ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

ハクソー・リッジ

2017-07-04 19:19:30 | 映画2017
 6月24日に公開された映画。折しも6月23日は沖縄慰霊の日であり、タイミングとしては最悪でもあった。配給会社のキノフィルムズはこの戦争映画の舞台が沖縄であることをを巧みに隠していたことが問題にもなりました。これはネトウヨからの攻撃によって興行成績に影響するという懸念かららしいのですが、内容は戦争を極めて残虐に描き、反日よりも反戦のメッセージが素直に受け取れるものでした。

 戦闘の舞台となるのは、沖縄県浦添市にある前田高地という日米両軍の激しい戦いが繰り広げられた場所。ハクソーとは弓鋸という意味で、急峻な崖(リッジ)を表現して米軍がつけた呼称である。艦砲攻撃から始まり、上陸した米軍はその崖に縄梯子をかけ一斉に登る。日本兵は壕の中から次から次へと波状攻撃をかけ、両軍の血肉吹き飛ぶ凄まじい戦いになってゆくのだ。

 主人公のデズモンド・ドス(アンドリュー・ガーフィールド)は敬虔なクリスチャンでもあり、家庭内でのある出来事により、自らに「汝、殺すことなかれ」という教えを胸に刻む。看護師のドロシーと恋に落ちるが、弟も周りの友人たちも次々出征する中、教えを大切にしつつも「衛生兵なら」と考え、陸軍に志願する。グローヴァ―大尉の部隊に配属されたデズモンドは銃を手に取ることを拒否し、人を殺せないと主張するが、やがて軍法会議にかけられる・・・しかし、意外な人物が窮地から救ってくれて、彼は衛生兵として沖縄戦に参加する。この前半部分では、衛生兵なら銃を持たなくてもいいのではないか?とか、良心的兵役拒否?とかの疑問もわいたけど、徐々に明らかになりました。

 『プライベート・ライアン』をも凌ぐといわれる圧倒的な戦闘映像。死ぬ、死ぬ、死ぬ・・・足は吹っ飛び、はらわたが飛び散り、頭から血が噴き出す・・・まさに地獄絵図。「戦争とは人を殺すことだ!」という言葉が重みをもってのしかかってきて、胸がかきむしられるように苦しくなるような映像力なのです。そんな中、武器も持たずに助ける、助ける、また助けるデズモンド。日本人まで助けちゃいます。戦場に行くまでは、どちらかというと静かな映画だったので、このギャップにもまた心揺さぶられる思い。久しぶりに良質の戦争映画を堪能しました。


★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メッセージ | トップ | ジョン・ウィック:チャプター2 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (AKIRA)
2017-07-05 18:11:12
前半徐々に仲間感が形成されたかと思ったら後半は地獄・・・。
命をにじませる構成がうまいですね。

なかなかの見応えでした!
Unknown (kossy)
2017-07-05 18:32:20
AKIRAさん、お久しぶりです。
終わってみると前半部分にも愛着が持てまして・・・
全ては後半の地獄を見せるための演出でしたね。
おかえりなさい (しん)
2017-07-08 23:55:25
お久しぶりです
お帰りなさい

ゼロ年代テンの時、参加してほしかったです
http://blog.goo.ne.jp/studioyunfat/e/3f4d73b090c5d44c04e46a999e462d60/?cid=d0c764f97e4c846125b07129e4a99f98&st=0

ハクソーリッジなみに燃えた2010年のあの時をぜひご覧くださいませ

----
まあ、しかしなんで6月24日に公開したのでしょうか
ただ、アメリカが沖縄を手放さない気持ち的な背景を知った気もします

誰だかよくわからん司令官の切腹シーンよりも描くべき「死」があったのでは、という思いは拭えないのですが、戦場描写の地獄っぷりに震えたのは私も同じです
お久しぶりです。 (kossy)
2017-07-09 00:55:36
>しんさん
ゼロ年代テン!
参加したかったです・・・
ちょうどタクシーに乗り始めた頃でなかなか映画館に行けなかったことと、
何といってもパソコンが壊れてネットできなかったことも原因なんです。

沖縄民間人の死を描いたら、さすがにバッシングを受けるとか、
色んな忖度があったのかもしれませんね・・・
ネトウヨ (まっつぁんこ)
2017-07-12 09:41:58
滅多にコメつかない私のブログにコメがありました。
が、そんなこと面と向かって言えるのかよ!(^^)/
というようなロクでもないコメ。
ネトウヨなんですかね~
ネトウヨ (kossy)
2017-07-12 13:21:45
http://lite-ra.com/2017/06/post-3276.html
ネトウヨの攻撃を避けるため・・・
というのはココの記事を参考にしました。
こんにちは (NAO)
2017-07-22 17:21:14
コメントありがとうございました。

ブログ再開されていたんですね♪

「プライベート・ライアン」を凌ぐ、と聞いていましたが
まさにそのとおりの映像でした。
アンドリュー君、日本舞台の「沈黙」でも好演でしたが
今回も良かったです。

8年ぶり (kossy)
2017-07-22 20:48:06
>NAO様
こちらこそありがとうございます。
映画ブログの方がかなり続けられているみたいで、
嬉しくなると同時に恥ずかしくなるほどです。

『プライベート・ライアン』も凄いですけど、
映画館で観てないので比較しようがありません(汗)
『沈黙』も見たかったけど、
wowowで放送されるのを待ちます・・・

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

19 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ハクソー・リッジ  監督/メル・ギブソン (西京極 紫の館)
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  サム・ワーシントン  テリーサ・パーマー   ヒューゴ・ウィーヴィング 【ストーリー】 第2次世界大戦中、デズモンドは、人を殺して......
劇場鑑賞「ハクソー・リッジ」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、助ける… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201706240001/ 【輸入盤】Hacksaw Ridge [ ハクソー・リッジ (原題) ]
『ハクソー・リッジ』のウソとマコト (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  デズモンド・ドス上等兵が、日本軍との戦争のさなかに日本兵を助けたのは本当なのだろうか?  戦争映画は幾つも観たが、戦闘シーンで涙が止まらない映......
ハクソー・リッジ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ブレイブハート」「アポカリプト」のメル・ギブソン監督が、激烈を極めた沖縄戦の知られざる実話を映画化した衝撃の戦争ドラマ。武器を持つことを拒否しながらも、地獄の戦場で......
映画「ハクソーリッジ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/7/1。 今年後半の最初の映画は「ハクソー・リッジ」 沖縄戦を描いた映画としてみたい1本にあげていた映画。 監督がメル・ギブソンというのも注目する理由である。 1......
ハクソー・リッジ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
神さま、あと一人だけ。 「アポカリプト」以来、10年ぶりとなるメル・ギブソン監督作品。
 第二次世界大戦下の沖縄で、信仰ゆえに不殺の誓いをたて、一切の武器を持たずに、......
ハクソー・リッジ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ハクソー・リッジ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)アカデミー賞の作品賞や主演男優賞などにノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)......
『ハクソー・リッジ』 2017年6月15日 よみうりホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ハクソー・リッジ』 を試写会で鑑賞しました。 メル・ギブソンは監督に転向した方がいいね 【ストーリー】  第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は......
ハクソー・リッジ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HACKSAW RIDGE】 2017/06/24公開 アメリカ PG12 139分監督:メル・ギブソン出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ......
「ハクソー・リッジ」☆度胆を抜かれるかつてない臨場感 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
見事である。 今までの戦争映画が足元にも及ばないと思ってしまうくらいのリアルな臨場感。 「野火」のグロさに匹敵する血肉飛ぶ戦場の惨状が、目の前にまざまざと見せつけられ......
ハクソー・リッジ (あーうぃ だにぇっと)
ハクソー・リッジ@よみうりホール
「ハクソー・リッジ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2016年・アメリカ・オーストラリア合作 配給:キノフィルムズ 原題:Hacksaw Ridge 監督:メル・ギブソン脚本:ロバート・シェンカン、アンドリュー・ナイト製作:デヴィッド・パーマッ......
「ハクソー・リッジ」 (或る日の出来事)
銃を持たずに、人を助けることで、彼は戦った。
「ハクソー・リッジ」 (ここなつ映画レビュー)
メル・ギブソン監督作品。宗教という名の信念の下に、人を殺さないと誓って戦場に赴く衛生兵の物語。実話をベースにしている。人を殺さないで戦場で何ができるのか?そう、傷つい......
映画『ハクソー・リッジ』★激戦地で丸腰の衛生兵は“命がけ“で! (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/171672/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 監督:メル・ギブソン 衛生兵デズモンド:アンドリュー・ガーフィールド 第二次大......
「ハクソー・リッジ」 (NAO日和)
~世界一の臆病者が、英雄になった理由とは~ 2016年  オーストラリア/アメリカ合作  PG-12指定 (2017.06.24公開)配給:キノフィルムズ    上映時間:2時間19分......
ハクソー・リッジ (こんな映画見ました~)
『ハクソー・リッジ』---HACKSAW RIDGE---2016年(オーストラリア/アメリカ )監督: メル・ギブソン出演: アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、テリーサ・パーマー 、ヒ......
ハクソー・リッジ (映画好きパパの鑑賞日記)
 第二次大戦中の沖縄戦を舞台に、武器を持たず衛生兵として活躍した実在の軍人の物語。メル・ギブソン監督らしい手足がふっとぶ残虐なシーンが多いですが、戦争映画やホラー映画......
17-227「ハクソー・リッジ」(アメリカ・オーストラリア) (CINECHANが観た映画について)
もう一人だけ助けさせてください  アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になる......