タラら々日記 漢方の薬眞堂

何故か学生時代のあだ名はタラ。
薬剤師として、国際中医専門員として日々の暮らしの中での事を書いています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁証論治(症状を捉える)

2015-10-19 | 最近の話題

昨日は午前10時から夕方5時までみっちり高橋楊子先生の講義でした。

もう数年お世話になっています。

 中央が高橋楊子先生

 

午前は古典(黄帝内経)・午後は望診の中の舌診について実践をまじえての講義でした。

 黄帝内経の講義の様子

 

弁証論治とは病気や身体の状態を中医学的に捉える方法で、中医基礎理論・中医診断学・方剤学などすべて必要です。

特に診断学は四診(望診・問診・聞診・切診)によって判断していく方法ですから重要です。

高橋先生は診断学が専門で 分析力に長けていらっしゃいます。

中医臨床という中医学の季刊誌に弁証論治トレーニングの出題、回答へのコメントをかかれています。

私も回答を投稿しています。

 中医臨床 弁証論治トレーニング

 

本もだされています。本も勉強になります。

 

皆様に差し上げている中学読本も高橋先生がかかれています。

 

皆様の元気生活にお役立て頂けるように差し上げていますので、ご利用下さい。

この日の講義の内容はホームページの勉強会のお話にのせますのでしばらくお待ち下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神代植物公園

2015-10-15 | 最近の話題

12日は三鷹の深大寺にある神代植物公園に狭山保健所管内 狭山・入間薬業協議会でいってきました。

長い名前ですが医薬品の販売に従事する人(つまり薬局など薬屋さん)の集まりです。

まず植物会館にはいると色々などんぐりの標本がありました。

狭山の中央公園でもこのところどんぐりがいっぱいです。

上からボトッと音をたてて落ちてきます。

多分当たったら痛いと思います。

盆栽や野草などが沢山展示していますが、小さい中に世界があっておもしろいです。

これはちょっとした庭にみえますが、手のひらを2つ分くらいの大きさです。

石が鉢になっていてかわいいです。

この真ん中の植物の花をよく見ると                    こんなです。

  

このピンクの花は                            こんなです。                

                    

薬用植物もあります。桔梗は痰の切れをよくしたり、排膿にも使います。また薬力を上に引っ張る働きがあると言われています。ワグラスDや桔梗石膏エキス散、上にある心に持っていく為に天王補心丹にも使われています。

                                        

棗も紅い実をつけていました。補脾和胃と養営安神の働きがあります。

胃腸に良く、営血を補う働きがある緩和な生薬なので、風邪薬の葛根湯・桂枝湯などの風邪の漢方薬に使われています。

    

えびすぐさも花をさかせていました。鞘の中に実がついています。

これが決明子という漢方薬になります。

軽い通便作用があり、目によい生薬です。近年は高脂血しょうにも良いと言われています。

ほうじハブ茶は決明子を焙じてお茶にしたものですから、血圧や高脂血しょうが気になる方は健康茶として飲まれると良いです。

  

さくらも咲いていました。

花びらが幾重にも重なっている横浜緋桜と            十月桜です。かわいい!!                              

               

これはユリノキです。植物の事を色々ガイドしてくださる方がいて葉に字が書ける事を教て下さいました。

昔はお寺にはこの木が必ず植えてあってこの葉にお経を書いて覚ええたそうです。またこれをハガキにしたりしたそうです。

葉をてにとって見るともうすでに色々書かれていました。

最後にバラ園のバラをお楽しみください。

  

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手向山八幡宮

2015-10-02 | 最近の話題

翌日は奈良を歩いてきました。

朝8時30分JR奈良駅出⇒猿沢の池 ⇒東大寺山門をくぐり東大寺の大仏様を拝んで

       

東大寺の鎮守の手向山八幡神社へ

「このたびはーーー」

「はいっ!」

妹の手が勢いよくカルタの上に!

百人一首のこの歌は妹のおはこです。

だいたい皆おはこがあってそれをとられまいと必死です。

手向山八幡神社がその歌の手向山とはしりませんでした。

 見上げるとかえでの木が沢山で 紅葉の時期はもみじがうつくしくいだろうなと想像できます。

 

神楽などをする舞台みたいです。

あった!歌碑がありました。

此のたびはぬさもとりあえず手向山 紅葉のにしき神のまにまに

官公と書いてあるのは菅原道真の事だそうです。

宇多上皇の行幸にさいして 神様にささげる幣がないので かわりに紅葉をたてまつる 神様のみこころのままにどうぞ

・・・というような感じだそうです。

二月堂の回廊を通り  土塀の道に昔を感じながら歩き    この稲は奉納する為かなとか

                    

時代劇みたいでしょとか言い   正倉院おやすみだってとがっかりして脇を通り

            

やっと戒壇院の四天王にあえました。やっぱり広目天素敵でした。

           

お庭も真直ぐに整えられていて 精錬潔白な感じで 戒壇院にふさわしいお庭だと感じました。

出かける前に腰の筋肉と筋を痛めていたので 疎経活血湯 地竜 芍薬甘草湯(少量) 婦宝当帰膠(多め)を服用していましたが、よく歩けてよかったです。

かえって筋肉が少しほぐれたようです。

お昼のビールと天ぷらうどんが美味しかった            

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書寫山圓教寺を歩く

2015-09-30 | 最近の話題

20日神戸で中医学の大会で勉強した翌日は書寫山圓教寺に行ってきました。

圓教寺は性空上人が開いたお寺で西の比叡山と称される天台宗のお寺です。

このところ白州正子さんの『わたしの百人一首」という本を読んでいますが、その中にまだ16才くらいの和泉式部が人生の闇路にまよい性空上人に和歌を送った事が書いてあります。

  くらきよりくらき道にぞ入りぬべき  はるかに照らせ山の端の月

百人一首にでてくる歌は

  あらざらむこの世のほかの想い出に今ひとたびの逢うこともがな・

というものですが、せめてあの世の想い出にもう一度お目にかかりたいとむせび泣くようにおわっているのが美しいと白州さんは評しています。

紫式部は和泉式部の事をよく思っていなかった事がかかれていますが、性空上人は紫式部や和泉式部の時代の人なんですね。

ロープウエイで上ると境内は広く山道です。

 さあロープウエイで出発

 ここから歩いてまず摩尼殿をめざします。

こころ慈悲の鐘をついてからすすみます。

これは弁慶のおてだまなんだって。

弁慶は子供時代ここで修行したんだそうです。

 摩尼殿到着!高い!

 

 こんなに高い立地だから黒田官兵衛は豊臣秀吉に此処に陣をはるように進言したんだな。

 

 

 大講堂・食堂・常行堂の3つの堂がそろっている

 

 

あっつ!あそこに何かいる!

 

 

もう 帰り道です。

 

 よく歩きました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパームーン

2015-09-29 | 最近の話題

昨晩のスーパームーンを見ましたか?

この辺りは雲も大分ありましたが その間からくっきり顔をだしました。

月のクレーターが肉眼だときれいに見えるのに、写真だと光が散ってしまって全然見えないよ。

残念だなあ。

すると息子が僕がとってみるよ。

 色々調節して撮れたよ。

え! ホントよく写ってるね。

中医学の陰陽理論でいえば満月は陰陽転化の時です。

これから陽から陰に向かいます。

陰陽は相対的なものなので、日と月を対比すると日は陽、月は陰ですが月の中にも陰陽があります。

季節も陽から陰へ向かっていますが、今日は月も陰に向かっています。

陽は温かく 明るく 熱く 活動的な感じですし、陰は暗く  冷たく 静かな感じなので、

気は陽で形は陰という事になります。

陰の時期に陰を補い事は大切です。

形を補う時期 つまり物質としての身体を補う時期です。

栄養のあるものをしっかり摂って冬に備えます。

でも食べすぎは禁物!胃腸の形態をそこねては何にもなりません。

秋の養生を守って寒い冬にそなえましょう。

 

                                  犬もお月見

                         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日のいい加減弁当

2015-09-28 | 最近の話題

ちょっといい加減でもやっぱりお弁当がいいかな・・・と思っています。

まあ食べるほうも 文句も言わず食べてくれるので毎日作っています。

時に冷凍食品も使います。

ご飯はヨクイニンを入れて炊いたごはんです。

ハスとかぼちゃの天ぷら(お皿に少し天ぷら粉を水にといてつけ、少しのキャノーラ油であげます。

とりの甘辛煮

ひじきの煮物

ブロッコリー

ひじきの煮物

ハスのキンピラ

キャベツのバター炒め

かぼちゃの甘煮

1口ヒレカツ(昨晩もヒレカツで余分に作っておいたもの)

小松菜のごま油炒めの上に甘辛煮を串にさして火であぶったとり肉をのせたもの

ひじきの煮物

ハスの煮物

ブロッコリー

かぼちゃの煮物

ピンチ!!

そぼろ弁当にしようと思っていたのに雨で買い物をしなかったので、青菜がなかった!!

そうだ!ビーマンを代用しよう!

という事でこういう具合になりました。

しかし 翌日はもっと大ピンチ!

ごはんを炊くのを忘れていました。

パルシステムでとっておいた冷凍コロッケをあげてキャベツと挟んで急きょコロッケのサンドイッチとおにぎりになりました。

怪我の巧妙か「コロッケサンド美味しかったよ!」っていわれました。

毎日のお惣菜は同じようなものをいれていますが、まあまあバランスはいいかなって思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味しく食べて健康!

2015-09-26 | 暮らしと中医学と私

我が家で毎日食べているのは枸杞の実とヨクイニンです。

お米を水加減してからヨクイニンを寄せていれます。

寄せて入れるのは粒は食べたくない人がいる為です。

粒を食べるとご飯の量はへらせるし気に入って食べてます。

お米を炊くのに40分から1時間かかるのでエキスがご飯の中によく出ています。

ヨクイニンはいぼやさめ肌に使うだけでなく関節や筋肉の痛みにも使いますし、脾を健やかにするので健康的な食材です。

枸杞の実は目にいいだけでなく肝腎を補う働きがあって老化防止によい薬膳です。

これはお砂糖で煮た物で、沢山作って冷蔵庫に入れておきヨーグルトにのせて食べます。

甘い枸杞の実を甘く煮ているので枸杞に実のジャムとよんでいます。

あとお酢でつけたものを作っています。

これはヨーグルトにのせてもいいし、サラダにいれても美味しいくいただけます。

近くのCOOPに売っている甘く味付けされたりんご黒酢が便利です。

こんな感じで1週間くらいすると種が多少気にならなくなります。

お試しください。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さわっても危ないきのこ

2015-09-05 | 最近の話題

ここ2日きのこの話題を書いていたら YAHOOニュースに『さわっても危険なカエンタケというきのこが仙台の多賀城市の史跡公園でみつかった。』という事がのっていました。

画像をみるといかにも危なそうな感じです。

こんな気候だといろんなものがでてくるなって思いました。

きのこはしろうとは絶対とらない方がいいです。

とはいえ

秋はきのこの美味しい季節です。

しいたけ・まいたけ・しめじ・なめこ・えのき・エリンギ・・・一年中売っていますが、自然の世界では秋が収穫の時期です。

きのこは免疫力をアップします。βーグルカンもとれます。

特にマイタケには多くふくまれるといわれます。

漢方薬にもきのこはつかわれています。

霊芝やチャガやメシマコブ・茯苓などいろいろあります。

きのこは良い作用 悪い作用の両極があるので 自然の本質が現れているようにも思います。

また 毒といわれるものが、使い方によって危急を救う薬になる事もあります。

八味丸に使われている附子は猛毒のトリカブトを炮製(毒性を取り除いて)したものです。

自然と人の身体の関係も不思議ですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中央公園のきのこの写真です

2015-09-04 | 最近の話題

今朝はきのこ写真とってきました。

開いた後なのかしら?

黄色いきのこ

枯れ葉の間からのぞいてる

 

真っ黒じゃなくなっていました。

この木だけがきのこだらけ

枯れ枝に花ならぬきのこ

 どんぐりも落ちていて 公園はすっかり秋になっています。

狭山台中央公園の小さな森に秋を見にいきましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝のスロージョギング

2015-09-03 | 最近の話題

朝 ゆっくり走るようになってからもう3年くらいになります。

朝の中央公園は歩いている人 走っている人 運動している人 がいます。

数日雨つづきだったので きのこが沢山です。

真っ黒くて大きいきのこや かさが開いたきのこ 土の上 木の周りなどのでています。

梅雨の頃には真っ赤なベニテングダケがあちこちにありましたが、今朝は見ませんでした。

今年の梅雨は日照時間が少なくジトジトしていたので これまでにないくらい 森の中じゅう きのこだらけでした。

ところが夏の陽射しが照りだすと、2〜3日ですっかり少なくなってしまいました。

自然は気候の影響をつよくうけているのを感じます。

実は身体も自然と同じように気候の影響を受けています。

湿気の多い時は湿の影響を 乾燥する冬は燥の影響を 暑さの時は暑の影響を 風の吹くときは風の影響を・・・

という具合です。

だから体調を崩した時は環境の影響を考える必要があります。

 

夏の終わり湿っぽいこの頃は湿を考えて、脾胃を保護しておきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加