とりあえず80歳へ  『古希からの田舎暮らし』も10年目になろうとし、喜寿も過ぎてゆき、さて……。

定年後は田舎志向。69歳のとき三木市で「田舎暮らし」をはじめました。田舎にとけ込もうと心掛け、菜園をたのしむ日記です。

イチゴはアライグマに喰われてしまいました。

2017-05-14 21:07:37 | 日記
 道子さんが自慢したくなる我が家のイチゴは、土曜日はいままでにない鈴生りでした。日曜日に娘たちは、ウハウハと「イチゴ狩り」をする予定でした。今シーズンの一番採れる日になるはずでした。
「イチゴがたくさん採れた写真はアップしないように」と娘たちにとめられているので、いままでお見せしませんでしたが、たくさん採れるときはほんとにすごいんです。
 8年前=2010年のイチゴ写真ならかまわないでしょう。

 これ以上に採れるはずでした。毎年世話をする道子さんが「今年の生り方はいままでで最高!」と悦に入っていましたから。
 ところが畑に行ってびっくり! 赤いイチゴが一つもありません。赤くなりかけのイチゴもありません。あおいイチゴが残っているだけ。写真の容器なら6杯分は生っていたでしょう。それがゼロに。ネットハウスを調べたら動物ネットに食い破った痕がありました。そこからマルチの上にアライグマの足跡がいっぱい。おそらく5匹以上の集団で襲ったのでしょう。一匹で食べられる量ではありません。
 マルチの上にはアライグマの足跡がクッキリ。
                       
 動物ネットに傷がついていて、傷から穴を広げて侵入したようです。このネットハウスは去年つくりました。去年は大丈夫でしたが、ネットの糸が日にさらされて劣化していたのでしょう。
 でもうちではイチゴを〈ひと月間〉収穫するので、まだいけるかも。とりあえずネットを補修して様子を見ることにしました。
 しかし、気持ちはおさまりません。
 アライグマ野郎め! 役所で檻を借りて捕まえたるからな! 
 おいしいイチゴを家族で腹いっぱい食べて、しあわせだったな。でもしあわせはいつまでも続かんぞ。覚えとけ。
 イチゴ狩りの声を掛けた方々には、心よりおわびいたします。ごめんなさい。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さあ、畑仕事が本番になるぞ! | トップ | イチゴ・ネット・ハウスは補... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。