K-Lab磁気科学研究室の研究活動記

鹿児島大学理学部物理科学科K-Labでの磁性研究と教育活動、周辺での出来事を中心に紹介しています。

鹿大物理サイエンスクラブ発表会

2017年04月19日 21時16分50秒 | 研究
今日の6時限目(17:50-19:20)、
鹿児島大学理学部理数特別プログラム物理科学科
サイエンスクラブ発表会がありました。

 私たちの研究室で、大学1年生(新2年生)と

2年生(新3年生)が昨年度の自主研究の成果発表をしました。

新3年生はサイエンスインカレに選出された成果を発表していました。
 彼女(新3年生)はYouTubeで見た、ガリウムがIphoneの筐体(アルミ製)を侵食、
ボロボロになるのに興味を持ち、1年間、放課後、
私の研究室で、アルミニウムに対するガリウムの侵食過程を、
光学顕微鏡、X線回折測定、電子線マイクロプローブアナライザーで分析、
研究をしました。


 アルミニウム中に拡散するガリウムの空間分布量を測定し、
彼女が考えた拡散過程(アレニウス型)モデルを発表、
時間とともにガリウムによるアルミの侵食が進まない理由や、
ガリウムがIphoneの筐体を侵食、
ボロボロになる物理的説明をしていました。
質疑応答もしっかりしていて、卒論発表会並みの内容でした。
私、彼女の1年間の成長を見て、とても感激しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実験室 | トップ | 無冷媒超伝導マグネット始動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。