とうとうウイニングポスト8ー2017日記

ウイポ8-2017の日記です。昔の4やEXも偶に更新するかもしれません。

ウイポEX日記牝系縛りリターンズ2004年~2006年

2017-07-14 23:38:16 | ウイニングポストEX
2004年
クリムゾンスパークがメイジクラシック産駒の牝馬を出産。リセットを続けた結果SHになる。素質高い種牡馬付けたのに素晴らしい良血コメを貰うよりSHになる方が早いってどういうことよ。
ヨウマシッソウの戦績は以下の通り。
新馬→野路菊賞→デイリー杯3歳S→阪神3歳牝馬S
最優秀3歳牝馬
無敗でGⅠ勝利。隙あらばレース数を増やしたかったが、主戦下村があんまり捕まらず、最低限に。しかもこれで野路菊賞は乗り代わりだったというから思ったほど友好度が伸びてない。
新3歳馬はアースクエイク×クリムゾンスパークの牝馬、ルナマーダーと名付ける。

2005年
クリムゾンスパークがアイアンキング産駒の牝馬を出産。この馬もリセットを続けた結果SHに。やはり素晴らしい良血コメは貰えなさすぎる。むしろSHじゃなくて素晴らしい良血コメを引き出したアースクエイクは凄いんじゃないか。
各馬の戦績は以下の通り。

ヨウマシッソウ牝4
シンザン記念→きさらぎ賞→アーリントンC→チューリップ賞→桜花賞→皐月賞
→オークス→日本ダービー→CBC賞→高松宮杯→小倉記念→神戸新聞杯→京都大賞典
→菊花賞→エリザベス女王杯→有馬記念
年度代表馬・最優秀4歳牝馬
折角抜けて強い馬持ったんだしと牡牝三冠同時達成しといた。この馬の目標は凱旋門賞だな。

ルナマーダー牝3
新馬→野路菊賞→デイリー杯3歳S→京成杯3歳S→阪神3歳牝馬S→フェアリーS
最優秀3歳牝馬
何とか無敗で乗り切った。ただどのレースも確勝とまでは行かないから、来年もちょっと苦労するかも。

新3歳馬はメイジクラシック×クリムゾンスパークの牝馬、シャンハイコーヒーと名付ける。

2006年
クリムゾンスパークがクロスリング産駒の牝馬を出産。やっぱりリセットの結果SH。インブリードが有っても能力微妙同士の配合じゃ素晴らしい良血にはならない。
各馬の戦績は以下の通り。

ヨウマシッソウ牝5
平安S→日経新春杯→東京新聞杯→フェブラリーS→阪神大賞典→大阪杯→天皇賞春
→安田記念→宝塚記念→凱旋門賞→ジャパンカップ→有馬記念
年度代表馬・最優秀スプリンター・最優秀5歳以上牝馬
見事に勝ちまくり、凱旋門賞もリセットを繰り返した末、元々の脚質の追い込みで勝利。大外に気じゃなくても勝てる辺り能力は中々高いらしい。牧場での引き取り額はルナマーダーに負けてるんだけど。

ルナマーダー牝4
シンザン記念→クイーンC→共同通信杯→アーリントンC→チューリップ賞→桜花賞
→スイートピーS→オークス→ニュージーランドT→CBC賞→高松宮杯→小倉記念
→神戸新聞杯→クイーンS→ローズS→エリザベス女王杯→ステイヤーズS→スプリンターズS
最優秀4歳牝馬
見事姉妹牝馬三冠達成。年末の距離適性って何ローテも健在。表はヨウマシッソウに任せるので、この馬は裏ローテになりそう。稼ぎ的には裏って程薄くないけど。

シャンハイコーヒー牝3
新馬→野路菊賞→デイリー杯3歳S→京成杯3歳S→阪神3歳牝馬S→フェアリーS
最優秀3歳牝馬
とりあえず無敗で何とか。思ったより安定しない、牝馬三冠に専念するか。


今回は以上。
何か今度はEX熱が有りすぎる。更新頻度早すぎるでしょう。
成績的には文句無し。なんせ馬主人生いまだ無敗で凱旋門賞の夢も達成したからな。このまま3連覇を目指したい。
ところで、今の調子で賞金を稼がせ続けると、最年長の馬しか凱旋門賞に行けないような。ちょっと体制を考え直そうかなあ。でも稼がないのは主義に反するんだよな。
それは置いといて、生産面は1頭体制なのにSH待つ方が早いという、やはり素質に劣る初期馬は使いづらい。SH産みやすい模様なのが救い。
色々計算外も有るけど、将来の優秀な繁殖のためと見越し乗り越えていきたい。
って言うか2008年以降は古馬3頭体制なんだけど使い分けとか何とかなるのだろうか。最早自信は無い。
一応まだまだ次回に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウイポEX日記牝系縛りリタ... | トップ | 今度こそ安住の地にしたいウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウイニングポストEX」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。