ノー天気画家の本音生活 

これが私の生き方などとヤセ我慢するよりも、今日の風に流されましょう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水彩画上達のコツ 絵のテーマの決定

2013-07-30 09:47:41 | 犬たち

何を描けばいいのでしょうか? 

絵画教室などでよく聞かれる質問ですが、私はこのように応えています。
「あなたの好きなモノを描いたらどうでしょう」と。
これは当たり障りのない回答のようですが、実は絵の本質でもあり、トレース水彩画の特質を取り入れた答えなのです。

人間は感動すると、その感動を人に伝えたいと願望する動物なのです。
その方法として、音で表現したものが音楽であり、言葉で表現したものが俳句や詩であり、視覚で表現したものが絵画なのです。
だから絵は「感動」を表現するメディアなのです。

というわけで「感動を描きましょう!」といわれても戸惑うだけですが、感動を好きなモノに置き換えて「好きなモノを描きましょう!」となれば、誰もが即座に描きたいものを思い浮かぶはずです。
そうなのです!「好きなモノ」の中に感動がインプットされているのです。

私は学校以来はじめて絵を描いたのは50才の時で、溺愛していた愛犬スキッパーを描いたのが最初の絵でした。
それからず~と脇目も振らずスキッパーの絵を描き続け、そして3年、「スキッパー」というタイトルの個展を開くまでになりました。
最初は好きだからで始めた出来心が、熱中にかわり、熱中するからこそ上達してきたことがそれを証明しています。

トレース水彩画は写真を素に描くため、絵を描くための最初の行動は、写真を写すことから始まります。
上の絵の写真ですが、湘南の絵をシリーズで描く機会があり、明るく陽気な湘南の情景を探し出そうと、カメラ片手にドライブしていた時、まさに海岸道路で絵のような情景に出会いました。
「これだ!」とばかり、左手でハンドルを握りながら、窓を開けて右手を伸ばし、シャッターを切ったその一枚描いた絵ですが、ここをクリックして素になった写真ご覧ください。


この絵を通して従来の水彩画の描き方よりも、トレース水彩画が決定的に優れている点が2つあることがお気づきでしょうか。

ひとつは一瞬を写す写真のインパクトは、スケッチブックを持って写生するやり方を圧倒的に凌駕しており、従来の描き方では到底こんな絵は描くことは不可能なのです。

もうひとつは初心者でも、最初から風景でも人物でも静物でも好きなものが描けるということです。
従来の描き方では高度なデッサンが要求される人物を描くなどは到底無理で、デッサンが狂っても目立たない花などから描き始めるのですが、トレース水彩画では最初から完璧なデッサンが描けるため、「好きなモノ」から始められるのです。・・・というわけで

最初の一枚の絵は、自分の大好きなものを写真に撮り、その写真を素に描きましょう。
そしてその次からも、その「好きなモノ」を・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水彩画 上達のコツ2 描く前... | トップ | 水彩画上達のコツ 軽い彩色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL