージカル
レンジャー RANGER
2017年12月7日 18時45分~ IMAホール

脚本・作詞・作曲・演出:藤倉梓
編曲:安倍優希・増田基生
振付:狩俣咲子
殺陣:幸村吉也
美術:渡邉景子
衣裳:藤澤知佳

山田創(星風凉)レッド代役:橋本真一
中村萌子 ホワイト役:かとう唯
金野賢俊 脚本家:松原剛志
増尾芳也 プロデューサー:戸井勝海
上川正輝 脚本家菊地まさはる
前田真治 イエロー役俳優:丹宗立峰
醍醐謙太 ブルー役俳優:柳瀬亮輔
高橋泰助 グリーン役俳優:羽鳥翔太
林純志 監督:伊藤俊彦
片山陽子 局長役女優:今泉りえ
内山恭平 真治の友人、元活動家:佐野眞介
香坂由似 創の恋人:守屋由貴

山中美奈 吉澤孔大 澤祥子 山中真吾 川村将史
篠藤煌太 荒木浩介 湊陽奈 久代侑果 勝目雪菜 
宮崎篤臣 佐々木雄治 秋田悠花 石井凌 菅田紗子
新貝紋加 椛島歩 今井彩織 川目晴香 山本洋平
阿部さくら 吉田茉由 山内翼 泰原いずみ 山﨑萌

主題歌:麻田キョウヤ

初日観てきました。割と大人しい感じのお客さんでした。
藤倉さんの作品は私的には難しい解釈が多いのですが、
これは楽しめます。藤倉さん的と思うのは、韓国人役を入れて、
南北問題について触れようとしているところですよね。

その韓国人脚本家を松原さんが演じています。
今回髪の毛がさっぱりしてまた雰囲気が違っていました。

丹宗さんの役は以前は萬谷さんだったかな。
丹宗さんのイメージがミスサイゴンアメリカンドリームの運転手なんですけど、
イエローになっている姿に親しみを感じました。

無駄なところを削除して2時間半ぐらいで時間的にもちょうどよい感じで
とても見やすいミュージカルです。

カーテンコールでは、レンジャーの主題歌を歌っているキョウヤさんによる生歌披露。

先日クリスマスコンサートにご出演していた宮崎さんもご出演されていました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋根の上のバイオリン弾き 初日

2017年12月05日 | ミュージカル
屋根の上のバイオリン弾き 初日
2017年12月5日 18時~ 日生劇場

台本: ジョセフ・スタイン
音楽: ジェリー・ボック
作詞: シェルドン・ハーニック
オリジナルプロダクション演出・振付: ジェローム・ロビンス
翻訳: 倉橋健
訳詞: 滝弘太郎 若谷和子
日本版振付: 真島茂樹
日本版演出: 寺﨑秀臣


テヴィエ : 市村正親
ゴールデ : 鳳蘭
ツァイテル(長女) : 実咲凜音
ホーデル(次女) : 神田沙也加
チャヴァ(三女) : 唯月ふうか
モーテル(仕立屋) : 入野自由
バーチック(学生) : 広瀬友祐
フョートカ(ロシア人) : 神田恭兵
ラザール(肉屋) : 今井清隆

石鍋多加史、青山達三、廣田高志、荒井洸子、祖父江進、香取新一、山本真裕、品川政治、日比野啓一、北川理恵、園山晴子、板垣展治、大森輝順、小南竜平、柴崎義則、下道純一、白山博基、仙名立宗、樽木和也、加藤恵利子、倉澤雅美、斉藤綾香、真田慶子、菅原さおり、鈴木結加里、横尾沙季

森繁さんが演じてから日本50年の記念の年
初日に行ってきました。

そうだったそうだった、など記憶をたどりながら観ていました。
ふうかちゃんの声と沙也加ちゃんの声がアニメ声で微妙に気になりつつ楽しみました。

市村さんアドリブも多かったようで、バーチックのことを、最初に「ピーチク?」って
これ前も言っていたような。奥さんのゴールデを怖がっちゃうところとか。

広瀬くんのバーチックは、パジャマゲームのチャーリーのように優しく
時に厳しく。

以前にみた有くんのシーンとか、剛さんやまじーのボトルダンス思い出しながら見ていました。


ボトルダンス毎回ドキドキしてみています。
ボトルを頭にのせたまままわったり、本当にここは私の好きなポイント。
(暗いお話なので、こういうのがないと('◇')ゞ)

初日ということで市村さんからご挨拶がありました。
市村さんが、初参加が多いということで今回初参加の皆さんを前に出してご挨拶させたり、
森繁さんから引き継いで4代目。50周年の節目にできることの感謝とか。

まだまだ市村さん演じられそうな感じでした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 DESTINY 鎌倉物語

2017年11月28日 | ミュージカル
映画 DESTINY 鎌倉物語
2017年11月28日 イオンシネマ

監督 山崎貴
原作 西岸良平
脚本 山崎貴
製作 今村司 市川南
出演 堺雅人 高畑充希一 堤真一 安藤サクラ
田中泯 中村玉緒 市川実日子 ムロツヨシ
要潤 大倉孝二 ほか


友達に誘っていただき、試写会に行ってきました。
思ったより長かったぁ。

良き昭和の鎌倉での、幽霊や魔物、妖怪といったものが日常的に姿を現す妖怪と共存する時代。

そんなファンタジーな世界のお話。
死ぬと黄泉の国に行くが、黄泉の世界でお願いをすると現世に戻れるという。

作家とそこに嫁にきた若い二人の物語。

楽しく生活していたところ、貧乏神がやってきたり、知り合いがあの世に行ってしまったり。。。

そんなある日、妖怪に気に入られてしまった彼女が黄泉の国に行ってしまう。
彼女を取り戻すため・・・。

というお話。

ファンタジーで、結構有名な役者さんも揃っていて楽しくてほろりとする作品でした。

帰りに友達とゆず塩ラーメンで体も温めて帰宅。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカーレットピンパーネル

2017年11月26日 | ミュージカル
スカーレットピンパーネル
2017年11月26日 17時半~ 赤坂ACTシアター

パーシー・ブレイクニー:石丸幹二
マルグリット・サン・ジュスト:安蘭けい
ショーヴラン:石井一孝
ロベスピエール/
プリンス・オブ・ウェールズ(二役):上原理生
デュハースト(ピンパーネル団):泉見洋平
アルマン・サン・ジュスト(マルグリットの弟、ピンパーネル団):松下洸平
オジー(ピンパーネル団):久保貫太郎
ベン(ピンパーネル団):久保田秀敏
エルトン(ピンパーネル団):多和田秀弥
ハル(ピンパーネル団):東啓介
ファーレイ(ピンパーネル団):藤田玲
マリー・グロショルツ:則松亜海


川口竜也 田村雄一 石井雅登 大場陽介
木暮真一郎 佐々木崇 長尾哲平 宮垣祐也
彩橋みゆ 石毛美帆 今野晶乃 神在ひろみ
中村香織 松島蘭

今日はスカピン団トークショーでした。
パーティ中ピンパーネルを探しているショーヴランと会う時の「だるまさんがころんだ」
前より息があって、面白くなっていました。

トークショーは、藤田君の司会で、石丸さん以外が登壇。

トークショーの中で面白かった話は、みんなのブロマイドが売られていて、
オジー役のマスコットキャラ的、久保さんのブロマイド売られていたということ。
友達に言われて知ったとのこと。
「僕のお母さんしか買わないよ~」って。
洸平君も立ち回りの時の、お姉さんを助けにいったけど、もうお姉さんは降りてたというシーン
久保さんは、パーシーにマルグリットを紹介したのは僕だよと演じているので
結婚式のシーンの羨ましがっているところとか。


結構みなさんこだわっているんですね。

それと、細かいところだけど見てほしいというシーン。
ベンは、最後の立ち回りで、Bと書くように田村さんを斬っているとのこと、
その後、田村さんがシャツをめくるとちゃんとBと仕込んであるそう。
もう一度チェックしたいけど、今回私は今日で終わり。

東くんは、踊らないでしゃべってるところ。
多和田くんは、最初の安蘭さんの後ろでダンスを踊っているとのこと。
このシーン元トートダンサーの宮垣さんに目がいってました。

もう一度見てみたいけど、来週まで仕事が忙しいので厳しいなぁ。残念。
先にこのトークショー見ていたら。

ところで、風雲児たちの時代も、この時代なんですよね。
解体新書は1774年。
この時代は、それから15年後ぐらい。
玄白の娘(長男は障害があって小さいうちに亡くなっている)に婿養子迎えたころかなぁ
なんて、思いながら観ている私って(笑)

赤坂はクリスマス

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スカーレットピンパーネル

2017年11月23日 | ミュージカル
スカーレットピンパーネル
2017年11月23日 12時半~ 赤坂ACTシアター


パーシー・ブレイクニー:石丸幹二
マルグリット・サン・ジュスト:安蘭けい
ショーヴラン:石井一孝
ロベスピエール/
プリンス・オブ・ウェールズ(二役):上原理生
デュハースト(ピンパーネル団):泉見洋平
アルマン・サン・ジュスト(マルグリットの弟、ピンパーネル団):松下洸平
オジー(ピンパーネル団):久保貫太郎
ベン(ピンパーネル団):久保田秀敏
エルトン(ピンパーネル団):多和田秀弥
ハル(ピンパーネル団):東啓介
ファーレイ(ピンパーネル団):藤田玲
マリー・グロショルツ:則松亜海


川口竜也 田村雄一 石井雅登 大場陽介
木暮真一郎 佐々木崇 長尾哲平 宮垣祐也
彩橋みゆ 石毛美帆 今野晶乃 神在ひろみ
中村香織 松島蘭

今回のシリーズ初めて見てきました。今回大阪→東京なんですね。
ピンパーネル団、結構若くなった。
ボーイバンドに出演していた、藤田くん、東君もスカピン団に入っていました。
東くん背がたかくてめちゃ目立っていました。
赤い衣装も素敵でした。

石丸さんの素敵な歌。パレード以来です。パレードには石井くんも出ていましたね!

洸平くんもご活躍でしたね。安蘭さんとのデュエットも素敵でした。

川口さんの執事今回も板についていました。
執事で、華美な衣装の石丸さんたち見てちょっと笑っちゃうところ
ギロチン落とす役とか、そうだったそうだったと思いながら観ていました。

今回、元トートダンサーの宮垣くんとか、ディズニーダンサーだった佐々木さんとか
ダンス得意な方が多くて、時々目がそちらに。

ラストのスカッとするシーンは何度見ても楽しいです。

今日は帰りにごはん














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オットー・ネーベル展

2017年11月19日 | ミュージカル
オットー・ネーベル展

2017年11月18日 bunkamura ザミュージアム@渋谷


スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベルの日本初回顧展ということでした。
クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて展示されていて
見ごたえ満点な感じ。
オットー・ネーベルの色使いがめちゃ綺麗で、またアトラスも作成していました。

役者さんも経験しているそうで、イケメン(笑)

雨の中行ったのですが、思っていたより混んでいてびっくり。

カンディンスキーの作品と並べることで影響を受けていることを感じさせるような展示になっていたり。

シャガールの作品も有名なものがたくさん展示されていてお得な感じでした。



東急本店には素敵なクリスマスツリーが、もうすぐ12月ですものね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レディベス 東京千秋楽

2017年11月18日 | ミュージカル
レディベス 東京千秋楽
2017年11月18日 12時~ 帝国劇場


脚本/歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出/訳詞/修辞 小池修一郎

出演
レディ・ベス:平野綾
ロビン・ブレイク:加藤和樹
メアリー・チューダー:吉沢梨絵
フェリペ:古川雄大
アン・ブーリン:和音美桜
シモン・ルナール:吉野圭吾
ガーディナー:石川禅
キャット・アシュリー:涼風真世
ロジャー・アスカム:山口祐一郎

大谷美智浩 中山昇 加藤潤一 寺元健一郎 石川新太

朝隈濯朗 石川剛 榎本成志 奥山寛 川口大地 
黒沼亮 後藤晋彦 杉山有大 武内耕 田中秀哉 
福永悠二 港幸樹 山名孝幸

秋園美緒 池谷祐子 石原絵理 樺島麻美 島田彩 
真記子 安岡千夏 山田裕美子 吉田萌美
斉藤栄万 石倉雫

東京千秋楽に行ってきました。拍手多め。
敬遠していた平野綾さんでしたが、思ったより良かったかも。
はなさんのほうが、クイーンの雰囲気は出ていましたが、私が思っていたより良かったです。
で、吉沢さんのメアリー、前回より今回のほうがやはり2度目見るといい感じ。
で、フェリペ王子たちの言う、悪口が、未来さんの時の「デブ」から吉沢さんは「チビ」だったと今日知る私。

馬車のシーンのお供が港さんだったことも今日知った私。

カーテンコールの挨拶、禅さんは、圭吾さんに対応していつもマントを翻しているのかな?
益々派手になっていくようでした。

千秋楽だったので、加藤くんの司会で涼風さん、山口さん、平野さんから挨拶がありました。

涼風さん、いつのころからから「昔妖精、今妖怪、女性で最年長の・・・」と自己紹介。
山口さんは、簡単に挨拶を済ませようとしたから、みんなから「え~」と。
そこで、山口さんからみんなへ、秘密をひとつ。
といって、「ウッドストックでの加藤さんと平野さんのベッドでのシーンを自分が一番近くでこんな顔で(ここででれっとした感じ)」見ていました」というお話。
平野さんは、大阪来てね的メッセージ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紺野紗衣 ピアノソロcolors2

2017年11月17日 | ミュージカル
紺野紗衣 ピアノソロcolors2
ミクロとマクロの音の世界

2017年11月17日 19時半~ JZBrat セルリアンタワー東急ホテル

紺野紗衣

ゲスト
斉藤ネコ 笠原あやの 徳澤青弦 中北裕子

 

今日は友達とライブに行ってきました。
初紺野さん。いつの新納さんのNIROCKや、イベントなどで演奏している姿を観ていますが
オリジナル曲の演奏や、演奏だけはお初。
先日の「題名のない音楽会」で僕の願いなど演奏されている姿も見ていました。

紺野さんの曲は、やわらかで心地よい曲が多くて、めちゃ癒されました。

今回は共演の皆さんの中で作曲した曲を一緒に演奏ということもあったり。
それぞれの個性があり、こちらのコーナーも楽しかったです。

紺野さん以外は初めましてでしたが、なんとなく弾いている雰囲気や衣装などから
それぞれイメージがあっているような感じ。

バイオリンのネコさんとの演奏、めちゃ迫力があり鳥肌ものでした。

素敵な演奏で癒されたライブでした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レディベス

2017年11月16日 | ミュージカル
レディベス
2017年11月15日 18時~ 帝国劇場



脚本/歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲 シルヴェスター・リーヴァイ
演出/訳詞/修辞 小池修一郎

出演
レディ・ベス:花總まり
ロビン・ブレイク:加藤和樹
メアリー・チューダー:吉沢梨絵
フェリペ:平方元基
アン・ブーリン:和音美桜
シモン・ルナール:吉野圭吾
ガーディナー:石川禅
キャット・アシュリー:涼風真世
ロジャー・アスカム:山口祐一郎

大谷美智浩 中山昇 加藤潤一 寺元健一郎 石川新太

朝隈濯朗 石川剛 榎本成志 奥山寛 川口大地 
黒沼亮 後藤晋彦 杉山有大 武内耕 田中秀哉 
福永悠二 港幸樹 山名孝幸

秋園美緒 池谷祐子 石原絵理 樺島麻美 島田彩 
真記子 安岡千夏 山田裕美子 吉田萌美
山田樺音 桑原愛佳

私にとって前楽(笑)
初吉沢さんでした。声素敵ですし、未来さんとは違う迫力がありました。
でも、私のイメージは未来さんのほうがイメージが定着しちゃった感じです。

観ていくたびに、話に入っていける自分がいます。

フェリペも元基くんが好き。余裕がある感じが好きです。

わりと一人で見ることも多いのですが、お隣に座った方とちょっとお話してみたら、その方元基くんファンだそうで、
他の方は特に気にされていないようでした。が、今日見たロビンは初加藤くんだったそうですが、加藤くんのほうが好きかもとおっしゃってました。
その気持ちわかりますぅ。
と、こういう出会いでお話して情報知ったり、いろいろな見方を教えてもらったり
いろいろ勉強になります。

今回、塔の上のベスにロビンが届きそうな感じでした。
いつももっと届かないのに、ラスト近くなって慣れて飛びやすいのかな?

2階席でしたので、オケピの中も少し見えて、キーボードが、トラブルモンキーズの田中さんみたいでした。
最近オケピでご活躍なのをお見かけする機会多いです。

今日は朝隈さんのトートバッグも買いました。(パンフ買わなかったのに・・・・)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SECRET SPLENDOUR シークレット スプレンダー

2017年11月12日 | ミュージカル
SECRET SPLENDOUR シークレット スプレンダー
2017年11月12日 12時半~ 17時~  赤坂ACTシアター
スタッフ
構成・演出=荻田浩一

キャスト
早霧せいな 大野幸人 小野妃香里 海宝直人 JKim 丹澤誠二 原田薫 
平澤智(マチネ)/桜木涼介(ソワレ) 
笹岡征矢 鮫島拓馬 花岡麻里名 吉田繭
安寿ミラ(特別出演)


マチソワしました。
マチネは先生がひらべぇ、ソワレが涼介さんでした。
今回めちゃ踊る方が多くて、海宝くんと Jkimさんが歌が多くて他のみなさんはダンスメイン。
薫さんはダンスも歌も大活躍!

このタイトル「SECRET SPLENDOUR 」は、早霧さんのお名前のイニシャルにもかけていたんですね。
最初に知りました。

「ホールド・オン、アイム・カミング 」で始まり、のりのりなダンスナンバー

ルパンがあったり、和風の寸劇や闘牛士などもあったり。

バラエティに富んだ曲があり、楽しめました。

後半ミュージカル曲を歌ってくれたり、ゲストの平澤さんと涼介さんは
先生ということで、「先生と踊ろう」ってことで出ていました。

今日ソワレ涼介くんの千秋楽だったので、カテコで呼んだ時、「平澤先生」って呼んじゃって
涼介さんこけてましたね。

お二人とも最近舞台で見るより先生が多いので、こうやって現役で踊ってくれるのは貴重でした。

今回の出演者さん早霧さんはじめ皆さん、めちゃ細くて、折れそう・・。

なのにバランスよく踊っちゃうってすごいですね!

早霧さんメインなので超アウエィでしたけど、楽しめました。

ラストの「ケセラセラ」も「せいら」さんのお名前とかけてたりして・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加